Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Share

Amazon rds入門 #ChugokuDB

Download to read offline

2017-08-26 (土) の第21回 中国地方DB勉強会 in 山口 での発表スライドです。

今回は、主要クラウド3種類のRDBのマネージドサービスでそれぞれ発表を行いました。
GCP、Azure の 最高の講師の方に加えて、私の方でAWSのRDSについてお話させて頂きました。
RDSについてはじめから丁寧にRDSがどういうサービスかを説明させて頂きました。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

Amazon rds入門 #ChugokuDB

  1. 1. Amazon RDS入門 2017/08/26 第21回 中国地方DB勉強会
  2. 2. 今日話す事 2
  3. 3. 3 Amazon RDS について 初めから丁寧に🙇
  4. 4. 注意点 4
  5. 5. ・ スライドは後で公開致します。 ・ 資料作成は注意しながら作成しておりますが、 公式の見解ではありません。 AWS公式Webサイトと内容などに相違があった場 合はAWS公式サイトを正とさせて頂きます。 5
  6. 6. おしながき 6
  7. 7. 本日のお品書き 1. あばうとみー 2. Amazon RDS の 概要と特徴 3. Amazon RDS の 制限事項 4. Amazon RDS の 料金体系 7
  8. 8. 1.あばうとみー 8
  9. 9. 1.あばうとみー 高橋 一騎 ・ 岡山の SIer 勤務 ・ PHPer🐘、Swiftが好きな人🐣 ・ JPUG 中国支部長 ・ ハリネズミ 飼ってます 9
  10. 10. 1.あばうとみー 10
  11. 11. 1.あばうとみー 結婚はいいぞ! 11
  12. 12. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 12
  13. 13. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS とは? Relational Database Service 。 構築、運用、拡張を容易に行う事が出来る フルマネージドな リレーショナルデータベースのサービス。 13
  14. 14. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS とは? Relational Database Service 。 構築、運用、拡張を容易に行う事が出来る フルマネージドな リレーショナルデータベースのサービス。 14 DBA を 面倒な保守作業から開放して より質の高いサービスの開発に専念出来る
  15. 15. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 特徴 RDS の 特徴 は 主に 3つ ・ シンプルな構築 ・ 高い可用性 ・ 高い拡張性 ・ 運用手間からの開放 15
  16. 16. シンプルな構築 16
  17. 17. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 高可用性 ・ 数クリック、数分でインスタンスが作成出来る。 DBエンジン、CPU、メモリ、ディスクサイズは GUIのページで選択するだけでセットアップ可能。 ・ また、強力なオプションも選択するだけで利用可 - マルチAZ - リードレプリカ - 自動バックアップ など。 17
  18. 18. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 高可用性 ・ 数クリック、数分でインスタンスが作成出来る。 DBエンジン、CPU、メモリ、ディスクサイズは GUIのページで選択するだけでセットアップ可能。 ・ また、強力なオプションも選択するだけで利用可 - マルチAZ - リードレプリカ - 自動バックアップ など。 18
  19. 19. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 選べる DBエンジンについて 19
  20. 20. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 選べる DBエンジンについて 20 ライセンス込み プランがある。 単位時間利用料金 = インスタンス稼働料金 + ライセンス料金
  21. 21. 東京リージョンで SE2 ライセンスを db.m4.largeで 一年間運用した場合 21 年間RDS利用料 (時間単位) ライセンス 合計(約) ライセンス込み $4,484.16 ($0.519) $0 $4,500 Oracleライセンス + RDS利用料 $2,194.56 ($0.254) $21,000 $23,000 ライセンス込み 1年間前払い $2,671(一括) (換算 $0.305) $0 $2,700 2.Amazon RDS の 概要と特徴 ライセンス込みプランのメリット
  22. 22. Amazon RDS の 高可用性 22
