Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
EnterpriseZine 「アジャイルUXの潮流」             EZ版           アジャイルUX           メソッドカード          <アジャイルUCD研究会>
ゲリラ・リサーチDo-it-yourself 方式の簡易リサーチの総称。正規軍(調査の専門家)でなくても調査は出来る――例えば、人脈をたぐって被験者を見つけ、Skype でインタビューして、結果は口頭でチームに伝える。「予算が無い、時間が無い」...
http://www.flickr.com/photos/65949916@N00/5356781295/プラグマティック・ペルソナアジャイル流の臨時ペルソナ。一般に臨時ペルソナの安易な利用は避けるべきだが、ユーザストーリーを書くためのツールと...
ストーリーマッピング2次元のプロダクト・バックログ。時間軸(横軸)と優先度(縦軸)の2軸にユーザストーリーを配置することでシステムの全体像が把握しやすくなる。さらに水平方向に”スライス”するとリリース計画にも使える。アジャイルUX の旗手である...
http://www.youtube.com/watch?v=iVFTBj_BYy0     スケッチボード法超特急のUXデザイン手法。インタラクション設計を1枚の巨大な紙の上で終えて、さらに壁から剥がしてクルクルと丸めて持ち運び、関係者による...
ペーパープロトタイプ紙で作ったローファイなプロトタイプ。紙とペンしか使わない“超”ローテクな手法で、主に手書きで作成する。紙製ではあるが、指でクリックしたり、鉛筆でフィールドに入力することで擬似的にソフトウェアの動作を再現可能。
RITEメソッドRITE とは Rapid Iterative Testing andEvaluation ――高速反復テスト評価手法という意味。その名のとおり、少人数のテストと迅速なUI変更を繰り返す。「問題発見の精度よりも問題解決を優先する...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

EZ版アジャイルUXメソッドカード

  1. 1. EnterpriseZine 「アジャイルUXの潮流」 EZ版 アジャイルUX メソッドカード <アジャイルUCD研究会>
  2. 2. ゲリラ・リサーチDo-it-yourself 方式の簡易リサーチの総称。正規軍(調査の専門家)でなくても調査は出来る――例えば、人脈をたぐって被験者を見つけ、Skype でインタビューして、結果は口頭でチームに伝える。「予算が無い、時間が無い」と言って調査をしないのが一番リスクが高い。
  3. 3. http://www.flickr.com/photos/65949916@N00/5356781295/プラグマティック・ペルソナアジャイル流の臨時ペルソナ。一般に臨時ペルソナの安易な利用は避けるべきだが、ユーザストーリーを書くためのツールと割り切って使う分には全く問題ない。「正式なペルソナではない」ことが一目瞭然である点がミソ。デビッド・ハスマンが流行らせた。
  4. 4. ストーリーマッピング2次元のプロダクト・バックログ。時間軸(横軸)と優先度(縦軸)の2軸にユーザストーリーを配置することでシステムの全体像が把握しやすくなる。さらに水平方向に”スライス”するとリリース計画にも使える。アジャイルUX の旗手であるジェフ・パットンが考案した。
  5. 5. http://www.youtube.com/watch?v=iVFTBj_BYy0 スケッチボード法超特急のUXデザイン手法。インタラクション設計を1枚の巨大な紙の上で終えて、さらに壁から剥がしてクルクルと丸めて持ち運び、関係者によるレビューも出来るという優れもの。米国の著名なデザインファーム Adaptive Path 社で考案された。
  6. 6. ペーパープロトタイプ紙で作ったローファイなプロトタイプ。紙とペンしか使わない“超”ローテクな手法で、主に手書きで作成する。紙製ではあるが、指でクリックしたり、鉛筆でフィールドに入力することで擬似的にソフトウェアの動作を再現可能。
  7. 7. RITEメソッドRITE とは Rapid Iterative Testing andEvaluation ――高速反復テスト評価手法という意味。その名のとおり、少人数のテストと迅速なUI変更を繰り返す。「問題発見の精度よりも問題解決を優先する」という割り切り感覚がアジャイルと相性良し。

    Be the first to comment

    Login to see the comments

  • Naoka

    Mar. 4, 2011
  • ishibashi

    May. 7, 2011
  • RyotaAmari

    Mar. 8, 2012
  • tatematsu1

    Apr. 6, 2012
  • hareru

    Jun. 29, 2012
  • vistawalk

    Feb. 7, 2013
  • tsukamotohiroshi

    May. 16, 2013
  • uetanimasayuki

    Aug. 28, 2014

Views

Total views

2,876

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

279

Actions

Downloads

40

Shares

0

Comments

0

Likes

8

×