Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

CDLE DAY 2020

2020年11月28日に開催されたイベント「CDLE DAY 2020」の公開資料です。
参加者3万人を超える日本最大級のAIコミュニティとなったCDLEそのものを紹介する内容や、今までのイベント、そして今後の企画等が目白押しで盛りだくさんの内容となっています。
※CDLEとは、日本ディープラーニング協会主催の資格試験に合格した人だけが入れるコミュニティ

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

CDLE DAY 2020

  1. 1. CDLE VIEW 2020.11.28 CDLE DAY 2020
  2. 2. contents CDLEとは? 1 CDLEの これまでの活動 3 CDLEにいるのは こんな人たち 2 4 趙 5 3m 7m 5m 10m 35m 海野 ため 趙 百瀬 CDLE これから 登坂 Ken CDLEの 歩き方 伊藤 小林 ため 小林 矢野 趙
  3. 3. CDLEとは? 1
  4. 4. CDLE(”しーどる”) Community of Deep Learning Evangelists
  5. 5. CDLE(”しーどる”) JDLAが実施する検定・資格試験合格者のみ 参加できるコミュニティ。 ディープラーニング社会実装の日本代表として 社会を発展させていくエバンジェリストの 集まり。 Community of Deep Learning Evangelists
  6. 6. CDLEロゴ “E”+”G”
  7. 7. CDLEとJDLA フィードバック 活動支援
  8. 8. CDLEのポリシー 楽しく・自発的に・学び合う ○ マナーを守り自由に活動する ○ 間違っても積極的に発言する ○ 雑談を許容する ○ ポジティブな発言をする ○ 既出情報を恐れず発信する ○ 自分たちで改善案を出し合う × ルールに縛られる × 正しいことを慎重に言う × 雑談を認めない × ただ否定する × 既出を気にして発言を控える × 批判し委ねる
  9. 9. まとめ CDLEとは 良質な人材が集まり、学びと交流の場が得られる 日本最大のAIコミュニティです!
  10. 10. CDLEにいるのは こんなひとたち 2
  11. 11. CDLEメンバー構成 運営メンバ (コアメンバ) 約 3万人 コアメンバ 運営 医師 エンジニア セールス 小売 学生 起業家 企画 SE 銀行員 製造業 キャピタル 人事 航空 アパレル コンサル
  12. 12. もっと知りたい!  調査目的:CDLEメンバーのプロフィール、 興味関心領域、 モチベーションの見える化  調査期間:11/12(木)~23(月・祝)  調査対象:全CDLEメンバー (2020 G検定 #3 合格者含む)  配信対象:CDLE slack、過去合格者・connpassメール G検定 2020 #3 合格通知メール  有効回答数:1,698 サンプル 仲間をつくる 声をあげる 「きっかけ」
  13. 13. G検定・E資格 合格回 2020年に G検定・E検定を 取得した仲間 が中心 N=1,698Q.あなたがDL検定に合格した回をお答えください。(複数回答可)
  14. 14. 性年代  性別  性別×年代 女性は 年代層が 若い! N=1,698 N=1,698
  15. 15. 居住地 国際色が豊か⁉ アメリカとシンガポールが4名、イギリスとベトナムが2名、その他1名ずつ N=1,698
  16. 16. DL利活用状況 DL利活用する企業・学校に所属するメンバーが4割以上。 最先端のDL社会実装ノウハウが集まった日本屈指のコミュニティです。 Q.あなたは現在所属している組織(企業・研究室等)で、ディープラーニングにどのように関わっていますか。 N=1,698 これから 利活用予定の メンバーは 過半数!
