Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

高生産性社会

683 views

Published on

書籍「自分の時間を取り戻そう by ちきりん 」 から抜粋しました。

Published in: Business
  • Login to see the comments

高生産性社会

  1. 1. 高 生産性 社会
  2. 2. ✓生産性とは 「時間やお金など有限で貴重な資源」と 「手に入れたいもの=成果」の比率のことです。
  3. 3. ✓長い時間、働くことによって、問題を解決しようと している これは多忙な人が陥るもっとも典型的な問題です。
  4. 4. ✓「社会の高生産性シフト」という潮流
  5. 5. ✓なにをやるにしても 自分の貴重な資源を最大限に有効活用できる 生産性の高い方法を見極め、 可能な限り高い成果を得る、 そういう方法を身につけないと、 やりたいコトをすべてをやれる人生は手に入りません。
  6. 6. ✓生活の生産性を上げるためには、 今の自分にとってはなにが希少な資源なのか、 それを正確に理解すること。 そして、その資源の無駄遣いに敏感になることが大切 なのです。
  7. 7. ✓生産性が高い生活とは、 「時間やお金など 人生の希少資源を最大限有効に活用し、 自分が欲しいモノを手に入れる生活」です。
  8. 8. ✓生産性の革命的な向上こそが、 長らく低成長に悩んでいる先進国にとっての 次の経済成長の源となるのです。
  9. 9. ✓「一生懸命頑張る」のは悪くありませんが、 「頑張らなくても高い成果が出せる方法を考えつくほ うがすばらしい」ということをしっかり理解すべきで しょう。
  10. 10. ✓大組織に勤める正社員についても、 時間を投入することで乗り切るという インプット投入型の働き方からどう脱却するのか、 そろそろ真剣に考え始める必要があるでしょう。
  11. 11. ✓職業人としてではなく、個人としてどのような人生 を送りたいのか、仕事以外では、人生の時間をなにに 使いたいのか。 今よりはるかに強く生きる意味について問われる時代 がやってくる——それこそが高生産性社会を迎えるに あたって、多くの人が直面する本当の課題なのかもし れません。
  12. 12. ✓これはとても不思議なメカニズムなのですが、 私たちはイヤなこと、気の向かないことでも、 ダラダラやっているとなんとかやり過ごすことができ ます。 ところが生産性を上げて向き合うと、 嫌いなことにはすぐに耐えられなくなるのです。
  13. 13. ✓生産性を上げようと真剣に取り組むと、その過程で 私たちはたくさんの〝ご褒美〟を得ることができます。 それは、 ●いつのまにか成長できていること ●やりたいこととそうでもないことが、 明確に区別できるようになること、 ●自分の人生の希少資源の使い途に関して、 他人の目が気にならなくなることです。
  14. 14. ✓私がみなさんに生産性を上げようと勧めているのは、 まずは自分や家族を傷つけてしまいかねない「多忙す ぎる生活」から脱出してほしいからです。 そして「ずっとやってみたいと思っていたけれど、時 間がなくて未だにできていないこと」ができる生活に、 一歩でも近づいてほしいから。 最後には、 やりたいことがすべてできる人生を手に入れてほしい からです。
  15. 15. 出典

×