Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

デジタルエージのプラットフォーム理論の新潮流

128 views

Published on

GAFAなどのプラットフォーマーの活躍が一段と目覚ましくなっている。それに伴い、両面市場やマルチサイドプラットフォーム理論として知られるプラットフォーム理論も世間で脚光を浴びている。最初の理論発表は2003年のことであった。しかし、現在は当時とはかなりビジネス環境が変わってきた。例えば、スマホのようなリアル機器を多くの顧客が日常的に所持する世界が登場した。その結果、マッチング環境も従来と様変わりしている。即ち、理論登場当時とは、ビジネス環境はデジタル化の深化で大きく変化したということだ。本来は、それに伴って、新たなプラットフォーム理論の登場を期待したいところだが、最近の対象の広がり、変化のスピードを見ていると、その期待は難しいように思う。 だからと言って、既存理論を現在の状況に無自覚に適応しようとするのも極めて危険なのではないか。こんな風に私は感じている。このような問題意識をできれば多くの人と共有できればと思い、拙い資料を作成してみた。

Published in: Business
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

デジタルエージのプラットフォーム理論の新潮流

  1. 1. 1 デ ジ タ ル エ ー ジ の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 新 潮 流 B - f r o n t i e r 研 究 所 高 橋 浩 第 ゼ ロ 章 イ ン ト ロ ダ ク シ ョ ン G A FA な ど の プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー の 活 躍 が 一 段 と 目 覚 ま し く な っ て き た 。 そ れ に 伴 い 、両 面 市 場 や マ ル チ サ イ ド プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 と し て 知 ら れ る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 も 世 間 で 脚 光 を 浴 び て い る 。 こ の 理 論 は 元 々 は 、 米 国 西 海 岸 で 小 切 手 の 不 便 さ を 解 決 す る 方 法 と し て 発 案 さ れ た ク レ ジ ッ ト カ ー ド の 分 析 か ら 登 場 し た 。ク レ ジ ッ ト カ ー ド は 顧 客 と 加 盟 店 間 を 効 率 良 く 仲 介 し て く れ る が 、 そ の 際 、 顧 客 と 加 盟 店 の 負 担 と メ リ ッ ト は 非 対 称 の よ う に 見 え た 。顧 客 は 費 用 負 担 小 な ど で 優 遇 さ れ て い る 割 に メ リ ッ ト が 大 き い 。 対 し て 、 加 盟 店 は 想 像 以 上 に 費 用 負 担 大 を 抱 え て 冷 遇 さ れ て い る よ う に 見 え た 。そ れ に も 関 わ ら ず ク レ ジ ッ ト カ ー ド は 順 調 に 普 及 し て 行 っ た 。 こ れ は ど う し て な の か ? こ の 謎 解 き の た め に 、 後 に ノ ー ベ ル 経 済 学 賞 を 受 賞 し た 産 業 組 織 論 で 有 名 な Ti r o l e 等 が 確 立 さ せ た の が 本 理 論 で あ る 。 最 初 の 論 文 発 表 は 2 0 0 3 年 の こ と で あ る 。 こ の 経 緯 か ら も 分 か る よ う に 、 既 に 起 き て い た 現 象 の 分 析 理 論 で あ る 。 そ し て 、 現 在 は 当 時 と は か な り ビ ジ ネ ス 環 境 が 変 わ っ て き た 。 ク レ ジ ッ ト カ ー ド の よ う な リ ア ル 世 界 で 仲 介 を 行 う プ ラ ッ ト フ ォ ー ム か ら 、 イ ン タ ー ネ ッ ト 普 及 に 伴 い 、 バ ー チ ャ ル 世 界 で マ ッ チ ン グ す る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム に 重 点 が 移 動 し 、 新 た な 世 界 が 切 り 拓 か れ た 。 と こ ろ が 、 最 近 再 度 大 き な 変 化 が 発 生 し て い る 。ス マ ホ の よ う な リ ア ル 機 器 を 多 く の 顧 客 が 日 常 的 に 所 持 す る 世 界 が 登 場 し た 。マ ッ チ ン グ 環 境 も 従 来 と は 様 変 わ り し て い る 。 こ の よ う な 変 化 を 総 合 的 に 把 握 し 、ビ ジ ネ ス 環 境 の 変 化 と 整 合 さ せ る 形 で プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 を 語 る 著 書 は ま だ 表 れ て い な い よ う に 思 う 。理 論 的 に 充 分 全 体 像 を 解 説 す る の に 研 究 や 情 報 が 不 足 し て い る と 推 測 さ れ る 。 こ の よ う な 状 況 に あ る 他 の 背 景 の 一 つ は 、ビ ジ ネ ス 環 境 の 変 化 を 引 き 起 こ し て い る の が デ ジ タ ル 化 そ の も の の 変 化 に 関 わ っ て い る か ら だ と 思 う 。こ の よ う な 領 域 を 語 る 理 論 分 野 は あ る の だ が 、こ の 分 野 と プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 双 方 を 語 る 論 者 の 登 場 が な い の も 影 響 し て い る と 思 う 。 し か し 、 現 実 の ビ ジ ネ ス 環 境 の 変 化 は 一 段 と 加 速 し て お り 、 全 体 を 整 合 的 に 解 説 し た 著 書 の 登 場 も 待 て な い で あ ろ う 。 そ こ で 、 断 片 的 情 報 で は あ っ て も 、雑 多 な 知 見 や 部 分 的 研 究 成 果 を お 知 り に な り た い 方 も お い で に な る の で は な い か 。こ の よ う な ニ ー ズ に お 応 え し よ う と の 考 え か ら 本 情 報 を ま と め て い る 。 全 体 構 成 を 図 1 に 示 す 。第 一 章 で は プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 基 礎 と 初 期 理 論 か ら の 理 論 修 正 の 幾 つ か を 紹 介 す る 。 第 二 章 で は 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム が ど の よ う な 広 が り を 見 せ て お り 、そ の 中 で ど の よ う な 適 応 が 試 み ら れ て
  2. 2. 2 い る か を 紹 介 す る 。 第 三 章 で は 、 平 行 し て 発 生 し て い る デ ジ タ ル イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ の 変 化 に 係 わ る 理 論 の 紹 介 を 行 う 。 最 後 に 第 四 章 で は 、 最 近 認 識 が 高 ま っ て い る デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と デ ジ タ ル イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ の 両 面 を 同 時 に 考 慮 す べ き と の 背 景 と 、 こ の よ う な 取 組 み に よ る 新 た な 方 向 を 紹 介 す る 。 第 一 章 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 歴 史 第 一 節 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 経 済 学 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 を 理 解 す る に は 二 面 性 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 、 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 ( 間 接 的 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 、 直 接 的 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 ) な ど の 概 念 を 理 解 す る 必 要 が あ る 。 基 礎 知 識 は か な り 広 ま っ て い る と 思 う の で 、 本 稿 で は 、 あ え て 概 念 説 明 は 省 略 し 、 あ る 企 業 が 両 面 市 場 モ デ ル に 従 っ て プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 に 着 手 し 、 あ る 程 度 準 備 が で き た 所 か ら 出 発 し て み よ う 。 こ れ か ら ど の よ う な こ と に 注 意 し な け れ ば な ら な い か の 基 本 戦 略 の 論 文 が 2 0 0 6 年 に E i s e n m a n n 等 ( H B R ) に よ っ て 発 表 さ れ 、 比 較 的 良 く 知 ら れ て い る 。 代 表 的 な 3 つ の 戦 略 が 示 唆 さ れ て い る 。 そ し て 、 巧 み な 戦 略 を 取 る こ と で 寡 占 化 ( W TA( Wi n n e r Ta k e s A l l ) と も 言 わ れ る ) が 発 生 し や す い と 主 張 し て い る 。 既 に 論 文 発 表 か ら 1 0 年 以 上 が 経 過 し て お り 、 戦 略 実 施 の 結 果 は 事 例 と し て 多 数 存 在 し て い る 。 そ の 例 の 一 部 を 図 2 に 示 す 。 Wi n d o w s O S は 確 か に 寡 占 化 し た 。 し か し 、 ス マ ホ 用 の A n d r o i d O S は か な り の シ ェ ア を 占 め て い る が 、 O S が Wi n d o w s O S の よ う に 収 益 の 源 泉 に な っ て い る 訳 で は な い 。 A p p l e の M a c O S も 並 存 し て い る 。ク ラ ウ ド は AW S が 強 い が 寡 占 化 と い う ほ ど の 状 況 で は な い 。e マ ー ケ ッ ト プ レ ー ス は ア
