Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Rubyを武器にする技術経営
Innovation Management with Ruby
東京理科大学 専門職大学院
イノベーション研究科 技術経営専攻(MOT)
相澤 歩
Department of Management of Techn...
発表者紹介
相澤 歩(あいざわ あゆむ)
Ayumu Aizawa
twitter.com/ayumin
東京理科大学 専門職大学院(MOT)
イノベーション研究科 技術経営専攻
most.tus.ac.jp/mot/
その他の肩書
株式会社セ...
RubyWorld Conference と 私
2010 – Rubyによるシステム開発・運用支援活用の事例
エンタープライズシステム開発案件で実際に利用した開発支援
ツール、運用支援ツールをRubyで開発した事例を紹介
2011 – Rub...
本日のテーマ
技術経営(MOT)とは
プログラム言語Rubyのイノベーション
Rubyを武器にしたイノベーションの創出
参考書籍
『技術を武器にする経営』
著 伊丹敬之、宮永博史
(2014)日本経済新聞出版社
『顧客創造実践講座』
著 宮永博史
(2008)ファーストプレス
本日のテーマ
技術経営(MOT)とは
プログラム言語Rubyのイノベーション
Rubyを武器にしたイノベーションの創出
技術経営(MOT)とは
• Management Of Technology
技術を基盤にしたイノベーションを実現する経営
について研究する経営学
• MBA(Management of Business Administration)に似てい...
MOTの歴史
• 1981年、米国マサチューセッツ工科大学
スローンスクール(経営大学院)のMBA課程に
設置されたMOTコースが起源
• その後、ハーバード大学、スタンフォード大学
などでも経営大学院にMOTプログラムが開設
(現在はMBAの...
東京理科大MOT
most.tus.ac.jp/mot/
東京理科大MOT
• 理系技術者2年制の専門職大学院
• 専門職修士(技術経営)
• 平均年齢42歳、実務経験15年以上
• 中小企業の経営者や大企業の幹部候補が中心
• ほぼ全員なんらかの技術系職種のスペシャリスト
ex. 製薬、光学機器、半...
なぜMOTで学ぶのか
• 経営学は過去の経営を分析し、理論化する学問
• 先人の知恵を未来の経営に生かすことが目的
• プログラマがより社会に影響を与える存在になる
ためには、経営者の視点、考え方を身に付けるこ
とが必要
イノベーションマネジメント
(技術経営)
イノベーション ≠ 技術革新
• イノベーションとは…
“技術革新の結果として新しい製品やサービスを
作り出すことによって人間の社会生活を大きく
改変すること” 伊丹敬之,宮永博史(2014)『技術を武...
イノベーションの3つの壁
技術研究 技術開発 市場投入 成功!事業開発
• 基礎技術研究
• 可能性の探索
• 技術動向の見極め
• 研究資源の確保
• …
• 応用開発
• 技術の組合せ
• 実現可能性
• 開発リソースの投入
• …
• 事...
イノベーションを阻む“死の谷”
技術研究 技術開発 市場投入 成功!
• 基礎技術研究
• 可能性の探索
• 技術動向の見極め
• 研究資源の確保
• …
• 応用開発
• 技術の組合せ
• 実現可能性
• 開発リソースの投入
• …
• マー...
本日のテーマ
技術経営(MOT)とは
プログラム言語Rubyのイノベーション
Rubyを武器にしたイノベーションの創出
技術経営ろぐ
プログラミング言語Rubyにみるイノベーションのコンセプト
http://ayumin.hatenablog.jp/entry/2015/04/01/191933
イノベーションの要点
• イノベーションの成就には『良いコンセプト』が重要
良いコンセプトは顧客と技術を結びつける
技術 顧客需要製品
コンセプト
“死の谷”を越える
技術研究 技術開発 市場投入 成功!事業開発
コンセプト
創造
Rubyのコンセプト
• Rubyのコンセプトは「楽しいプログラミング」
コンピューターのための言語
から「人間のための言語」へ
まつもとゆきひろ氏
株式会社セールスフォース・ドットコム
Heroku チーフアーキテクト
株式会社ネットワーク応...
