Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ダイバシティ型企画への転換による1→7→1の奇跡

379 views

Published on

第46回TTPS勉強会「オープンイノベーション」での事例紹介資料です。NECカシオモバイルコミュニケーション在籍時にiPhone上陸によって断崖絶壁に立たされた状況下、越境と共創を通じて「1→7→1」の奇跡を起こすことができた事例を紹介しました。2014年に内閣府経済社会総合研究所さまの「イノベーティブ基盤としての産業人材に関する研究会」で発表した資料の抜粋となります。
(2018年3月16日開催)

Published in: Leadership & Management
  • Login to see the comments

ダイバシティ型企画への転換による1→7→1の奇跡

  1. 1. 第46回TTPS勉強会「オープン・イノベーション」 ダイバシティ型企画への転換による 1→7→1の奇跡 内閣府経済社会総合研究所 「イノベーティブ基盤としての産業⼈材に関する研究会」での発表資料より 2018年 3⽉15⽇ ⽇本電気株式会社 コーポレートマーケティング本部 岡本克彦 k-okamoto@bl.jp.nec.com http://www.katuhiko0821.com/
  2. 2. 3 © NEC Corporation 2018 ⾃⼰紹介 l 岡本 克彦 l 1972年⽣まれ・45歳・185cm (実⼨:187cm) l NEC l 1995〜2000年 ワープロの商品企画 l 2000〜2013年 携帯電話やスマホの商品企画・マーケティング l 2013年〜    全社ブランド戦略 l 企業間連携 l 2010年〜 ⼀般社団法⼈企業間フューチャーセンター l 地域デザイン l 2013年〜 ソーシャル系⼤学「こすぎの⼤学」 l 2015年〜 シビックプライド「川崎モラル」
  3. 3. 4 © NEC Corporation 2018 私の「オープン・イノベーション」物語 内閣府が提唱した「交流型イノベーター」という⾝近なヒーロー イノベーションは⼀握りの⼈のものではなく、みんなのもの https://www.huffingtonpost.jp/katuhiko-okamoto/comunication_innovator_b_6948862.html
  4. 4. 5 © NEC Corporation 2018 iPhoneの衝撃 断崖絶壁 越境 共創 奇跡
  5. 5. 6 © NEC Corporation 2018 iPhoneの衝撃 断崖絶壁 越境 共創 奇跡
  6. 6. 7 © NEC Corporation 2018 iPhoneの衝撃 断崖絶壁 越境 共創 奇跡
  7. 7. 8 © NEC Corporation 2018 越境 ⽇本のモノづくりの会社は、 ブランディングする時、 ⾃分が⼊っている「箱」から出て、 もっと広く世の中を考えるべき。 断崖絶壁 越境 共創 奇跡
  8. 8. 9 © NEC Corporation 2018 越境で出会った「共創」 2010年2⽉〜 Future Innovation Café 2012年1⽉〜 企業間フューチャーセンターLLPの設⽴ 組合員8名の⼀⼈として運営に関与 (NEC・⽇産⾃動⾞・パイオニア・リコー・他) 2013年4⽉〜 ⼀般社団法⼈企業間フューチャーセンター 第1回 新事業創出 第2回 モバイル・ワイヤレス通信の今後 第5回 宇宙探索 第8回 旅 第11回 くるま 第18回 イノベーション 第20回 共創 第28回 ⾦融 第30回 不安 第32回 未来づくり「妊活」 第37回 森林再⽣ 第43回 相互理解 第47回 ⾳楽 第52回 本当の⾃分探し 第53回 ⽇本のものづくり 第56回 ものづくりの本質 第60回 会社における構想と意思決定 第65回 レジリエンスの未来 第71回 組織変⾰ 第72回 企業間 断崖絶壁 越境 共創 奇跡
  9. 9. 10 © NEC Corporation 2018 共創を会社“内”に再結合 2011年9⽉〜2013年9⽉ ムサコ⼤学 2011年10⽉〜 S&S Lounge 断崖絶壁 越境 共創 奇跡
