Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月

OpenStack Summit Austin 2016 参加報告
講師:市川 俊一 (NTT ソフトウェアイノベーションセンター)
アジェンダ:

  • Be the first to comment

OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 - OpenStack最新情報セミナー 2016年5月

  1. 1. © 2016 NTT Software Innovation Center (OpenStack最新情報セミナー) OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 2016年5月26日 市川 俊一 NTT
  2. 2. 2Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. OpenStack Summit Austin 2016 概要 • 名称:OpenStack Summit Austin 2016 • 日時:2016年4月25日~2016年4月29日 • 場所:Austin、テキサス州、米国 • 主催:OpenStack Foundation • 参加者:7800名 • 5000名@Tokyo • 6000名@Vancouver • 4600名@Paris • スポンサー:116社 • 86社@Tokyo • 119社@Vancouver • 91社@Paris • 参加者の国数:61ヶ国 • 56ヶ国@Tokyo • 55ヶ国@Vancouver • 62ヶ国@Paris • 参加者の所属企業数:1190社 • 736社@Tokyo • 976社@Vancouver • 876社@Paris • サミット初回参加者:54% • 50%@Tokyo • 54%@Vancouver • 58%@Paris
  3. 3. 3Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Mitakaリリース • Mitakaリリース • 13番目のリリース • 2016年4月7日 • 2336名の開発者、293の組織 (Libertyでは1933名・285組) • 新機能(分かりやすいところでは) • Dashboard(Horizon)のVM作成までの一連の流れの改善 • OpenStack Clientによる統一されたCLIの提供 • などなど https://www.openstack.org/software/mitaka/
  4. 4. 4Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Austinサミットの情報源 • Keynote & Breakout Session • スケジュール • https://www.openstack.org/summit/austin- 2016/summit-schedule/ • 講演ビデオ • https://www.openstack.org/videos/ • Design Summit etherpad • https://wiki.openstack.org/wiki/Design_Summit/Newton /Etherpads • 各プロジェクトの議論結果まとめ • http://hugh.blemings.id.au/2016/05/17/openstack- summit-austin-2016-summary-of-summaries/ • 膨大な情報がオンラインに
  5. 5. 5Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. 基調講演の内容 (初日) • 基調講演 by Jonathan Bryce • Disruption • 新しい技術を適用させて改善できる。一方で、既存の資産・技術・顧客ベース・ データの維持が必要なケースもある。 • Cloud Hosted, Cloud Optimized, Cloud Native System のすべてに使える。 • Diversity • Enterprise Private Cloud • Public Cloud • GoDaddy, Rackspace, OVH.com, DreamHost • Telcom and NFV (急速に進展) • Verizon, AT&T, China Mobile, Comcast, Swisscom • Research and Big Data • Los Alamos National Laboratory, UFCG, University of Cambridge, TACC • ユーザ調査 • Fortune 100の半分はOpenStackは使っている • 65%のdeploymentは、商用環境で使われている • 97%の利用者が「標準化されたプラットフォームとAPI」をOpenStackを使う理 由のトップ5の理由に挙げている。 • 技術より文化・プロセスの改善が重要。 44日 → 42日(技術のみ)→ 2時間(プロセスも見直した) https://www.openstack.org/videos/video/embracing-datacenter-diversity
  6. 6. 6Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. 基調講演でのAT&Tの発表 • AIC: AT&T Integrated Cloud • ネットワークの成長 • 2015: 114 petabytes daily • 2015-2020: 10x network traffic growth • EnterpriseとNetwork serviceの両方のWorkload • 最終的に1000 zone以上を目標、 すでに74のzoneを配置 • FuelでDeployを自動化 • OpenStack Resource Manager(独自) • 複数のZoneへの操作 • 最適なZoneの選択 • SDNやNFVの基盤として 活用していく予定 • AT&Tが、AustinのSuperuser Awards獲得 https://www.openstack.org/videos/video/at-and-ts-cloud-journey-with-openstack