  3. 3. 3 リ バ バ を 除 け が 、 よ り 寡 占 化 に 近 い 状 況 と 言 え る か も し れ な い 。 と こ ろ で 、 A m a z o n は 最 近 、 リ ア ル 店 舗 で あ る ホ ー ル フ ー ズ を 買 収 し た 。 e マ ー ケ ッ ト プ レ ー ス は プ ラ ッ ト フ ォ ー ム ベ ー ス の マ ッ チ ン グ と い う 要 素 だ け で 無 く 、 大 量 の 物 資 ・ 商 品 を 顧 客 に 届 け る 際 に 、 依 然 と し て サ プ ラ イ チ ェ ー ン の 要 素 が 強 く 存 在 し て い る こ と を 示 唆 す る 。 こ れ ら の 多 様 な 例 を 眺 め る と 、Ti r o l e 等 が 確 立 し た プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 は 、エ レ ガ ン ト で「 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 経 済 学 」と 言 わ れ て い る が 、 そ れ が 、 個 々 の 事 例 間 の 相 違 を 適 切 に 説 明 で き て い る 訳 で も な い し 、 ど う す れ ば プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー に 成 れ る か の 指 針 や 戦 略 を 明 示 的 に 示 唆 し て い る 訳 で も な い 。 従 っ て 、 既 存 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 は 重 要 な 基 礎 理 論 で は あ る が 、 こ れ か ら の ビ ジ ネ ス 環 境 へ の 適 応 に は 、 こ れ ら の こ と を 良 く わ き ま え て 利 用 す る 必 要 が あ る と 思 う 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第 二 節 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 創 始 者 た ち 実 は 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 は Ti r o l e 等 の 他 に も う 一 つ 重 要 な ル ー ツ が あ る 。 自 動 車 の 車 体 ( 台 車 ) を 日 産 と ル ノ ー で 共 有 化 し 生 産 効 率 を 上 げ る 際 の 台 車 も プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と 言 わ れ る 。 こ ち ら の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 登 場 の 方 が 歴 史 的 に は 古 い 。 こ ち ら は 工 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 で 、 基 本 コ ン セ プ ト は モ ジ ュ ー ル で あ る 。 モ ジ ュ ー ル 化 に よ っ て 、 如 何 に 企 業 が イ ノ ベ ー シ ョ ン で 優 位 を 得 た か で は 、G a w e r, C u s o m a n o に よ る I n t e l 他 の 例( 2 0 0 2 年 の 著 書 )や B a l d w i n 等 に よ る I B M S y s t e m 3 6 0 の 例 ( 2 0 0 9 年 ) な ど が 有 名 で あ る 。 2 系 統 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 創 始 者 た ち の 一 覧 と 主 な 着 眼 点 を 図 3 に 示 す 。 Ti r o l e 等 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 は 経 済 学 視 点 で 、市 場 に 着 目 し た プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 で あ る 。 元 々 は 、 1 9 9 0 年 代 に 米 国 の ク レ ジ ッ ト カ ー ド 独 占 禁 止 法 事 件 が 問 題 に な り 、そ の 分 析 が 両 面 市 場 の 考 え を 引 き 起 こ し た 。 調 整 メ カ ニ ズ ム は 価 格 に よ る 。経 済 学 は 価 格 に 着 目 し 消 費 者 は 何 時 で も 正 確 に 価 格 由 来 の 優 劣 を 判 断 で き る ス ー パ ー 人 間 を 仮 定 す る 。 経 済 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 も 同 様 で あ る 。 し か し 、 こ れ と 異 な る 側 面 も 登 場 し て い る 。 U b e r, L i f t 等 の カ ー シ ェ ア ・ サ ー ビ ス は 顧 客 と サ ー ビ ス 提 供 者 ( 運 転 手 ) 間 の マ ッ チ ン グ と 直
  4. 4. 4 接 サ ー ビ ス 提 供 の 組 合 せ の 例 で あ る 。 両 社 の 競 争 に よ っ て 、 顧 客 に 低 価 格 サ ー ビ ス を 提 供 す る 競 争 は 運 転 手 へ の し わ 寄 せ を 伴 っ た と 言 わ れ る 。 ま た 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー 自 身 も 赤 字 と 伝 え ら れ る 。 こ の よ う な 中 で 、 両 社 の 評 価 は 運 転 手 の 優 遇 策 、 サ ー ビ ス 環 境 と そ の ブ ラ ン ド 化 な ど に も 及 び 、 複 雑 な 要 素 が 混 入 し て い る 。 両 社 は ど ち ら も 最 近 I P O し た 。 プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー も 赤 字 、 サ ー ビ ス 提 供 者 の 運 転 手 も 対 価 や 処 遇 に 不 満 が 続 く 状 況 で は 、 顧 客 に 便 利 で 安 い カ ー シ ェ ア サ ー ビ ス 提 供 が 可 能 だ と し て も 、 持 続 可 能 な プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と な る の か の 疑 問 が あ る か も し れ な い 。 一 方 の 工 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 論 の モ ジ ュ ー ル 化 も 適 応 環 境 が 変 化 し て い る 。 従 来 は 一 社 な い し 一 企 業 グ ル ー プ に 閉 じ て モ ジ ュ ー ル 化 を 設 計 す る も の だ っ た 。 し か し 最 近 で は 、 企 業 間 を 跨 ぐ 事 例 も 登 場 し て い る 。 例 え ば 、 電 子 書 籍 端 末 の 代 表 は K i n d l e と 、 電 子 書 籍 端 末 だ け に 使 う 訳 で は な い が 、 本 を 読 む の に も 向 い て い る i P a d と 言 え る だ ろ う 。 両 機 器 は 市 場 で 最 も 競 合 す る 機 器 同 士 な 訳 だ か ら 、 例 え そ れ ぞ れ の 機 器 が モ ジ ュ ー ル 構 造 を 活 用 し て 製 造 し て い る と し て も 、 両 機 器 間 で 部 品 や ソ フ ト の 流 用 を 行 う こ と は 無 い だ ろ う と 想 定 さ れ る 。 と こ ろ が 、 本 を K i n d l e 上 で 読 む 際 の 最 も 肝 心 な ソ フ ト は A m a z o n か ら A p p l e に 提 供 さ れ i P a d に 組 み 込 ま れ て い る 。 何 故 だ ろ う か ? 早 期 に K i n d l e , i P a d が 揃 っ て 電 子 書 籍 端 末 利 用 を 競 う 方 が 、 既 存 の リ ア ル 書 店 に 対 す る 競 争 環 境 を 整 え る の に 有 利 と 判 断 さ れ た の で あ ろ う か 。 い ず れ に し ろ 、 こ の よ う な こ と が 起 こ り う る 環 境 に は 変 わ っ て い た 。 こ の よ う に 、 現 在 で は 経 済 学 視 点 、 工 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 は 、 そ れ ぞ れ に 分 離 さ れ た 適 応 領 域 だ け で 活 用 さ れ て い る 訳 で は 無 く な っ て き た 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第 三 節 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の エ コ シ ス テ ム プ ラ ッ ト フ ォ ー ム が W TA を 発 生 さ せ な い 場 合 で も 、 既 存 市 場 に と ん で も な い 影 響 を 与 え る 場 合 が あ る 。 携 帯 端 末 市 場 で A p p l e の i P h o n e と G o o g l e の A n d r o i d 陣 営 が 激 し い 競 争 を 行 っ た 場 合 が 典 型 例 で あ る 。 両 陣 営 は 現 在 で も 並 存 し て お り 、 あ る 意 味 で 共 存 し て い る 。 そ し て 、 両 者 間 の 競 争 は 現 在 で も 激 し い 。 そ の 際 の 競 争 は 、 本 質 的 に は A p p l e 社 、 G o o g l e 社 の 競 争 と い う よ り は 、両 者 を 価 値 有 ら し め て い る 、ア プ リ 開 発 者 の エ コ シ ス テ ム 間 競 争 に な っ て い る 。 顧 客 に と っ て は ハ ー ド ウ ェ ア と し て の ス マ ホ そ の も の よ り も 、 利 用 で き る ア プ リ が 直 接 的 利 用 価 値 な の で 、 エ コ シ ス テ ム を 構 成 す る ア プ リ 開 発 者 の 集 団 の サ ー ビ ス 価 値 競 争 を 評 価 し て 一 方 の 陣 営 を 選 択 し て い る 、 あ る い は 、 上 手 く 使 い 分 け て い る と 言 え る だ ろ う 。 こ の よ う な パ ラ ダ イ ム に 競 争 の 土 俵 が シ フ ト し た 結 果 、 従 来 の 勝 者 で
  5. 5. 5 あ っ た キ ャ リ ア( N T T D o C o M o な ど )や N o k i a の よ う な 既 存 ベ ン ダ ー が 敗 者 に な っ た 。 こ の よ う な 変 化 の 駆 動 力 と な っ た エ コ シ ス テ ム を 構 成 す る ア プ リ 群 は ま た A p p l e 陣 営 、 G o o g l e 陣 営 と イ ン タ ー ネ ッ ト を 分 断 し て 孤 立 し た 価 値 あ る ア プ リ 群 の 花 園 を 構 成 し て い る 。 結 局 、 総 合 的 な ア プ リ 群 の 花 園 の 魅 力 度 が 顧 客 と の ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 の 強 弱 を 決 定 づ け て い る 。 こ の よ う に 、 ア プ リ 開 発 者 を 含 め た 多 数 企 業 が 一 緒 に 動 作 し て 新 市 場 を 創 造 し 、 顧 客 へ 価 値 あ る 商 品 や サ ー ビ ス を 提 供 し て い る 。 こ の エ コ シ ス テ ム は 、 単 に 直 接 的 に 顧 客 に 価 値 を 提 供 す る 層 だ け で 無 く 、 複 数 の 階 層 を 構 成 し て い る こ と が 多 い 。 既 に 事 例 と し て 取 り 上 げ た 電 子 書 籍 端 末 で も 、 ア プ リ に 相 当 す る 書 籍 コ ン テ ン ツ の 品 質 と 数 量 で 競 争 す る 層 だ け で な く 、 電 子 書 籍 を 電 子 書 籍 端 末 で 快 適 に 読 む た め の 基 本 ソ フ ト 機 能 層 、 そ れ を 支 え る ハ ー ド 機 能 層 な ど 複 数 の 階 層 が 存 在 す る 。 こ の よ う な 環 境 で 、 階 層 的 に ビ ジ ネ ス エ コ シ ス テ ム を 構 築 す る 状 況 に 関 わ る 理 論 が A d n e r に よ っ て 提 唱 さ れ た 。エ コ シ ス テ ム の 価 値 創 造 能 力 に よ っ て 市 場 で 競 争 す る 様 相 を 説 明 す る の は プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 重 要 な 一 翼 と 成 っ て い る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第 四 節 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 統 合 の 動 き プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 両 面 市 場 / M S P と 見 る 経 済 学 と 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 技 術 ア ー キ テ ク チ ャ ー と 見 る 工 学 の 2 つ の 理 論 的 視 点 が あ る こ と は 既 に 述 べ た 。 