  17. 17. プログラミング経験 今後学習したい仲間が6割!昨年までの合格者の6割は実務従事・私的 に学習中。プログラミング初学者の最高の仲間と師匠が集まっています。 全体 2019年まで E資格 G検定 計 2020年 E資格 G検定 計 N 1,698 122 1,601 実務(仕事・研究)で実際 に行っている 16.0% 28.7% 14.1% プライベートの学習で実際 に行っている 19.5% 33.6% 18.9% まだ経験・実績はないが、 これから取り組みたいと 思っている 58.0% 31.1% 58.7% プログラムを書きたいと思 わない 6.2% 5.7% 6.4% その他 0.3% 0.8% 2.0% > > N=1,698Q.あなたはディープラーニングを活用したプログラムを行った(書いた・動かした)ことはありますか。 ※検定合格回は複数回答可。回答数ベースで集計。
  18. 18. DL関与領域  エンタメ  ゲーム  スポーツ  メディア  知財・特許  航空宇宙工学分野  翻訳・自然言語処理  環境音分析 こんなテーマも! N=1,698 Q.あなたが企画、研究・開発やセールス等、実務で関わっている/今後関わりたいと思っている、ディープラーニングの活用・応用領域についてお答 えください。※ご自身が提供している商品・サービスの応用先や案件が複数ある場合は、当てはまるものをすべてお答えください。(複数回答可)
  19. 19. 今後DLで学びたいテーマ Q.あなたが興味のある・学びたいディープラーニングのトピックス、テーマ・領域について自由にお答えください。※今後のCDLE勉強会等の参考にします。(複数可、思いついただけご記入ください) N=754
  20. 20. CDLEに期待すること N=1,698 Q.あなたがCDLEコミュニティに期待することをお答えください。(複数回答可) 起業や 社会実装準備 仲間探しも!
  21. 21. CDLEでやりたい/寄与できること どんどん 一緒に やりましょう! コンペとリソース提供 初学者向け プログラミング講習会 勉強会・登壇者紹介 Q.あなたがCDLEコミュニティでやってみたいこと、取り組みたいこと、提供・寄与できることを自由にお答えください。 N=361
  22. 22. CDLEコアメンバー
  23. 23. CDLEのこれまでの活動 3
  24. 24. CDLE合格者の会 毎年7月に行われるG検定・E資格合格者たちの祝典
  25. 25. ミートアップ交流会 各地域でG・E合格者の勉強会や交流会を実施 東京、北海道、新潟、埼玉、静岡、 長野、愛知、滋賀、大阪、福岡… オンラインで北海道&関西、EU 今後の目標は、 日本全国コンプリート 業種別ミートアップ…
  26. 26. ミートアップ交流会 MeetUp@滋賀 MeetUp@大阪 MeetUp@札幌 MeetUp@東京MeetUp@名古屋 CDLEYouth@東京
  27. 27. CDLE LT会 2020年8月から1カ月ペースでオンラインでLT会を実施 第1回:2020年8月24日 第2回:2020年9月30日 第3回:2020年10月27日 毎月5人の方に発表をしていただいてます。 LT会終了後、懇親会もやっています。
  28. 28. CDLE 勉強会 JDLA会員社に登壇していただく勉強会、最新技術報告会、 会員社によるセミナー、もくもく会など 企画あればどんどんやりましょう!
  29. 29. CDLE HACKATHON 2019年のCDLEハッカソンでは、内閣府主催の「第2回オープンイノ ベーション大賞」にて「日本経済団体連合会会長賞」を受賞
  30. 30. CDLE活動が書店を変えた 2019年5月~7月 三省堂書店名古屋本店にて、 「G検定合格者が選ぶ ディープラーニング関連の おすすめ書籍ランキング」 フェア開催。 JDLA監修図書含め約30冊が 合格者のコメント付きで!
  31. 31. CDLE活動で企業が変わる 2020年10月19日 NECソリューションイノベータ株式会社 社内勉強会 「AI NIGHT SPECIAL EDITION」が 開催。 CDLEは所属社員に対してもAIに対する啓蒙を行う エバンジェリストとして役割をはたしている。 https://www.jdla.org/events/2020112001/
  32. 32. CDLEの歩き方 4
  33. 33. Slackのあるきかた
  34. 34. 1. チャンネルを自由に使おう! Slackのあるきかた 1.チャンネルを自由に使おう!
