Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
図解でざっくり学ぶ
アドラー心理学
アドラー心理学の全体像
~ 1つの技法、5つの理論、1つの価値観 ~
1.自己決定性
2.目的論
3.全体論
4.認知論
5.対人関係論
5 つ の 理 論
1
つ
の
技
法
1
つ
の
価
値
観
勇
気
づ
け
共
同
体
感
覚
1つの技法
「勇気づけ」技法
「勇気づけ」技法
困難を克服する活力を与えること
リスクを引き受ける
能力
困難を克服する
努力
協力できる
能力の一部
勇
気
は
ここを越えればもっと成長
できるという、人生のリス
クに直面するとき、勇気の
ある人は、思いきってチャ
レンジ...
5つの理論
アドラー心理学の5つの理論
1.自己決定性
2.目的論
3.全体論
4.認知論
5.対人関係論
人生は自分が主人公
人の行動には目的がある
人は心も身体も結びついたたったひとつの存在
すべての行動には相手役がいる
誰もが自分だけのメガネを通して...
1.自己決定性:人生は自分が主人公
人には自らの運命を創造する力がある。決して環境や過去の出来事の犠牲者ではない。
置かれた環境をどうとらえ、どのように対応するのか、それを決めるのは自分自身
自己決定性
劣等感
劣等性
環境
過去の出来事
建設...
人は自分の運命の
主人公
人は自分自身の人生を描く
画家自己決定性
あなたをつくったのは
あなた
あなたを変えうるのも
あなた
2.目的論:人の行動には目的がある
大切なのは過去の原因ではない
未来の目標を見すえている人間の行動には、その人自身の意思をもった目
的がある
意思をもった
目的
未来
過去の原因
行動
3.全体論:人は心も身体も結びついた
たったひとつの存在
人は心の中に矛盾はない
理性・感情、心と身体はすべて
つながったひとつのもの
人は一人ひとりかけがえのない、
分割不能な存在である
理性
心
感情身体
全体論
I can not …
I will not …
4.認知論:誰もが自分だけのメガネを通
してものを見ている
人は、自分の主観を通して物事を把握する
人は外界の出来事について客観的に事実を把握するのではなく、自分の受け取りたいよう
に、自分の体験や好みに応じて主観的に意味づけをして反応する
人...
5.対人関係論:
すべての行動には相手役がいる
人のあらゆる行動は、相手役が存在する対人関係である
相手役の行動に影響を受け、それに対して人はある感情を抱き、ある行動をして返す
相手役もまた、ある行動を示す
人間関係はお互いに影響を与え合う関係...
1つの価値観
「共同体感覚」価値観
「共同体感覚」価値観
仲間とのつながりや絆の感覚
• 共同体感覚とは、その人それぞれの家族や地域、職場などの中での、
所属感・共感・信頼感・貢献感を総称したもの
• 共同体感覚は、精神的な健康のバロメーターでもある
• アドラー心理学の重要な価...
仲間が興味をもっていることに
関心をもっている
共同体感覚
共 同 体 感 覚 を そ な え た 人 の 特 徴
自分は所属グループの一員だという
感覚をもっている
積極的に仲間の役に立とうとする
関わる人たちとお互いに
尊敬・信頼し合ってい...
引用
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

図解でざっくり学ぶアドラー心理学

図解でざっくり学ぶアドラー心理学

  • Login to see the comments

図解でざっくり学ぶアドラー心理学

  1. 1. 図解でざっくり学ぶ アドラー心理学
  2. 2. アドラー心理学の全体像 ~ 1つの技法、5つの理論、1つの価値観 ~ 1.自己決定性 2.目的論 3.全体論 4.認知論 5.対人関係論 5 つ の 理 論 1 つ の 技 法 1 つ の 価 値 観 勇 気 づ け 共 同 体 感 覚
  3. 3. 1つの技法 「勇気づけ」技法
  4. 4. 「勇気づけ」技法 困難を克服する活力を与えること リスクを引き受ける 能力 困難を克服する 努力 協力できる 能力の一部 勇 気 は ここを越えればもっと成長 できるという、人生のリス クに直面するとき、勇気の ある人は、思いきってチャ レンジすることができる 勇気のある人は「困難は克 服できない障害ではなく、 それに立ち向かい、克服で きるもの」という意識を もっていることで、困難を 味方につけることができる ひとりよがりや競争心いっ ぱいで行動することではな い。勇気ある人は、目標に 向けてメンバーの力を合わ せる能力、自ら貢献する能 力を持ち合わせている。
  5. 5. 5つの理論
  6. 6. アドラー心理学の5つの理論 1.自己決定性 2.目的論 3.全体論 4.認知論 5.対人関係論 人生は自分が主人公 人の行動には目的がある 人は心も身体も結びついたたったひとつの存在 すべての行動には相手役がいる 誰もが自分だけのメガネを通してものを見ている
  7. 7. 1.自己決定性:人生は自分が主人公 人には自らの運命を創造する力がある。決して環境や過去の出来事の犠牲者ではない。 置かれた環境をどうとらえ、どのように対応するのか、それを決めるのは自分自身 自己決定性 劣等感 劣等性 環境 過去の出来事 建設的対応 (ユースフル) 非建設的対応 (ユースレス)
  8. 8. 人は自分の運命の 主人公 人は自分自身の人生を描く 画家自己決定性 あなたをつくったのは あなた あなたを変えうるのも あなた
  9. 9. 2.目的論:人の行動には目的がある 大切なのは過去の原因ではない 未来の目標を見すえている人間の行動には、その人自身の意思をもった目 的がある 意思をもった 目的 未来 過去の原因 行動
  10. 10. 3.全体論:人は心も身体も結びついた たったひとつの存在 人は心の中に矛盾はない 理性・感情、心と身体はすべて つながったひとつのもの 人は一人ひとりかけがえのない、 分割不能な存在である 理性 心 感情身体
  11. 11. 全体論 I can not … I will not …
  12. 12. 4.認知論:誰もが自分だけのメガネを通 してものを見ている 人は、自分の主観を通して物事を把握する 人は外界の出来事について客観的に事実を把握するのではなく、自分の受け取りたいよう に、自分の体験や好みに応じて主観的に意味づけをして反応する 人 物事 出来事 事実 客観 主観
  13. 13. 5.対人関係論: すべての行動には相手役がいる 人のあらゆる行動は、相手役が存在する対人関係である 相手役の行動に影響を受け、それに対して人はある感情を抱き、ある行動をして返す 相手役もまた、ある行動を示す 人間関係はお互いに影響を与え合う関係の中で生きている 人 (自分) 相手役影響
  14. 14. 1つの価値観 「共同体感覚」価値観
  15. 15. 「共同体感覚」価値観 仲間とのつながりや絆の感覚 • 共同体感覚とは、その人それぞれの家族や地域、職場などの中での、 所属感・共感・信頼感・貢献感を総称したもの • 共同体感覚は、精神的な健康のバロメーターでもある • アドラー心理学の重要な価値観として、「共同体感覚」を高めること を教育やカウンセリングの目標としている
  16. 16. 仲間が興味をもっていることに 関心をもっている 共同体感覚 共 同 体 感 覚 を そ な え た 人 の 特 徴 自分は所属グループの一員だという 感覚をもっている 積極的に仲間の役に立とうとする 関わる人たちとお互いに 尊敬・信頼し合っている すすんで協力しようとする
  17. 17. 引用

×