Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

14 DNA 分科会E

1,529 views

Published on

「コミュニティフォーラム2017」
NPO法人Design Net-works Association 代表 沼田翔二朗氏
  ~DNA流 対象者を明確にした教育事業の人づくり&組織マネジメント~

Published in: Business
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

14 DNA 分科会E

  1. 1. DNA流 対象者を明確にした教育事業の 人づくり&組織マネジメント 1 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 2017年3月25日(土) コミュニティフォーラム2017 分科会E:コミュニティ教育 ~コミュニティ活動を通した人づくり 【問い合わせ先】 NPO法人DNA ( Design Net-works Association ) 代表理事 沼田 翔二朗 Web:http://npo-dna.org/
  2. 2. コミュニティとは 2 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 人と関わり、対話を通じて 育む関係性の集まりのこと
  3. 3. 人と組織マネジメントの中心にある考え方 3 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 「安心・寛容・自己開示」のコミュニティが 「挑戦・学び・成長」をうみだす 【1】 Comfort Zone 【2】 Stretch Zone 【3】 Panic Zone 【1】Comfort Zone/快適空間 DNAのコミュニティが 目指す前提環境 ↓ 【2】Stretch Zone/背伸空間 活動を通じて 向き合わなければならない機会 ↓ 安心・寛容・自己開示 挑戦・学び・成長
  4. 4. 団体紹介 4 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。
  5. 5. プロフィール 5 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 1989年 北海道士別市生まれ 5人家族末っ子 2005年 地元の小・中・高校へ進学(最後の卒業生) 2008年 高崎経済大学 地域政策学部進学 【転機】1年間の引きこもりを体験・・・何も頑張らない、頑張れない 2009年 NPO法人DNA参画 2011年 同法人代表理事に就任・新規事業の構想に着手 2014年 「高校生」を対象としたキャリア教育に関する事業を立ち上げる ・「未来の教室」:2時間の出張授業 ・「ライフデザイン講座」:“自分の生き方”を題材とした探求授業 2017年 現在に至る NPO法人DNA 代表理事 沼田 翔二朗(ぬまた しょうじろう) - 認定キャリア教育コーディネーター - 高崎経済大学 地域政策研究科(専攻・人材育成)
  6. 6. 団体紹介 6 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 私たちの事業は・・・ 高校の授業を活用した キャリア学習の出張授業 です。
  7. 7. 団体紹介 7 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 「大学生」= “対象者” 様々な社会活動を通じて 成長する学生NPOとして 子ども・若者と、社会をつなぐ 第1創業期 2004年~2013年 第2創業期 2014年~現在 「高校生」=“対象者” 「未来の教室」を中核事業の 教育NPOとして
  8. 8. 施策一覧 8 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 仲間同士の関係性を育むための施策を行う 【コンテンツ(企画)】 ◆顧客(対象者)理解 ◆週間DNA ◆じぶん振り返り(適宜) ◆じぶん×団体プレゼンテーション ◆じぶん×社会(将来)プロジェクト ◆チェックイン&チェックアウト ◆アイスブレイク/クエスションカード 【ギャザリング(集合)】 ◆定例ミーティング(週1回) ◆合宿(年2回) ◆事業報告会(年1回) ◆卒業式/勇退式(年1回) ◆オープンスペース(月1回) など ◆オープンスペース ◆Good&Mottoカード ◆写真撮影 ◆メッセージカード ◆他活動へのお誘い ◆リーダーズインテグレーション ◆ムービー&アルバムづくり など 【ハード(組織設計)】 ◆キャリアパス制度(大学4年間の歩み) ◆チーム制 ◆メンタリング制 ◆朝メール&夜メール制 ◆年間計画表 など
  9. 9. 大切にしていること 9 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。
  10. 10. コミュニティの根っこ 10 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 お互いの自尊感情(自己肯定感)を育みながら、 挑戦・応援し合える関係性を育む 包み込まれ感覚 自己効力感 自己受容感覚 社交性感覚 親や先生など周りの大人から 自分は大切にされている感覚 目標に向かう上で、 自分は(実行・達成)できる という期待や自信 自分は自分であって大丈夫と 思える感覚。素晴らしい自分も ダメな自分も受け容れる気持ち ※参考:高知県教育センター「子どもの自尊感情を育む学校についての一考察」 NPO法人D.Live「子どもの自信白書2015・2016」 友だちとの心の通じ合いが できているという気持ち