  35. 35. 週に1日#newsチャンネルを読む #meetupに参加する #cafeで気になることを聞いてみる 気になるニュースを自分で発信する 最も学べるのはoutputしたとき! 活発なチャンネルの一例 初心者向けおすすめの使い方#news-XXX DLやビジネスの情報など #meetup_XXX イベント情報 #cafe-XXX メンバ間の質問や雑談 #youth_XXX 学生限定チャンネル チャンネルを知ろう 1.チャンネルを自由に使おう! #cdle_XXX 勉強会やハッカソン等の情報
  36. 36. 1.チャンネルを自由に使おう! 発信しよう 自由に発言しよう マナーに配慮しつつ 臆せず発言しましょう 呼びかけよう コミュニティには様々な人がいます。 困ったら聞いてみましょう。 (自分が悩んでいることは、 他の人も同じく悩んでいるもの!) 悩んだときは 投稿したい内容に合うチャンネル が見つからない場合は、 #project-channel_update へ メンションには配慮を 全体メンション (@channelなど)の 使い処に留意しましょう
  37. 37. 1.チャンネルを自由に使おう! #general generalチャンネルは参加者が多く影響力も大きいため、使用ルールがあります CDLEメンバ全員に見ていただきたい内容 例)CDLE運営からみなさんへの依頼や連絡 JDLA重要イベントの案内 新チャンネル開設通知、等 ※メンションの使用は当面控えて運用することを検討 投 稿 者 投 稿 内 容 1. JDLA事務局(JDLA_○○) 2. CDLE運営コアメンバ
  38. 38. 2. チャンネルリーダーになろう! 2.チャンネルリーダーになろう! Slackのあるきかた
  39. 39. 担当チャンネルをリードし、 コミュニティを活性化させる人たち ※1つのチャンネルに複数のリーダーがいてもOK 2.チャンネルリーダーになろう! チャンネルリーダーとは?
  40. 40. チャンネルの運営(メッセージ発信、応答、ファシリテート) 役 割 メ リ ッ ト  チャンネルの中心人物となり、メンバとの交流がしやすい  チャンネルリーダー同士のネットワーク形成(専用チャンネル予定)  CDLEが持つアセット(人材、情報網、JDLAの支援)を活用できる  generalを使用してチャンネル作成案内や紹介ができる 2.チャンネルリーダーになろう! チャンネルリーダーの役割とメリット
  41. 41. 情報を発信 イベントを開催し メンバと交流 活動の様子を チャンネルに発信 リーダー 就任 2.チャンネルリーダーになろう! チャンネルリーダーの活動サイクル例
  42. 42. A)自分でチャンネルを作る B)今あるチャンネルのマスターに立候補する C)コアメンバからの推薦 具体的な方法は今後Slackで案内します 2.チャンネルリーダーになろう! チャンネルリーダーになるには?
  43. 43. 「リーダーはちょっと・・・」という人へ 2.チャンネルリーダーになろう! 「チャンネルサポーター」も募集します! チャンネルリーダー チャンネルを司る「顔」 チャンネルサポーター リーダーをサポートし、活動を盛り上げる チャンネルサポーター
  44. 44. チャンネル名 内容 リーダー サポーター #news-XXX MLやDLの最新情報 H TakaTT、Happy88 - #meetup_XX イベント情報 (立ち上げメンバ) - #youth_XX 学生専用チャンネル 学4_SatoshiIdo 学4_Ryusei Kadota 学_3 Yui Kawaguchi 学3_Naoshi 修_2 Masatoshi Tagashira #cdle_voice CDLE発信ラジオ番組 Ken - #cafe_ai_jinji AI人事 Happy88 - #project- recommended_books CDLEおすすめ書籍 koseki ウィリアム #cdle女子会 女性限定ネットワーク Mayuko Kobayashi Sayo Unno 学_3 Yui Kawaguchi 2.チャンネルリーダーになろう! 現在のチャンネルリーダー
  45. 45. イベントのあるきかた
  46. 46. イベントの参加(ネットワーキング) 懇親会で直接知り合ってみよう!  新しい視点・知識・人脈を得るチャンス Start Free Trialから Remoに登録して イベントへ参加しよう!
