Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

工場の静電気除電のマニュアル【図解】

 工場の静電気除電対策の手順書
①静電気を発生させない。
 ②静電気を帯電させない。
 ③静電気を放電させない。
 ④シールドする。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

工場の静電気除電のマニュアル【図解】

  1. 1. 目次: 1.静電対策の基本 2.静電気対策の基本ルール 3.静電気対策の手順 4.作業環境の静電対策 5.人体の静電対策 6.保管の静電対策 7.静電関係測定器 8.静電教育 クレインテクノ
  2. 2. 1.静電対策の基本  ①静電気を発生させない。 → 発生しても静電気の量を極力、低く抑える。  ②静電気を帯電させない。 → 発生してしまった静電気をできるだけ速く漏洩 させ、滞留させない。  ③静電気を放電させない。 → 特定の場所で火花放電させない。  ④シールドする。 → 帯電体が接近したり、ESDが発生しても デバイスが影響を受けないようにシールドする。 2.静電気対策の基本ルール  ①作業環境の整備 → 静電気に敏感な部品は、静電気対策区域で 取り扱う。  ②人体の除電 → 静電気に敏感な部品は人体の帯電を除去して 行う。  ③運搬、保管時の → 静電気に敏感な部品の保管、輸送は電荷の 容器類の整備 たまらない状況下で行う。  ④作業マニュアル等 → 作業者の教育とメンテナンスのルール化を ソフト面の整備 行う。  3.静電気対策の手順 ①静電気に敏感な部品のリストの作成 ②部品の静電気敏感度のチェツクとランク付け ③静電気対策区域の指定 ④静電気対策区域内の静電気対策方法の決定 ⑤作業マニュアルの作成 ⑥作業者の教育、訓練 ⑦静電気対策品の定期点検 クレインテクノ
  3. 3. 4.作業環境の静電対策 4-1.湿度管理 (不導体の帯電防止策)  相対湿度が低いと電荷の拡散が減少し、静電気の発生が多くなる。冬場は乾燥するので加湿器 などにより相対湿度を55±25%に管理している。 (湿度管理により帯電電圧は約1/10に減少する) 【対策方法】 【点検管理】  ・加湿器の設置 「湿度点検管理表」による管理実施。 4-2.イオンブロアー(除電器) 静電気の発生を抑えるのが困難な工程は局所的な除電対策としてイオンブロアーを使用。 イオンブロアーはエリアに存在する静電気を中和する為に能動的にイオンを発生させる装置です。 帯電物体 4-3.静電防止床  作業工程全てに帯電防止床材を設置し、静電気によりトラブルを防止。 表面電気抵抗値は1×107 MΩ以下と低く、定期的に静電防止床材の測定を実施している。 【表面抵抗定方法】 表面電気抵抗・測定の様子    測定装置 NFPF電極 + + + + + + + ⊖ ⊕⊖⊕ ⊖ ⊕ ⊖ ⊕⊕ ⊖ ⊕ ⊕ ⊖ ⊖⊖ ⊖ ⊖ ⊖⊖⊖ ⊖ ⊖⊖ ⊖ ⊖ ⊖ イオン電流 91cm クレインテクノ
  4. 4. 4-4.静電特別エリアの指定  レーザーダイオードの破壊を防止する為、DVD調整工程は静電特別エリアとして指定し  関係者以外の立ち入りを拒否し、徹底した静電対策を実施。 4-5.アース端子の取り付け  計測器、治具等のアース線が確実に接続され、一目で接続状態がわかるように図のようなステンレス 板の接続板を作成してアース線を固定。 4-6.作業椅子対策  作業椅子の一部に、静電床に常に接触するような長さのチェーンを取り付けて静電気の発生を防止。 クレインテクノ
  5. 5. 4-7.モニター対策  ブラウン管から発生する高電圧(1~2kV)の静電気を透明導電シートにて遮断。 4-8.糸半田のアース対策  半田ロールが回転することによる静電気を図のような治具を取り付けることにより、静電気を アースに落とし、帯電気を防止。 4-9.作業指導書・透明ケース  帯電防止用スプレーを定期的に塗布して、作業指導書の透明プラッチック板等の静電発生を阻止。 作業指導書 クレインテクノ
  6. 6. 4-10.半田ゴテリーク対策  半田ゴテのリーク電流による半導体デバイスの破壊を防止する為に図のように半田コテ部に アース線を接続してリーク電流による破壊を防止。 4-11.半田煙・吸煙器  半田煙・吸煙器のノズル先端で発生する静電気を導電シートを取り付けることのより静電気を遮断。 導電シート 半田ゴテ 4-12.設備用アース線とアースバンドアース線の分離 ②設備用接地線(検査器、治具用、半田ゴテ等) ①アースバンド用接地線 クレインテクノ
  7. 7. 5.人体の静電対策 5-1.静電服  電子部品、製品を生産する工場として適合する静電服を購入時に検討し 全現場作業者に貸与し着用を義務つける。 5-2.静電靴  電子部品、製品を生産する工場として適合する静電靴を購入時に 検討し全現場作業者に貸与し着用を義務つける。 5-3.アースバンド  電子部品、製品を生産する工場として適合するアースバンドを購入時に検討し 必要とされる現場作業者に貸与し着用を義務つける。 5-4.静電タッチパネルの設置  外部から入室する際に静電気を作業現場に持ち込まない ように、タッチパネルを設置。 クレインテクノ
  8. 8. 5-5.外来者用静電気服、静電靴 静電対策してない靴、服で現場内に立ち入る際は 左記の静電服及び静電靴の着用を義務づけ、徹底した 静電対策を実施。 6.保管の静電対策 6-1.導電性箱  特別静電管理区内は全て、導電性箱及びゴミ箱 を使用。 ゴミ箱 6-2.導電シートの設置  解析机及び保管棚には導電シートを設置して静電対策 を実施。 6-3.部品台  工程に設置してある部品台にも静電対策用のチャーンを取り付け。 導電性箱 クレインテクノ
  9. 9. 6-4.台車 台車の移動時の帯電を防止するためにチェーンを取り付け。 7.静電関係測定器 7-1.静電靴・アースバンド抵抗測定器  静電靴、アースバンド抵抗測定器にての日常点検を日々、実施。 <測定手順書の作成> 7-2.表面抵抗、漏洩抵抗測定器 静電床の管理を左図の測定器にて管理。 <測定手順書の作成> クレインテクノ
  10. 10. 7-3.帯電量&イオンバランス測定器 工程の静電気量を左図の測定器にて確認。 <測定手順書の作成> 7-4.リーク抵抗、電流測定器 工程の静電気量を左図の測定器にて確認。 <測定手順書の作成> 8.静電教育 8-1.掲示板  静電気の啓蒙、意識付けの為に掲示板を作成。 クレインテクノ
  11. 11. 8-2.講習会の実施  幹部、作業者を対象に静電気の教育を実施。 新入社員には導入教育時に静電気の教育を行う様 義務付け、ルール化を図る。 8-3.作業指導書への記載  半導体デバイスの端子やプリント配線板のコネクタ端子部には触らない様に作業指図書に記載 クレインテクノ
  12. 12. クレインテクノ
  13. 13.                   ↓ クレインテクノ

×