  11. 11. ※参考:高知県教育センター「子どもの自尊感情を育む学校についての一考察」 NPO法人D.Live「子どもの自信白書2015・2016」 コミュニティの根っこ 11 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 お互いの自尊感情(自己肯定感)を育みながら、 挑戦・応援し合える関係性を育む 包み込まれ感覚 自己効力感 自己受容感覚 社交性感覚 親や先生など周りの大人から 自分は大切にされている感覚 目標に向かう上で、 自分は(実行・達成)できる という期待や自信 自分は自分であって大丈夫と 思える感覚。素晴らしい自分も ダメな自分も受け容れる気持ち 友だちとの心の通じ合いが できているという気持ち お互いの関心 達成経験 経験の 意味づけ 自己開示
  12. 12. 人と組織のマネジメント事例 ~4つの施策 12 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。
  13. 13. 施策一覧 13 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 仲間同士の関係性を育むための施策を行う 【コンテンツ(企画)】 ◆顧客(対象者)理解 ◆週間DNA ◆じぶん振り返り(適宜) ◆じぶん×団体プレゼンテーション ◆じぶん×社会(将来)プロジェクト ◆チェックイン&チェックアウト ◆アイスブレイク/クエスションカード 【ギャザリング(集合)】 ◆定例ミーティング(週1回) ◆合宿(年2回) ◆事業報告会(年1回) ◆卒業式/勇退式(年1回) ◆オープンスペース(月1回) など ◆オープンスペース ◆Good&Mottoカード ◆写真撮影 ◆メッセージカード ◆他活動へのお誘い ◆リーダーズインテグレーション ◆ムービー&アルバムづくり など 【ハード(組織設計)】 ◆キャリアパス制度(大学4年間の歩み) ◆チーム制 ◆メンタリング(個別支援)制 ◆朝メール&夜メール制 ◆年間計画表 など
  14. 14. 14 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 ●事例1~顧客(対象者)理解 ●事例2~メンタリング(個別支援)制 ●事例3~Good&Mottoカード ●事例4~週間DNA
  15. 15. 事例1~顧客(対象者)理解 15 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 ヒアリング アンケート ワークショップ コメント 【課 題】 【解決策】 【未 来】 「何のため?」・「誰の ため?」・「何で私が?」に 戸惑う 顧客(対象者) 理解 「自分」と「理念」の 接点を認識し、 お互いに内発性を育む
  16. 16. 16 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 ●事例1~顧客(対象者)理解 ●事例2~メンタリング(個別支援)制 ●事例3~Good&Mottoカード ●事例4~週間DNA
  17. 17. 事例2~メンタリング(個別支援)制 17 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 【課 題】 【解決策】 【未 来】 のめりこんで活動している だけで、成長や気持ちの 変化に気づけない メンタリング (個別支援)制 経験の意味づけと、 原動力を育む
  18. 18. 18 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 ●事例1~顧客(対象者)理解 ●事例2~メンタリング(個別支援)制 ●事例3~Good&Mottoカード ●事例4~週間DNA
  19. 19. 事例3~Good&Mottoカード 19 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 ごめんなさい ごめんなさい part2 【課 題】 【解決策】 【未 来】 立場・年齢を超えて、 お互いの存在や成長に 関心を寄せ合いたい Good & Motto カード 応援しあえる 関係へ
  20. 20. 20 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 ●事例1~顧客(対象者)理解 ●事例2~メンタリング(個別支援)制 ●事例3~Good&Mottoカード ●事例4~週間DNA
  21. 21. 事例4~週間DNA 21 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 【課 題】 【解決策】 【未 来】 現場では団体の 全体像が 見えない、情報遅い 週間DNA “知らない”が薄まり、 参画し合える
  22. 22. まとめ 22 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。
  23. 23. コミュニティの効果 23 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 人との関わりと対話によって、成長し合える 意欲・主体性 87% しなやかな心 94% 98% 79% 自己受容感覚 教育の関心 前向きになれた。自分がやっている活動を メンバーが見ていてくれるし、応援して くれる。そのため自信もついたし、自分も してもらったことを誰かにしようと思う ようになった。 自分が人の役に立てると実感したことが ほとんどなかったのでこんな私でも人の役 に立てるということを実感できたこと。 自分を認めてあげられるようになった。 今まではできなかったことを責める ばっかりだったけど、今はほんの少しでも、 できたことを認められるようになった。 目の前の物事に対して、 意欲的に取り組むようになった 時には自分の弱いところをさらけ出し、 人の助けを借りることも必要と思うようになった 自分の目の前にある物事は、 自分が動くことでよりよく変えていける 教育(人の成長)への 関心が高まった
  24. 24. まとめ 24 Copyright (C) 2016 DNA All Rights Reserved. ※本資料の無断転載を禁じます。 泥臭くコミュニティをつくり 言語化し、意味付けし、仕組み化へ 【コミュニティ】 人と関わり、対話を通じて 育む関係性の集まり

×