Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

App013 ここはあえて紙と

ここはあえて紙とペン!Value Stream Mapping で開発サイクルの無駄を炙り出せ!

App013 ここはあえて紙と

  1. 1. Session ID: APP013 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、Microsoft Tech Summit 開催日(2016年11月1-2日)時点のものであり、予告なく変更される場合があります。
  2. 2. DevOps • Azure • Visual Studio Team Service • Windows Container • Microsoft Azure Stack • Azure Service Fabric • Power BI
  3. 3. 1st Step:Value Stream Mapping 2nd Step:HackFest
  4. 4. • Value Stream Mapping をする理由 • Value Stream Mapping の準備 • Value Stream Mapping の実施方法 • まとめ
  5. 5. ソフトウェア開発サイクル (企画 ~ 展開) の モノと情報の流れを可視化する
  6. 6. ビジネス貢献度
  7. 7. DevOps の3ステップ 質の良い 早く お客様がほしい機能 早く
  8. 8. チームの成果物の Value を最大化 =ビジネスに貢献する
  9. 9. 課金が増える 利用者の生産性が向上する 利用者が増える View が増える 商品が売れる
  10. 10. チームの成果物の Value を最大化 =ビジネスに貢献する チームが協力して
  11. 11. 開発~デプロイを効率化するために Value Stream Mapping で 無駄を見つけて 効果的に効率化
  12. 12. ○○に時間がかかりすぎ (自動化すると▲時間削減できそう) このタスクって不要? (省略すると▲時間削減できそう) チームメンバーが共有
  13. 13. Microsoft Tech Summit
  14. 14. • 大きな紙 (またはホワイトボードなど) • ペン (4色以上を複数本ずつ) ※裏写り注意!
  15. 15. 開発サイクルに関わるメンバー (可能であれば全員) +意思決定者 CEO チーム リーダー DeveloperInfra Point!
  16. 16. Microsoft Tech Summit
  17. 17. 1. 開発サイクルに関係するシステムを確認 2. 開発サイクルの概要を確認 3. 全員でプロセスを書く 4. 手戻り率を書く 5. プロセスのグルーピング 6. 無駄にマークを付けていく 7. 改善案を記載する
  18. 18. 開発/テスト/運用のサーバーや ソースリポジトリなど、その他利用するシステム なども含めた全体像をシェア ここで登場したシステム/サーバー群は この後も登場するはず
  19. 19. 例: 企画 ↓ 設計 ↓ 開発 ↓ テスト ↓ デプロイ 最終的にこれらのタスクで グルーピングします
  20. 20. チームごとに分担して 抜け漏れがないように VSTSVSTSssms VS Browser ブラウザ
  21. 21. 書き方1:納品/デプロイ(右側)から書く ブラウザ ユーザーに届く 環境(技術) ツール タスク デプロイ後処理 ブラウザ Azure Cloud Service / SQL Database
  22. 22. 書き方2:タスクの名前とリソース(人)と時間を明確に タスクの名前 必要な人数とチーム (例: Ops チームの誰かが 1人で実施) タスク自体に必要な時間(PT)と 前タスクの完了から、このタスクの 完了までにかかる時間 (LT)
  23. 23. VSTSVSTSssms VS Browser ブラウザ
  24. 24. • 担当者が同じ場合は実線 • 担当者が異なる場合は点線
  25. 25. VSTSVSTSssms VS Browser ブラウザ
  26. 26. 前までの工程による問題(欠陥) で 手戻りする場合は発生比率を記載する SR 20%
  27. 27. Step2で確認した項目でグルーピング(青ペン) + グループごとのLT/PTを合計
  28. 28. ここまでで見えてくることの例
  29. 29. 無駄の種類 マーク 定義 例 欠陥の無駄 (Defects) D 誤った、抜けのある、不透明な情報や成果物。システムを破 壊し、解決するのに時間と労力が必要 壊れたビルド、不正確な設定、不 正確な要求 マニュアル / モーション (Manual / Motion, Handoffs) M オーバーヘッド、コーディネーション、作業引き渡し、もし くはセットアップや、仕事の実行に関する非効率性 ミーティング、手動デプロイ、 チーム間の作業引き渡し 待ちの無駄 (Waiting) W 次の価値のあるステップを開始、もしくは終了することの遅 れ 承認待ち、リソースの待ち、予定 されたミーティング待ち 未完了の作業 (Partially Done) PD 未完了の作業、何らかの操作。他者からの入力やアクション が必要となる。欠陥とタスク切替、待ちを招く デプロイされていないコード、不 完全な環境設定、実行中バッチ タスクの切り替え (Task Switching) TS タスクの切り替えは、高価なコンテキストスイッチを招き、 エラーが発生しやすくなる 進捗上限による無駄作業、障害に よる中断、アドホックなリクエス ト 余分なプロセス (Extra Process) EP 価値のないステップやプロセス。大抵、公式、非公式な標準 作業に含まれる 不要な承認、不要なドキュメント、 無駄なレビュー 余分な機能 (Extra Feature) EF 機能、たいていは実装フェーズで追加されたもの。リクエス トされていない、ビジネスに沿っていない、顧客価値がない “次に必要かもしれない”、不要な アップデートや要求、望んでいな い ヒーローまたはヒロイン (Heroics) H 仕事を完了させる、もしくは顧客を満足させるために、ある 人に大変な負荷がかかっている状態。ボトルネック 数日必要なデプロイ、長年の知識 が必要、極端な調整が必要
  30. 30. ここが 腕の見せ所
  31. 31. Microsoft Tech Summit
  32. 32. 1. 開発サイクルに関係するシステムを確認 2. 開発サイクルの概要を確認 3. 全員でプロセスを書く 4. 手戻り率を書く 5. プロセスのグルーピング 6. 無駄にマークを付けていく 7. 改善案を記載する
  33. 33. • 開発サイクルに関わる人をできるだけ集める • 偉い人も参加してもらう • 全員でディスカッションしながら プロセスを可視化する
  34. 34. ○○に時間がかかりすぎ (自動化すると▲時間削減できそう) このタスクって不要? (省略すると▲時間削減できそう) チームメンバーが共有
  35. 35. 単体テストに時間がかかりすぎ &バグが多くて何度も繰り返す 具体的な 効果も含めた 提案が可能に
  36. 36. 1st Step:Value Stream Mapping 2nd Step:HackFest
  37. 37. Microsoft Azure

×