  10. 10. 11 © NEC Corporation 2018 共創を会社“内”に「再結合」 断崖絶壁 越境 共創 奇跡 l  ベンチマーク(相対アプローチ)ではなく、ビジョン実現型(絶対アプローチ)へ l  セルフ・ブランディング (⾃分をデザインする・⾃⽴・⾃ら動く) l  枠を超えた⼈との繋がりからイノベーションが創出される l  ⾃ら動くことでビジネスチャンスが⽣まれる 個々の繋がりや出来事などの偶然が必然になる l  「モノ×コト」で語る。ライフスタイル提案。
  11. 11. 12 © NEC Corporation 2018 共創を会社“内”に「再結合」 断崖絶壁 越境 共創 奇跡 イノベーティブな発想は⾮連続性の⾼いものであるだけに、限ら れた視点からは⽣まれてこない。視野を広く持ち、いろんな事物 とのセッションを試みる中で、なかば偶発的に⽣まれてくるもの だ。そのため、ひとつの企業の中だけで発想するやり⽅では、ど うしても限界がある。このマルチステークホルダー発想のもとで、 広範なパートナーシップをベースに知恵を集結させながら未来を 描いていく必要があるのだ。つまりは、⽣活者とコミュニティ、 ステークホルダーとコミュニティ、である。そこで求められるの は「モノを売る」という発想から「仲間を広げていく」という発 想の転換だ。 『応援したくなる企業の時代』 (著:博報堂ブランドデザイン)
  12. 12. 13 © NEC Corporation 2018 共創で⽣まれた奇跡 2012夏 1 ▼ ▼ 2013夏 1 断崖絶壁 越境 共創 奇跡
  13. 13. 14 © NEC Corporation 2018 まとめられなかったのでキーワードを・・・ Thinking out of the box.失敗経験 無意識:95% > 意識:5% 「調査 (改善) 」 と 「企画 (価値創出) 」 実体験 > 共感 > 情報 実体験を「共感」で追体験しやすいSNSの登場 恵まれた環境 Give & Given 多くの出会い 商品企画担当・マーケティング担当 ⼀⼈よりチーム 後⽅担当 (≠広報担当) OUTPUT > INPUT 継続 新しいルールになる 桶屋が儲かるための⾵を吹く 「仕事」 「私事」 「志事」 スゴイ⽅々の輪に⼊って同化し、個性を表現している仲間がスゴイ 「未来」 より 「望来」 過去を継承する メーカの⼀⼈としてmakeする 「知らない」を学ぶ楽しさ 調査の限界 誰もがスゴイ
  14. 14. 15 © NEC Corporation 2018 誰もがヒーローになれる時代 会社と会社の業務提携という⼤きなスケールの話ではなく、 例えば、地域活動と会社の活動を結合することで新しい価値を創出していく。 最近、「MBAよりPTA」という⾔葉を聞く機会も増えましたが、 会社の活動に新しい切り⼝を⾒い出せる活動が⾝近にあったりします。 http://www.huffingtonpost.jp/katuhiko-okamoto/comunication_innovator_b_6948862.html 『イノベーティブ基盤としての産業⼈材に関する研究会 最終報告書』 (2015年3⽉24⽇) http://www.esri.go.jp/jp/prj/hou/hou070/hou070.html
  15. 15. 16 © NEC Corporation 2018 誰もがヒーローになれる時代 『イノベーティブ基盤としての産業⼈材に関する研究会 最終報告書』 (2015年3⽉24⽇) http://www.esri.go.jp/jp/prj/hou/hou070/hou070.html 会社と会社の業務提携という⼤きなスケールの話ではなく、 例えば、地域活動と会社の活動を結合することで新しい価値を創出していく。 最近、「MBAよりPTA」という⾔葉を聞く機会も増えましたが、 会社の活動に新しい切り⼝を⾒い出せる活動が⾝近にあったりします。 http://www.huffingtonpost.jp/katuhiko-okamoto/comunication_innovator_b_6948862.html

×