Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Devsumi summer 2013_b2_share

7,684 views

Published on

  • Login to see the comments

Devsumi summer 2013_b2_share

  1. 1. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer DevとCustomersの協業を目指す サステイナブルSIの進め方 鈴木雄介 グロースエクスパートナーズ株式会社 執行役員 ビジネスソリューション事業本部長 B3 #natsusumiB3
  2. 2. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 提供
  3. 3. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer アジェンダ • DevOpsと最近のトレンド • アジリティを支えるツール群 • エンタープライズでのアジリティ • まとめ
  4. 4. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 自己紹介 • 鈴木雄介 – グロースエクスパートナーズ株式会社 – 日本Javaユーザーグループ 会長 – 日本Springユーザーグループ 幹事 – id:arclamp / tw:yusuke_arclamp
  5. 5. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 自己紹介 • グロースエクスパートナーズ株式会社 – 社員数:92名 – 主戦場:SI(ほとんどプライム) – 顧客:医療機器、百貨店、住設機器など – 技術:Java、.Netなど
  6. 6. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer DevOpsと最近のトレンド
  7. 7. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer DevOps “DevOpsは、つねに新機能や機能改善といったシ ステムの追加更新をミッションとする開発と、安 定運用をミッションとするためにシステムの変更 を嫌う運用という、表面的にはお互いに相反する ミッションを持つそれぞれの部門が、ビジネス ゴールの達成という本質的に共有し共通する目標 に向かって協力し合うムーブメントのことを指し ます。” PublicKey :DevOpsをエンタープライズへ導入する際のハードルについて。SIerはDevOpsできるのか? ビジネスゴールはどう設定するのか? http://www.publickey1.jp/blog/13/devopssierdevops.html
  8. 8. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer DevOps http://en.wikipedia.org/wiki/File:Agile-vs-iterative-flow.jpg
  9. 9. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer DevOps • 背景の理解 – 開発:アジャイル開発による効率化 • CI/CD(自動化と継続的リリース) • ALM – 運用:プログラミング可能なインフラ • Infrastructure as Code • クラウド(仮想化) • 開発と運用の一体化による、ITサービス 提供の俊敏化
  10. 10. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer アイデア 構築する 製品 計測する データ 学ぶ リーンスタートアップ • 企画:指標化と評価の高速化 – 開発と運用の高速化により、指標化と評価の ループの高速化が可能に
  11. 11. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer IT系トレンド概要 アジャイル開発 CI/CD ALM Infrastructure as Code クラウド(仮想化) リーンスタートアップ UX/UCD 運用 開発 企画 グロース ハッカー
  12. 12. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer まとめ • ITサービス提供について、様々な側面で アジリティが高まっている – 企画:指標化と評価の高速化 – 開発:アジャイル開発による効率化 – 運用:プログラミング可能なインフラ • DevOpsも、1つのムーブメント – 具体的なプラクティスは様々
  13. 13. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer アジリティを支えるツール群
  14. 14. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 代表的なツール群 • BTS(Bug Tracking System) – 課題管理 – Redmine,Trac,JIRA* • VCS(Version Control System) – バージョン管理 – CVS,SVN,Git,Stash * • CI(Continuous Integration) – 継続的統合 – Jenkins,Bamboo * • Wiki(ウィキ) – Redmine,Confluence * • CM(Configuration Management) – 構成管理 – Chef,Puppet *:アトラシアン製品
  15. 15. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer ツールの導入目的 • フィードバックの管理と共有 – 立場の違うメンバー同士が互いにフィード バックを求め、その結果をバックログとして 管理する – 管理されている情報が共有化され、ステータ スが明示化されている
  16. 16. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 例 • あるソフトウェアが開発され、v1からv2 へとアップデートされようとしている • それぞれのバージョンに含まれる課題、 ソースコード、モジュール、そしてデプ ロイ先の実行環境がきちんと管理されて いるか
  17. 17. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 例 課題 ソースコード モジュール 実行環境 v1 済 ☑タスクA ☑タスクB v2 未 ☑タスクC □タスクD 残 □タスクE □タスクF □タスクG □タスクH v1 v2.b2 v1 v2. b1 v2. b2 ☑タスクA ☑タスクB ☑タスクC 本番 受入T 開発 検証 v2.b1
  18. 18. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer ツールの導入目的 • かつ、それらの情報が関連づけられてい ることが望ましい • そこで、
  19. 19. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer アトラシアン • アトラシアン社 – オーストラリアの開発ツールベンダー • JIRA:BTS …スクラム専用プラグインGreenHopper • Confluence:Wiki • Stash/bitbucket:git • SourceTree:Win/Macのgitクライアント(フリー) • Bamboo:CI • HipChat:チャット – グローバルではMS、IBMに次ぐ第三の開発ツー ルベンダーとして広く認知 • 2013/6/13 アトラシアン株式会社ローンチ
  20. 20. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer アトラシアンの顧客
