Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

EDUPUB IMS aQTI インフォザイン 松田氏

1,639 views

Published on

日本電子出版協会
2016.03.30

Published in: Internet
  • Login to see the comments

EDUPUB IMS aQTI インフォザイン 松田氏

  1. 1. IMS aQTI インフォザイン松田 2016/03/30
  2. 2. aQTI:a+QTI aの意味? ・Advanced:アドバンスト ・Accessibility:アクセシビリティ ・Assistive:アシスティブ ・Adaptive:アダプティブ ・Agile:アジャイル ・Arnhem:アーネム(最初に会議が開催されたオランダの都市名)
  3. 3. aQTIの前に、まずQTIについて Question & Test Interoperability 対象 ・テスト手順ワークフロー ・テストの問題(アイテム)とテスト(アイテム集合)のフォーマット ・テスト結果のフォーマット 当初コンセプト ・教育理論からは独立 ・簡単なQ&Aパターンから複雑なQ&Aパターンまで対応 ・簡単なことから始めて複雑なことは将来に ・Summativeテスト(評価)とFormativeテスト(モニタリング)対応 ・全てXMLで ・拡張&カスタマイズ可能
  4. 4. QTIのユースケース <アクター> 問題作成者 問題バンク管理者 テスト作成者 試験管理者 採点者 チューター 受験者 <外部インタフェース> 結果データ 外部問題バンク IRTエンジン <他のIMS規格との連携:aQTI> Edupub連携:Edupubの中からアセスメントを行う Caliper連携:テスト受験の際のアクティビティログ取得 → テスト時のアクティビティと成績との相関 OneRoster連携:受験者情報マネジメント 1.テスト作成 2.テスト管理 3.テスト実施 4.テスト結果
  5. 5. <データモデル> 問題(アイテム) セクション(アイテムの集合) テスト(セクションの集合) 人 グループ デリバリー 結果フォーマット … QTIのデータモデル(例)
  6. 6. QTIのQ&Aパターン associateInteraction:関連付け choiceInteraction:選択式 customInteraction:カスタマイズ拡張 drawingInteraction:図形描画 endAttemptInteraction:エンドアテンプト extendedTextInteraction:拡張テキスト gapMatchInteraction:ギャップマッチ graphicAssociateInteraction:画像関連付け graphicGapMatchInteraction:画像ギャップマッチ graphicOrderInteraction:画像並べ替え hotspotInteraction:ホットポイント hotTextInteraction:ホットテキスト inlineChoiceInteraction:インライン選択 matchInteraction:マッチヒント orderInteraction:並べ替え positionObjectInteraction:オブジェクト位置付け selectionPointInteraction:場所選択 sliderInteraction:スライダー textEntryInteraction:テキスト入力 uploadInteraction:ファイルアップロード
  7. 7. QTIのバージョン バージョンヒストリー ・Version 1.0(2000/06) ・Version 1.1(2001/03) ・Version 1.2 Lite(2002/02/11) ・Version 1.2(2002/02/11) ・Version 2.1 Final(2012/08/31) ・Version 2.2 Final(2015/09/01) → QTIの最終版?/仕様膨大 詳細情報 https://www.imsglobal.org/ question/index.html
  8. 8. QTIのメリット 資産の再利用 標準規格であるQTIに対応した「テスト」は、QTIに対応したテストシステムで あれば何でも利用可能。問題作成の投資が無駄にならない。 ビジネスエコシステム ZIPで配布可能。テストや問題が「プロダクト」に。 ePubと同じ
  9. 9. 海外ではスタンダード Canvas 最近普及しているRoRのオープンソースLMS ILIAS ドイツ発の全部入りオープンソースLMS TAO ルクセンブルグOAT社のCBTシステム FLEXITE!EXAM ノルウェーのクラウド型CBTサービス 欧米(特にヨーロッパ)の背景 進度別学習 → 習得知識のアセスメントにCBTは必須、とのこと。 <適合レベル> ・Basic ・Intermediate ・Advanced
  10. 10. 日本では:普及していない 状況 ・仕様が膨大 →学習コストと開発コストの増大 ・標準に準拠するメリットがない →エコシステムがないから 結果 ・CBTは独自仕様で開発されることが多い ・LMS製品内のテスト機能も独自で 日本事例 (株)イースト様Classmate Study:QTI一部対応 個人的感想 ・ビジネス観点:世界標準に準拠しないわけにはいかない。 ・車輪の再発明は無駄:QTIと同様の仕様を考えるだけでも大変。 ・NIH症候群脱却:海外製品をエンジンとして利用すべし。
  11. 11. aQTI 守備範囲を広げたQTI ・各種規格(LTI/Caliper/OneRoster)との連携 ・アクセシビリティ対応:問題制作、配信、レポーティングの場面で ・コンテンツ変換最小限:エキスポート/変換/インポートではなく ルクセンブルグOAT社CEO Marc Ozwald氏 NWEA Rob Howard氏
  12. 12. aQTIユースケース
  13. 13. aQTIの目的 ・QTIにAPIP(Accessible Portable Item Protocol)を反映させる ・作成から配信までを広くカバーする ・プラットホーム毎のレンダリングの差をなくす:プレゼンテーション情報組込 ・相互互換性をさらに改善しIMS(Caliper/LTI2.0/OneRoster)やIMS以外の 各種規格と連携 ・各製品の適合度テスト用ツール提供
  14. 14. aQTIの機能要件 ・国際化:縦書きや右書きレンダリング ・ユーザエクスペリエンス互換性 ・アクセシビリティとそのサポート技術の組込み ・メタデータ対応(各オブジェクトに必要なプロパティを設定可能) ・成績データ:Caliper経由でLRSに蓄積 ・テスト時アクティビティデータ利用:Caliper経由でLRSに蓄積 ・コンテクスト情報反映:同じ問題でもコンテクストで点数を変える ・アダプティブテストとシークエンス変更対応 ・パッケージング規格:テストコンテンツの流通 ・セキュリティ確保 ・モバイルデバイス対応
  15. 15. aQTIの非機能要件 ・シンプリシティ確保(命名規約/わかりやすいシンタックス) ・既存規格との整合性 ・QTI2.xを包含 ・非QTIコンテンツの移行 予定 ・2016/11:ドラフト ・2017 :デモ実装 ・2017/05:ドラフト最終 ・2018/02:最終ドキュメント ・2018/05:パブリックリリース
  16. 16. TAO インフォザインで取扱開始(2016/05〜)/ローカライズ作業中 松田まで matsuda@infosign.co.jp 実績: OECD PISA(OECD加盟国学習到達度調査)、ETS(TOEIC) CommonCore PARCC(米学力テスト)、ACT(米高校卒業認定テスト)

×