前 者 は プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 競 争 の 理 解 に 情 報 を 提 供 し 、 後 者 は プ ラ ッ ト フ ォ ー ム ・ イ ノ ベ ー シ ョ ン の 理 解 に 情 報 を 提 供 し て い る 。 し か し 、 今 求 め ら れ て い る の は 、 こ の よ う な 情 報 を 越 え て 、 ど う や っ て プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 に 取 組 ん だ ら よ い か に 参 考 と な る 情 報 を 提 供 す る こ と で あ る 。 例 え ば プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 進 化 、 補 完 者 と の 関 係 、 現 在 発 生 し て い る 傾 向 ( デ ジ タ ル 化 、 ソ フ ト 化 、 ガ バ ナ ン ス ほ か ) に 対 応 す る 指 針 な ど の 情 報 が 提 示 さ れ る と 良 い で あ ろ う 。 P l a t f o r m L e a d e r s h i p の 著 者 と し て 有 名 な G a w e r は 2 0 1 4 年 に 2 理 論 を 橋 渡 し す る 論 文 を 発 表 し 統 合 フ レ ー ム ワ ー ク を 提 案 し た 。 着 眼 点 は 経 済 学 視 点 の モ デ ル の 基 礎 と な っ て い る ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 を 見 直 す こ と か ら 始 め 、 間 接 的 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 を 「 範 囲 の 経 済 」 と 関 係 づ け た 。 W TA( 勝 者 一 人 勝 ち ) は 「 規 模 の 経 済 」 で 独 占 を 達 成 す る こ と を 意 味 す る だ ろ う 。 し か し 、 直 接 的 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 は 「 規 模 の 経 済 」 と 相 関 す る で あ ろ う が 、 よ り 重 視 さ れ る 間 接 的 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 は 、「 規 模 の 経 済 」 で は 無 く 「 範 囲 の 経 済 」 に 関 連 し て い る 、 と の 見 解 が 出 発 点 に な っ て い る 。 そ し て 、「 範 囲 の 経 済 」 を 生 産 面 に ま で 拡 張 し 、 イ ノ ベ ー シ ョ ン に お け る 「 範 囲 の 経 済 」 に 繋 げ て 、 工 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 と 橋 渡
  6. 6. 6 し し た 。 さ ら に 、「 範 囲 の 経 済 」 は 企 業 グ ル ー プ の サ プ ラ イ チ ェ ー ン 内 ば か り で 無 く 、 大 規 模 ネ ッ ト ワ ー ク 内 で も み ら れ る と し て 、 前 節 で 紹 介 し た エ コ シ ス テ ム の 世 界 に ま で カ バ ー 範 囲 を 拡 大 し た 。 こ の 統 合 理 論 は 全 体 像 を 見 や す く さ せ た 面 は あ る 。 し か し 、 当 初 の 目 標 の “ プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 に ど う 取 組 ん だ ら よ い か ” に 知 見 が 加 わ っ た か と い う と 、 道 半 ば で あ ろ う 。 例 え ば 、 統 合 理 論 の 視 点 で プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 進 化 と 競 争 共 存 の 関 係 を 図 4 に 図 示 し て み る 。 い く つ か の パ タ ー ン と そ の 間 の 移 動 パ ス は 可 視 化 で き て い る が 、 ど の よ う な 場 合 に ど ち ら に 移 動 す る の か 。 ど う い う 方 向 へ の ど の よ う 条 件 の 元 で の 移 動 が 利 益 向 上 、 競 争 力 強 化 に 繋 が る の か 、 な ど に は 特 段 新 た な 知 見 を 提 示 し て い な い よ う に 見 え る 。 兎 も 角 、 W TA が 単 純 す ぎ る 視 野 し か 示 し て い な い こ と は 明 示 さ れ た と 思 う 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第 五 節 直 接 相 互 作 用 の 導 入 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 上 に 2 つ 以 上 の “ サ イ ド ” を 取 り 込 み 、“ サ イ ド ”間 の 相 互 作 用 を 可 能 に す る マ ル チ サ イ ド ・ プ ラ ッ ト フ ォ ー ム は 、 A i r b n b や U b e r な ど シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー の 登 場 も あ っ て 、 サ ー ビ ス 提 供 者 ( U b e r の 運 転 手 な ど ) と 消 費 者 ( 乗 客 ) 間 の 直 接 相 互 作 用 の 取 り 込 み へ の 関 心 を 高 め た 。 そ し て 、 2 0 1 5 年 、 H a g i u 等 の M S P モ デ ル 見 直 し 論 が 登 場 し た 。 こ れ は 、M S P モ デ ル を 主 と し て ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 か ら 考 察 す る も の と は 異 な り 、 下 記 の 定 義 に よ る 相 互 作 用 を 前 提 と す る 。 定 義 1 : 2 つ 以 上 の 異 な る サ イ ド 間 の 直 接 的 相 互 作 用 を 可 能 に す る 。 定 義 2 : 各 サ イ ド は プ ラ ッ ト フ ォ ー ム に 加 入 す る 。 こ こ で 、「 加 入 」 と は 、 各 サ イ ド の ユ ー ザ ー が 意 識 的 に 直 接 相 互 作 用 で き る よ う に す る た め に 必 要 な プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 固 有 の 投 資 を 行 う こ と を 意 味 す る 。 投 資 は 、 例 え ば 、 固 定 ア ク セ ス 料 金 ( 例 え ば 、 ビ デ オ ゲ ー ム コ ン ソ ー ル 購 入 )、 資 源 の 支 出 ( 例 え ば 、 i P h o n e A P I を 使 用 し て ア プ リ ケ ー シ ョ ン 開 発 の 仕 方 を 学 ぶ た め の 時 間 や お 金 )、 あ る い は 機 会 費 用 ( 例 え ば 、 シ ョ ッ ピ ン グ ・ モ ー ル へ 行 っ た り 、 ロ イ ヤ リ テ ィ ・ プ ロ グ
  7. 7. 7 ラ ム へ の 参 加 ) な ど で あ り う る 。 全 体 構 造 を 図 5 に 示 す 。 こ の モ デ ル は 、 M S P モ デ ル と 代 替 ビ ジ ネ ス モ デ ル 間 の 比 較 を 検 討 で き る と い う 意 味 で も ユ ニ ー ク な 特 徴 を 持 つ 。 例 え ば 、 車 の 運 転 を 生 業 と し よ う と 考 え て い る サ ー ビ ス 提 供 者 を 考 え て み る 。 彼 は 既 存 タ ク シ ー 会 社 に 就 職 し て タ ク シ ー 会 社 の 従 業 員 と し て 生 計 を 立 て て も よ い し 、U b e r の サ ー ビ ス フ レ ー ム ワ ー ク に 賛 同 し て U b e r の 運 転 手 と な る が 、 独 立 サ ー ビ ス を 提 供 す る 個 人 経 営 者 と し て 生 計 を 立 て て も よ い 。 ど ち ら を 選 択 す る か は 、 組 織 ( タ ク シ ー 会 社 ) か ら の 方 針 提 示 や 個 人 経 営 者 と な る た め の 動 機 付 け な ど を 勘 案 し て 決 め る 。 こ の よ う な 比 較 は 、 タ ク シ ー 会 社 な ど 垂 直 統 合 企 業 と の 比 較 だ け で な く 、 小 売 り 業 ( ス ー パ ー な ど の 再 販 業 者 な ど も 含 ま れ る ) と の 比 較 な ど も 可 能 に な る 。 こ の よ う な 視 点 で 、 A m a z o n の 推 進 す る e ビ ジ ネ ス を 眺 め て み る と 、 一 面 で は サ プ ラ イ チ ェ ー ン を 重 視 し た 小 売 り 業 の よ う に も 見 え る 。 特 に 規 模 を 拡 大 し て 、 自 前 倉 庫 を 完 備 し 、 更 に リ ア ル 小 売 業 で あ る ホ ー ル フ ー ズ を 買 収 し た 後 の A m a z o n に お い て は そ う で あ る 。 こ の よ う に 、 マ ル チ サ イ ド ・ プ ラ ッ ト フ ォ ー ム モ デ ル と 代 替 ビ ジ ネ ス モ デ ル は 、 両 者 間 の 距 離 の 近 さ 遠 さ か ら も 自 分 の ポ ジ シ ョ ニ ン グ を 考 え ら れ る 。 そ こ で 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 も 組 織 を 見 極 め イ ノ ベ ー シ ョ ン を 駆 動 す る ト レ ー ド オ フ へ の 知 見 提 示 も 求 め ら れ て き て い る と 思 う 。 こ の よ う な 図 式 で シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー 勃 興 の 仕 組 み を 考 え る と 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 機 能 さ せ て い る 要 因 は 従 来 の I n t e l , M i c r o s o f t 型 や G o o g l e , A p p l e な ど の エ コ シ ス テ ム 型 と 様 変 わ り し て い る 。ス マ ホ 登 場 は 全 体 と し て 乗 客 と U b e r 運 転 手 間 の ト ラ ン ザ ク シ ョ ン に 基 づ く 価 値 創 出 の 可 能 性 を 切 り 拓 い た 。 し か し 、 そ れ に 加 え て 、 U b e r や A i r b n b な ど の プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー は 、 投 資 負 担 の 重 い 資 産 を 保 有 せ ず に 一 気 に 巨 大 エ コ シ ス テ ム を 構 築 で き る ゾ ー ン に 絞 り 込 ん で 来 て い る 。 こ れ が 可 能 に な る デ ジ タ ル イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ 環 境 の 変 化 を 巧 み に 利 用 し た 結 果 と 言 う こ と が で き る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料 ( s l i d e s h a r e 掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 最 後 に 第 一 章 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。 経 済 学 由 来 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 に 見 ら れ る よ う に 、 経 済 学 視 点 モ デ ル は 負 担 や メ リ ッ ト が 非 対 称 に 見 え る ク レ ジ ッ ト カ ー ド ビ ジ ネ ス 慣 行 を 納 得 さ せ る 醍 醐 味 は あ る 。 し か
