Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Nano Server First Step

Interact 2017 - 2017.06.24 発表資料

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

Nano Server First Step

  1. 1. Nano Server First Step Interact 2017 (2017.06.24) Kazuki Takai
  2. 2. 自己紹介  高井 一輝 (Takai Kazuki)  某ISP勤務  クラウドサービスの開発、設計、設備維持  Windows Server / System Center / Linux / etc…  Microsoft MVP - Cloud and Datacenter Management  System Center User Group Japan (SCUGJ)  Twitter : @zhuky7 / Facebook : kazuki.takai  Blog : http://operationslab.wordpress.com/
  3. 3. 内容とセッションのゴール  内容(お話すること)  現在(Windows Server 2016 RTM)の Nano Server で実現できること  Nano Server のデプロイと管理  お話しないこと  Hyper-V や Container など、Nano Server で利用できる機能の詳細  Container Application の構成方法や、Container Image の利用方法  セッションのゴール  現在の Nano Server についてイメージできる、必要があれば触れる
  4. 4. Agenda  Nano Server とは  Nano Server のデプロイ  Nano Server の運用  まとめ
  5. 5. はじめる前に  本資料の内容は個人的な検証結果に基づきます  所属する会社や組織、マイクロソフト社の公式な見解を記載するものではありま せん  表記や内容に誤りがあるなど、お気づきの点があれば、facebook 等でご連絡 いただけると幸いです  今後のリリースで機能や動作が変更、削除される可能性があります  ほとんど文字(とコマンド)です – ご了承ください
  6. 6. 最初に少しだけ  Windows Server の次期バージョンにおける Nano Server について(6/19)  https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/get-started/nano-in-semi- annual-channel  https://blogs.technet.microsoft.com/hybridcloud/2017/06/15/delivering- continuous-innovation-with-windows-server/  少なくとも次のバージョンでは、Nano Server はコンテナベースイメージとし てのリリースのみ  インフラストラクチャーを構成するサービススタック・機能は含まれない  インフラストラクチャー系の機能は、Server Core での利用を推奨  コンテナイメージに特化することで、イメージサイズをさらに 50% 削減
  7. 7. Nano Server とは
  8. 8. Nano Server とは  Windows Server のインストールオプション  Windows Server 2016 で Nano Server が追加  Server Core や Desktop Experience 以外の、第3の選択肢  Server Core (デフォルト、多くの場合に推奨)  Desktop Experience (特定用途向け)  Nano Server (かなり限定された用途向け)  特定の Edition や Version や SKU を示すものではない
  9. 9. Nano Server の特徴  フットプリント(メモリ/ディスク)が小さい  リソース消費量の削減  イメージサイズが小さい  イメージ展開速度、デプロイ所要時間の向上  ポータビリティの向上  コンテナのベースイメージとしての利便性向上  上記を実現するために、機能が限定的
  10. 10. Nano Server でできること  通常の Windows Server と比較して機能を限定し、特定用途に特化することで、 軽量化を実現  稼働プロセス、サービスを最小化  機能が限定的(何でもできるわけではない) – e.g. GUI なし  できること  一部の(主にリソースプール基盤となるような)役割の実行  リモート管理に必要なサービスや一部エージェントの実行  できないこと  多くの(主に何かを管理するような)役割の実行  GUI が必要なアプリケーション、ツールの実行
  11. 11. Nano Server で実行可能な役割・機能  Hyper-V  Container  Internet Information Services  File Server  DNS Server  Failover Clustering  Datacenter Bridging
  12. 12. Nano Server の制約  Graphical User Interface なし、ローカルログオン機能なし  64bit アプリケーションのみサポート  グループポリシーは未サポート  Group Policy Client サービスが実装されていない  プロキシサーバーを利用するようなインターネットアクセスは未サポート  NIC チーミングは SET (Switch Embedded Teaming) のみサポート  従来の LBFO によるチーミングは利用不可  HBA 未サポート  .NET Framework / PowerShell は機能制限あり
  13. 13. Demo Nano Server First Impression
  14. 14. Nano Server の デプロイ
  15. 15. その前に  Nano Server は必ず英語版を使用する  少なくとも Windows Server 2016 RTM (Ver.1607) においては  日本語版でもイメージを作成してブートすることは可能  回復コンソールが文字化けする  静的 IP アドレスの構成に失敗する  https://github.com/k-takai/Misc/blob/master/scripts/Modify-NanoServerImageGenerator.ps1  特定条件下で Gen2 VM を電源オンできない  特定条件下で VMMS がクラッシュする など、運用上重大な支障があるので、バグ出ししたい人以外はお勧めしません (日本語版が将来バージョンでも提供される、という保証もありません)