良いコンセプトの条件
• 実現可能でなければならない
• 簡単に模倣されないものでなければならない
『コンセプトの創造』が必要
良いコンセプトは…
条件① 聞いて驚き、使って驚く伝染効果がある
条件② 驚くだけの技術と仕組みの裏打ちがある
条件...
プログラム言語Ruby
• まつもとゆきひろ氏が開発したプログラミング言語
– オブジェクト指向プログラミングとスクリプト言語としての手軽さ
– 動的言語としての特性
– コンピュータの都合よりも人間の都合を優先した言語設計
• オープンソース...
Rubyのコンセプト
“楽しいプログラミン
グ”
条件① 伝染効果
条件② 技術の裏打ち
条件③ 価格設定
条件① 伝染効果
• 利用者(プログラマ)にとって言語仕様が、人間の
思考を妨げないように設計されている
 使いやすい!
 楽しい!
 誰かに教えてあげたい!
マーチン・ファウラー
ThoughtWorks
チーフサイエンティスト
デイブ...
条件② 技術的な裏打ち
• 利用者が使いやすい仕組みを実現するために
高度で複雑な技術の裏打ちがある
 (コンピュータにとって)複雑な文法の実現
 効率のよい実行のための処理系の改善
 さまざまなプラットフォームへの対応など
中田伸悦
セ...
条件③ 価格設定
• Rubyを使うための学習コストが十分に低い
 人間にわかりやすいため習得しやすい
 書籍やインターネットでの情報
 到達度をはかるための認定制度
 コミュニティーによる学習機会の提供
そして…イノベーションの成就
Ruby on RailsやHeroku、Githubなどのキラーアプリ
プログラム言語Rubyのイノベーション
• Rubyのイノベーションは…
「人間本位」という良いコンセプトを実現し、
それによって、コンセプトに共感する多くの
人々の支持を集めることに成功した。
• そして、共感の拡大がコミュニティーの拡大
を...
本日のテーマ
技術経営(MOT)とは
プログラム言語Rubyのイノベーション
Rubyを武器にしたイノベーションの創出
技術経営ろぐ
新技術採用から学んだ、人を動かす技術経営
http://ayumin.hatenablog.jp/entry/2015/04/01/192659
Rubyを武器にしたイノベーションの創出
Rubyの良さに共感した企業が陥りがちな過ち
Rubyの良さ(訴求ポイント)を
自社の訴求ポイントと混同
+
自社の強み
=
ではなく
“Rubyの強み”は自社の差別化にならない
• Rubyが普及する前は“Rubyができること”が
他社との差別化になった時代もあった(過去形)
• 現在ではRubyができること自体に価値がない
市場
(顧客)
技術
(Ruby)
イノベーション?
イノベーションの実現のためのステップ
コンセプト創造
顧客の
絞込み
顧客ボト
ルネック
の識別
顧客の
コンセプト
創造
実現の
コンセプト
創造
コンセプト
の検証
Step1.自社の顧客を絞り込む
セグメントをMECEに切り分ける
• 自社の「顧客」を絞り込む
• 絞り込みの観点はさまざま(色々な角度から捉える)
• 立場に共感できる顧客に絞り込んでいくことが重要
顧客
製造業
医療
外食
小売
病院
介...
Step2.顧客のボトルネックを識別
• 顧客にとっての不便、不満などを識別
• 自社保有技術で解決できるかどうかは重要ではない
すぐに思いつくような解決方法は誰かがやっている
または、誰もやらない(失敗する)理由がある
• あまりにも荒唐無稽...
• SWOTを用いた分析
– 漫然とした自社の分析では使いにくい
– 具体的な顧客を定義して使うと有効
自社の強み
Strength
自社の弱み
Weakness
機会
Opportunity
脅威
Threat
自社の技術・能力
自社にない技...
