Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

0

Share

Download to read offline

Oa mat

Download to read offline

JaSST 2006で配布した直交表下敷き

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

Oa mat

  1. 1. JaSST’06付録: 直交表 http://www.jasst.jp/ 因子番号 S8 S4-1 S4-2 S4-3 S4-4 S4-5 S4-6 S2-1 S2-2 S2-3 S2-4 S2-5 S2-6 因子名 Test 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 8.9% Test 2 1 2 2 2 2 2 2 1 1 2 2 2 2 17.5% Test 3 1 4 3 3 3 3 3 2 2 1 1 2 2 25.7% Test 4 1 3 4 4 4 4 4 2 2 2 2 1 1 33.6% Test 5 2 1 1 2 2 3 3 2 2 2 2 1 1 39.0% Test 6 2 2 2 1 1 4 4 2 2 1 1 2 2 44.3% Test 7 2 4 3 4 4 1 1 1 1 2 2 2 2 49.3% Test 8 2 3 4 3 3 2 2 1 1 1 1 1 1 54.1% Test 9 3 1 2 3 4 1 2 2 2 1 2 1 2 57.9% Test 10 3 2 1 4 3 2 1 2 2 2 1 2 1 61.4% Test 11 3 4 4 1 2 3 4 1 1 1 2 2 1 64.5% Test 12 3 3 3 2 1 4 3 1 1 2 1 1 2 67.4% Test 13 4 1 2 4 3 3 4 1 1 2 1 1 2 69.6% Test 14 4 2 1 3 4 4 3 1 1 1 2 2 1 71.7% Test 15 4 4 4 2 1 1 2 2 2 2 1 2 1 73.5% Test 16 4 3 3 1 2 2 1 2 2 1 2 1 2 75.1% Test 17 5 1 4 1 4 2 3 1 2 2 1 2 2 77.9% Test 18 5 2 3 2 3 1 4 1 2 1 2 1 1 80.3% Test 19 5 4 2 3 2 4 1 2 1 2 1 1 1 82.5% Test 20 5 3 1 4 1 3 2 2 1 1 2 2 2 84.5% Test 21 6 1 4 2 3 4 1 2 1 1 2 2 2 86.3% Test 22 6 2 3 1 4 3 2 2 1 2 1 1 1 87.9% Test 23 6 4 2 4 1 2 3 1 2 1 2 1 1 89.3% Test 24 6 3 1 3 2 1 4 1 2 2 1 2 2 90.4% Test 25 7 1 3 3 1 2 4 2 1 2 2 2 1 92.1% Test 26 7 2 4 4 2 1 3 2 1 1 1 1 2 93.6% Test 27 7 4 1 1 3 4 2 1 2 2 2 1 2 94.9% Test 28 7 3 2 2 4 3 1 1 2 1 1 2 1 95.9% Test 29 8 1 3 4 2 4 2 1 2 1 1 2 1 97.3% Test 30 8 2 4 3 1 3 1 1 2 2 2 1 2 98.4% Test 31 8 4 1 2 4 2 4 2 1 1 1 1 2 99.3% Test 32 8 3 2 1 3 1 3 2 1 2 2 2 1 100.0% 網羅率
  2. 2. テス太郎が教える、直交表を使い倒すコツ Step 0. 本下敷きを両面ともコピーする Step 1. テスト対象の決定 ① テスト対象の機能から因子・水準を抽出し「因子/水準対応表」(下表)にまとめる ② 因子番号が余った場合は、周辺機能、使用環境、利用者(初心者、熟練者)等々の因 子・水準を追加する ③ 因子番号が足りない場合は、組み合わせを見る必要のない因子を同じ列に割り付ける ※ 水準名の数字が余った場合は重要な水準を重複させて割り付ける (例:4水準の因子に3つの値を割り付ける時など) ※ 水準名の数字が足りない場合は、一つの数字に二つの水準を対応させる (例:8水準の因子に10個の値を対応) Step 2. 直交表への割り付け ① 下表の結果を裏面の直交表の対応する場所に割り付ける ② 1つのセルに2つの値が入っている場合は交互になるようにグルーピングを分解する Step 3. テストの実施 ① 直交表の1行が1テスト項目に対応しているので1行ずつテストを進める ※ 最右列は全ての列が埋まった状態で、1行目から順番にテストしたときの2機能間組み 合わせ網羅率を示している。列が余っている場合は参考値としてください 因子番号 因子名 1 2 3 4 5 6 7 8 S4-1 1 2 3 4 S4-2 1 2 3 4 S4-3 1 2 3 4 S4-4 1 2 3 4 S4-5 1 2 3 4 S4-6 1 2 3 4 S2-1 1 2 S2-2 1 2 S2-3 1 2 S2-4 1 2 S2-5 1 2 S2-6 1 2 水準名 S8 因子/水準対応表

JaSST 2006で配布した直交表下敷き

Views

Total views

315

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

59

Actions

Downloads

1

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×