Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

とっても簡単に問題が解決してしまうある1つの方法

書籍:「豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換」を整理、図解しました。この手の領域は苦手な方も多いと思いますが、特にリスクもないですし、手法を使うかどうかもその人次第なので、まずは知ってみても良いかなと思い、整理しました。

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

とっても簡単に問題が解決してしまうある1つの方法

  1. 1. とっても簡単に 問題が解決してしまう ある1つの方法
  2. 2. これから説明するのは「ホ・オポノポノ」の実践ですが、 • 知っている方も、知らない方も • 信じている方も、信じていない方も 私なりに分かりやすく整理、図解しようと思いますので、 よろしければしばらくお付き合いください。
  3. 3. やるべきことは2つだけです 1 「一体、自分の潜在意識のなかのどの情報に原因があって この問題が起きているのだろうか」 と自分自身に尋ねる。 2 「ごめんなさい」「許してください」 「ありがとう」「愛しています」 という4つの言葉を心の中で唱える。 やるべきことはたったこれだけ。 簡単ですよね。
  4. 4. これを繰り返すことで「クリーニング」が完了します。 ここから先は「神聖なる存在(Divinity)」の領域です。
  5. 5. これを繰り返すことで「クリーニング」が完了します。 ここから先は「神聖なる存在(Divinity)」の領域です。 あっさり書いているが、 「クリーニング」って何?「神聖なる存在(Divinity)」って誰?
  6. 6. はい、これから説明します。 これを繰り返すことで「クリーニング」が完了します。 ここから先は「神聖なる存在(Divinity)」の領域です。
  7. 7. 宇宙は情報で成り立っている 宇 宙 情 報 インスピレーション過去の記憶 ホ・オポノポノでは宇宙は「過去の記憶」と「インスピレーション」の 2つの情報から成り立っていると考えます。
  8. 8. 自分の身の周りで何か問題が起きているとしたら、 それは情報(過去の記憶:潜在意識)が原因と考えます 問題情報 (過去の記憶) 原因 結果 が起こっている
  9. 9. その情報は自分の中にあり、その情報を消去(デリート)すれば 問題はすべて解決します。これがクリーニング。 問題情報 (過去の記憶) 原因 結果 が起こっている
  10. 10. 情報 (過去の記憶) クリーニングすることでインスピレーションという これまで存在したことのない情報がわたしたちにやってきます。 問題 原因 結果 が起こっている インスピレーション
  11. 11. ここまでが「クリーニング」の説明でした。 次に「神聖なる存在(Divinity)」について説明します。
  12. 12. 無限 空 神聖なる存在 (Divinity) 超意識 (アウマクア/父) 顕在意識 (ウハネ/母) 潜在意識 (ウニヒピリ) 宇宙の誕生=ビッグバンから今日に至るまでのすべての 生命体が経験した情報を持っている意識そのもの ⇒この潜在意識のなかのさまざまな記憶の再生が、悩み や苦しみや病気や貧困などの原因 わたしたちが日常知覚している意識のこと 潜在意識にとって母親のような存在 常に「神聖なる存在(Divinity)」と一体化して動いて いる。潜在意識からくる情報やリクエストを「神聖なる 存在(Divinity)」に整えて取り次ぐ。 潜在意識の記憶を消去して、インスピレーションをわた したちに授けてくれる わたしたちの意識の中に既にある ホ・オポノポノでは私たちは上記のような体系になっていると考えます。
  13. 13. 無限 空 神聖なる存在 (Divinity) 超意識 (アウマクア/父) 顕在意識 (ウハネ/母) 潜在意識 (ウニヒピリ) 宇宙の誕生=ビッグバンから今日に至るまでのすべての 生命体が経験した情報を持っている意識そのもの ⇒この潜在意識のなかのさまざまな記憶の再生が、悩み や苦しみや病気や貧困などの原因 わたしたちが日常知覚している意識のこと 潜在意識にとって母親のような存在 常に「神聖なる存在(Divinity)」と一体化して動いて いる。潜在意識からくる情報やリクエストを「神聖なる 存在(Divinity)」に整えて取り次ぐ。 潜在意識の記憶を消去して、インスピレーションをわた したちに授けてくれる わたしたちの意識の中に既にある 「神聖なる存在(Divinity)」 は上記のとおり位置付けられます。