  21. 21. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 例(アトラシアンなら) 課題 ソースコード モジュール 実行環境 v1 済 ☑タスクA ☑タスクB v2 未 ☑タスクC □タスクD 残 □タスクE □タスクF □タスクG □タスクH v1 v2.b2 v1 v2. b1 v2. b2 ☑タスクA ☑タスクB ☑タスクC 本番 受入T 開発 検証 v2.b1
  22. 22. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Bamboo 5 • 新機能:デプロイプロジェクト – Ops側から見た管理機能が充実 ビルドパイプライン v1 デプロイプロジェクト <課題のリンク>
  23. 23. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer JIRA バ ー ジ ョ ン 一 覧
  24. 24. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer JIRA バ ー ジ ョ ン サ マ リ
  25. 25. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Bamboo デ プ ロ イ プ ロ ジ ェ ク ト - リ リ ー ス 一 覧
  26. 26. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer Bamboo デ プ ロ イ プ ロ ジ ェ ク ト - リ リ ー ス サ マ リ
  27. 27. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer アトラシアン製品の特徴 • シンプルで使いやすい画面 – 非ITの方にも最適 • マルチプロジェクトでの権限の管理 – スキーム、ワークフロー • 柔軟なカスタマイズ – カスタムフィールド • アトラシアン製品間の統合と連携が簡単 – 情報のリンクや権限の一元管理 – もちろん他社製品とも連携可能 • Office製品との連携
  28. 28. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer アトラシアン製品が適する場合 • すでにBTSやWikiを使っているけど、 – 複数のプロジェクトを統合して管理したい – 管理コストを下げたい – 内部統制やISMS対応の権限管理をやりたい – 非ITメンバーにも使わせたい • あるいは初めてでも、 – 簡単に使えてサポートが欲しい
  29. 29. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer ご相談は • http://www.gxp.co.jp/atlassian/ – 例:25ユーザーで¥532,000 • JIRA:¥168,000 • Stash:¥252,000 • Bamboo:¥112,000 – 例:100ユーザーで¥1,708,000 • JIRA:¥560,000 • Stash:¥840,000 • Bamboo:¥308,000
  30. 30. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer エンタープライズはどうなんだ?
  31. 31. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer エンタープライズのアジリティ
  32. 32. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer エンタープライズ業界 • 我々の顧客 – 社会の中で継続的に求められる事業 – ITだけで完結しない業務の実行 • 金融は最もITだけで完結する業種 • これらの事業/業務へのITサービス提供
  33. 33. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer エンジニアの配置 IPA「グローバル化を支えるIT人材確保・育成施策に関する調査」調査結果 米国は1:3 日本は3:1 ITサービス企業とユーザー企業の技術者数
  34. 34. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer SIerの役割 • ユーザー企業の外側にエンジニアが多い なら受託は必然(請負or委任) • エンタープライズ業界にとって中期的に SIerの役割は重要 • この状況でアジリティを高められるか? 顧客 SIer 委託 受託
  35. 35. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 企画 開発 運用 エンプラでのアジリティ • エンタープライズで アジリティの向上は 難しい • 顧客をフィードバッ クループに巻き込む ことが鍵 – エンジニアだけで盛り 上がってもダメ
  36. 36. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer DevとCustomers • 顧客をフィードバックに参加させるには – 僕らはITのプロ。彼らは業務のプロ – 双方が学び合う姿勢を持つ • 1つの方法としてツールを通じた情報共有 は有効 • その結果、”継続的な関係”を築く – これがサステイナブルなSI
  37. 37. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 取り組み(1) • コミュニケーションツールとしてのJIRA – オンラインでのQA管理 – デプロイモジュールと課題の紐付け • 良かったこと – 課題の抜け漏れがなくなる – 課題を積むと、つぶしたくなる
  38. 38. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 取り組み(2) • リンスタを利用したワークショップ – 既存製品の棚卸し、新製品の企画を一緒に考 える – 「指標と評価」を作り、視覚的に見えるツー ルを提供する • 良かったこと – 彼らは振り返りを、僕らは学びを
  39. 39. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 取り組み(3) • 受入環境へのCI – ボタン1つですぐにリリース – BTSとリンクした課題リスト • 良かったこと – 顧客にとっては別に。僕らは楽。
  40. 40. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 取り組み(4) • タイムボックス型の継続的リリース – まずは3ヶ月から – バックログの作成、タイムボックス内での優 先順位付け • 良かったこと – <まだまだ、これから>
  41. 41. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer 組織パターン(ステマ) • 4.2.6 顧客たちを巻き込め – 開発者は、顧客とコミュニケーションする機 会(と手段)を手に入れなければならない。 顧客と親しくなって信頼関係を築き、自由に コミュニケーションできるようにしなければ ならない
  42. 42. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer まとめ
  43. 43. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer まとめ1/2 • DevOpsもリンスタも来てる – ITサービス全般に関わるアジリティの向上 • それらを支えるツールも選択肢は多い – 今後は製品間のリンクが大きなテーマ – アトラシアンも試してね
  44. 44. Summit Developers Developers Summit 2013 Summer まとめ2/2 • エンタープライズでSIerは重要 • まだアジリティは実現できていない • 顧客をフィードバックに巻き込もう – 継続的な関係を築くために – アジリティを実現するために • そのためにツールを使おう! – 顧客と自由なコミュニケーションを

×