Step3.顧客のコンセプト創造
Step4.実現のコンセプト創造
• SWOTを用いた分析
– 漫然とした自社の分析では使いにくい
– 具体的な顧客を定義して使うと有効
自社の強み
Strength
自社の弱み
Weakness
機会
Opp...
Step5. コンセプトの検証
バリューネットを考える
• Rubyはコンセプトを実現する手段(のひとつ)
• バリューネットの「供給」にあたる
顧客
製品
(自社)
競合
供給
補完
競争戦略
市場投入戦略
調達戦略
同盟戦略
Step5. コンセプトの検証
競合の立場で考える
• 当然競合も同じようにバリューネットを考えている(と考える)
• もちろん競合は1社ではない
自社
顧客
補完
Ruby
競合
(競合の)競争戦略
(競合の)調達戦略
(競合の)同盟戦略
“Ruby”だけでは強みになり得ない
• Rubyの強さをどのように引き出せるか
Rubyは学習コストが低い
→ たくさんのプログラマを自社で養成できる
Rubyには便利なライブラリが豊富にある
→ 特定の業務課題解決のための部品の組み立て手順...
“Ruby”だけでは強みになり得ない
• Ruby以外の要素に対して強みがあるか
– PHPの案件にも対応できる
– UIやUXのデザインが得意
– 特定業界、業種の課題に詳しい
– プロジェクトマネジメント力がある
– …
自社の弱みを克服する
• アライアンス(同盟)の活用
– 誰と組むか?
– 何を他者に委ね、何を自社でやるか?
– 補完関係にある企業の連合体(コンソーシアム)
– 緩いつながり?(Rubyアソシエーション)
– 強いつながり?(パートナーシッ...
本日のまとめ
技術経営(MOT)とは
プログラム言語Rubyのイノベーション
Rubyを武器にしたイノベーションの創出
本日のまとめ
• 技術経営(MOT)は技術基盤にしたイノベーションを
実現する経営について学ぶ経営学
• イノベーションの実現の鍵は“死の谷”の克服
• Rubyのは良いコンセプトが実現された事例
• 自社のビジネスを考える上で、Rubyそのも...
本日のまとめ
技術経営(MOT)とは
プログラム言語Rubyのイノベーション
Rubyを武器にしたイノベーションの創出
おすすめ書籍ご紹介
『イノベーションと企業家精神』
著 P.F.ドラッカー
訳 上田淳生
ダイヤモンド社
『戦略サファリ』
著 H.ミンツバーグ 他
訳 斎藤嘉則
東洋経済新報社
『学習する組織』
著 ピータM.センゲ 他
訳 小田理一郎 他
英治出版
『なぜ人と...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Rubyを武器にする技術経営 - Innovation Management with Ruby

8,791 views

Published on

講演者:相澤 歩 国内SI企業、外資系コンサルティングファームを経て、2012年に株式会社セールスフォース・ドットコムに入社。大規模な業務システムから小規模なサービスまで、クラウドプラットフォームを活用したICTシステム基盤の設計と、生産性向上のための施策導入に強みをもち、技術的な観点だけでなく、顧客のビジネスに踏み込んだコンサルティングをおこなっている。2015年より東京理科大学 専門職大学院にて、新しい技術を活用したイノベーションの創出を可能にするマネジメントについて研究している。また、2010年よりプログラム言語Rubyのコミッターに就任。国内外の開発者コミュニティーの活動に参加している。
講演内容:Rubyは「良いコンセプト」によってイノベーションをおこした恒例であるといえる。しかし、Rubyの価値をビジネスの価値に添加するためには、ビジネスそのものコンセプトが良いものでなければならない。この講演では、Rubyの強みを活かしたコンセプト創造について、技術経営の考え方からいくつかのヒントを提示する。
Speaker:Ayumu Aizawa is Graduate student at Tokyo University of Science to research innovation management. He is working for Salesforce.com as Solutions Architect since 2012. He has experienced software engineer and business architect, especially building right architecture for Enterprise Business with the "Cloud" over 10 years.
