Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

私立大学図書館協会第76回(2015年度)総会・研究大会 「学修の場としての図書館~大学図書館のこれからを再考する~」

1,619 views

Published on

2015年8月28日発表。一部スライドに加筆修正しました。

  • Login to see the comments

私立大学図書館協会第76回(2015年度)総会・研究大会 「学修の場としての図書館~大学図書館のこれからを再考する~」

  1. 1. 2015年8月28日 私立大学図書館協会総会・研究大会 学修の場としての図書館 ~大学図書館のこれからを再考する~ 東京外国語大学 学術情報課長 茂出木 理子 modeki_riko@tufs.ac.jp Twitter @modekiriko
  2. 2. 本日の進め方 O (Outcome):「学び」と「支援」に関して、 各自に「もやっと感」が残ること A (Agenda):12分×5セット、内ワーク2回 R (Role):教えてもらうではなく 「学びとる」 R (Rule):時間厳守
  3. 3. スピーカー自己紹介 茂出木 理子( もでき りこ) 趣味は、掃除と整理整頓 明るく元気なプレゼンには定評がある。(某 誌での紹介文から) 私のプレゼン3つの特長 ① 平易な言葉で語る ② そのわりに裏と行間がある ③ 笑顔でキツイことを言い放つ 4
  4. 4. 私の意見(1) 大学図書館が、 「ウキウキ・キャッキャッ・ワイワイ」 だけの場所でいいのか? ・・・いいとは思わない。
  5. 5. 私の意見(2) 裏テーマとして 「学修」は支援するものか? そもそも「支援」って何さ!?
  6. 6. 支援に関する私の迷走 私の係長時代(1996年度~2002年度) の業務の95%は、「支援」に関するもの でした。 が、「なんか上から目線でエラそうだ なぁ…」とずっともやもやしていたのです。
  7. 7. 支援に関する私の迷走 「支援」は、個人的情熱や感情のみで 行うのではなく、 「支援」というものは、もう少し、組織的 にシステマティックに、理論的に冷静に 進めるべきものではないか
  8. 8. 支援に関する私の迷走 一瞬分かった気 になっても 直ぐに、もやもや 玉川大学 教育学術 情報図書館
  9. 9. 支援に関する私の迷走 私にとって「もやもやしている状態」は、 学びが続いている実感はあります。 カッコよく言うと「コンセプトマップ」を書 き続けている状態。
  10. 10. 支援に関する私の迷走 最近出会ったキーワード Compassion(コンパッション) 同情 思いやり 米国リンクトイン社のジェフ・ウェイナーCEO 本当のコンパッションは、 研鑽し卓越したものを相手に提供し、 相手からも同じことを求めること。 時には、厳しさがコンパッションであることもある。
  11. 11. 12
  12. 12. テーマ: 本気で学んだ、学びに夢中になっ た、もしくは学んだことが身に入っ たな!と実感できた経験について、 その内容と要因を語ってください。 第1回 ワークタイム
  13. 13. 1分間 一人で考える 3分間 お隣の方とシェアする 全体発表 (1分間×3人) リフレクション 3分間 ※全体発表は、任意に当てます。 ※自分のことではなく、お隣の方 の話を発表してください。 第1回 ワークタイム
  14. 14. リフレクション: 学びに必要なものは何? 程よい高さのハードル/達成後のイメージ/ 仲間・ライバルの存在/投資した分は回収し たい/先生への信頼感/環境/後押し/応 援/好きなことに夢中になれるのは楽しい/ メタレベルでの理解ができてスッキリ etc. 第1回 ワークタイム
  15. 15. 学ぶことに本気になるには 一言で言うと、 「やらされ感」「やり過ごせればいい感」では なく、学習者自らが「達成したい」「やらせてく ださい」となる状態 図書館員的に気になるのは、  学びのモチベーションに「環境」は影響するの? ⇒ たぶんする  静寂なのとにぎやかなのと、どっちがいいの? ⇒ ケースバイケースじゃないの