  47. 47. 5 CDLEこれから
  48. 48. お仕事相談ルーム Ⅰ
  49. 49. お仕事相談ルーム Slackチャンネル”お仕事相談ルーム” を新設します お仕事相談ルームとは… 当社○○の○○サービスのご紹介です!・・・ ○○ ○○ 13:00 ○○ ○○ 17:50 弊社が取り組んでいる○○事業に協力いただける企業を募集しま す。詳細は・・・ ○○というプロジェクトがあります。 手伝ってくれませんか? ○○ ○○ 20:00 ・自社サービスの紹介 ・パートナー企業探し のためのチャンネルです。
  50. 50. お仕事相談ルーム <利用条件> ・発信者はCDLE会員のみ ・所属企業に関するサービス紹介 およびパートナー企業探しであること <注意事項> ※採用・就職・転職に関する投稿はNG ・企業の社員採用募集は禁止 ・個人の求職・転職活動中アピールも禁止
  51. 51. CDLE LT Lightning Talks Meeting where all CDLE Members can learn and improve. Ⅱ
  52. 52. CDLE LT イベント 概要 <LTイベントの目的・内容> Lightning Talks Meeting where all CDLE Members can learn and improve. 毎月5人の方に発表をしていただいてます。 LT会終了後、懇親会もやっています。 <これまでの発表> 2020年8月から1カ月ペースでオンラインでLT会を実施 8月(発表資料はこちら) 9月(発表資料はこちら) 10月(発表資料はこちら) G検定/E資格を取得してから今までを振り返る G検定合格者の増やし方 & 継続的なAI学習に向けて 欧州における自動運転技術と最新の動向 AIエンジニアとして楽しくスキルアップし続けるには 「AI-Ready化」のススメ pythonでカスタム状態空間モデル 『シン・ニホン―AI×データ時代における日本の再生 と人材育成―』公式アンバサダー講座に参加して AIを取り巻く基準について G検定で出てきたあのAIをプログラムレスで試そう AI特許の国内概況 AIパッケージソフトファースト NVIDIA でディープラーニングハンズオンの講師を やってみた お試しプログラミング forとifとfunction()
  53. 53. “LT甲子園” 開催決定!! 最優秀賞の方には、 次回AI Expo@ビッグサイト で発表の機会を提供します!!
  54. 54. “LT甲子園” 開催決定!! <LT甲子園の概要> 毎月のLT会後に「共有価値の高かった発表」を視聴者に投票していただき、 投票数が最も高かった発表を「最も共有価値の高い発表」として選出します。 「最も共有価値の高い発表」の発表者は、次回AI Expo@ビッグサイト、 あるいは、 4月CDLE DAYにて発表の機会を提供いたします。 <LT甲子園予選会#1 の日時> 2020/12/22(火) 19:30-21:00 ※#2以降の予選会日時については、別途Slackにて広報いたします
  55. 55. “LT甲子園”参加方法と発表テーマ <LT甲子園の参加方法> ・JDLAのconnpassページのLT会ページから「LT発表」へ応募します ・「LT発表」が確定したら、事務局から資料作成の依頼がきます ・当日までにLT発表資料を作成し、発表をしていただきます ※発表時間は10分厳守、発表後に5分質疑応答の時間を取ります <ぜひ発表してほしいテーマ例> ・実装系...Python/sk-learn等で簡単なゲームや機械学習モデル等を作ってみた ・技術系...最新論文の概要、有名書籍のサマリ、最新モデルを実際に試してみた ・ビジネス系...AI活用のポイント(業界別等)や気を付けるべきこと(特許等) ・キャリア系...G検定/E資格取得後におすすめの教材、スキルアップの方法
  56. 56. 奮ってご応募ください!!