Contents: Ruby is good example of the innovation which has been driven by new concept, that is human-centric design. However, your business which built by Ruby should have own concept for the business itself. This presentation will provide several hints to connect Ruby's value to business value, based on Innovation Management.

Published in: Business
  • Login to see the comments

Rubyを武器にする技術経営 - Innovation Management with Ruby

  1. 1. Rubyを武器にする技術経営 Innovation Management with Ruby 東京理科大学 専門職大学院 イノベーション研究科 技術経営専攻(MOT) 相澤 歩 Department of Management of Technology(MOT) Tokyo University of Science Graduate School of Innovation Studies Ayumu Aizawa
  2. 2. 発表者紹介 相澤 歩(あいざわ あゆむ) Ayumu Aizawa twitter.com/ayumin 東京理科大学 専門職大学院(MOT) イノベーション研究科 技術経営専攻 most.tus.ac.jp/mot/ その他の肩書 株式会社セールスフォース・ドットコム デベロッパーマーケティングマネジャー 兼 ソリューションアーキテクト www.salesforce.com プログラム言語Rubyコミッター www.ruby-lang.org
  3. 3. RubyWorld Conference と 私 2010 – Rubyによるシステム開発・運用支援活用の事例 エンタープライズシステム開発案件で実際に利用した開発支援 ツール、運用支援ツールをRubyで開発した事例を紹介 2011 – Rubyコミュニティの文化に学ぶエンタープライズ システム開発の処方箋 Rubyコミュニティで使われているバージョン管理、課題管理、 継続的結合(CI)をエンタープライズ開発の現場に導入した事例 の紹介とその効果 2013 – クラウド時代のRubyアプリケーション設計 Herokuの設計哲学であるTwelve Factor Appの紹介とモダンな アプリ開発のためにアプリ設計者が考慮すべき3つのノウハウ
  4. 4. 本日のテーマ 技術経営(MOT)とは プログラム言語Rubyのイノベーション Rubyを武器にしたイノベーションの創出
  5. 5. 参考書籍 『技術を武器にする経営』 著 伊丹敬之、宮永博史 (2014)日本経済新聞出版社 『顧客創造実践講座』 著 宮永博史 (2008)ファーストプレス
  6. 6. 本日のテーマ 技術経営(MOT)とは プログラム言語Rubyのイノベーション Rubyを武器にしたイノベーションの創出
  7. 7. 技術経営(MOT)とは • Management Of Technology 技術を基盤にしたイノベーションを実現する経営 について研究する経営学 • MBA(Management of Business Administration)に似ているが、イ ノベーションの上流工程に焦点をあてている 技術探索 要素技術 製品開発 事業開発 事業拡大 シード期 スタートアップ期 成長初期 拡大期 MBA(経営管理) MOT(技術経営)
  8. 8. MOTの歴史 • 1981年、米国マサチューセッツ工科大学 スローンスクール(経営大学院)のMBA課程に 設置されたMOTコースが起源 • その後、ハーバード大学、スタンフォード大学 などでも経営大学院にMOTプログラムが開設 (現在はMBAのカリキュラムに統合) • 日本では横浜国立大(2001)、北陸先端技術 大学院大学(2003)などが先駆け • 専門職大学院は芝浦工業大、東京理科大 日本工業大などに設置 • 島根大にも関連コースあり(2科目)
