Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Try using Azure Remote Rendering
with Hololens2
クラウド側で3Dモデルをレンダリングしてみる
- - Part 2 QuickStartプロジェクトにMRTKを組み込む -
 現時点でプレビュー版
 非力なスタンドアローン機でも、高品質な3Dコンテンツをク
ラウドでレンダリングする仕組み。
 ハイブリッドレンダリングという仕組みで、ローカルにレン
ダリングされたコンテンツとリモートレンダリング結果を合
成表示...
 フレーム設定:頭の位置がクラ
イアント側からクラウド側に送
信されます。
 リモートレンダリング:リモー
ト側で複数のGPUで分散描画さ
れた、結果がクライアントに戻
されます。
 ファイナライズ:ローカルレン
ダリングとマージする。
...
 Unity2019.3.9f1
(公式記載バージョンUnity 2019.3.1)
 Visual Studio2019Version 16.4.5
 Windows SDK 18362(18362以上)
 Microsoft Mix...
Visual Studio2019
の準備
 Visual Studio2019 Communityをインストール
※業務利用の場合はProfessional版が必要
 ワークロードの設定で下記を追加する
 ユニバーサルWindows プラットフォーム開発
 Unityによるゲー...
Visual Studioワークロード
Visual Studio個別のコンポーネント
 個別のコンポーネントで下記を追加する
 WindowsSDK(10.0.18362.0)
 WindowsSDK(10.0.17763.0)
 USBデバイスの接続
 MSVC v14...
Visual Studio個別のコンポーネント
Unity Build環境
 Unity Hubをダウンロードしインス
トールします。
 Unity2019.3.9f1をインストール。
UniversalWindows Pratform Build
Supportにチェックを入れます。
既にインストール済みの場合は...
ARRプロジェクト準備
 QuickStartをPC上で動作されるまでを準備します。PC上で動
作させるまでを、下記リンクのスライドを参照して実施して
ください。
https://www.slideshare.net/SatosiOkubo/azure-remote...
Microsoft Mixed RealityToolkit
v2.3.0の組み込み
 Untiyのパッケージをダウンロード
 Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Foundation.2.3.0.unitypackage
 Microsoft.MixedReality.Toolkit...
MRTKリリースページ
 ARRのサンプルプロジェクト開きます。
 Scenesフォルダより、Quickstartシーンを開きます。
 Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Foundation.2.3.0.
unitypac...
 インポート後にデフォルト設定
の適用確認が開きます。Apply
を選択して適用を行います。
 再度呼び出す場合は、メニュー
から開くことができます。
MRTKのデフォルト設定
 UniversalWindows Platformを選択します。
 設定を下記のように変更します。
 Target Deviceを”HoloLens”
 Archtectureを”ARM64”
 Target SDKVersionを...
 Microsoft.MixedRealityToolkit.Unity.Tools.unitypackageをイン
ポートします。
MRTKToolsの組み込み
BuildWindow(1/3)
 Mixed RealityToolkitのメニューのBuildWindowを選択します。
 Unity Build Options
 Target Deviceを確認します。
BuildWindow(2/3)
 APPX Build Options
 Build Platformの確認します。
 Multicore Buildを利用する場合は
チェックします。
 視線入力を行う場合は、Gaze Input
C...
BuildWindow(3/3)
 DeployOptions
 ネットワーク接続、USB接続でのビ
ルドについて接続先の設定を行いま
す。USB接続の場合、TargetTypeを
Localにします。(USB接続経由でロー
カルネットワー...
 メニューより、Add to Scene andConfigure…を選択します。
MRTKをシーンに組み込みます
 メニューより、Configure Unity Projectを選択、適
用されていないものがないかチェックします。
MRTK推奨設定の反映
 MRTKの組み込み後、 RemoteRenderingメ
ニューよりValidateProjectを選択します。
カメラ周りの設定が元に戻ってしまいま
すが気にしない。
プロジェクトのARR設定を確認
 RemoteRenderingを選択し、Inspectorを確認します。
アカウント情報の入力
アカウント情報の入力
米国東部リージョンの場合、eastusとなり
[region].[Account Domain]
↓
eastus.mixedreality.azure.com
アカウント情報の入力
動作確認
 Build allボタンを押下しま
す。Unityのビルドから
Visual Studioのビルド、そ
してHoloLensへのインス
トールまで行ってくれま
す
BuildWindowでビルド
ビルド完了すると、ビルドしたパッケージが一覧...
 かなり遅延が発生して、頭を動かすと位置がずれ
て表示されます。画質自体はきれいなのですが、
この速度だと使い物にならない。チューニングの
余地などあるのか調査が必要。
HoloLens2で確認
おまけ
UnityにARRを組み込む
新しくプロジェクトを作成する場合
 Unity Hubを起動し、UnityバージョンからUnity2019.3.9f1を
選択します。Universal Render Pipelineを選択、プロジェクト
名を入力し、作成ボタンを押します。
Unityの新しいプロジェクト作成...
 FileメニューからNew Sceneを選択し、新しいシーンを作成し
ます。
 作成したシーンをFileメニューからSaveAs...で名前を付けま
す。
新しいシーンを作成
 作成したUnityプロジェクトフォルダから
Packages/manifest.jsonをテキストエディタで開きます。
 下記を追記し、ARRパッケージの組み込みを行います。
ARRパッケージの組み込み
{
"scopedRegistri...
ARRパッケージの組み込み
 検証機能で、ARRの設定します。RemoteRendering
メニューよりValidateProjectを選択します。
プロジェクトのARR設定
 全てのFixボタンを押します。Fixボタンが全部グレーになる
ようにしてください。
プロジェクトのARR設定
 サンプルプログラムのRemoteRendering.csなどを参
考にしながら自前で作成する必要があります。
セッションへの接続など
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Azure Remote Rendering クラウド側で3Dモデルをレンダリングしてみる - Part 2 QuickStartプロジェクトにMRTKを組み込む -

