Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
OpenStack Summit 2016 Austin
参加報告
2016/06/22
NTTコムウェア株式会社
品質生産性技術本部 技術SE部
木村康宏
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
はじめに
2016年4月25日から4月29日にかけてアメリカオースティンにて開催された
「OpenStack Summit Austin 2016」の参加報告をさ...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
自己紹介
3
氏名 木村康宏 (きむら やすひろ)
所属 NTTコムウェア 品質生産性技術本部 技術SE部
担当業務
社内のOpenStack関連技術の支...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
目次
1. OpenStack Summit Austin 2016の概要・参加状況
2. OpenStack Summit Austin 2016 参加報告
1...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
1.OpenStack Summit Austin 2016
の概要・参加状況
5
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
OpenStack Summitとは?
主な目的
OpenStackに関わるユーザー、開発者、運用者が世界から集まり、最新のユーザー事
例/開発・運用上課題等...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
OpenStack Summit Austin 2016
7
日程 2016年4月25日~29日
場所 アメリカ テキサス州 オースティン
Austin Co...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
今回のSummitでのセッション数
8
日程が前回のTokyo Summitより1日多く、より多くのセッションが開
催されました。また、公式認定制度「Certif...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
3.OpenStack Summit Austin 2016 参加報告
9
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
今回のOpenStack Summit全体の所感
エンタープライズ向けクラウドの実例紹介の増加
非IT系企業でのOpenStackの商用利用の実例が増加
O...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
3-1.基調講演
11
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
基調講演
OpenStackが多様性を許容する基盤であることが強調されていました。
 パブリッククラウド、プライベートクラウド、NFV、ビックデータの4カテゴ...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
基調講演
プライベートクラウド運用にあたっての、
組織の文化を変えていく必要性について強調されていました。
OpenStackを導入しても組織の文化を変えなけ...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
基調講演
ユーザの関心事として
「コンテナ、NFV/SDN、ベアメタル」
の3つがテーマとして取り上げられていました。
基調講演の中では特にコンテナを活用した...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
基調講演
ユーザー事例
AT&T
 全世界74拠点でのOpenStack運用事例
 今回のSummitでSuperUser Awardを受賞
フォルクス...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
基調講演
台湾 OpenStack Hackathonの紹介
台湾で行われたOpenStack上での
アプリケーション開発ハッカソンの紹介
優勝チーム
「バ...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
3-2.ジェネラルセッションでのトピックの紹介
17
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
NTTグループの講演
私が現地で確認できたNTTグループの講演は以下の通りです。
 NTTコミュニケーションズ ECL2.0のOpenStack運用に関する講演...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
NTTコミュニケーションズ
ECL2.0のOpenStack運用に関する講演
NTTコム クラウドサービス部が、ECL2.0でのOpenStackの運用に関して講...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
NTTコミュニケーションズ
Swiftへのプライベートアクセスに関する講演
NTTコム 技術開発部がSwiftに関する講演を実施しました。
アプリケーションサー...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
NTTデータ 既存システムへのSwift適用事例講演
NTTデータが既存のエンタープライズシステムに対するSwiftの適用事例につい
て講演されました。
事例1...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
NTTデータ 既存システムへのSwift適用事例講演
事例2
グローバルで利用するファイルサーバとしてSwiftを利用する事例。
NFS/CIFSでの利用、小...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
 Congress in NFV-based Mobile Cellular Network Fault Recovery
 NTT ドコモ カーン・アシック...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
一般企業向けの導入事例
非IT系企業での導入事例について数多くのセッションが実施されていました。
非IT系企業における導入事例について多くのセッションが開催され...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
コンテナ技術関連