  9. 9. 東京理科大MOT most.tus.ac.jp/mot/
  10. 10. 東京理科大MOT • 理系技術者2年制の専門職大学院 • 専門職修士(技術経営) • 平均年齢42歳、実務経験15年以上 • 中小企業の経営者や大企業の幹部候補が中心 • ほぼ全員なんらかの技術系職種のスペシャリスト ex. 製薬、光学機器、半導体、電子機器、自動車、建築など(ITは少数派) • A(学術系)、B(ビジネス系)、C(コンサル系)の 3領域の専門教員をバランス良く配置 伊丹敬之教授 宮永博史教授 幸富成教授 田中芳夫教授 佐々木圭吾教授 別所信夫教授
  11. 11. なぜMOTで学ぶのか • 経営学は過去の経営を分析し、理論化する学問 • 先人の知恵を未来の経営に生かすことが目的 • プログラマがより社会に影響を与える存在になる ためには、経営者の視点、考え方を身に付けるこ とが必要
  12. 12. イノベーションマネジメント (技術経営) イノベーション ≠ 技術革新 • イノベーションとは… “技術革新の結果として新しい製品やサービスを 作り出すことによって人間の社会生活を大きく 改変すること” 伊丹敬之,宮永博史(2014)『技術を武器にする経営』 p.8 技術 市場 (顧客) イノベーション
  13. 13. イノベーションの3つの壁 技術研究 技術開発 市場投入 成功!事業開発 • 基礎技術研究 • 可能性の探索 • 技術動向の見極め • 研究資源の確保 • … • 応用開発 • 技術の組合せ • 実現可能性 • 開発リソースの投入 • … • 事業計画立案 • 差別化ポイント • 市場動向調査 • 製品化 • 生産設備 • 資金計画 • 事業組織設計 • … • マーケティング • 販売計画 • 組織管理 • 資金調達 • … 魔の川 死の谷 ダーウィンの海
  14. 14. イノベーションを阻む“死の谷” 技術研究 技術開発 市場投入 成功! • 基礎技術研究 • 可能性の探索 • 技術動向の見極め • 研究資源の確保 • … • 応用開発 • 技術の組合せ • 実現可能性 • 開発リソースの投入 • … • マーケティング • 販売計画 • 組織管理 • 資金調達 • … 事業開発 • 事業計画立案 • 差別化ポイント • 市場動向調査 • 製品化 • 生産設備 • 資金計画 • 事業組織設計 • … Branscomb, Auerswald (2002) “Between Invention and Innovation”
  15. 15. 本日のテーマ 技術経営(MOT)とは プログラム言語Rubyのイノベーション Rubyを武器にしたイノベーションの創出
  16. 16. 技術経営ろぐ プログラミング言語Rubyにみるイノベーションのコンセプト http://ayumin.hatenablog.jp/entry/2015/04/01/191933
  17. 17. イノベーションの要点 • イノベーションの成就には『良いコンセプト』が重要 良いコンセプトは顧客と技術を結びつける 技術 顧客需要製品 コンセプト
  18. 18. “死の谷”を越える 技術研究 技術開発 市場投入 成功!事業開発 コンセプト 創造
  19. 19. Rubyのコンセプト • Rubyのコンセプトは「楽しいプログラミング」 コンピューターのための言語 から「人間のための言語」へ まつもとゆきひろ氏 株式会社セールスフォース・ドットコム Heroku チーフアーキテクト 株式会社ネットワーク応用研究所 フェロー 他
  20. 20. 良いコンセプトの条件 • 実現可能でなければならない • 簡単に模倣されないものでなければならない 『コンセプトの創造』が必要 良いコンセプトは… 条件① 聞いて驚き、使って驚く伝染効果がある 条件② 驚くだけの技術と仕組みの裏打ちがある 条件③ 許容範囲内の価格設定