  14. 14. 無限 空 神聖なる存在 (Divinity) 超意識 (アウマクア/父) 顕在意識 (ウハネ/母) 潜在意識 (ウニヒピリ) 宇宙の誕生=ビッグバンから今日に至るまでのすべての 生命体が経験した情報を持っている意識そのもの ⇒この潜在意識のなかのさまざまな記憶の再生が、悩み や苦しみや病気や貧困などの原因 わたしたちが日常知覚している意識のこと 潜在意識にとって母親のような存在 常に「神聖なる存在(Divinity)」と一体化して動いて いる。潜在意識からくる情報やリクエストを「神聖なる 存在(Divinity)」に整えて取り次ぐ。 潜在意識の記憶を消去して、インスピレーションをわた したちに授けてくれる わたしたちの意識の中に既にある とはいえ外部にあるのではなく、わたしたちの意識の中に既にあります。 ここがポイントです。
  15. 15. ではどのようにクリーニングされ、インスピレーションがもたらされるの でしょうか。そのプロセスを見ていきましょう。
  16. 16. 神聖なる存在 (Divinity) 超意識 (アウマクア/父) 顕在意識 (ウハネ/母) 潜在意識 (ウニヒピリ) ① 顕在意識から潜在意識に、クリーニングを通じて記憶消去の リクエストが届く。そのリクエストは該当する記憶を揺らし、 変容・消去へのいざなう ② 顕在意識から潜在意識に働きかけた記憶の消去リクエストが、 超意識への上っていく ③ 超意識は潜在意識から届いた消去リクエストを再度吟味し、 適切な修正を加え「神聖なる存在(Divinity)」に取り次ぐ ④ 「神聖なる存在(Divinity)」は、超意識から取り次がれた記 憶の消去リクエストを受け取る。そして、記憶を変容させる エネルギーを超意識に放出する ⑤ このエネルギーは、超意識、顕在意識を通って、潜在意識に ある該当の記憶に達する。記憶はこのエネルギーによって中 和され、やがてゼロになって消去される ⑥ このゼロ(空)になったスペースに、 「神聖なる存在 (Divinity)」から超意識・顕在意識を通ってインスピレー ションがやってくる ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ちょっと細かいですが、上記のようなプロセスになっています。
  17. 17. 基本的な説明は以上になります。分かりましたか? でも納得できない? では次ページで。
  18. 18. 方法は違いますが、ブッダやイエス・キリストの教えと同じようです。 ブッダ イエス・キリスト 「色即是空、空即是色」 「汝の敵を愛しなさい」
  19. 19. 方法の違いだけなので、どれを実行するかはあなた次第です。 今回の方法は簡単なのでやって確かめてみても良いかなと思います。
  20. 20. で、実際やってみようと思うといくつか疑問が… それをあらかじめ解説しておきます。
  21. 21. Q&A Q1 Q2 誰に向かって言うのでしょうか? ⇒A.潜在意識の中になる情報に対して言います。 どういう順番で言ったらいいのでしょうか? ⇒A.どういう順番で言ってもかまいません。 Q3 感情を込めなくてもいいのでしょうか? ⇒A.感情を込めなくてもかまいません。 Q4 いつ言ったらいいのでしょうか? ⇒A.いつ言ってもかまいません。 Q5 何回言えばいいのでしょうか? ⇒A.何回言えばいいか決まりはありません。
  22. 22. Q&A (つづき) Q6 Q7 4つの言葉を全て言わなくてはいけないのでしょうか? ⇒A.そんなことはありません。 ネガティブな気持ちのままで言ってもいいのでしょうか? ⇒A.結構です。 Q8 声に出した方がいいのでしょうか? ⇒A.静かに心のなかで唱えて下さい。 Q9 言うときは何かイメージするのでしょうか? ⇒A.イメージする必要はありません。 Q10 問題などネガティブなことは考えない方がいいのでしょうか? ⇒A.そういう「思考」自体が問題です。
  23. 23. まとめ:やるべきことは2つだけ 1 「一体、自分の潜在意識のなかのどの情報に原因があって この問題が起きているのだろうか」 と自分自身に尋ねる。 2 「ごめんなさい」「許してください」 「ありがとう」「愛しています」 という4つの言葉を心の中で唱える。 やるべきことはたったこれだけ。 これだけで潜在意識の中の該当する問題の情報が消去され、 必要なインスピレーションがもたらされ、問題が解決します。
  24. 24. これで説明、解説は終了です。ご精読ありがとうございます。 この方法により皆様の問題が解決されることを切に願います。
  25. 25. 出典 今回の整理は上記書籍を参考にさせていただきました。 ありがとうございます。 私の理解が不足している箇所があるかもしれません。 お時間があれば手に取って確認してみて下さい。
  26. 26. 岡田 勝人|Katsuhito Okada P r o d u c e d b y

×