56 views

Published on

(文字のつぶれがましなPDF版も公開しています。)
Part2では、Azure Remote RenderingのQuickstartにMRTKを組み込みHoloLens2で動かすまでを解説しています。

1.Visual Studio2019の準備
2.Microsoft Mixed Reality Toolkit v2.3.0の組み込み
3.HoloLens2で動作確認
4.おまけ

PDF版URL
https://drive.google.com/file/d/1OOotLxGOqJOpZwcHQA_hAHwPn5a1O23y/view?usp=sharing

Published in: Technology
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

Azure Remote Rendering クラウド側で3Dモデルをレンダリングしてみる - Part 2 QuickStartプロジェクトにMRTKを組み込む -

  1. 1. Try using Azure Remote Rendering with Hololens2 クラウド側で3Dモデルをレンダリングしてみる - - Part 2 QuickStartプロジェクトにMRTKを組み込む -
  2. 2.  現時点でプレビュー版  非力なスタンドアローン機でも、高品質な3Dコンテンツをク ラウドでレンダリングする仕組み。  ハイブリッドレンダリングという仕組みで、ローカルにレン ダリングされたコンテンツとリモートレンダリング結果を合 成表示することができます。UI部分をMRTKを使いローカル レンダリングし、インタラクティブなコンテンツを作成する といったことが可能です。 Azure Remote Rendering(ARR)とは
  3. 3.  フレーム設定:頭の位置がクラ イアント側からクラウド側に送 信されます。  リモートレンダリング:リモー ト側で複数のGPUで分散描画さ れた、結果がクライアントに戻 されます。  ファイナライズ:ローカルレン ダリングとマージする。 アーキテクチャ 出典: https://docs.microsoft.com/en-us/azure/remote- rendering/overview/about
  4. 4.  Unity2019.3.9f1 (公式記載バージョンUnity 2019.3.1)  Visual Studio2019Version 16.4.5  Windows SDK 18362(18362以上)  Microsoft Mixed RealityToolkit v2.3.0  MicrosoftAzure Remote Rendering v0.1.22 各バージョン
  5. 5. Visual Studio2019 の準備
  6. 6.  Visual Studio2019 Communityをインストール ※業務利用の場合はProfessional版が必要  ワークロードの設定で下記を追加する  ユニバーサルWindows プラットフォーム開発  Unityによるゲーム開発  Unity 2019.2 64ビットエディターのチェックを外す Visual Studioワークロード
  7. 7. Visual Studioワークロード
  8. 8. Visual Studio個別のコンポーネント  個別のコンポーネントで下記を追加する  WindowsSDK(10.0.18362.0)  WindowsSDK(10.0.17763.0)  USBデバイスの接続  MSVC v142 –VS 2019 C++ ARM64 ビルドツール…  V142 ビルドツールのC++ ユニバーサル Windows…
  9. 9. Visual Studio個別のコンポーネント
  10. 10. Unity Build環境
  11. 11.  Unity Hubをダウンロードしインス トールします。  Unity2019.3.9f1をインストール。 UniversalWindows Pratform Build Supportにチェックを入れます。 既にインストール済みの場合はモ ジュールの追加してください。 Unityのインストール
  12. 12. ARRプロジェクト準備
  13. 13.  QuickStartをPC上で動作されるまでを準備します。PC上で動 作させるまでを、下記リンクのスライドを参照して実施して ください。 https://www.slideshare.net/SatosiOkubo/azure-remote-rendering-3d-part-1-quickstart-231956825 QuickStartを利用する
  14. 14. Microsoft Mixed RealityToolkit v2.3.0の組み込み
  15. 15.  Untiyのパッケージをダウンロード  Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Foundation.2.3.0.unitypackage  Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Tools.2.3.0.unitypackage https://github.com/Microsoft/MixedRealityToolkit-Unity/releases MRTK v2.3.0
  16. 16. MRTKリリースページ
  17. 17.  ARRのサンプルプロジェクト開きます。  Scenesフォルダより、Quickstartシーンを開きます。  Microsoft.MixedReality.Toolkit.Unity.Foundation.2.3.0. unitypackageを、インポートします。 MRTKの組み込み
  18. 18.  インポート後にデフォルト設定 の適用確認が開きます。Apply を選択して適用を行います。  再度呼び出す場合は、メニュー から開くことができます。 MRTKのデフォルト設定