  16. 16. Nano Server の展開  Nano Server は、通常の OS インストールメディアからインストールできない  エディション/インストールオプションの一覧には選択肢が存在しない  別途、自分でイメージを作成して展開する必要がある
  17. 17. Nano Server の展開ステップ 1. イメージを作成する  インストールメディアまたは既存のイメージをベースに、イメージを作成する  Nano Server Image Generator (PowerShell)  Nano Server Image Builder (GUI Tool) 2. イメージを展開する  作成したイメージをインストール(起動)対象へ配置・展開する  VM へ ディスクイメージをアタッチして起動  物理サーバへ vhd/vhdx をコピーして VHD(X) ブート  WDS を使用してイメージを展開
  18. 18. Nano Server Image Generator (NSIG)  インストールメディア内に同梱されている PowerShell モジュール  インストールメディアの NanoServer フォルダー配下に存在  モジュールをインポートすることで、Nano Server イメージの作成が可能  Copy-Item -Recurse <DVD>:¥NanoServer¥NanoServerImageGenerator .¥  Import-Module .¥NanoServerImageGenerator¥NanoServerImageGenerator  New-NanoServerImage
  19. 19. Demo Nano Server Image Generator
  20. 20. New-NanoServerImage のオプション  New-NanoServerImage  -DeploymentType [ Guest | Host ]  物理サーバにデプロイするか、VM ゲストとしてデプロイするかを選択  -Edition [ Datacenter | Standard ]  エディションを選択  -MediaPath <DVD Drive/ISO Mount Drive>:¥  DVD または ISO イメージをマウントしたドライブのルートフォルダーを指定  -TargetPath <image output path>  作成するイメージの出力先を指定  拡張子によって、イメージ形式とフォーマットを自動判別 (.vhd or .vhdx or .wim)
  21. 21. オプション(続き)  以下のページを参照  https://docs.microsoft.com/en- us/windows-server/get- started/deploy-nano-server  実行例  New-NanoServerImage -DeploymentType Guest -Edition Datacenter -MediaPath F:¥ -BasePath .¥Base -TargetPath .¥nano-base.wim -EnableEMS -Verbose
  22. 22. ServicingPackagePath  New-NanoServerImage の ServicingPackagePath オプションを使用することで、 更新プログラムのオフライン適用が可能  複数指定したい場合は、カンマ区切り(String の配列)で渡す  後述する NSIB と異なり、msu ファイルも指定可能  Dism にそのまま渡されているだけ(Dism はもともと msu を処理可能)  後述する NSIB と異なり、msu/cab が複数格納されたフォルダーも指定可能  Dism にそのまま渡されているだけ(Dism はもともとフォルダーを処理可能)  フォルダー内のファイルが全て適用される
  23. 23. Nano Server Image Builder (NSIB)  イメージ作成用の GUI ツール  ダウンロードセンターからダウンロード可能  http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=54065  利用には Windows ADK が必要  事前にインストールしておく  Windows Server 2016 RTM 上で利用する場合、Version 1607 の Windows ADK を使用  Version 1703 (Windows 10 Ver.1703 (Creators Update) 向け) を使うとトラブルの元  裏側では NSIG を使用している  イメージ作成ステップで、NSIG のスクリプトを取得可能
  24. 24. Nano Server Image Builder (NSIB)
  25. 25. Demo Nano Server Image Builder
  26. 26. NSIG と NSIB の違い  基本的には、できることは同じ  NSIG でしかできないこと  ServicingPackage で msu やフォルダーを指定  NSIB は、事前に msu を expand して cab を取り出しておく  NSIB でしかできないこと  タイムゾーンの設定(を指定するインタフェースがある)  NSIG では、SetupCompleteCommand を使用して明示的に仕込む  -SetupCompleteCommand ('tzutil.exe /s "Tokyo Standard Time"')
  27. 27. イメージ作成時の注意点  パーティションレイアウトは、イメージファイルの拡張子から自動判定・生成  .vhd … Gen 1 仮想マシンで利用可能な BIOS ブートできるパーティション構成  .vhdx … Gen 2 仮想マシンで利用可能な UEFI ブートできるパーティション構成  自動でドメイン参加させる場合は、イメージ作成ツールのオプションで指定  Nano Server はオンラインでのドメイン参加に対応していない  Unattend.xml を使用する場合も、資格情報を使用したオンラインでの参加ではなく、 オフラインドメイン参加用の設定が必要  静的 IP アドレスを構成する場合は、イメージ作成ツールのオプションで指定  又は、SetupComplete にアドレスを構成するコマンド・スクリプトを記述