コンテナ技術に関する講演が多数実施され、大変盛況でした。
コンテナ技術全般に関してジェネラルセッションは常に満員の状態であり、注
目度の高さを...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
OpenStack本体のコンテナ化に関する事例
商用環境向けのコンテナ化したOpenStackを構築するKollaを用いたケースが
多数紹介されていました
e...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
OpenStack上でコンテナを利用する事例
OpenStack上のDockerコンテナ利用にあたっては、
以下のコンポーネントを利用する講演が実施されていまし...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
ベアメタル関連
Ironic(ベアメタル機能)に関する利用事例・開発状況の講演が実施されました
Ironicに関するデザインサミット(開発者会議)は
数多くのセ...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
Ironicの利用事例
MirantisとSymantecより、Ironicを使用してデータセンタでの1000台のベ
アメタルサーバの運用を行う事例の紹介があり...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
 通信キャリアでは、AT&TとChina Mobileがいままで以上に存在感を放
っていました。
 両社ともに、キャリアのOSS/BSS全部が稼動するための「...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
3-4.デザインサミット
31
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
デザインサミット(開発分科会)
32
デザインサミットは小規模なセッションが同時並行で多数実施されてい
ました。
各セッションでは活発な議論を展開されており、技術...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
開発者ラウンジ
開発者用ラウンジが設けられ、世界各国の開発者が一同に介してソース
コードを書いたり議論する(ハッカソン)光景が見られました。
33
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
3-5.企業による展示
34
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
企業ブース(マーケットプレース)
マーケットプレイスには、「HeadlineSponsors 4社」(Intel, Cisco,
Mirantis, RedHat...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
企業ブース(マーケットプレース)
36
日本企業や各ベンダー、ベンチャー企業、OSSコミュニティなど
多数の展示が行われていました。
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
企業ブース(マーケットプレース)
NTTコミュニケーションズは、今回のOpenStack Summitにあわせて
、Enterprise Cloud 2.0のアメ...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
38
今回のスポンサー
今回のスポンサーは以下のとおり。
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
4.まとめ
39
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
OpenStackはITベンダのみならず一般企業にも広がり始めておりビジネス
として成熟期を迎えつつあると感じました。
非IT系企業においても活用事例が増えて...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
感想
41
 OpenStackSummitに初めて参加しましたが、イベントの大きさに圧倒されました。
 日本のOpenStack関係者と沢山交流できたことが...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
Summitの動画・議事録
42
基調講演・ジェネラルセッションの動画
 https://www.youtube.com/user/OpenStackFoun...
Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016
商標等引用に関する表示
43
 OpenStackのワードマークとOpenStackのロゴは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundation ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告

717 views

Published on

NTTグループ OpenStack Summit Austin 2016 報告会資料

Published in: Software
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告

  1. 1. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 OpenStack Summit 2016 Austin 参加報告 2016/06/22 NTTコムウェア株式会社 品質生産性技術本部 技術SE部 木村康宏
  2. 2. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 はじめに 2016年4月25日から4月29日にかけてアメリカオースティンにて開催された 「OpenStack Summit Austin 2016」の参加報告をさせていただきます。 2
  3. 3. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 自己紹介 3 氏名 木村康宏 (きむら やすひろ) 所属 NTTコムウェア 品質生産性技術本部 技術SE部 担当業務 社内のOpenStack関連技術の支援業務を担当  入社当時はNGNのノード系開発業務に従事  その後OpenStackやSDN関連の開発業務に →現職へ 今回初めてOpenStack Summitに参加 海外出張自体も初めて、緊張
  4. 4. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 目次 1. OpenStack Summit Austin 2016の概要・参加状況 2. OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 1. 全体の所感 2. 基調講演 3. ジェネラルセッションでのトピックの紹介 4. デザインサミットの紹介 5. 企業による展示 3. まとめ 4