  8. 8. 8 し 、経 済 学 は 結 局「 人 は 合 理 的 に 意 思 決 定 を 行 う 」前 提 に 依 拠 し て い て 、 こ れ だ け で 複 雑 な 経 済 社 会 を 分 析 す る こ と は で き な い 。 だ か ら 、 経 済 学 由 来 の 知 見 の 適 用 に は 注 意 が 必 要 で あ る 。 ま た 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 構 築 し や す い 環 境 が 進 展 し て お り 、 世 間 は ど こ も か し こ も プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 論 ば や り だ が 、 身 近 な 課 題 に 既 存 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 を 無 自 覚 に 適 用 す る の に は 落 と し 穴 が あ る 。 理 論 面 で ビ ジ ネ ス 環 境 変 化 に 追 随 さ せ よ う と の 努 力 の 一 端 は 紹 介 し た が 、 現 実 に は 到 底 追 い つ い て い な い 。 こ の よ う な こ と を 良 く 踏 ま え た 上 で 理 論 を 活 用 す る こ と が 求 め ら れ て い る 。 第 二 章 デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 拡 大 第 一 節 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム レ ボ リ ュ ー シ ョ ン G A FA や シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー に あ や か っ て 、 自 分 も プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー に 成 り た い と 考 え る 事 業 者 が 増 え て い る 。 実 際 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 構 築 し や す い 環 境 が 拡 大 し て い る と 思 う 。 そ こ で 、 こ の ニ ー ズ を 当 て 込 ん で 関 連 書 籍 が 多 数 出 版 さ れ て い る 。 し か し 、 多 く の 事 業 体 が プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 に 挑 戦 し て い る は ず だ が 、 G A FA に 続 く 成 功 企 業 は な か な か 登 場 し な い 。ま た 、シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー で も U b e r, A i r b n b に 続 く 事 例 は な か な か 現 れ な い 。 そ れ は 何 故 か ? 最 近 の 書 籍 の 中 で は 、「 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム レ ボ リ ュ ー シ ョ ン 」( G . P a r k e r, M . Va n A l s t y n e , S . C h o u d a r y ) は こ の 課 題 に 関 わ る 内 容 を 取 り 込 ん で い る よ う に 思 わ れ る 。 3 人 の 著 者 の 内 2 名 は 経 済 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 で 著 名 な 先 生 方 で あ る 。但 し 3 r d 著 者 の S . C h o u d a r y は 実 世 界 の コ ン サ ル タ ン ト で か な り 毛 色 が 違 っ て い る 。 そ し て イ ン タ ー ネ ッ ト 上 に 資 料 W H Y B U S I N E S S M O D E L S FA I L : P I P E S V S . P L AT F O R M S を 公 開 し て い る 。 そ こ で 、 こ れ に 依 拠 し て 関 連 事 項 の 要 点 を 紹 介 す る 。 最 も 重 要 な 問 い は “ プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 成 功 裏 に 構 築 す る に は ど う す れ ば 良 い か ? ” だ が 、 多 く の 事 業 者 は 、従 来 身 に 付 け た パ イ プ ラ イ ン 思 考 を 引 き ず っ た ま ま 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 を 目 指 し て い る こ と が 多 い 。こ れ が 失 敗 す る 主 要 な 原 因 で あ る と 断 じ て い る 。 従 来 の あ ら ゆ る ビ
  9. 9. 9 ジ ネ ス は パ イ プ ラ イ ン 型 と さ れ る 。 そ れ に 対 し て プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 型 は 根 本 的 に 違 う ( 図 6 参 照 )。 そ れ を 示 す 代 表 的 な 特 性 は パ イ プ ラ イ ン 型 に お け る 「 鶏 と 卵 問 題 」 で あ る 。 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 型 は 顧 客 と サ ー ビ ス 提 供 者 間 の マ ッ チ ン グ の 場 の 提 供 を 主 体 と す る サ ー ビ ス 提 供 だ が 、 当 然 な が ら 、 最 初 は 顧 客 は ゼ ロ で あ る 。 ま た 、 サ ー ビ ス は 最 初 、 既 存 サ ー ビ ス と は 異 な る も の だ か ら 、 タ ー ゲ ッ ト 顧 客 を 特 定 す る こ と は 出 来 な い 。 従 っ て 、 顧 客 を 獲 得 で き る か ど う か の リ ス ク は 大 き く 、 い く ら 投 資 し て も 、 消 費 者 を 巻 き 込 め な け れ ば 無 価 値 と い う こ と に な る 。 そ の た め 、 こ の 苦 し さ に 耐 え か ね て 、 つ い つ い 、 既 存 顧 客 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム へ の 勧 誘 を 働 き 掛 け た く な る 。 こ の 結 果 、 残 念 な が ら 多 く は 失 敗 に 繋 が る 。 事 例 は 多 数 登 場 し て お り 、 書 籍 や 記 事 な ど か ら 情 報 は 得 ら れ る よ う に な っ た が 、 自 分 が 考 え て い る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 に 直 接 有 用 な 情 報 を 得 る の は 容 易 な こ と で は な い 。 だ か ら 、 成 功 し た プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー の 成 功 要 因 の 情 報 収 集 は 実 際 に は 一 筋 縄 で は い か な い 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第 二 節 G A FA は 何 故 こ れ ほ ど 大 き く な っ た か で は 、最 も 成 功 し た A p p l e は 、一 体 何 が 要 因 で 時 価 総 額 1 兆 ド ル レ ベ ル も の 大 企 業 に 昇 り 詰 め た の で あ ろ う か ? こ の 原 因 は A p p s t o r e に 搭 載 さ れ た 膨 大 な ア プ リ 数 の 増 加 だ と は 良 く 言 わ れ る こ と で あ る 。 そ の 数 、 約 3 5 0 万 本 。 ほ ぼ 1 0 年 程 度 で こ の 高 み に 到 達 し た 。 こ れ だ け の 規 模 に な る と ア プ リ 開 発 者 間 で も 重 複 機 能 が 多 数 登 場 し 、 脱 落 し て い く 開 発 者 が 続 出 す る こ と が あ っ て も お か し く な い 。 何 か 長 期 的 に ア プ リ 開 発 者 に 新 た な プ ロ グ ラ ム を 開 発 し 続 け た い と 思 わ せ る イ ン セ ン テ ィ ブ の 仕 組 み が あ る に 違 い な い 。 経 済 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 代 表 学 者 の 一 人 で あ る G . P a r k e r が こ の 点 に 取 組 ん だ 論 文 を 2 0 1 7 年 に 発 表 し た 。 結 論 的 に は 、端 的 に ア プ リ 開 発 者 に 金 儲 け の 仕 組 み を 提 供 し て い た と い う こ と で あ る 。 そ れ を 、 経 済 数 学 の レ ベ ル で 証 明 し て 見 せ た 。 具 体 的 に は 、 従 来 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 に ア プ リ 開 発 者 の イ ン セ ン テ ィ ブ と し て の 権 利 保 護 、 即 ち 一 定 期 間 新 規 ア プ リ 開 発 者 に 独 占 的 に 利 益 確 保 可 能 な 期 間 を 保 証 す る 仕 組 み を 追 加 し た 理 論 を 発 表 し た ( 利 用 し た モ デ ル の 概 要 は 図 7 参 照 ) 。 ポ イ ン ト は 、 オ ー プ ン 型 イ ノ ベ ー シ ョ ン の 方 が 、 イ ノ ベ ー シ ョ ン の ス ピ ー ド が 早 め ら れ る 。 ア プ リ 開 発 は オ ー プ ン ソ ー ス ベ ー ス で 適 切 な コ ー ド を 利 活 用 し 、 作 成 し た コ ー ド も 適 切 に 公 開 し て ゆ く 。 ア プ リ 開 発 者 は 先 人 が 作 成 し た オ ー プ ン ソ ー ス を 出 来 る だ け 利 活 用 し て 新 た な ア プ リ を 早 期 に 開 発 し た い が 、 自 分 が 追 加 し た コ ー ド を す ぐ に 公 開 さ せ ら れ た の で は 金 儲 け は で き な い 。 新 た な ア プ リ 開 発 の 意 欲 も 湧 か な い 。 し か し 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー が 一 定 期 間 独 占 し て 新 規 ア プ リ の コ ー ド 公 開 を 待 っ て く れ て 、 顧 客 の ア プ リ 使 用 の 利 益 を 独 占