  16. 16. M. チクセントミハイの 「フロー(Flow)理論」 フロー状態の特徴 (1)達成できる見通しのある課題と取り組んでいる時 に生じる (2)自分のしていることに集中できている (3)明確な目標がある (4)直接的なフィードバックがある (5)意識から日々の生活の気苦労や欲求不満を取り 除く、深いけれども無理のない没入状態 (6)自分の行為を統制している感覚をともなう (7)自己についての意識は消失するが、フローの後 では自己感覚はより強く現れる (8)時間の経過の感覚が変わる
  17. 17. 学びのモチベーションと「環境」 狭義の環境として「場所」 安心感/清潔感/自由度 /さりげないコントロール /他者の反応 /音/光 /色彩 etc.
  18. 18. 学びのモチベーションと「環境」 広義の環境として 「信頼感」 中部地域大学グループ・東海Aチーム 『アクティブラーニング失敗事例ハンドブック:産 業界ニーズ事業・成果報告』 2014.11 現象:ギクシャク、こなれてない感 結果:目的のすり替え 原因:関係者の意識のずれ
  19. 19. 21
  20. 20. 5+5+5+5=555 この状態では数式として成り立っ ていません。 この式に1本の線を加えてこの数 式を成立させて ください。 第2回 ワークタイム
  21. 21. 5+5+5+5=555 線を1本足して、式を成立させて! 答えを知ってる方は、 できるだけ多くの周りの方に答えを 教えてあげてください。 1分間でどこまでシェアできるか!! 第2回 ワークタイム
  22. 22. 545+5+5=555 5+5+5+5≠555
  23. 23. リフレクション: このワークで足りなかったことは何?  「知ることと考えることは別もの」 典拠:外山滋比古『思考の整理学』  日頃の業務でも「アクティブ」を誤用して、 相手を思考停止にさせてないか? 第2回 ワークタイム
  24. 24. お茶大図書館秘話 なぜ、短期間できたのか? 2006年4月 着任 2007年4月 ラーニングコモンズ オープン 2007年12月 キャリアカフェ オープン 学内外でお茶大図書館の ことを注目している人なん か誰もいなかった。
  25. 25. なぜ、今、この話をするのか? 「学び」という観点から言うと、大事なことは、 何かを実行することより、振り返って 「本質的な諸相への気づき」得ることだと 実感するから 出典: コルトハーヘン,フレット著『教師教育学:理論と実践をつなぐリアリスティック・アプ ローチ』 学文社, 2010.3 第1段階 試み Action 第2段階 行為の振り返り Looking back on the action 第3段階 本質的な諸相への気づき Awareness of essential aspects 第4段階 行為の選択肢の拡大 Creating alternative methods of action 第5段階 試行 Trial
  26. 26. 深い学習・浅い学習 出典: 松下佳代編著『ディープ・アクティブラーニング』 勁草書房 , 2015.1 溝上慎一 第1章 アクティブラーニング論から見たディープ・アクティブラーニング p.46の 図を参考に作成 <深い学習> 振り返る/離れた問題に適用する/仮説を立てる 原理と関連づける/身近な問題に適用する 説明する/論じる 関連づける/中心となる考えを理解する <浅い学習> 記述する/言い換える/文章を理解する 認める・名前をあげる/記憶する
  27. 27. 場所と場について 「ここはコラボレーションスペースですので、 私語はつつしんでください」 の張り紙 (ある会社での事例から) (中原先生の総括) まず人間の関係性によって構築された「場」があった 上で、場所が与えられれば正しく機能するが、場所を 生み出したからといって、場がうまれるわけでない。 出典: 中原淳編集『人事よ、ススメ!』碩学舎 2015.3
  28. 28. ここは学習(修)空間? 東京外国語大学 研究講義棟
  29. 29. では、この状況は?
  30. 30. 最後の問いかけ 今、「もやもや」しています か? 今、いちばん欲しい「支援」 はなんですか?

×