  7. 7. 7Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. 基調講演でのMirantisの発表 https://www.openstack.org/videos/video/mirantis-sponsor-keynote • Private Cloudで遭遇する問題 • 一位:31%がOperational modelを変えることに失敗 • Technology(software)がすべてを解決するわけではなく、起こる問題 に対処して、Tenantsへの影響を最小化するOperation Teamも重要 • Success with OpenStack is 1 part technology and 9 parts people and process • Operations TeamをDevOps Ninjasにしていくか • すべてを投げ出してPublic Cloudを活用する • 中間解がもっとでてくるだろう(Managed serviceやAppliance) • マーケット(年間規模) • AWS: 10 billion USD、~1兆円 • Datacenter Infrastructure & Virtualization (EC2相当): 130 billion USD、~13兆円 • 世界のIT投資:3.5 trillion USD、~350兆円 • disruptionはこれから。PublicかPrivateという単純なものではない。
  8. 8. 8Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. 基調講演の内容 (二日目) • 基調講演 by Mark Collier • 中国のスタートアップであるEasyStack, UnitedStackが OpenStack FoundationのGold memberに参加 • 市中の予想 • 500億のデバイスが2020までにネットワークに接続 • データ処理のために4億台のサーバが新たに必要になる。どう管理する • OpenStackにどのOSSをどう組み合わせていくか?が焦点 • LAMPはどうなる?NFVは? • 例えば、コンテナ、どれも40%以下だが • 1. Kubernetes • 2. Cloudfoundry • 3. OpenShift • Collaborate or die • 大きな会社であっても、ソフトウェアの進歩を取り入れ、生き残って いくために必要。Walmart、China Mobile等がその例。 https://www.openstack.org/videos/video/not-invented-here-collaborate-or-die-in-the-billion-device-billion-core-era
  9. 9. 9Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. 基調講演で紹介されたコンテナ利用例 • Time Warner Cable • General-purpose multi-tenant container runtime for devs • Apache Mesos を使って、4 engineersで、2016年1月に作業を始め, 2016 年5月に2 regionsで商用利用開始 • OpenStackがすでに整備されていたので、物理的なプロビジョニングで時間 がかかることはなかった。今後、Ironicの利用を検討。 • LivePerson • ライブチャットサービスのSaaS provider • 150 micro-services からサービスは構成される • OpenStack • 20,000 physical cores, 8000 instances, across 7 DCs • Since Diablo, upgrading to Kilo • Kubernetes cluster (with docker) with puppet on OpenStack large VMs • 今後、CoreOS, Project Atomic, Ironicの利用を検討 • CoreOS • Kubernetesを使ってOpenStackプロセスをコンテナに入れるデモ https://www.openstack.org/videos/video/apache-mesos-on-openstack-at-time-warner-cable https://www.openstack.org/videos/video/running-kubernetes-on-openstack-at-liveperson https://www.openstack.org/videos/video/openstack-and-kubernetes-inception
  10. 10. 10Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. The Big Tent, One Year Later (1/2) • Big Tentとは • OpenStackコミュニティが作り出すもので、一定の要件(主にOpen であること)を満たすもの。 • Big Tent以前は、Incubationフェーズを設けて、Top-downで重要プ ロジェクトを公式と認定するTop-downアプローチだった。公式かそ うでないか、が過度に気にされ、時間が費やされる点が問題になった。 • KiloリリースからBig Tent適用、プロジェクト数は増えている。活発。 https://www.openstack.org/videos/video/the-big-tent-one-year-later • Horizontalとは、 QA, Release Management, Security, Deployment tool 等の横断的なもの • Verticalとは、 Nova, Neutronの ような機能
  11. 11. 11Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. The Big Tent, One Year Later (2/2) • Big Tentの下の公式プロジェクトのリスト • https://governance.openstack.org/reference/projects/ • 原本: https://github.com/openstack/governance/blob/master/reference/projec ts.yaml • OpenStackのnamespaceの下にレポジトリを持っているもの すべてではない。Technical Committeeの承認を得たもの。 • 良かった点 • We are no longer stuck, More reactivity, Competition • 悪かった点 • Single-vendor, Confusion, Made joining harder for established projects • 試行錯誤:Project Navigator, タグによって改善 • https://www.openstack.org/software/project-navigator • 今後 • Inteoperability, End-user experience, overall technical design https://www.openstack.org/videos/video/the-big-tent-one-year-later