  10. 10. 10 さ せ て も ら え る な ら 、 そ の 条 件 次 第 で は 何 度 で も 新 規 ア プ リ 開 発 に 挑 戦 す る 意 欲 が 湧 く だ ろ う 。 こ の よ う な イ ノ ベ ー シ ョ ン が 全 体 と し て 好 循 環 に 廻 る た め に は 、 自 分 も 公 開 さ れ て い る 他 人 作 成 の コ ー ド を 利 用 す る こ と で あ る 。 こ れ は イ ノ ベ ー シ ョ ン の キ ー が ス ピ ル オ ー バ ー で あ る こ と を 示 し て い る 。 厳 密 な 経 済 数 学 に よ る 論 述 で 、 「 一 定 の ス ピ ル オ ー バ ー が 有 れ ば 、 ク ロ ー ズ 型 で 特 定 企 業 や ソ フ ト 開 発 者 が ア プ リ を 作 り 続 け る よ り も 、 必 ず 、 オ ー プ ン 型 の 方 が イ ノ ベ ー シ ョ ン を 活 性 し 続 け ら れ る 」 こ と を 証 明 し た 。 こ の よ う な 仕 組 み が A p p s t o r e に 3 5 0 万 本 も の ア プ リ が 蓄 積 さ れ 続 け た 理 由 で あ る 。 A p p l e が こ の よ う な 仕 組 み を 提 供 し て い る と 一 般 に 多 く の 人 が 知 っ て い る 訳 で は な い か も し れ な い し 、 A p p l e が ア ナ ウ ン ス し て い る 訳 で も な い で あ ろ う 。 た だ し 、 こ の よ う な 施 策 は 多 数 あ る 施 策 の 中 に 紛 れ 込 ん で い て 、 広 い 意 味 で プ ラ ッ ト フ ォ ー ム ・ ガ バ ナ ン ス の 一 部 と 考 え ら れ る 。こ れ は 従 来 の 両 面 市 場 モ デ ル や M S P モ デ ル で 議 論 さ れ て い る 純 粋 ? な プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 領 域 を 超 え て い る と 思 わ れ る か も し れ な い 。 し か し 、 理 論 の 先 端 を 走 っ て い る 学 者 の 研 究 は こ の よ う な 分 野 に 重 点 を 移 動 し て い る 。 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 拡 大 は イ ン セ ン テ ィ ブ 設 計 な ど を 含 む よ り 広 い 意 味 で の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 を 考 慮 す る 方 向 に 重 点 を 移 動 さ せ て い る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料 ( s l i d e s h a r e 掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 第 三 節 I o T と プ ラ ッ ト フ ォ ー ム ガ バ ナ ン ス I o T が 話 題 で あ る 。 I o T は 非 デ ジ タ ル 素 材 の デ ジ タ ル 化 を 担 う 新 し い タ イ プ の デ ジ タ ル 化 手 段 と し て 注 目 さ れ て い る 。 2 0 2 0 年 ま で に は 世 界 で 5 0 0 億 個 の I o T 機 器 が 登 場 す る だ ろ う と も 予 想 さ れ て い る 。大 規 模 且 つ 短 期 で の 規 模 拡 大 が 予 想 さ れ て い る の で 、 さ ぞ か し プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 が 典 型 的 に 当 て は ま る 事 例 が 多 数 登 場 し て い る の か と 思 い が ち で あ る 。 事 実 、 I o T ソ リ ュ シ ョ ン を 声 高 に 推 進 し て い る 企 業 は 同 時 に I o T プ ラ ッ ト フ ォ ー ム も 立 ち 上 げ て い る 。 今 や 世 界 で I o T プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 立 ち 上 げ た と 称 す る 企 業 は 4 5 0 社 以 上 に も 昇 る と 言 わ れ る 。 し か し 、 G A FA の よ う に 存 在 を 誇 示 す る プ ラ
  11. 11. 11 ッ ト フ ォ ー ム は 勃 興 し て き た で あ ろ う か ? 何 故 、典 型 的 な I o T プ ラ ッ ト フ ォ ー ム で は 、 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 に よ る 規 模 拡 大 が 上 手 く 進 ま な い の で あ ろ う か 。 中 に は 、 2 0 1 4 年 に G o o g l e に よ っ て 3 2 億 ド ル で 買 収 さ れ 、 ス マ ー ト ホ ー ム の 典 型 と さ れ る N e s t の よ う な 例 も あ る 。た だ 一 般 に は 、一 方 の “ サ イ ド ” が I o T 機 器 や セ ン サ ー と い う ハ ー ド ウ ェ ア の 場 合 、 サ ー ビ ス の 良 否 に ア ク テ ィ ブ に 反 応 す る 主 体 性 が な い た め 、 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 は 発 生 し 難 い ( そ の 構 造 に つ い て は 図 8 参 照 ) 。 そ こ で 、 ど う し て も 巧 み な ビ ジ ネ ス モ デ ル の 良 否 に 依 存 す る 傾 向 が 増 す 。 し か し 、 I o T を 導 入 す る 場 面 は ど う し て も 製 造 現 場 な ど の 専 門 的 領 域 が 多 い 。こ の よ う な 場 面 で も 顧 客 と の 共 創 を 意 図 し て プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 化 を 指 向 す る の は 、方 向 と し て は 正 し い が 、個 々 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の カ バ ー 範 囲 は 狭 く 、急 激 な 拡 大 は 困 難 な こ と が 多 い 。 「 鶏 と 卵 問 題 」の 解 決 も 目 途 が た ち に く い で あ ろ う 。 そ う な る と 、 ど う し て も 、 従 来 の パ イ プ ラ イ ン 型 の 発 想 が 頭 を も た げ て 、 従 来 の 顧 客 と の 連 携 に ま い 進 し た り 、 付 加 価 値 を つ け る 補 完 者 の 立 場 に プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー 自 身 が 参 入 し た り 、 企 業 グ ル ー プ 内 に 委 託 し た り す る よ う な 方 針 を 取 り た く な る 。 し か し 、 こ れ で は 多 く の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 外 の プ レ ー ヤ ー と 連 携 す る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 本 来 の 目 標 は 達 成 さ れ な い 。 こ の よ う な 失 敗 パ タ ー ン に 陥 ら な い た め に は 、 多 様 な プ ラ ッ ト フ ォ ー ム ガ バ ナ ン ス の 要 素 を 洗 い 出 し 、 将 来 に 予 想 さ れ る ト レ ー ド オ フ 条 件 を 顕 在 化 さ せ 、 課 題 の 克 服 や ガ バ ナ ン ス の 個 別 要 素 の コ ン ト ロ ー ル を 的 確 に 行 っ て 行 く 必 要 が あ る 。 A p p l e の 場 合 は オ ー プ ン ソ ー ス ・ コ ー ド の ス ピ ル オ ー バ ー を 前 提 に 、 如 何 に ア プ リ 開 発 者 に 新 規 ア プ リ を 開 発 し 続 け さ せ る か の イ ン セ ン テ ィ ブ 設 計 が 重 要 で あ っ た 。 個 別 の I o T プ ラ ッ ト フ ォ ー ム に お い て は 何 が キ ー の 要 素 と な る で あ ろ う か ? こ れ が 、 今 最 も 重 要 な 分 野 で プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 構 築 を 成 功 さ せ る 課 題 に な っ て い る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料 ( s l i d e s h a r e 掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 第 四 節 イ ノ ベ ー シ ョ ン の コ ア は 周 辺 に 移 動 新 た な 価 値 創 造 が プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー 外 部 の ア プ リ 開 発 者 や サ ー ビ ス 提 供 者 、 あ る い は サ ー ビ ス 利 用 者 で あ る 顧 客 と の 共 創 に 移 動 し て 行 く
  12. 12. 12 と 、 イ ノ ベ ー シ ョ ン の コ ア も A P I 、 S D K 、 公 開 ラ イ ブ ラ リ ー 、 オ ー プ ン デ ー タ 、 こ れ ら を 公 開 す る ル ー ル な ど に 移 っ て い く 。 例 え ば A P I は 分 か り 易 い 事 例 を 提 供 し て い る 。A m a z o n は 提 供 機 能 を 外 部 に 公 開 す る 多 数 の オ ー プ ン A P I を 提 供 し て い る 。A m a z o n 外 部 の 事 業 者 が こ れ ら を 利 用 し て 新 し い 機 能 を 実 現 す る こ と も で き る が 、 A m a z o n 自 身 も オ ー プ ン A P I を 束 ね て 、新 た な サ ー ビ ス を 構 築 す る こ と が で き る 。 小 売 業 と い う こ と で は 同 業 の Wa l m a r t と 、 類 似 の 方 法 で の サ ー ビ ス 比 較 を 行 っ た 研 究 ( 2 0 1 6 年 ) に よ る と 、 両 社 の 新 サ ー ビ ス 構 築 速 度 、 サ ー ビ ス 領 域 に は 顕 著 な 相 違 が 見 ら れ る 。 こ の 結 果 、 A m a z o n は い つ の 間 に か 既 存 業 界 の 境 界 を 越 え て 業 態 を 変 質 さ せ て い る 。 こ の よ う な 世 界 は A P I エ コ ノ ミ ー と も 言 わ れ る 。 G o o g l e は G o o g l e M a p A P I を 公 開 す る こ と で 、 G o o g l e プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 外 の 多 数 の 事 業 者 に 地 図 由 来 の 多 様 な サ ー ビ ス を 構 築 す る 有 益 な 環 境 を 提 供 し て い る 。 サ ー ビ ス 構 築 は G o o g l e M a p A P I を 活 用 し た マ ッ シ ア ッ プ で 行 う こ と が 出 来 、 A P I 提 供 者 側 か ら し て も 思 い も よ ら な い よ う な 利 用 法 が 開 拓 さ れ て い る 。 こ れ が イ ノ ベ ー シ ョ ン の 民 主 化 で 、 新 た な 利 用 法 に 触 発 さ れ た G o o g l e 側 も 新 た な A P I を 追 加 し て ゆ く 相 乗 効 果 が 発 生 し て い る 。 こ の よ う な 仕 組 み に よ る 機 能 拡 充 の 速 度 は 極 め て 速 い 。 A P I は 外 部 に 対 す る イ ン タ フ ェ ー ス な の で 、 工 学 由 来 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 論 で 登 場 す る モ ジ ュ ー ル と 似 て い な く も な い 。 し か し 、 工 学 由 来 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム で 前 提 と す る モ ジ ュ ー ル は 、 車 と か コ ン ピ ュ ー タ と か 全 体 を 繋 ぎ 合 わ せ た 時 の 構 造 が あ っ て 、 そ の 中 で の イ ン タ フ ェ ー ス に 限 定 さ れ て い る 。 