  57. 57. CDLE女子会 Ⅲ
  58. 58. CDLE女子会 概要 • CDLE女子同士の人脈づくり・学び合い・意見交換の場 • 女性ならではの視点で業界やAI技術活用の話ができる場 • 双方コミュニケーションを大切にするアットホームな場 イベント • 座談会などのインタラクティブなものが基本 • メンバーからの意見をもとに、企画する • 開催日時は、ご家庭のあるメンバーに配慮する 対象 • CDLE女性会員ならどなたでも!(職場以外の仲間がほしい人、楽しい&ゆるい感じで学びたい人) 女性有資格者がより楽しく、CDLEを活用するためのコミュニティー
  59. 59. CDLE女子会 開催予定イベント(12月 or 1月) • 第1回目 オンライン座談会 就職活動が控えているCDLE女子学生達が、社会人CDLE女子達と話すことで 自分達の将来(キャリア/ライフ)をイメージしやすくする場 男性有資格者の皆様へ CDLEは約9割を占める男性有資格者のご活躍の上で成り立っています。 どうぞこれからもCDLE女子会を温かく見守ってください。 いつもありがとうございます(^^)
  60. 60. CDLEミートアップ Ⅳ
  61. 61. 地域ミートアップ 各地域のmeetup、参加者募集しています EU Meetup 欧州在住の人募集!
  62. 62. 関西 努力は足し算、協力は掛け算 2019年10月21日 CDLE関西 結成 勉強会や交流会、もくもく会などを実施 2020年12月7日 ディープラーニングを語ろう会 - The Grand Aim -
  63. 63. 長野 • 概要 :「信州AIサロン」地域密着型AI人材コミュニティの運営 • 内容 : 在籍250名のFBグループ 地域のAI情報と人脈がつながるコミュニティ • イベント: AI入門セミナー 及び G検定合格者交流会 過去6回開催 平均30名の参加 • 目標 : 県内のG検定合格者3000名を目指す • 連携 : 地元企業との共同開発プロジェクト ‣ 小規模製造業向け不良品検知システムの開発 ‣ 農薬散布ロボットへの害虫・病気特定システムの開発
  64. 64. CDLE VOICE - AIを学べるラジオ Ⅴ
  65. 65. 🎙CDLE VOICE - AIを学べるラジオ • 概要:AI学習や情報発信に役立てるためのCDLEメンバーによる参加型・対談式・収録式ラジオ番組 • 配信内容: ‣ AI(ML, DL)に関する日々の学び、研究の成果、実務からの経験談、CDLE内での活動 • 収録・配信方法: ‣ 番組MC Kenとのオンライン(zoom)収録 ‣ 収録された音声データを右記のメディアで配信 • 収録概要・出演応募方法: ‣ お名前、簡単な自己紹介、話したいテーマをMC KenへDM、その後収録日程調整を行います ‣ Slackの#cdle-voice に詳細あり AI情報・学び・活動内容を発信する参加型・対談式・収録式のラジオ番組です!
  66. 66. • 現在までのエピソード ‣ #01 - CDLEの概要とDLが社会実装される意義 / 為安さん ‣ #02 - DLの詳細と社会実装される利点や改善事例 / 田口美沙さん ‣ #03 - CDLE女子会の概要と女性AI人材不足の現状および改善案 / 小林万佑子さん • 今後、配信予定のトピック ‣ CDLE内での活動の紹介(meetup / youth / LT会 / ハッカソン / DCON etc…) ‣ 各ドメインでの現状・課題とDLを用いて自動化・効率化された改善例 ‣ ドメイン例: 教育、金融、健康、女性、防災、モビリティ、ロボティクス、VR/AR/MR etc… リスナーに有益かつ楽しんでもらえる企画やコンテンツのご提案を常に募集中!! 🎙CDLE VOICE - AIを学べるラジオ
  67. 67. #cdle-voice / Podcasts チャンネル登録・ご意見・感想求む!! 運営サポーターも募集中!! 学び・情報発信の場として、CDLE VOICEをぜひご活用ください!!! お気軽にゲスト出演してください! MC KenがあなたのVOICEを届けるお手伝いをさせていただきます! 🎙CDLE VOICE - AIを学べるラジオ
  68. 68. おわりに
  69. 69. CDLEは、若いコミュニティです。 一人ひとりの活躍でどんどん変化します。 ぜひ、積極的にCDLE活動にご参加ください。 そして、楽しく学び合いながら、 DLの社会実装の事例を一緒に作り、 ともに社会を変えていきましょう!
  70. 70. Fin

×