  19. 19.  UniversalWindows Platformを選択します。  設定を下記のように変更します。  Target Deviceを”HoloLens”  Archtectureを”ARM64”  Target SDKVersionを“10.0.18362.0”  Minimum PlatformVersionを“10.0.10240.0”  Build and Run onを”USB Device”  Switch Platfromボタンを押します。 Builed Settings変更 ① ② ③
  20. 20.  Microsoft.MixedRealityToolkit.Unity.Tools.unitypackageをイン ポートします。 MRTKToolsの組み込み
  21. 21. BuildWindow(1/3)  Mixed RealityToolkitのメニューのBuildWindowを選択します。  Unity Build Options  Target Deviceを確認します。
  22. 22. BuildWindow(2/3)  APPX Build Options  Build Platformの確認します。  Multicore Buildを利用する場合は チェックします。  視線入力を行う場合は、Gaze Input Capatilityにチェックします。  環境追跡カメラ、深度カメラ、IR 反射反射ストリームを使う場合は Enable Reserch Modeにチェックし ます。
  23. 23. BuildWindow(3/3)  DeployOptions  ネットワーク接続、USB接続でのビ ルドについて接続先の設定を行いま す。USB接続の場合、TargetTypeを Localにします。(USB接続経由でロー カルネットワーク接続)  Hololensのデバイスポータルの UsernameとPasswordを設定します。 参考)デバイスポータルに接続するには https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/mixed-reality/using-the-windows-device-portal
  24. 24.  メニューより、Add to Scene andConfigure…を選択します。 MRTKをシーンに組み込みます
  25. 25.  メニューより、Configure Unity Projectを選択、適 用されていないものがないかチェックします。 MRTK推奨設定の反映
  26. 26.  MRTKの組み込み後、 RemoteRenderingメ ニューよりValidateProjectを選択します。 カメラ周りの設定が元に戻ってしまいま すが気にしない。 プロジェクトのARR設定を確認
  27. 27.  RemoteRenderingを選択し、Inspectorを確認します。 アカウント情報の入力
  28. 28. アカウント情報の入力 米国東部リージョンの場合、eastusとなり [region].[Account Domain] ↓ eastus.mixedreality.azure.com
  29. 29. アカウント情報の入力
  30. 30. 動作確認
  31. 31.  Build allボタンを押下しま す。Unityのビルドから Visual Studioのビルド、そ してHoloLensへのインス トールまで行ってくれま す BuildWindowでビルド ビルド完了すると、ビルドしたパッケージが一覧表 示されます。
  32. 32.  かなり遅延が発生して、頭を動かすと位置がずれ て表示されます。画質自体はきれいなのですが、 この速度だと使い物にならない。チューニングの 余地などあるのか調査が必要。 HoloLens2で確認
  33. 33. おまけ
  34. 34. UnityにARRを組み込む 新しくプロジェクトを作成する場合
  35. 35.  Unity Hubを起動し、UnityバージョンからUnity2019.3.9f1を 選択します。Universal Render Pipelineを選択、プロジェクト 名を入力し、作成ボタンを押します。 Unityの新しいプロジェクト作成 Tips : フォルダ階層は深くしない。日本語を使わない。
  36. 36.  FileメニューからNew Sceneを選択し、新しいシーンを作成し ます。  作成したシーンをFileメニューからSaveAs...で名前を付けま す。 新しいシーンを作成
  37. 37.  作成したUnityプロジェクトフォルダから Packages/manifest.jsonをテキストエディタで開きます。  下記を追記し、ARRパッケージの組み込みを行います。 ARRパッケージの組み込み { "scopedRegistries": [ { "name": "Azure Mixed Reality Services", "url": "https://api.bintray.com/npm/microsoft/AzureMixedReality-NPM/", "scopes": ["com.microsoft.azure"] } ], "dependencies": { "com.microsoft.azure.remote-rendering": "0.1.22", "com.unity.collab-proxy": "1.2.16",
  38. 38. ARRパッケージの組み込み
  39. 39.  検証機能で、ARRの設定します。RemoteRendering メニューよりValidateProjectを選択します。 プロジェクトのARR設定
  40. 40.  全てのFixボタンを押します。Fixボタンが全部グレーになる ようにしてください。 プロジェクトのARR設定
  41. 41.  サンプルプログラムのRemoteRendering.csなどを参 考にしながら自前で作成する必要があります。 セッションへの接続など

×