  5. 5. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 1.OpenStack Summit Austin 2016 の概要・参加状況 5
  6. 6. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 OpenStack Summitとは? 主な目的 OpenStackに関わるユーザー、開発者、運用者が世界から集まり、最新のユーザー事 例/開発・運用上課題等の共有を図る。 期間中に開催される「デザインサミット(開発分科会)」は、開発者により今後の開発方 針と半年後のリリース版の仕様を調整する会議であり、重要な場となっている。 内容 6 年に2回開催されるOpenStack最大のイベント(国際会議)です。 種別 内容 基調講演 キーメッセージ、大規模ユーザー事例等を発表 ジェネラルセッション 技術検証、実運用、ビジネス展開等の様々なトピックに関する 講演 デザインサミット (開発分科会) 次回リリース以降の開発方針/仕様を議論 オプスミートアップ (運用分科会) 運用担当者からの現場の意見を吸い上げ・議論 ワークグループセッション 特定テーマ(OPNFV、構築ツール、ビジネス展開)等 マーケットプレイス 企業による製品デモ、展示、ハンズオン
  7. 7. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 OpenStack Summit Austin 2016 7 日程 2016年4月25日~29日 場所 アメリカ テキサス州 オースティン Austin Convention Center 参加人数:約7,500名以上 日本人も推定100名以上が参加 NTTグループからの約40名が参加 内訳:NTTコミュニケーションズ 16名(技術開発部、クラウドサービス部、カスタマサービス部) NTT America 3名、NTT SIC 12名(鈴木所長を含む)、NTT i3 2名、 NTTデータ 5名、NTTスマートコネクト 1名、NTTソフト 2名、 NTTコムウェア 2名 ※いずれも私が直接確認できた方のみ。 2016年4月開催のOpenStack Summitに参加しました。NTTコムウェ アからは古西・木村の2名が参加しました。
  8. 8. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 今回のSummitでのセッション数 8 日程が前回のTokyo Summitより1日多く、より多くのセッションが開 催されました。また、公式認定制度「Certified OpenStack Administrator」試験も平行して実施されていました。 種別 総数 備考 基調講演 20 (11) 約7500人の参加 ジェネラルセッション、 ワークグループセッショ ン 467 (336) 1コマ40分 1コマ100人~200人参加 12~16セッションが同時進行 デザインサミット (開発会議) オプスミートアップ (運用会議) 418 (316) 1コマ基本40分 1コマ10人~100人参加 5~16セッションが同時進行 展示ブース会場での 企業デモセッション、LT 163 (115) 企業宣伝のデモセッション 20分 LT枠 15分 括弧内の数字は、前回のTokyo Summitでの数字
  9. 9. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 3.OpenStack Summit Austin 2016 参加報告 9
  10. 10. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 今回のOpenStack Summit全体の所感 エンタープライズ向けクラウドの実例紹介の増加 非IT系企業でのOpenStackの商用利用の実例が増加 OpenStack本体の技術的な側面だけでなく、運用などプロセスの側面に議論が移行 コンテナ技術への期待 Kubernetes等のコンテナ管理ソフトとOpenStackとの連携の事例が増加 Docker等のコンテナ技術によるOpenStackプロセスのコンテナ化事例の増加 NFVは各ベンダ・キャリアの商用検証フェーズへ Ericsson, Huawei, HPE等各ベンダによるキャリアグレードな製品開発の推進 AT&T, China Mobile等各キャリアによるNFV化の推進強化 10
  11. 11. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 3-1.基調講演 11
  12. 12. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 基調講演 OpenStackが多様性を許容する基盤であることが強調されていました。  パブリッククラウド、プライベートクラウド、NFV、ビックデータの4カテゴリにおける 導入企業・団体を紹介されていました ガートナーが講演を行い、OpenStackがクラウドネイティブなアプリケーシ ョンをサポートする基盤であることを説明したうえで、レガシーなアプリケ ーションとクラウドネイティブなアプリケーションが相互の要素を取り込ん でいく必要があることを講演されていました。  過去、OpenStackはエンタープライズ向けの製品としては 成熟度が低く、導入に否定的と見られていたガートナーが講演すること自体が、 OpenStackが成熟してきたことを示す一つの象徴だと感じました。 12
  13. 13. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 基調講演 プライベートクラウド運用にあたっての、 組織の文化を変えていく必要性について強調されていました。 OpenStackを導入しても組織の文化を変えなければ、アプリケーションのデリバリ までの期間は短縮されず、効果が限定的であることを説明されていました。 リリースまでの時間 44日 → 42日(技術の改善) → 2時間(プロセスの見直し) 「VMware Administrator」の文化から、「DevOps Ninja」の文化への移行 Mirantisの講演にて、プライベートクラウドの運用における10の問題のうち、 技術的な問題は1つで、残り9つは人とプロセスの関わる問題であると 説明されていました。 13