  12. 12. 12Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Interoperability (1/2) • DefCore Committee • OpenStack Interoperability Project • OpenStackの基盤ごとにAppを変える、なんてことが必要な いように、ガイドラインを定義。 • コンポーネント:現状 Compute, Storage and both (Platform) • 提供すべき機能(パスすべきAPIテストによって定義される) • OpenStack Poweredロゴを使うためには準拠する必要あり。 • 最新のガイドラインは、”2016.01”と”2015.07” • “2016.01”が対応するリリースはJuno, Kilo, Liberty, Mitaka • “2015.07”が対応するリリースはIcehouse, Juno, Kilo • 詳細は、https://refstack.openstack.org/#/guidelines • 次のガイドラインは、2016年の8月に承認予定。 • Networking Capability(neutron)をRequired・必須とする、 Keystone v2をdeprecatedされる(v3のみ)、といったことが議論中。 https://www.openstack.org/videos/video/making-cloud-interoperability-across-openstack-vendors-a- possibility-using-refstack https://www.openstack.org/videos/video/interoperability-the-elephants-in-the-room-and-what-were- doing-about-them
  13. 13. 13Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Interoperability (2/2) • RefStack • RefStackクライアントを実行すると、テストが実行されて、 Defcoreの要件を満たしているか確認できる。 • https://github.com/openstack/refstack-client • RefStackサーバ • テスト結果を匿名でアップロードして公開できる。 • ガイドラインで必須とされていない機能の実装度合いを収集して、 将来のライドライン作成につなげるという狙いもある。 https://www.openstack.org/videos/video/making-cloud-interoperability-across-openstack-vendors-a-possibility-using- refstack
  14. 14. 14Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. AT&T’s OpenStack Journey • AIC: AT&T Integrated Cloud の History • 2014年AIC1.0・Icehouse、2015年AIC2.0・Juno (Foundation) • 2016年以降AIC3.0・Kilo (Virtualized Network) • 規模 • 2015年1月から10月、20 zonesに配置 • 2015年10月から12月、54 zonesに配置(デプロイ自動化) • アーキテクチャ • Control PlaneはZoneごとに独立している • セキュリティ(isolation)とパフォーマンス(latency)のため • Fuelを使ったときの課題 • Day 2 operations, Multi-rack(セグメント)構成への対応、 Fuel自体のアップグレード、EndpointアクセスのSSLへの対応 • アップストリーム • AIC Delivery TeamとOpenStackコミュニティのTimelineは必ずし も合わない。Community teamを独立チームとして30人の開発者を 専任で新たに配置した。 https://www.openstack.org/videos/video/at-and-ts-openstack-journey-driving-enterprise-workloads-using- openstack-as-the-unified-control-plane
  15. 15. 15Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. OpenStack at Carrier Scale, AT&T • 70以上のOpenStackを世界中に配置。57が商用利用されている。 15,000 VMsが稼働中。 • 1400万人の無線通信のユーザがいて、仮想化されたネットワーク で接続されている。 • 5.7%のネットワークリソースがOpenStackの上にある • コンポーネントが5.7%の仮想化に入っているか?という質問に対し ては、回答を避けた。2020年までに75%が目標。 • ワークロード • Web, big data, analytics, network functions, voice, video • Orchestration • ECOMP (Enhanced Control, Orchestration, Management & Policy)。独自の実装、White paperを公開。 • http://about.att.com/content/dam/snrdocs/ecomp.pdf • Networking • OpenContrailを採用 https://www.openstack.org/videos/video/open-stack-at-carrier-scale