  23. 23. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 高可用性 ・ 便利な機能がオプション選択のみで利用出来る。 マルチ AZ (Avaliablity Zone) リードレプリカ 自動バックアップ 23
  24. 24. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 高可用性 ・ 便利な機能がオプション選択のみで利用出来る。 マルチ AZ (Avaliablity Zone) リードレプリカ 自動バックアップ 24
  25. 25. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 マルチ AZ オプションについて マルチAZ ・ プライマリと同リージョン内の異なるAZ内に DBのコピーがスタンバイ状態で作成。 (同期物理レプリケーション) ・ フェイルオーバーが発生した時に スタンバイ中のレプリカのDNSレコードが 現行のプライマリのDNSレコードに 自動で切り替わる。 25
  26. 26. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 高可用性 ・ 数クリックでインスタンスが作成出来る。 DBエンジン、CPU、メモリ、ディスクサイズは GUIのページで選択するだけでセットアップ可能。 ・ 便利な機能がオプション選択のみで利用出来る。 マルチ AZ (Avaliablity Zone) リードレプリカ 自動バックアップ 26
  27. 27. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の スケールアウト リードレプリカ ・ プライマリインスタンスに変更がある度に 非同期レプリケーションによって更新。 ・ 読み取り専用接続のみ許可されるインスタンス。 ・ MySQL, PostgreSQL, MariaDB, Aurora でのみ使用 可能 27
  28. 28. Amazon RDS の 高拡張性 28
  29. 29. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 高拡張性 インスタンスやスペックについて スケールアップやスケールダウン、スケールアウト を 容易に行う事が可能。 => また、スケールアップやスケールダウンによって 機能停止を伴うような場合は、 マルチAZの自動フェイルオーバーで短縮が可能。 29
  30. 30. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 高拡張性 インスタンスクラスのタイプ + サイズ(名称非公式) の組み合わせでサーバーのスペックの構成を管理する 事が出来る。 30
  31. 31. 31 Aurora MySQL PostgreSQL MariaDB m4 (現行世代) × ○ ○ ○ r3 (メモリ重視) ○ ○ ○ ○ t2 (開発) ○ ○ ○ ○ 2.Amazon RDS の 概要と特徴 選べる インスタンスクラスのタイプ
  32. 32. 32 vCPU メモリ (GB) ネットワーク (相対評価) micro 1 1 低 small 1 2 低 medium 2 4 中 large 2 8 (m4) or 15(r3) 中 xlarge 4 15 (m4) or 30 (r3) 高 2xlarge 8 30 (m4) or 61 (r3) 高 ・・・ 2.Amazon RDS の 概要と特徴 選べる インスタンスクラスのサイズ
  33. 33. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 高拡張性 物足りないな・・と思ったら、 チューニングするでは無くて、 インスタンスクラスを上げる。 ※ そもそもデフォルトパラメータの時点で ある程度チューニングされている。 33
  34. 34. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS の 高拡張性 使うのは、頭や知識では無く金。 34
  35. 35. Amazon RDS による 運用手間からの開放 35
  36. 36. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS による運用手間からの開放 ・ バックアップの自動化 ・ サーバーへのセキュリティパッチの自動適用 ・ メトリクスの可視化 36
  37. 37. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS による運用手間からの開放 ・ バックアップの自動化 ・ サーバーへのセキュリティパッチの自動適用 ・ メトリクスの可視化 37
  38. 38. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 バックアップ・リストアについて ・ バックアップ バックアップサイクルは 1日1回 で固定 (任意のタイミング手動で取る事も可能) ・ リストア バックアップ(スナップショット)を指定して復元。 ・ point in time リカバリ バックアップ保持期間内で現在から5分前の 任意の指定時刻の状態になるように復元が出来る。 38