  28. 28. イメージの展開  Nano Server だからと言って、それほど特殊な点はない  通常の Windows Server を展開するのと同様に、展開を実施  主な展開シナリオ  VHD(X) 形式のイメージを使用して、仮想マシンへ展開  VHD(X) 形式のイメージを使用して、物理サーバへ展開  WIM 形式のイメージを使用して、bootable USB からインストールを実行  WIM 形式のイメージを使用して、WDS から展開
  29. 29. 仮想マシンへの展開  仮想ディスク(vhd/vhdx)形式のイメージを使用して、仮想マシンへ展開 1. 仮想マシンを作成 2. 仮想ディスクイメージを仮想マシンへアタッチ 3. 電源オン  仮想マシンの Generation / ブート形式にマッチするようイメージを作成  Gen 1 VM に、ツールから vhdx で出力したイメージをアタッチしても起動できない  逆も同様
  30. 30. 物理サーバへの展開  仮想ディスク形式のイメージを使用して、物理サーバへ展開  物理サーバへイメージをコピーして、VHD(X) ブートするよう構成 1. 物理サーバを WinPE などで起動 2. ローカルディスクのパーティションを構成し、NTFS でフォーマット 3. 仮想ディスクイメージをローカルディスクにコピー 4. コピーしたイメージからブートするよう、ブートセクター / マネージャーを構成 5. 再起動  対象のサーバに OS がインストール済みであれば、その環境でコピーや構成を実施  イメージコピー用にファイルサーバを用意しておくと便利
  31. 31. WIM を使用した展開  仮想マシンか物理サーバかに関係なく、同一の手法で展開可能  何かしらの方法で展開環境をブートし、インストールイメージからインストール  カスタムイメージを使用した、通常の Windows Setup と概念は同じ  個別のブートデバイスをアタッチして起動する場合  NSIB から、展開用のブート可能な USB を作成可能  WDS から配信する場合  作成済みのイメージをインストールイメージとしてインポート  ブートイメージには(通常と同様に) WinPE を利用
  32. 32. Demo Deploy Nano Server
  33. 33. メモリブート  Windows Server 2016 TP5 で利用 可能だったオンメモリでのブート は、RTM/GA では利用不可  -RamdiskBoot オプションが存在 しない  -Internal RamdiskBoot で NSIG としては構成が実行されるが、 RamdiskBoot 用のパッケージが ないので実際にはブートできない
  34. 34. 展開後の構成  展開後は、通常の Windows Server と同様に役割・機能の構成を実施  リモートサーバー管理ツール(RSAT)や PowerShell を使用  一部の機能は、インストールされていても Enable になっていないので、dism または PowerShell から有効化が必要  構成には DSC も利用可能だが、一部制約あり  Container を利用する場合は、docker のインストールが必要(後述)
  35. 35. iSCSI Initiator / MPIO  利用には Storage パッケージが必要  Storage パッケージをインストールしたうえで、明示的な Enable が必要  Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName MultiPathIO  さらに、MPIO の構成スクリプト実行が必要  MSDSM のみ利用可能  負荷分散ポリシーは変更不可  詳細は以下のドキュメントを参照  https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/get-started/mpio-on-nano- server
  36. 36. Container ホストとしての構成  Container パッケージをインストールしただけでは、利用できない  docker のインストールが必要  docker インストールの前提条件として、KB3176936 (以降)の適用が必要  構成手順  Container パッケージインストール  最新の更新プログラムを適用  Install-Module -Name DockerMsftProvider -Repository PSGallery  Install-Package -Name docker -ProviderName DockerMsftProvider  再起動
  37. 37. ドメインへの参加  Nano Server は通常のドメイン参加に対応していない  オフラインドメイン参加を使用する必要がある  イメージ作成時にドメインに関するオプションを設定すると、裏側で自動的にオフラ インドメイン参加のプロビジョニングと構成が実行される  ブート後に(後から)ドメイン参加したい場合は、手動で djoin する  djoin.exe /provision /domain <Domain> /machine <ComputerName> /savefile <Filepath>  <Filepath> に出力されたファイルを Nano Server へコピー(PowerShell などを利用)  djoin /requestodj /loadfile<FilePath> /windowspath C:¥Windows /localos
  38. 38. オンラインでの役割・機能の追加  お勧めしません  https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/get-started/deploy-nano- server
  39. 39. オンラインでの役割・機能の追加  Install-PackageProvider NanoServerPackage  Import-PackageProvider NanoServerPackage  Find-NanoServerPackage  Install-NanoServerPackage
  40. 40. Nano Server の 運用
  41. 41. 基本的な方針  基本的に、すべての管理オペレーションはリモートから実施  ローカルコンソールから実施できる内容は、極めて限定的  壊れた環境を頑張って修復するのではなく、再デプロイ  その方が復旧が早い(そのために、構成は極力自動化する)  問題の再現、解析は別途実施  運用監視エージェントやツールは、可能であれば MS 提供のものを利用  それ以外のベンダ製品は、対応していないものが多い(MS 製品でも…)  今後の対応状況を注視する
