Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
地域イベント企画テンプレート
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

4

Share

Download to read offline

テーマへの参画を促すイベントを企画しよう

Download to read offline

参加型イベント、ワークショップを企画する時、何が大切なのでしょうか? 特に、テーマについて理解を広げ、課題解決への参加を促すために、何が必要なのか、まとめています。
企画書の作成など、ばづくーるアーカイブで情報発信中! http://bazcool.jp/archive4lab

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

テーマへの参画を促すイベントを企画しよう

  1. 1. 広石 拓司 hiroishi@empublic.jp テーマへの参加を促す イベントを企画しよう
  2. 2. イベントを実施する流れ ©empublic 2 テーマ・ 目的の 設定 対象者の 明確化 企画づく り 準備、 運営チーム づくり、 広報 実施 ふりか えり、 レポート やりっぱなし にしない! 「何を」するかよりも 「何のために」 「誰のために」する のか?が大切 企画・準備・運営 は一体 広報=ネットワーク
  3. 3. 良い地域イベントって? 地域にとって意味があり、自分も参加したい 「良い地域イベント」 地域にとって意味は小さく、自分も参加したくない 「イマイチな地域イベント」 「良い地域イベント」「イマイチな地域イベント」は、 どのような特徴があるだろうか? イベントを企画する仲間と 「良い地域イベント」にある要素、 「イマイチな地域イベント」にある要素 を、それぞれ15個ずつ出してみましょう 3 ©empublic
  4. 4. 企画の要素 ① 目 的:なんのために? ② 対象者:この企画を喜んで欲しい人は? ③ ニーズ:想定する参加者のニーズは? ④ 優位性:既存のものと違う、ユニークな点は? ⑤ 内 容:実現したいことは? ⑥ 資 源:実現するために必要な資源は? ⑦ 体 制:役割分担は? ⑧ 日 程:スケジュールは? 中間成果物は? (途中いつまでに何を生み出す?) ⑨ 予 算:かかる費用は?収入の見込みは? 4 ©empublic
  5. 5. 何のためにやるのか? イベントは、何をやるのか?にとびつきがち。 しかし、大切なのは、 「何のために、やるのか?」 なぜ、やる必要があるのか? なぜ、自分がやるのか? 何を生み出したいのか? アウトプット(直接的な結果) アウトカム(波及効果) 自分(たち)の判断の軸を明確にする ©empublic 5
  6. 6. アウトプットとアウトカムを考える 「何のために、やるのか?」 なぜ、やる必要があるのか? なぜ、自分がやるのか? 何を生み出したいのか? アウトプット(直接的な結果) アウトカム(波及効果) 誰に変化してほしいのか? ©empublic 6
  7. 7. 参加者がアウトプットとアウトカムを生む ©empublic 7 アウトプットもアウトカムも生み出すのは参加者 (実施側ではない) イベントが参加者の変化を生み出す必要がある イベント 告知に 出会う イベント に参加 する イベント 後の 生活 よくわからない 私には無関係? こんなのあるん だ。面白そう なるほど!そう だったのか!! 自分でも やってみよう!
  8. 8. 変化を促す=体験を設計する テーマへの自分の関心からイベントに参加する テーマについて、どんなことが起きているのか、知る (特に、ニュースなどで報じられていない側面) それがなぜ起きているのか? なぜ解決できないでいるのか?気づく 課題解決の方法があることを知る・気づく 課題解決の方法を体験する 自分にできることを考え、気づいてもらう 明日からの行動に落とし込んでもらう ©empublic 8
  9. 9. イベントの基本的な構成 ©empublic 9 日 常 日 常イ ベ ン ト コア体験 交流 ふりか えり チェック イン 気づき・ 発見 ◎ 自分の事に 落とし込む 気づきを持ち帰る 意味とテーマ の共有 →関心高まる 日常からイベント空間にチェックインし、 良い体験をして ふりかえりで自分事(明日からの行動)に 落とし込んで持ち帰ってもらう
  10. 10. 変化を促すために必要なこと 「なぜ、自分にとって必要なのか?」の納得 「何が身につくのか?」という成果指向 「自分の経験や既存知識」との結び付け 「体験」+「ふりかえり」 ⇒ 経験知(経験値) 「何を得たか」の自覚を促すフィードバック 「その人らしさ」(=何から一番学ぶか、どこで スイッチが入るかの多様性)を尊重し、多様な 機会、手法を組み合わせる ©empublic 10
  11. 11. 参加型イベントのプログラム設計の進め方 ① テーマを定める ② 知ってほしい課題を考える ③ 対象者を具体的に設定する ④ 対象者が、課題解決のためにどのような意識・ 行動をしてほしいか、考える ⑤ 具体化した対象者の体験を通した変化を考える どのような人が どのような体験をして どのようになってほしいか ⑥ 体験を効果的にするための工夫を考える ©empublic 11
  • ssuser482207

    Oct. 4, 2016
  • yuyakato731

    May. 24, 2015
  • midoriisaka

    May. 24, 2015
  • ArthurYohEagleman

    May. 23, 2015

参加型イベント、ワークショップを企画する時、何が大切なのでしょうか? 特に、テーマについて理解を広げ、課題解決への参加を促すために、何が必要なのか、まとめています。 企画書の作成など、ばづくーるアーカイブで情報発信中! http://bazcool.jp/archive4lab

Views

Total views

1,250

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

281

Actions

Downloads

10

Shares

0

Comments

0

Likes

4

×