  39. 39. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS による運用手間からの開放 ・ バックアップの自動化 ・ サーバーへのセキュリティパッチの自動適用 ・ メトリクスの可視化 39
  40. 40. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 セキュリティパッチの自動適用 ・セキュリティパッチの自動適用 安全性や堅牢性に関わるソフトウェアパッチを 自動で適用してくれる。 ※ 再起動を伴うケースもある。 予め再起動可能な曜日、時間帯を指定しておく。 数ヶ月に一回程度、発生。 40
  41. 41. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 セキュリティパッチの自動適用 ・セキュリティパッチの自動適用 安全性や堅牢性に関わるソフトウェアパッチを 自動で適用してくれる。 ※ 再起動を伴うケースもある。 予め再起動可能な曜日、時間帯を指定しておく。 数ヶ月に一回程度、発生。 41 マルチAZ構成にしてダウンタイムを短縮 => スタンバイが先にメンテナンスされる。 メンテナンス完了後にマスターが フェイルオーバーする。
  42. 42. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 Amazon RDS による運用手間からの開放 ・ バックアップの自動化 ・ サーバーへのセキュリティパッチの自動適用 ・ メトリクスの可視化 42
  43. 43. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 メトリクスの可視化 凄いCREの方達に聞きましょう! 43
  44. 44. まとめ 44
  45. 45. 2.Amazon RDS の 概要と特徴 まとめ Amazon RDS は シンプルな構築、 高い可用性、高い拡張性、運用手 間からの開放を実現し、 DBAが顧客へより質の高いサービスを提供する為に 時間を割けるようにする事を目指したサービス。 45
  46. 46. 3.Amazon RDS の 制限事項 46
  47. 47. 3.Amazon RDS の 制限事項 銀の弾丸では無い。 47
  48. 48. 3.Amazon RDS の 制限事項 ・ バージョンが限定される。 ・ IPアドレスが固定出来ない。 ・ OSSではない。 ・ メモリやディスク容量に制限がある。 48
  49. 49. 3.Amazon RDS の 制限事項 ・ バージョンが限定される。 ・ IPアドレスが固定出来ない。 ・ OSSではない。 ・ メモリやディスク容量に制限がある。 49
  50. 50. 3.Amazon RDS の 制限事項 バージョンの限定 MySQL, PostgreSQL の サポートバージョン 50
  51. 51. 3.Amazon RDS の 制限事項 ・ バージョンが限定される。 ・ IPアドレスが固定出来ない。 ・ OSSではない。 ・ メモリやディスク容量に制限がある。 51
  52. 52. 3.Amazon RDS の 制限事項 IPアドレスが固定出来ない。 RDSに割り振られたDNSをエンドポイントとして 指定する。 ※ ただし、スナップショットからリストアするなど 新規のRDSインスタンスを立てると変わってしまう 。 52
  53. 53. 3.Amazon RDS の 制限事項 IPアドレスが固定出来ない。 常に一意のDNSにするには・・ ・ 元のRDSのDNSを変更 -> 新規RDSのDNSを変更 ・ Route 53 の Private DNS を使用して向き先を新規 RDSのDNSにする。 53
  54. 54. 3.Amazon RDS の 制限事項 ・ バージョンが限定される。 ・ IPアドレスが固定出来ない。 ・ OSSではない。 ・ メモリやディスク容量に制限がある。 54
  55. 55. 3.Amazon RDS の 制限事項 OSSではない。 OSSでないのでバグ発生?と思われる時に AWS サポート問合せとなる。 (Aurora案件だが) レプリケーションに不具合があって 修正完了まで数週間かかった事も。 また、宗教上の理由で社内ネットワークに。。。 みたいな場合も対応が不可。 55
  56. 56. 3.Amazon RDS の 制限事項 ・ バージョンが限定される。 ・ IPアドレスが固定出来ない。 ・ OSSではない。 ・ メモリやディスク容量に制限がある。 56
  57. 57. 3.Amazon RDS の 制限事項 メモリやディスク容量に制限がある。 db.m4.10xlarge CPU 40、メモリ 160GB db.r3.8xlarge CPU 32、メモリ 244GB ストレージ: 最大6TBまで(※) 57
  58. 58. 3.Amazon RDS の 制限事項 ・ バージョンが限定される。 ・ IPアドレスが固定出来ない。 ・ OSSではない。 ・ メモリやディスク容量に制限がある。 これらの制限が許容出来ない場合は・・ 58
  59. 59. 3.Amazon RDS の 制限事項 泣いても仕方ないので 素直に On EC2 or オンプレ運用 もしくは 妥協を考えましょう。 59