  16. 16. 16Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Lessons Learned from Deploying at Verizon • Timeline • 2015年3月にプロジェクト開始、6月・7月:設計・試験 • 2015年8月~11月:デプロイ、2015年12月:商用開始 • 現在 • 商用・3サイト・400台以下 • ベータ・2サイト・100台以上 • RedHat OpenStack Platformを利用 • IPv6 support, SSL support, High Availability • Directorによるデプロイの自動化 • Bigswitchを利用 • Chaos monkeyで試験してresilienceを検証 • 640 component failures in 30 minutes • 32 leaf / 6 spine / 16 rack, 1k neutron networks / 48k VMs • Controller failover, Switch failover, Link failover • アプリケーションに影響なし https://www.openstack.org/videos/video/designing-for-nfv-lessons-learned-from-deploying-at-verizon
  17. 17. 17Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. The Verizon User Story Journey • Verizonの構成 • DistributorとしてRedHatを採用 標準的なOpenStack構成 • SDNにはBigSwitchを採用 • VNFで苦労したこと • アプリケーションそれぞれを対応させるために、ベンダとプラット フォーム・エンジニアの作業が必要だった • 動的なスケールアウトとロードバランシングはまだ限定的 • LBaaS v2.0 が基盤で有効でも、アプリケーション側が対応しておらずにまだ使 えていないケースあり • 動的なディプロイにライセンスモデルが合っていない • ツールやオーケストレータにも適用のための修正が必要 • その他の試行錯誤 • 様々なトポロジの色々なネットワークパターンがあり、 チケットベースだったFirewall rule, Network access ruleの設定を 自動化したものがセキュリティを保っているか・合っているのか https://www.openstack.org/videos/video/embracing-openstack-the-verizon-user-story-journey
  18. 18. 18Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Live Migration, Mitaka and Beyond • Live Migration & Block Live Migrationの改善 • 用途:Maintenance, Rolling-upgrade and Power Consumption • Mitaka update (KVM/libvirtの実装を中心に) • Simple • Block migrationのAPIパラメータ “is_on_shared_storage” は不要 • Work • Live migrationの移動先をスケジューラが正しく選択 • VM作成時の Extra spec, scheduler hints, image properties を記録 • VolumeがAttachedされたVMのBlock migrationが安全に • Libvirt 1.2.17以降が必要。Volumeのコピーを行わない。 • Config-driveを使う場合は形式をvfatにする必要あり(iso9660から)。 • Manageable • Progress details (disk progress, memory progress)を確認できる • Live migration を途中で(APIから)止められる • Live migrationが終わるようにVMを止められる(完了後に自動でVM再開) • Live migration に専用のネットワークを指定できる • 将来: Post-copy live-migration、NUMA、HugePages, SR-IOV対応など https://www.openstack.org/videos/video/live-migration-mitaka-and-beyond
  19. 19. 19Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Virtual Routers on Compute Node (1/2) • Time Warner Cableの商用環境で行ったネットワーク構成変更 • Neutron の Router (L3)をどう収容するか • 専用のNetwork nodeに • North-Southの流れが主、リソースが使われずに非効率。 • 10Gbpsの帯域を使い切っても、CPU, RAMは使われず(OVSでも)。 • Control nodeに: 障害が起きた時の影響が大きい • Compute nodeに: Routerを分散させて配置してはどうか? • DVRを使わなかった理由 • まだ安定していない • FixedIPを使った通信用に、 まだ結局Network Nodeが必要 • VR-D (Virtual Routers - Distributed) • L3-Agent (Router) をnova-compute (VM)と同じCompute nodeに配置する • DVRと同じ構成になるが、neutronは DVRモードではない https://www.openstack.org/videos/video/virtual-routers-on-compute-nodes-an-not-so-irrational-decision
  20. 20. 20Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Virtual Routers on Compute Node (2/2) • やってみてどうだったか • 実装・デプロイの自動化は楽にできた。(既存の修正で) • 数カ月前にneutronのバージョンはLibertyに上げている • 問題になったバグ • Neutron-serverがl3-agentとのやり取りを単一スレッドで処理してい た。台数増加で問題になった。DVRでも同様に問題に。 • https://review.openstack.org/#/c/226686/ • Mitakaで修正された。(Austinサミット後にLibertyにもバックポート された。) • TWCのWorkaround: l3-agentを配置するノード数を100以下に制限 • 運用は複雑になったが、大きな影響はない • Compute Node故障時に気にすることが1つ増えた • ツール・モニタリングに修正 • 今後に向けて考えていること • HA router, custom scheduling • DVR: 安定するまで様子見、運用へのインパクトも要考慮 https://www.openstack.org/videos/video/virtual-routers-on-compute-nodes-an-not-so-irrational-decision