そ れ に 対 し て 、新 た に 登 場 し て い る A P I の よ う な イ ン タ フ ェ ー ス は 、一 種 の パ タ ー ン で よ り 柔 軟 で あ る 。 こ の よ う な 性 格 を 持 つ 新 た な イ ン タ フ ェ ー ス 活 用 で イ ノ ベ ー シ ョ ン の ス ピ ー ド を 向 上 さ せ る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム は 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 駆 動 の 実 態 が ま だ よ く 解 明 さ れ て い な い 。 し か し 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 拡 大 に 深 く 関 与 し て い る こ と は 確 か で あ る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 最 後 に 第 二 章 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と い う 言 葉 が 多 様 な 場 面 で 使 わ れ て い る 。 こ の 傾 向 は G A FA 、 シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー で 登 場 し た 巨 大 プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー の 影 響 が 極 め て 大 き い で あ ろ う 。 そ し て 、 こ の 成 果 に 圧 倒 さ れ て 、 こ の よ う な 路 線 に あ や か り た い と の 時 流 迎 合 や 既 存 企 業 の 焦 り も あ る か も し れ な い 。 し か し 、 一 歩 詳 細 に プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 拡 大 の 中 味 に 立 ち 入 っ て み る と 、 パ イ プ ラ イ ン 型 を 克 服 す る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 思 考 一 つ を と っ て も 一 朝 一 夕 に 身 に 着 く も の で は 無 い 。 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 立 上 げ に は ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 の 向 上 を 念 頭 に 置 け ば よ い 、 な ど と 理 想 論 を 語 っ て い れ ば よ い 段 階 で も な い 。 実 際 に は か な り 複 雑 な 条 件 が 絡 ん で い る 。 本 章 で は そ れ に 関 係 す る 幾 つ か を 紹 介 し
  13. 13. 13 た 。 結 局 の と こ ろ 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム は 構 築 す る 場 面 毎 に 千 差 万 別 で あ る 。 ま た 、 イ ン タ ー ネ ッ ト 登 場 以 来 か ら も 状 況 は 刻 々 と 変 化 し て い る 。 そ の 底 流 を 成 す も の は デ ジ タ ル 化 が 及 ぼ す 変 化 そ の も の が 変 質 し て い る こ と で あ る 。 こ の 変 化 を よ り 深 く 理 解 し て お く 必 要 が あ る 。 第 三 章 で は こ の 点 に 触 れ る 。 第 三 章 デ ジ タ ル イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ の 理 論 第 一 節 ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ と は 2 0 0 6 年 、 ハ ー バ ー ド 法 科 大 学 院 の イ ン タ ー ネ ッ ト 法 の 教 授 で あ る Z i t t r a i n は 、 ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ と い う 概 念 を 発 表 し た 。 ま た 2 0 0 8 年 書 籍 T h e F u t u r e o f T h e I n t e r n e t を 発 表 し ベ ス ト セ ラ ー に な っ た 。 中 心 概 念 で あ る ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ と は 「 大 規 模 で 、 多 様 な 、 調 整 さ れ て い な い 参 加 者 に よ っ て 駆 動 さ れ る 、 予 期 し な い 変 化 を 引 き 起 こ す 技 術 の 全 体 的 能 力 」 と 定 義 さ れ て い る 。 な か な か 分 か り 難 い 概 念 だ が 、 ネ ッ ト ワ ー ク 分 野 の あ る 教 授 は 「 未 来 の イ ン タ ー ネ ッ ト は 、 他 の 複 雑 な “ 自 然 ” ネ ッ ト ワ ー ク と 同 程 度 に か な り 複 雑 に な る 」 と し て 、 そ の 特 性 と し て 、 ① 全 体 特 性 を 個 々 の 部 品 特 性 か ら 推 論 す る こ と は で き な い 、 ② 個 々 の コ ン ポ ー ネ ン ト は 非 線 形 に 相 互 作 用 し 緊 急 行 動 に つ な が る 、 ③ 時 間 と と も に 絶 え ず 進 化 し 展 開 し て い る 、 を 上 げ て い る 。 事 例 と し て は 人 間 の 脳 、 エ コ シ ス テ ム 、 ほ と ん ど の 社 会 構 造 は そ う だ と 言 う 。 第 二 章 で 述 べ た デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 拡 大 は 、 Z i t t r a i n が 未 来 の イ ン タ ー ネ ッ ト で 予 言 し た ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ と 整 合 す る と こ ろ が あ る 。 実 際 に コ ン ピ ュ ー タ の 世 界 で も 実 証 研 究 が 行 わ れ て い る 。 研 究 は 世 界 最 大 の ブ ロ グ サ ー ビ ス プ ラ ッ ト フ ォ ー ム Wo r d P r e s s . o r g( オ ー プ ン ソ ー ス ) を 対 象 に し て 行 わ れ た ( 2 0 1 3 年 )。 Wo r d P r e s s は 多 く の サ ー ド パ ー テ ィ 開 発 者 が 各 種 A P I を 組 み 合 わ せ て 、 プ ラ グ イ ン を 作 成 し 、 そ の 成 果 の 積 み 重 ね と し て の ブ ロ グ サ ー ビ ス は 圧 倒 的 な シ ェ ア を 獲 得 し て い る 。プ ラ グ イ ン の 作 成 過 程 や ど の よ う な A P I を 使 用 し て い る か は 、オ ー プ ン ソ ー ス な の で 、コ ー ド を ダ ウ ン ロ ー ド し て 調 べ る こ と で 調 査 可 能 で あ る 。そ の 結 果 Wo r d P r e s s エ コ シ ス テ ム の 景 観 は ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ の 姿 の 通 り で あ っ た と 著 者 ら は 述
  14. 14. 14 べ て い る 。 調 査 結 果 の 一 端 を 図 9 に 示 す 。 現 在 、 デ ジ タ ル 化 、 デ ジ タ ル ト ラ ン ス フ ォ ー メ ー シ ョ ン 、 デ ジ タ ラ イ ゼ ー シ ョ ン 、 な ど が 改 め て 話 題 に な っ て い る 。 た だ 、 こ の 本 質 は 2 0 0 6 年 に 既 に 主 張 さ れ て い た ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ と 符 合 す る も の で あ る 。 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と の 関 わ り が 深 い エ コ シ ス テ ム も 規 模 が 拡 大 し て い け ば 、 ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ が 示 唆 す る 性 格 を 帯 び る も の と 思 わ れ る 。 第 三 章 は こ の よ う な 側 面 か ら も デ ジ タ ル エ ー ジ の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 新 傾 向 を 把 握 し よ う と す る 試 み で あ る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第 二 節 階 層 モ ジ ュ ラ ー ア ー キ テ ク チ ャ J . Yo o は 2 0 1 0 年 、デ ジ タ ル 化 の 特 徴 を 厳 密 に 再 評 価 し 、そ こ か ら 2 つ の 重 要 な 分 離 (「 デ バ イ ス と サ ー ビ ス 間 の 分 離 」、「 ネ ッ ト ワ ー ク と コ ン テ ン ツ 間 の 分 離 」) を 抽 出 し た 。 そ し て 、 こ の 構 造 を 基 に 階 層 モ ジ ュ ラ ー ア ー キ テ ク チ ャ を 提 案 し た 。 階 層 モ ジ ュ ラ ー ア ー キ テ ク チ ャ は 製 品 境 界 が 流 動 化 し て お り 、 ま た 、 一 設 計 階 層 に 基 づ く 部 品 か ら 構 成 さ れ る の で は 無 く 、 複 数 の 設 計 階 層 に 準 拠 し た 異 種 の 層 か ら 構 成 さ れ る と し て い る 。 そ し て 、 各 層 は 緩 や か な 結 合 に よ っ て 構 成 さ れ て い る 。 階 層 化 し た モ ジ ュ ラ ー 製 品 の ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ は こ の 層 間 の 緩 や か な 結 合 に よ っ て 実 現 す る と さ れ 、 多 数 の 種 類 ( パ タ ー ン ) に お け る 違 い を 生 成 す る と い う 。 例 え ば 、 利 用 可 能 な ハ ー ド ウ ェ ア 資 源 を 利 用 す る 場 合 で も 、 階 層 モ ジ ュ ラ ー ア ー キ テ ク チ ャ を 有 す る デ ジ タ ル カ メ ラ は 、 カ メ ラ と し て 使 用 さ れ る だ け で な く 、 ビ デ オ プ レ ー ヤ 、 フ ォ ト エ デ ィ タ 、 イ ン タ ー ネ ッ ト ク ラ イ ア ン ト 、 お よ び そ の 他 の 多 く の 方 法 で も 使 用 さ れ る 。 従 来 の モ ジ ュ ラ ー ア ー キ テ ク チ ャ と 階 層 モ ジ ュ ラ ー ア ー キ テ ク チ ャ は 、 企 業 が デ ジ タ ル コ ン ポ ー ネ ン ト を 製 品 に 埋 め 込 む 際 、 連 続 体 の 二 つ の エ ン ド ポ イ ン ト を 形 成 す る と さ れ る ( 図 1 0 参 照 )。 こ の よ う な 構 造 の 登 場 の 結 果 、イ ノ ベ ー シ ョ ン プ ロ セ ス と 成 果 も 本 質 的 な 変 化 を 遂 げ た 。そ れ は 、① プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 化 、② 分 散 型 イ ノ ベ ー シ ョ ン 、③ コ ン ビ ナ ト リ ア ル イ ノ ベ ー シ ョ ン の 3 点 に ま と め ら れ る 。こ の 結 果 、従 来 の 産 業 時 代 の 単 一 目 的 の 製 品 は 、例 え ば 、 コ ン ピ ュ ー タ ハ ー ド ウ ェ ア で も 、 メ イ ン フ レ ー ム 、 P C 、 ラ ッ プ ト