  21. 21. プログラム言語Ruby • まつもとゆきひろ氏が開発したプログラミング言語 – オブジェクト指向プログラミングとスクリプト言語としての手軽さ – 動的言語としての特性 – コンピュータの都合よりも人間の都合を優先した言語設計 • オープンソースソフトウェア – Rubyコミッターと世界中のプログラマによって開発 – Rubyの機能を拡張する数多くのライブラリ • Ruby開発と利用者を支えるエコシステムとコミュニティ – 優しい独裁者 – 良いプログラミング作法の浸透 – Webサービス開発では主流に、それだけでなくビジネスでの利用も 広がっている
  22. 22. Rubyのコンセプト “楽しいプログラミン グ” 条件① 伝染効果 条件② 技術の裏打ち 条件③ 価格設定
  23. 23. 条件① 伝染効果 • 利用者(プログラマ)にとって言語仕様が、人間の 思考を妨げないように設計されている  使いやすい!  楽しい!  誰かに教えてあげたい! マーチン・ファウラー ThoughtWorks チーフサイエンティスト デイブ・トーマス Pragmatic Bookshelf 高橋征義 達人出版界 (撮影:高橋信頼) 角谷信太郎 永和システムマネジメント アジャイル事業部 顧問
  24. 24. 条件② 技術的な裏打ち • 利用者が使いやすい仕組みを実現するために 高度で複雑な技術の裏打ちがある  (コンピュータにとって)複雑な文法の実現  効率のよい実行のための処理系の改善  さまざまなプラットフォームへの対応など 中田伸悦 セールスフォース・ドットコム 笹田耕一 セールスフォース・ドットコム 中村宇作 田中哲 産業技術総合研究所
  25. 25. 条件③ 価格設定 • Rubyを使うための学習コストが十分に低い  人間にわかりやすいため習得しやすい  書籍やインターネットでの情報  到達度をはかるための認定制度  コミュニティーによる学習機会の提供
  26. 26. そして…イノベーションの成就 Ruby on RailsやHeroku、Githubなどのキラーアプリ
  27. 27. プログラム言語Rubyのイノベーション • Rubyのイノベーションは… 「人間本位」という良いコンセプトを実現し、 それによって、コンセプトに共感する多くの 人々の支持を集めることに成功した。 • そして、共感の拡大がコミュニティーの拡大 を招き、キラーアプリ登場の土壌となったと 考えられる。
  28. 28. 本日のテーマ 技術経営(MOT)とは プログラム言語Rubyのイノベーション Rubyを武器にしたイノベーションの創出
  29. 29. 技術経営ろぐ 新技術採用から学んだ、人を動かす技術経営 http://ayumin.hatenablog.jp/entry/2015/04/01/192659
  30. 30. Rubyを武器にしたイノベーションの創出 Rubyの良さに共感した企業が陥りがちな過ち Rubyの良さ(訴求ポイント)を 自社の訴求ポイントと混同 + 自社の強み = ではなく
  31. 31. “Rubyの強み”は自社の差別化にならない • Rubyが普及する前は“Rubyができること”が 他社との差別化になった時代もあった(過去形) • 現在ではRubyができること自体に価値がない 市場 (顧客) 技術 (Ruby) イノベーション?
  32. 32. イノベーションの実現のためのステップ コンセプト創造 顧客の 絞込み 顧客ボト ルネック の識別 顧客の コンセプト 創造 実現の コンセプト 創造 コンセプト の検証
  33. 33. Step1.自社の顧客を絞り込む セグメントをMECEに切り分ける • 自社の「顧客」を絞り込む • 絞り込みの観点はさまざま(色々な角度から捉える) • 立場に共感できる顧客に絞り込んでいくことが重要 顧客 製造業 医療 外食 小売 病院 介護施設 歯医者 医師 薬剤師 看護師 医療事務
  34. 34. Step2.顧客のボトルネックを識別 • 顧客にとっての不便、不満などを識別 • 自社保有技術で解決できるかどうかは重要ではない すぐに思いつくような解決方法は誰かがやっている または、誰もやらない(失敗する)理由がある • あまりにも荒唐無稽な課題しか識別できない場合 → 顧客の絞り込みが不適切 • あまりにも多くの課題が識別される場合 → 顧客の絞り込みが不十分