  21. 21. 21Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. High Availability for Pets and Hypervisors • Control planeのHAはほぼ確立されている • Compute NodeのHAは必要か • 本来、アプリケーション側で対応すべき (Cattle) • 一夜にして既存サービスを書き換えるのは難しい。同じVMを自動で 再スタートして可用性を高める仕組みも有効 (Pets) https://www.openstack.org/videos/video/high-availability-for-pets-and-hypervisors-state-of-the-nation
  22. 22. 22Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Fleet Management • OpenStack operatorによる(Deployではなく)Day 2以降の オペレーションを効率化・自動化する共通ツールを作る動き • これまでCMDBの共通化などあったがイマイチ • 機能・要件抽出の議論やAPIとデータモデルを作りが 進行中。OpenStack Ansibleから使える Inventory管理部分を作る、という着想 • Rackspaceが先導している • Austinで広く仲間集めが始まった • Cratonという名前で プロジェクト化を目指している • AustinサミットでのEtherpad • https://etherpad.openstack.org/p/Fleet_Management • Product WGで議論されたUser Story • http://specs.openstack.org/openstack/openstack-user-stories/user- stories/proposed/fleet-management.html スキーマの図:https://github.com/rackerlabs/craton/files/224277/schema.pdf
  23. 23. 23Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. 今後のOpenStack Summit • 次回のOpenStack Summitは、 • Barcelona, SPAIN, Oct. 25-28, 2016 • その次は、 • Boston, U.S.A., week of May 8th, 2017 • Sydney, Australia, week of Nov. 6th, 2017 https://www.openstack.org/summit/barcelona-2016/
  24. 24. 24Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Evolving OpenStack Design Summit (1/2) • Design Summitの形を変える議論が進行中 • Summitの開催時期をリリースから早くても2ヶ月後にする • 開発者が”what”に焦点をあてる”Forum” • UserやOpsからのフィードバック収集、次サイクルの戦略・計 画をコミュニティ横断で議論、、Breakout sessionでの発表 • Summitの中間に開発者中心の会議を開く • 開発者が”How”に焦点をあてる”Project Teams Gathering” • 次サイクルの課題をプロジェクト横断で議論、各プロジェクト 内で次サイクルの実装方針を議論・策定し、作業の開始 • プロジェクト毎のmid-cycleは、各PTLが維持するか決める • 注:SummitのConference/Marketplaceの形に変更なし • 状況 • 2月にDev MLで提案され、Austinサミットまでの議論で大き な変更なし、コミュニティに意見照会中(ほぼ確定か?) • Barcelonaサミットの後から実施予定という計画 http://www.openstack.org/blog/2016/05/faq-evolving-the-openstack-design-summit/
  25. 25. 25Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. Evolving OpenStack Design Summit (2/2) http://ttx.re/splitting-out-design-summit.html http://lists.openstack.org/pipermail/openstack-dev/2016-February/087161.html
  26. 26. 26Copyright©2016 NTT corp. All Rights Reserved. OpenStack Days Tokyo • 次の国内のOpenStack Daysイベント • OpenStack Days Tokyo 2016 • 2016年7月6日・7日、東京、虎ノ門ヒルズフォーラム • http://openstackdays.com/

    Be the first to comment

    Login to see the comments

  • takanarikonishi7

    May. 26, 2016
  • toshikazu_org

    May. 27, 2016
  • h-saito

    May. 27, 2016
  • MasaakiNakagawa

    May. 31, 2016

OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 講師:市川 俊一 (NTT ソフトウェアイノベーションセンター) アジェンダ:

Views

Total views

1,818

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

272

Actions

Downloads

48

Shares

0

Comments

0

Likes

4

×