  15. 15. 15 ッ プ 、 タ ブ レ ッ ト 、 ス マ ホ 、 ウ ェ ア ラ ブ ル コ ン ピ ュ ー タ な ど と 、 ニ ー ズ の 個 別 化 ・ 特 殊 化 に 合 わ せ て 多 様 な 種 類 ( パ タ ー ン ) を 備 え た 各 種 デ ジ タ ル 製 品 が 登 場 す る こ と に な っ た 。 こ の よ う な 変 化 は 企 業 の 組 織 化 論 理 に も 変 化 を 引 き 起 こ す 。 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 適 用 対 象 も 、 最 近 話 題 に な っ て い る デ ジ タ ル ト ラ ン ス フ ォ ー メ ー シ ョ ン も 、 こ の よ う な 変 化 の 浸 透 に よ っ て 発 生 し て い る 訳 で あ る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 第 三 節 デ ジ タ ル カ メ ラ に 見 る 特 性 デ ジ タ ル 化 に よ る 影 響 の 初 期 の 議 論 は 、 音 楽 コ ン テ ン ツ や ソ フ ト 、 画 像 な ど デ ジ タ ル 化 し 易 い 分 野 と そ れ に 関 わ る ビ ジ ネ ス モ デ ル に 集 中 す る 傾 向 が あ っ た 。し か し 、製 品 ア ー キ テ ク チ ャ そ の も の に も 変 化 が 及 び 、 階 層 モ ジ ュ ラ ー ア ー キ テ ク チ ャ の 基 で 既 存 製 造 業 の 製 品 も 機 能 要 素 の 再 配 置 、 コ ン ポ ー ネ ン ト 間 の イ ン タ フ ェ ー ス 見 直 し が 発 生 し た 。 前 節 の 階 層 モ ジ ュ ラ ー ア ー キ テ ク チ ャ の 提 案 も デ ジ タ ル カ メ ラ の 実 証 分 析 に 裏 打 ち さ れ て 提 案 さ れ た 。 そ こ で 、 デ ジ タ ル カ メ タ を 例 題 に し て 実 際 の 特 定 産 業 分 野 が ど の よ う な 変 遷 を 遂 げ て 来 た か を お さ ら い す る 。 2 0 1 2 年 1 月 1 9 日 、 K o d a k が 倒 産 し た 。 K o d a k は 1 9 7 5 年 、 最 初 の デ ジ タ ル カ メ ラ の 作 成 に 始 ま り 、 こ の 業 界 を 一 貫 し て 牽 引 し て き た 有 力 企 業 で あ る 。 こ の 事 実 は 、 古 く は H . A . S i m o n に 淵 源 が あ る 固 定 し た 製 品 を 構 成 す る 従 来 型 モ ジ ュ ー ル 化 の 終 焉 を も 伴 っ て 到 来 し て い る の か も し れ な い 。 進 化 の 経 緯 を 辿 る と 、 2 0 0 0 年 頃 か ら 携 帯 電 話 、 G P S 技 術 、 通 信 技 術 な ど 他 技 術 と の 統 合 が 始 ま っ て い る 。 そ の 際 、 ア ナ ロ グ カ メ ラ か ら デ ジ タ ル カ メ ラ に 移 行 し た 過 程 で カ メ ラ の 内 部 に ソ フ ト ウ ェ ア が 持 ち 込 ま れ た 。 そ の た め 、 他 技 術 と の 連 携 ・ 統 合 が 容 易 に な り 、 進 化 の ス ピ ー ド が 加 速 し た 。デ ジ タ ル カ メ ラ は 元 々 、既 存 の カ メ ラ 企 業 が 考 え て い た も の よ り も 、は る か に ダ イ ナ ミ ッ ク に 異 質 な も の に 変 質 し て 行 っ た 。極 め つ け は i P h o n e の 登 場 で あ る 。 そ れ 以 来 、ス マ ホ は 最 大 の シ ェ ア を 占 め る デ ジ タ ル カ メ ラ に な っ た 。こ の よ う な 変 化
  16. 16. 16 の 経 緯 を 図 11 に 示 す 。 こ の よ う な 変 化 が 産 業 ま る ご と 発 生 す る 。 そ し て 、 現 在 、 製 造 業 で 最 大 の 規 模 と 資 産 を 持 つ 自 動 車 産 業 が 新 た な 変 革 の 真 っ た だ 中 に あ る 。 こ の よ う な 影 響 力 の 淵 源 を 良 く 踏 ま え た う え で 、 個 別 テ ー マ に お け る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 適 応 を 考 慮 す る 必 要 が あ る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料 ( s l i d e s h a r e 掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 最 後 に 第 三 章 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。 ジ ェ ネ ラ テ ィ ビ テ ィ と い う 言 葉 は 日 本 で は あ ま り 耳 に し な い 。 日 本 語 に 訳 し 難 い こ と も あ る が 、 元 々 の 発 案 者 で あ る Z i t t r a i n の よ う な 文 系 理 系 を 跨 ぐ 学 者 や 論 客 が 日 本 に は 少 な い し 、 文 系 理 系 を 跨 ぐ 概 念 や 題 意 把 握 が 日 本 で は な か な か 受 け 入 れ ら れ な い こ と も あ る と 思 う 。 こ れ に 続 く 論 文 は Yo o の も の の み 紹 介 し た が 、 2 0 0 9 年 ~ 2 0 1 3 年 に か け て Ti w a n a , H e n f r i d s s o n , Ti l s o n な ど の 有 力 論 文 も 登 場 し て い る 。 従 っ て 、 こ の 分 野 の 蓄 積 も 既 に 多 い の だ が 、 何 故 か 日 本 で は あ ま り 浸 透 し て い な い よ う に 見 え る 。 こ れ が 、 今 ま で の 日 本 の I T 化 へ の 取 組 み に お い て も 表 層 的 に さ せ て い る 一 因 な の か も し れ な い 。 第 四 章 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ の 今 後 の 戦 略 第 一 節 エ コ シ ス テ ム 理 論 の 構 築 に 向 け て 「 エ コ シ ス テ ム 」 と 「 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 」 と い う 言 葉 は 、 最 近 、 ど ち ら も 多 用 さ れ る が 、区 別 は 曖 昧 に さ れ て い る 。そ し て 、最 近 の 傾 向 で は 、 「 エ コ シ ス テ ム 」 の 方 が よ り 広 い ニ ュ ア ン ス を 含 み 、 利 用 す る シ ー ン が 増 え て い る よ う に 思 わ れ る 。 そ こ で 、こ の 状 況 を 整 理 す る た め 、2 0 1 8 年 に J a c o b i d e s , C e n n a m o , G a w e r に よ る エ コ シ ス テ ム 理 論 の 構 築 に 向 け た 論 文 が 発 表 さ れ た 。内 容 的 に は モ ジ ュ ー ル 性 を キ ー に し た 論 述 に な っ て い る 。第 一 章 第 四 節 で 述 べ た プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 統 合 と は や や 異 な る ア プ ロ ー チ だ が 、新 た な 統 合 理 論 の 側 面 が あ る 。そ の 一 方 、 第 一 章 第 五 節 で 述
  17. 17. 17 べ た 「 加 入 」 を 導 入 し て 、 エ コ シ ス テ ム / プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と そ の 他 の 組 織 ( 例 : 垂 直 型 組 織 な ど ) と の 比 較 論 を 展 開 し て い る 面 も あ る 。 そ の 概 要 を 図 1 2 に 示 す 。 そ し て 、 補 完 性 を 細 分 化 す る こ と で 、 エ コ シ ス テ ム を 新 た に 定 義 し な お し た 。 ポ イ ン ト は 補 完 性 を 一 般 、 独 自 、 ス ー パ ー モ ジ ュ ー ル の 3 タ イ プ に 分 割 し 、 生 産 に お け る 補 完 性 と 消 費 に お け る 補 完 性 の 縦 横 2 次 元 図 を 考 察 す る こ と で エ コ シ ス テ ム 領 域 を 区 分 け し た 。新 定 義 に 基 づ く エ コ シ ス テ ム 分 類 を 図 1 3 に 示 す 。 今 ま で エ コ シ ス テ ム と 語 ら れ て い た 概 念 は 、主 と し て ビ ジ ネ ス エ コ シ ス テ ム 、イ ノ ベ ー シ ョ ン エ コ シ ス テ ム 、プ ラ ッ ト フ ォ ー ム エ コ シ ス テ ム な ど と 、焦 点 分 野 に 依 存 し て 使 わ れ て い た が 、そ れ ら の 区 分 は 曖 昧 で あ っ た 。 そ れ が 、別 視 点 か ら の 今 回 の 指 針 登 場 で 、 一 面 で は 参 考 に な る と 思 わ れ る 。 一 方 、 こ れ を 活 用 す る こ と で 、ど の よ う な 効 果 が 獲 得 で き る か は 今 一 つ 定 か で な い 。い ず れ に し て も 、I o T , A I , 5 G 、各 種 セ キ ュ リ テ ィ 技 術 な ど を 含 め た 最 近 の ビ ジ ネ ス 環 境 は 、 両 面 市 場 モ デ ル に お け る 「 ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 」 や M S P モ デ ル 修 正 で 登 場 し た 「 加 入 」 な ど の 概 念 を 超 え て 、 よ り き め 細 か い 整 理 を 可 能 に す る 新 た な 枠 組 み を 求 め て い た 。こ の よ う な ニ ー ズ に 応 え た 取 組 み の 一 つ と し て 評 価 で き る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料 ( s l i d e s h a r e 掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 第 二 節 デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と デ ジ タ ル イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ 第 一 章 、 第 二 章 で 述 べ た よ う に 、 ビ ジ ネ ス 環 境 の 変 化 に 対 応 し て 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 系 譜 で も 様 々 な 対 応 の 努 力 が 行 わ れ て き た 。 一 方 、 第 三 章 で 述 べ た よ う な 視 点 か ら の 理 論 構 築 も 行 わ れ て き た 。 し か し 、 各 学 問 の テ リ ト リ ー の 壁 は 大 き く 、 情 報 シ ス テ ム 理 論 、 戦 略 的 経 営 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 を 含 む 経 済 学 的 研 究 は 、 デ ジ タ ル 時 代 の プ ラ ッ ト フ ォ