  35. 35. • SWOTを用いた分析 – 漫然とした自社の分析では使いにくい – 具体的な顧客を定義して使うと有効 自社の強み Strength 自社の弱み Weakness 機会 Opportunity 脅威 Threat 自社の技術・能力 自社にない技術・能力 顧客のボトルネック 顧客の展開可能性 Step3.顧客のコンセプト創造 Step4.実現のコンセプト創造
  36. 36. Step3.顧客のコンセプト創造 Step4.実現のコンセプト創造 • SWOTを用いた分析 – 漫然とした自社の分析では使いにくい – 具体的な顧客を定義して使うと有効 自社の強み Strength 自社の弱み Weakness 機会 Opportunity 脅威 Threat 自社の技術・能力 自社にない技術・能力 顧客のボトルネック 顧客の展開可能性 イノベーションを どのように 実現するか? (実現のコンセプト) どのような イノベーションを 実現するか? (顧客のコンセプト)
  37. 37. Step5. コンセプトの検証 バリューネットを考える • Rubyはコンセプトを実現する手段(のひとつ) • バリューネットの「供給」にあたる 顧客 製品 (自社) 競合 供給 補完 競争戦略 市場投入戦略 調達戦略 同盟戦略
  38. 38. Step5. コンセプトの検証 競合の立場で考える • 当然競合も同じようにバリューネットを考えている(と考える) • もちろん競合は1社ではない 自社 顧客 補完 Ruby 競合 (競合の)競争戦略 (競合の)調達戦略 (競合の)同盟戦略
  39. 39. “Ruby”だけでは強みになり得ない • Rubyの強さをどのように引き出せるか Rubyは学習コストが低い → たくさんのプログラマを自社で養成できる Rubyには便利なライブラリが豊富にある → 特定の業務課題解決のための部品の組み立て手順 が自社で標準化されている Rubyのコミュニティでの情報交流 → 自社のエンジニアはコミュニティと深い関わりを持ち 続けることで最新の情報を常に仕入れている
  40. 40. “Ruby”だけでは強みになり得ない • Ruby以外の要素に対して強みがあるか – PHPの案件にも対応できる – UIやUXのデザインが得意 – 特定業界、業種の課題に詳しい – プロジェクトマネジメント力がある – …
  41. 41. 自社の弱みを克服する • アライアンス(同盟)の活用 – 誰と組むか? – 何を他者に委ね、何を自社でやるか? – 補完関係にある企業の連合体(コンソーシアム) – 緩いつながり?(Rubyアソシエーション) – 強いつながり?(パートナーシップ契約、業務提携)
  42. 42. 本日のまとめ 技術経営(MOT)とは プログラム言語Rubyのイノベーション Rubyを武器にしたイノベーションの創出
  43. 43. 本日のまとめ • 技術経営(MOT)は技術基盤にしたイノベーションを 実現する経営について学ぶ経営学 • イノベーションの実現の鍵は“死の谷”の克服 • Rubyのは良いコンセプトが実現された事例 • 自社のビジネスを考える上で、Rubyそのものの 強みをそのまま自社の強みと考えるべきではない • Rubyの良さを自社の強みとして発揮するために 顧客開発のフレームワークを活用できる
  44. 44. 本日のまとめ 技術経営(MOT)とは プログラム言語Rubyのイノベーション Rubyを武器にしたイノベーションの創出 おすすめ書籍ご紹介
  45. 45. 『イノベーションと企業家精神』 著 P.F.ドラッカー 訳 上田淳生 ダイヤモンド社 『戦略サファリ』 著 H.ミンツバーグ 他 訳 斎藤嘉則 東洋経済新報社 『学習する組織』 著 ピータM.センゲ 他 訳 小田理一郎 他 英治出版 『なぜ人と組織は変われないのか』 著 ロバート・ギーガン他 訳 池村千秋 英治出版 『経営者の役割』 著 C.I.バーナード 訳 山本安次郎 ダイヤモンド社 『オーガニゼーションズ』 著 ハーバード.A.サイモン 他 訳 高橋信夫 ダイヤモンド社 『読んでいない本について堂々と 語る方法』 著 ピエール・バイヤール 訳 大浦大輔 筑摩書房

×