  60. 60. まとめ 60
  61. 61. 3.Amazon RDS の 制限事項 まとめ Amazon RDS は 素晴らしいサービスだが 以下のような制限もある。 ・ サポートバージョン以外は使用不可 ・ IPアドレスが固定出来ない。 ・ OSSではない。 ・ メモリやディスク容量に制限がある。 解決策があるものもあるが 許容できない場合は、素直に別の手法で対応。 61
  62. 62. 4.Amazon RDS の 料金体系 62
  63. 63. 4.Amazon RDS の 料金体系 でも、お高いんでしょう? 人生における全ての物事は望めば望むほど お金がかかる。 63
  64. 64. 4.Amazon RDS の 料金体系 RDS の 課金対象 ・ DBインスタンスタイプ 稼働時間に対する課金 ・ ストレージ 使用容量 による課金 ・ 別リージョンや外部へのデータ転送 に対する課金 64
  65. 65. 4.Amazon RDS の 料金体系 RDS の 課金対象 ・ DBインスタンスタイプ 稼働時間に対する課金 ・ ストレージ 使用容量 による課金 ・ 別リージョンや外部へのデータ転送 に対する課金 65
  66. 66. 4.Amazon RDS の 料金体系 DBインスタンスタイプ に対する課金 インスタンスの利用料金。 Oracle と SQL Server に関しては ライセンス込みプランがある。 インスタンスタイプ時間単価 × 利用時間(1時間未満は1時間に切り上げ) × 利用台数 (マルチAZの場合は 2倍) 66
  67. 67. 4.Amazon RDS の 料金体系 RDS の 課金対象 ・ DBインスタンスタイプ 稼働時間に対する課金 ・ ストレージ 使用容量 による課金 ・ 別リージョンや外部へのデータ転送 に対する課金 67
  68. 68. 4.Amazon RDS の 料金体系 ストレージタイプ に対する課金 3つのストレージタイプが選べる。 ・ 汎用SSD ・ プロビジョンドIOPS (一貫したIOPSを提供) ・ Magnetic (HDD) ストレージタイプ容量単価 × 一ヶ月辺りの利用容量 (GB) × 利用台数 (マルチAZの場合は2倍) 68
  69. 69. 4.Amazon RDS の 料金体系 RDS の 課金対象 ・ DBインスタンスタイプ 稼働時間に対する課金 ・ ストレージ 使用容量 による課金 ・ 別リージョンや外部へのデータ転送 に対する課金 69
  70. 70. 4.Amazon RDS の 料金体系 データ転送 に対する課金 データ転送に応じて課金される。 ※ 同一リージョン内の転送は課金対象外 データ送受信に掛かる単価 × 一ヶ月辺りの転送量 (GB) 70
  71. 71. 4.Amazon RDS の 料金体系 東京リージョンで db.m4.xlarge(4CPU, 16GBメモリ) インスタンスで 200GB保存してマルチAZで運用した時の月単価概算 インスタンス単価: $0.508 / 時間 => 月単価 0.508 * 24h * 30d * 2台 = $731.52 容量単価: $0.138 / GB ・ 月 => 月単価 0.138 * 200 G * 2台 = $55.2 月額: $786.72 ( 約 80,000円 ) 71
  72. 72. 4.Amazon RDS の 料金体系 無料利用枠 無料利用枠 で 使える範囲 ・ DBエンジン MySQL, MariaDB, PostgreSQL Oracle(一部), SQL Server Express が利用可能 ※ Amazon Aurora は 対象外 ・ DBインスタンスクラス t2.micro インスタンスを 750時間 / 月 ※ マルチAZ構成は出来ない。 72
  73. 73. まとめ 73
  74. 74. 4.Amazon RDS の 料金体系 利用時間 と 利用した容量 と データ転送 に対して課金される。 750時間 / 月 分の無料利用枠が利用出来る。 Aurora を試したり マルチAZなどのオプションを試す場合は 無料利用枠では対象外。 74
  75. 75. Amazon RDS は 銀の弾丸ではない が、金の弾丸を装填する事が出来る。 金の弾丸はしばしば 物事を解決に導いてくれる。 75
  76. 76. Amazon RDS どうでしょう。 76
  77. 77. ご清聴ありがとうございました ! 77

2017-08-26 (土) の第21回 中国地方DB勉強会 in 山口 での発表スライドです。 今回は、主要クラウド3種類のRDBのマネージドサービスでそれぞれ発表を行いました。 GCP、Azure の 最高の講師の方に加えて、私の方でAWSのRDSについてお話させて頂きました。 RDSについてはじめから丁寧にRDSがどういうサービスかを説明させて頂きました。

Views

Total views

371

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

16

Actions

Downloads

6

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×