  42. 42. オペレーションツール・方法  リモートサーバー管理ツール(Remote Server Administration Tools ; RAST)  PowerShell (PowerShell Remoting)  winrs (Windows Remote Shell)  Server Management Tool (on Azure)# 廃止予定  回復コンソール(Nano Server Recovery Console)  緊急管理サービス(Emergency Management Services)
  43. 43. PowerShell / DSC  PowerShell は Core Edition  .NET Core ベース  Desktop Edition のサブセットとなるため、実装されていない機能やモジュール、コ マンドレットがある  [ADSI] や [WMI] などの型プロバイダーは利用できない  WMI 系コマンドは使用できない(CimInstance 系のコマンドを使用)  DSC (Desiered State Configuration) は利用可能  Push モデルのみ(Pull モデルは利用できない)
  44. 44. Server Management Tool  Azure 上で利用可能なサーバー管理ツール  Azure の VM だけでなく、オンプレミスのサーバーも管理可能  ゲートウェイサーバーに SMT のエージェントをインストール  イントラネット内のサーバーに対しては、ゲートウェイサーバから WinRM で管理  残念ながら 2017/06/30 で提供終了  今後は、Azure やインターネット接続の必要がない形でのサーバー管理ツールを目指す方針
  45. 45. Server Management Tool
  46. 46. Nano Server 回復コンソール  ネットワークインターフェースの設定  ファイアウォール ルールの有効化・無効化  WinRM の(再)初期化  Hyper-V VM および VMSwitch の確認  サーバー再起動・シャットダウン
  47. 47. Nano Server 回復コンソール
  48. 48. 運用管理エージェント  SCVMM Agent  Nano Server 用のパッケージを(イメージ作成時などに)インストール  -Package Microsoft-NanoServer-SCVMM-Package  -Package Microsoft-NanoServer-SCVMM-Compute-Package  SCOM Agent  SCOM 管理コンソールからカスタムエージェントをデプロイ  エージェントパッケージのローカルインストールは未サポート  Microsoft Management Agent (OMS Log Analytics)  未サポート
  49. 49. 更新プログラムの適用  オンラインで更新プログラムの検索・適用を行う場合は、CIM を直接叩く  更新プログラムのスキャン  $ci = New-CimInstance -Namespace root/Microsoft/Windows/WindowsUpdate -ClassName MSFT_WUOperationsSession  $result = $ci | Invoke-CimMethod -MethodName ScanForUpdates -Arguments @{SearchCriteria="IsInstalled=0";OnlineScan=$true}  $result.Updates  更新プログラムのインストール  $ci = New-CimInstance -Namespace root/Microsoft/Windows/WindowsUpdate -ClassName MSFT_WUOperationsSession  Invoke-CimMethod -InputObject $ci -MethodName ApplyApplicableUpdates  Restart-Computer
  50. 50. セキュリティ ポリシーの適用  グループポリシーの(直接の)適用は不可能  ファイルからポリシーを読み込むことは可能  レジストリファイル (Registry.pol)  Export-GPRegistryPolicy でエクスポート  Import-GPRegistryPolicy -Path <GpoPolFilePath> -LocalMachine で適用  セキュリティ設定ファイル (GptTmpl.inf)  Restore-SecurityPolicy -Path <GptTmpl.inf Path>  監査ポリシー (audit.csv)  Restore-AuditPolicy -Path <Audit.csv Path>
  51. 51. Nano Server の更新チャネル  Semi-annual channel (Windows Server)  旧来の CBB (Current Branch for Business) 相当  年に1~2回の更新  最新機能の利用が可能  最新バージョンへの追従が必要 Semi-annual Channel (Windows Server) Long-term Servicing Channel (Windows Server 2016) Nano Server Yes Server Core Yes Yes Server with Desktop Experience Yes https://blogs.technet.microsoft.com/hybridcloud/2017/06/15/delivering-continuous-innovation-with-windows-server/
  52. 52. Nano Server とライセンス  Windows Server ライセンス(Core ベース)  ライセンス + ソフトウェア アシュアランス(SA)が必要  後述する更新チャネルの関係上、常に最新バージョンを利用できる(権利がある)必要がある  Datacenter Edition / Standard どちらも考え方は同じ
  53. 53. まとめ  Nano Server はフットプリントが小さい、展開が速い  Nano Server は特定用途向け  無理に利用するのではなく、適合する環境・シナリオで利用する  まだまだ発展途上なところもある  今後の情報に注目  何かあればフィードバック!

×