Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ミケランジェロ、ロダン、人工知能

658 views

Published on

第4回AI美芸研「アンドロイド芸術解剖学」
2016年12月10日(土)16:30-19:45 青山ブックセンター
http://aloalo.co.jp/ai/research/r004.html

ミケランジェロ、ロダン、人工知能
中ザワヒデキ(美術家/AI美芸研代表)
原石を削って磨く彫像の制作は、ミケランジェロにとっては「人を創る」ことを意味した。物質という牢獄から、イデアたる魂を顕す形態を、解き放つと考えていたのだ。これはイデア論的、トップダウン的に記号で人工知能を作ろうとする「シンボリズム」(記号主義)に似た立場と言える。一方、粘土を寄せ集めて肉付けする塑像の制作は、ロダンにとっては「混沌の美」の創発だったのではないか。物質感を謳歌しつつ、様々な部分を結び合わして恐ろしい全体と為した。これは学習単位の原子論的、ボトムアップ的な集積構造として人工知能を作ろうとする「コネクショニズム」(結合主義)に似た立場と言える。
※「中」だけ漢字、「ザワヒデキ」が片仮名の芸名は医学部在籍時より使用。「バカCG」を経て「方法主義宣言」「新・方法主義宣言」「人工知能美学芸術宣言」。3Dプリンタ関連特許、著書『現代美術史日本篇』他。文化庁メディア芸術祭審査委員。代表作は《盤上布石絵画》《金額》《脳波ドローイング》。
http://aloalo.co.jp/nakazawa/

Published in: Art & Photos

ミケランジェロ、ロダン、人工知能

  1. 1. ミケランジェロ、ロダン、人工知能 中ザワヒデキ(美術家/AI美芸研代表)
  2. 2. ミケランジェロ、ロダン、人工知能 中ザワヒデキ(美術家/AI美芸研代表) • 原石を削って磨く彫像の制作は、ミケランジェロにとっては「人を創る」ことを意 味した。 • 物質という牢獄から、イデアたる魂を顕す形態を、解き放つと考えていたのだ。 • これはイデア論的、トップダウン的に記号で人工知能を作ろうとする「シンボリ ズム」(記号主義)に似た立場と言える。 • 一方、 • 粘土を寄せ集めて肉付けする塑像の制作は、ロダンにとっては「混沌の美」の 創発だったのではないか。 • 物質感を謳歌しつつ、様々な部分を結び合わして恐ろしい全体と為した。 • これは学習単位の原子論的、ボトムアップ的な集積構造として人工知能を 作ろうとする「コネクショニズム」(結合主義)に似た立場と言える。
  3. 3. ミケランジェロ ダヴィデ像 1501-1504
  4. 4. www.aoyamabc.jp/culture/ contemporaryart-abc/
  5. 5. ロダン 地獄の門 1880-1917
  6. 6. www.aoyamabc.jp/culture/ contemporaryart-abc/
  7. 7. ミケランジェロ VS ロダン ミケランジェロ • 彫 carving • 大理石を削っていってなめらかな 表面形態・単純性の美学・イデア 論・トップダウン • 一神教の神のごとく人を創る • 動物的 単体 方程式 ロダン • 塑 modeling • ブロンズに鋳造する前の原型は粘 土。複雑混沌な量塊・複雑性の 美学・原子論・ボトムアップ • 多神教的なやおろずの神からアニ ミズム的な何かが生まれる • 地下茎で繋がってる植物的 座 標系 データベース
  8. 8. ミケランジェロ ロダン 記号主義 (シンボリズム) 結合主義 (コネクショニズム)
  9. 9. ©三宅陽一郎 www.slideshare.net/ youichiromiyake/nero -51549401
  10. 10. 記号主義 VS 結合主義 記号主義(シンボリズム) • プログラマーは神 • 分析的アプローチ、王道 • 論理思考は得意なのだがどうして も自然発生するような意識の芽 生えには至らない。 • トップダウン…脳が身体に指令を 出して動かすイメージ • 動物的 単体 結合主義(コネクショニズム) • 学習単位を脳をまねて積み上げ てみた • 3rdAIブーム…ニューラルネットを 何段も積み重ねた深層学習 • 研究者が驚くほどよく動く。しかし 仕組みがはっきりわからない • いきなり結論。直観 • ネットワーク→地下茎的植物的イ メージ 座標系
  11. 11. ミケランジェロ ロダン 記号主義 (シンボリズム) 結合主義 (コネクショニズム)
  12. 12. ミケランジェロ、ロダン、人工知能 中ザワヒデキ(美術家/AI美芸研代表) • 原石を削って磨く彫像の制作は、ミケランジェロにとっては「人を創る」ことを意 味した。 • 物質という牢獄から、イデアたる魂を顕す形態を、解き放つと考えていたのだ。 • これはイデア論的、トップダウン的に記号で人工知能を作ろうとする「シンボリ ズム」(記号主義)に似た立場と言える。 • 一方、 • 粘土を寄せ集めて肉付けする塑像の制作は、ロダンにとっては「混沌の美」の 創発だったのではないか。 • 物質感を謳歌しつつ、様々な部分を結び合わして恐ろしい全体と為した。 • これは学習単位の原子論的、ボトムアップ的な集積構造として人工知能を 作ろうとする「コネクショニズム」(結合主義)に似た立場と言える。

×