Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Intel® Optane™で格安超高速インメモリーデータベースを作った時の話

1,320 views

Published on

Intel® Optane™で格安超高速インメモリーデータベースを作った時の構成と評価結果です。

Published in: Devices & Hardware
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

Intel® Optane™で格安超高速インメモリーデータベースを作った時の話

  1. 1. Copyright © NHN Techorus Corp. NHN Techorus Corp. Technical Specialist 大木幸生 Intel® Optane™で 格安超高速インメモリー データベースを作った時の話
  2. 2. Page 2 レシピ Type Configuration CPU Intel® Xeon® E5-2643V3 @ 3.40GHz (6 cores x2) MotherBoard Not open to the public Memory 128GB DDR4 @ 2133MHz (16GB x8 DIMM) BIOS configuration H/T, EIST, C State, Turbo Mode, P State Disabled Linux version CentOS-7.4.1708(x86_64) Kernel version 3.10.0-693.2.2 • ご愛用の2P「鯖」 • Intel® Optene™ SSD DC P4800X 375GB 2枚 • Intel® Memory Drive Technology Software & License • USB メモリー等 少々
  3. 3. Page 3 既存の構成 SATA SSD を RAID 1+0 とした LogicalDriveに OS をインストール NVMe SSD 0 を DB のデータ領域として使用
  4. 4. Page 4 Cache Acceleration Software(CAS)の構成 NVMe SSD 1 の DB 領域を、NVMe SSD 0 がキャッシュとして使用
  5. 5. Page 5 Cache Acceleration Software(CAS)の構成 NVMe SSD 1 の DB 領域を、NVMe SSD 0 がキャッシュとして使用 効果が限定的でしたので、省略!
  6. 6. Page 6 Memory Drive Technology (MDT) の構成 NVMe SSD 0 及び NVMe SSD 1 をメモリーとして使用可能とする Intel® Memory Drive Technology をインストールしライセンスを適用し、Bootメディアを作成する
  7. 7. Page 7 memcached with MDT.
  8. 8. Page 8 Intel® Memory Drive Technology 評価結果 Operation/Sec は、Workload A で20.5% 、Workload D で 22.5%程度ダウンしている レイテンシーの平均は、READ & UPDATE で、25~29%、INSERT においては、41%増となった 95%のレイテンシーが、58%増の中に納まっていた 上記を考慮したサイジングであれば、+ 375 or 750GB x 枚数分 をメモリーとして使用できる事が確認できた 性能評価には、YCSB を用いた Worklad A は、Update heavy workload 最近のアクションを記録するセッションストアを想定していて 50%の読み込みと50%の書き込みを実施するシナリオ Worklad D は、 Read latest workload ユーザの近況アップデートと新しいものほどよく読まれるといったケースを想定していて 新しいデータが5%追記され、95%は新しく追記されたものほど読み込まれやすい想定のシナリオ

×