  18. 18. 18 ー ム と イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ の 理 解 を 別 々 に 報 告 し て き た き ら い が あ る 。 し か し 、 そ の よ う な 取 組 み は 限 界 に 来 て お り 、 社 会 と ビ ジ ネ ス 両 方 の 分 野 で 差 し 迫 っ た 政 策 課 題 や 情 報 戦 略 に 取 り 組 む に は 、 従 来 の 壁 を 乗 り 越 え た 取 組 み が 必 要 で あ る 。 本 稿 の 流 れ で 言 え ば 、 第 一 章 、 第 二 章 の 流 れ と 第 三 章 の 流 れ を 融 合 さ せ 、 両 方 を 同 時 に 議 論 す る 取 組 み で あ る 。 第 一 節 は 「 エ コ シ ス テ ム 」 を 今 ま で の 前 提 に 捕 ら わ れ ず に 分 析 し た 新 た な 取 組 み の 一 例 で あ っ た 。 こ の よ う な 取 組 み を も う 少 し 体 系 的 に 考 え た 論 文 が 、 2 0 1 8 年 に C o n s t a n t i n i d e s , H e n f r i d s o n , P a r k e r に よ っ て 発 表 さ れ た 。 タ イ ト ル は P l a t f o r m s a n d I n f r a s t r u c t u r e s i n t h e D i g i t a l A g e で あ る 。 そ の 見 立 て で は 、 現 在 の ビ ジ ネ ス 環 境 は デ ジ タ ル 化 の 深 化 に よ っ て 、 ① イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 化 と 、 ② プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ 化 が 、 同 時 に 発 生 し て い る と い う 。 そ の よ う な 視 点 か ら す る と 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー と 補 完 者 の 価 値 共 創 を 継 続 さ せ る イ ン セ ン テ ィ ブ 構 造 の 設 計 も 一 段 と 複 雑 に な る 。 ま た 、 考 慮 す べ き 範 囲 は デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と デ ジ タ ル イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ の 両 側 面 に 跨 る 。 そ し て 、 両 側 面 の 戦 略 は 異 な る 性 質 を 持 っ て い る が 、 両 側 面 は 連 続 し て 把 握 す る こ と が 可 能 で あ り 、 今 後 の 規 模 と 集 約 効 果 の 獲 得 に は 両 側 面 を 同 時 に 考 察 し た 上 で 、 組 織 の 設 計 と イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ 設 計 の バ ラ ン ス 確 保 が 重 要 だ と し て い る 。 最 近 、「 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 企 業 の 黄 金 時 代 は 終 わ っ た 」 と の 言 説 を 見 か け る こ と も 多 く な っ た 。 本 稿 で も 最 初 か ら 述 べ て き た よ う に 、 単 純 な ネ ッ ト ワ ー ク 効 果 狙 い の 古 典 的 両 面 市 場 モ デ ル ベ ー ス の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 時 代 は と っ く に 終 了 し て い る 。 そ し て 、 そ の 後 も 多 様 な 工 夫 は 登 場 し て お り 、 そ れ ら に 追 随 し よ う と す る 取 組 み は 、 前 節 の 「 エ コ シ ス テ ム 理 論 の 構 築 」な ど に も み ら れ る 。本 節 は さ ら に 視 野 を も う 一 歩 広 げ た 、 デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム と デ ジ タ ル イ ン フ ラ ス ト ラ ク チ ャ の 同 時 考 察 の 勧 め で あ る 。 こ の 方 向 で は 結 果 的 に 組 織 の 見 直 し 論 に ま で 入 ら ざ る を 得 な い 。 デ ジ タ ル ト ラ ン ス フ ォ ー メ ー シ ョ ン と も 類 似 の ス コ ー プ に な る と 思 わ れ る 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料 ( s l i d e s h a r e 掲 載 ) を 参 照 し て く だ さ い 。 第 三 節 デ ジ タ ル エ ー ジ の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 課 題 現 在 は 、 G A FA や シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー に 限 ら ず 、 デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム が ほ と ん ど 全 て の 産 業 を 変 革 し て い る 。 そ こ で 、 こ の テ ー マ は 徐 々 に 情 報 シ ス テ ム 研 究 の 主 流 に な っ て い る 。 但 し 、 デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム は 、 分 散 の 性 質 も 持 ち 、 各 種 機 関 、 市 場 、 技 術 と 絡 み 合 っ て 、 理 論 を 構 築 す る 研 究 対 象 と し て は 大 変 困 難 な 性 質 を 持 っ て い る 。 し か し 、 大 変 重 要 な 分 野 な の で 、 今 ま で も プ ラ ッ ト
  19. 19. 19 フ ォ ー ム に つ い て の 議 論 は 多 い 。 だ が 、 結 論 的 に 言 う と 、 デ ジ タ ル で は な い 世 界 観 か ら 行 わ れ て き た 側 面 が 強 い 。 第 三 章 で も 述 べ た よ う に 、 デ ジ タ ル 化 と い う の は 非 デ ジ タ ル 化 と は か な り 異 な る 側 面 が あ り 、 プ ラ ッ ト フ ォ ー ム に つ い て も い く つ か の 点 で 著 し く 異 な る 。 そ こ で 、 現 在 の 議 論 は 、 新 た な 状 況 を 議 論 す る の に 、 概 念 や 記 述 法 は 既 存 の 非 デ ジ タ ル 時 代 に 開 発 さ れ た プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 か ら 借 用 し て 議 論 し て い る 側 面 が あ る 。 こ の 状 況 は そ ろ そ ろ 限 界 に 来 て い る 。 し か し 、 だ か ら と 言 っ て 、 デ ジ タ ル エ ー ジ の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 が 早 期 に 登 場 し て 来 そ う な 状 況 に は な い 。 多 様 な 側 面 が 絡 ま り 過 ぎ て 問 題 を 難 し く し て い る だ け で は な い 。 コ ア を 成 す の は 、 単 に 価 格 政 策 な ど で 割 り 切 れ な い 内 容 で 、 組 織 構 造 変 革 な ど に ま で 及 ぶ は ず だ が 、 研 究 対 象 と し て 期 待 さ れ る 既 存 の 成 功 し た プ ラ ッ ト フ ォ ー マ ー が そ れ ら に 関 係 す る 幅 広 い デ ー タ や 実 態 を 研 究 者 達 に 詳 ら か に す る か と 言 う と 、 そ れ は 無 理 だ ろ う と 予 想 さ れ る 。 そ の よ う な こ と も 早 期 の 理 論 登 場 を 難 し く し て い る と 思 う 。 よ り 詳 し い 情 報 は P P T 資 料( s l i d e s h a r e 掲 載 )を 参 照 し て く だ さ い 。 最 後 に 第 四 章 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。 本 章 で 紹 介 し た 論 文 は 既 存 学 問 の テ リ ト リ ー を 超 え た 取 組 み を 行 っ て い る 。 第 一 節 で 取 り 上 げ た 論 文 は 、 J a c o b i d e s は 組 織 論 、C e n n a m o , G a w e r は 工 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 有 力 学 者 で あ る 。 第 二 節 で 取 り 上 げ た 論 文 も 、 H e n f r i d s o n は 第 三 章 で 紹 介 し た 分 野 、 P a r k e r は 経 営 学 視 点 の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 理 論 の 有 力 学 者 で あ る 。 但 し 、 第 三 節 も 含 め て 、 内 容 的 に は エ コ シ ス テ ム 分 類 の 試 み 、 新 た な 取 組 み の 提 案 、 新 た な ス コ ー プ で 想 定 さ れ る 課 題 抽 出 、 の レ ベ ル に 留 ま っ て い る 。 今 後 、 こ の 延 長 で 新 た な 枠 組 み の 妥 当 性 を 現 実 の ビ ジ ネ ス 環 境 と 突 き 合 わ せ て 、 理 論 ・ 実 践 両 面 か ら の 具 体 化 が 望 ま れ る 。 最 後 に 全 体 の 簡 単 な ま と め を 付 す 。 最 初 に 第 一 章 で 述 べ た よ う に 、 両 面 市 場 モ デ ル は 、 た ま た ま 1 9 9 0 年 代 に 発 生 し た 米 国 の ク レ ジ ッ ト カ ー ド 独 占 禁 止 法 事 件 分 析 の た め 、 経 済 学 系 の 有 力 学 者 が 経 済 数 学 を 駆 使 し て 構 築 し た も の で あ る 。 そ の 後 、 デ ジ タ ル 化 の 深 化 で ビ ジ ネ ス 環 境 は 大 き く 変 化 し た 。 従 っ て 、 複 雑 に な っ た 現 在 の デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム の 世 界 を 、 嘗 て と 同 様 に 新 た に 傑 出 し た 学 者 が 登 場 し て 明 快 な 理 論 を 構 築 す る の は 、 対 象 の 広 が り を 見 て も 不 可 能 と 思 わ れ る 。 だ か ら と 言 っ て 、 既 存 の 理 論 を 現 在 の 状 況 に 無 自 覚 に 適 応 し よ う と す る の も 極 め て 危 険 で あ る 。 場 合 に よ っ て は 間 違 っ た 答 え を 出 す 危 険 性 が あ る 。 本 稿 は 、 こ の よ う な 自 覚 を 多 く の 人 に 持 っ て 頂 き た い と の 思 い も あ っ て 作 成 し た 。そ れ で は 、当 面 は ど の よ う に 対 処 す れ ば よ い の か だ が 、
  20. 20. 20 大 き く 次 の 2 点 に ま と め ら れ る と 思 う 。 ( 1 ) プ ラ ッ ト フ ォ ー ム に 関 わ る 領 域 の 認 識 を 従 来 よ り よ り 広 い 範 囲 に 拡 大 し 、 全 体 と し て の 理 解 を 深 め る こ と ( 2 ) 種 々 の 切 り 口 の 知 見 が 登 場 し て い る こ と を 認 識 し 、 こ れ ら を 活 用 し た 多 面 的 分 析 を 自 ら の 課 題 に 試 み る こ と こ の よ う な 方 針 に 賛 同 し 、 こ の よ う な 取 組 み を 試 み て み よ う か と 思 わ れ た 方 へ の ヒ ン ト に な る 情 報 は 、 バ ラ バ ラ で は あ る が 各 所 に ち り ば め た つ も り で あ る 。 こ れ か ら ま す ま す 活 況 を 呈 し て 行 く と 思 わ れ る デ ジ タ ル プ ラ ッ ト フ ォ ー ム 市 場 へ の 新 た な 取 組 み に ご 参 考 に な れ ば 幸 い で あ る 。

×