  14. 14. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 基調講演 ユーザの関心事として 「コンテナ、NFV/SDN、ベアメタル」 の3つがテーマとして取り上げられていました。 基調講演の中では特にコンテナを活用した 事例が数多く見られました。 Google&CoreOSによる、Kubernetesを利用した OpenStack本体のコンテナ化による、 故障の自動復旧やローリングアップデートに関するデモが行われました。 OpenStack上にてDockerコンテナを動作させている 事例が多く見られました  LivePerson(SaaS提供会社)  タイム・ワーナー・ケーブル(ケーブルTV事業者)  tcp cloud(チェコのクラウド事業者)によるチェコにおけるスマートシティ事例 また、AT&Tや各ベンダ(Cisco, Intel, RedHatなど)が講演の中において、 NFVに関する取り組みについて紹介していました。 14
  15. 15. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 基調講演 ユーザー事例 AT&T  全世界74拠点でのOpenStack運用事例  今回のSummitでSuperUser Awardを受賞 フォルクスワーゲン(自動車メーカー)  グループ会社間のプライベートクラウド構築事例 タイム・ワーナー・ケーブル(ケーブル事業者)  クラスタ管理ツールApache Mesosと連携したシステムの構築事例 TACC (テキサス州立大学が運営する研究機関向けコンピュートリソースセンタ)  HPCリソースの提供環境をOpenStackで構築した事例 LivePerson(SaaS事業者)  OpenStack上でのKubernetesを使ったコンテナによるサービス運用事例 15
  16. 16. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 基調講演 台湾 OpenStack Hackathonの紹介 台湾で行われたOpenStack上での アプリケーション開発ハッカソンの紹介 優勝チーム 「バイオリン奏者の筋肉信号を測定するウェアラブル端末開発」 今後のOpenStack Summitの予定 2016年10月 スペイン・バルセロナ  10/25~28 バルセロナ・インタナショナルコンベンションセンターにて開催 2017年5月 アメリカ・ボストン (今回正式発表) 2017年10月 オーストラリア・シドニー(今回正式発表) 16
  17. 17. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 3-2.ジェネラルセッションでのトピックの紹介 17
  18. 18. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 NTTグループの講演 私が現地で確認できたNTTグループの講演は以下の通りです。  NTTコミュニケーションズ ECL2.0のOpenStack運用に関する講演*1 ECL2.0でのマルチテナント、マルチユーザのパブリッククラウドの運用に関する講演  NTTコミュニケーションズ Swiftへのプライベートアクセスに関する講演*2 Swiftへのプライベートアクセスに関する検証内容の紹介  NTTデータ 既存システムへのSwift適用事例講演*3  既存のエンタープライズシステムに対するSwiftの適用事例の紹介  NTTドコモ/NTT SIC/NECによる NFV講演*4  Congressを利用したNFV故障検知・復旧に関する講演 18 *1:https://www.openstack.org/videos/video/openstack-operation-under-a-multi-tenant-and-multi-customer-public-cloud-environment *2:https://www.openstack.org/videos/video/private-swift-endpoint *3:https://www.openstack.org/videos/video/how-to-integrate-openstack-swift-to-your-legacy-system *4:https://www.openstack.org/videos/video/congress-in-nfv-based-mobile-cellular-network-fault-recovery
  19. 19. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 NTTコミュニケーションズ ECL2.0のOpenStack運用に関する講演 NTTコム クラウドサービス部が、ECL2.0でのOpenStackの運用に関して講演 を実施しました。 ECL2.0でのマルチテナント、マルチユーザのパブリッククラウドの運用に 関する取り組みを紹介されていました。 SICが開発したMasakariによるVMHA(仮想サーバの高可用化)の仕組みを 紹介されていました。 NTTコムウェアも開発に参画した、リソース情報とチケットや障害通知と結び つけ、より迅速に運用を行う仕組みを紹介されていました。 19https://www.openstack.org/videos/video/openstack-operation-under-a-multi-tenant-and-multi-customer-public-cloud-environment
  20. 20. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 NTTコミュニケーションズ Swiftへのプライベートアクセスに関する講演 NTTコム 技術開発部がSwiftに関する講演を実施しました。 アプリケーションサーバからSwiftにのみ外部アクセスをする ユースケースを想定。 API用のネットワークを追加することに加えて、以下の対応策をとることでメ ンテナンスフリーなSwift向けのプライベートアクセスを実現 OpenStack環境の外側にルーターを用意し制御する OpenStack上の外部NWルータにスタティックルートを設定する 20 https://www.openstack.org/videos/video/private-swift-endpoint
  21. 21. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 NTTデータ 既存システムへのSwift適用事例講演 NTTデータが既存のエンタープライズシステムに対するSwiftの適用事例につい て講演されました。 事例1 既存システムのバックアップストレージとしてSwiftを利用する事例。 テープデバイスを必要とする既存のバックアップツールを使用する要件が存在。 Swift対してCloudFuseを利用して、既存バックアップツールでのSwift利用を実現。 ※CloudFuse…REST APIでアクセスするオブジェクト・ストレージを、 Linuxのファイル・システムとしてアクセスできるように変換するOSS CloudFuseを導入するだけでは対応できない問題があったものの、 それぞれ対処方法を検討し、要件満たすことができた。 21 https://www.openstack.org/videos/video/how-to-integrate-openstack-swift-to-your-legacy-system
  22. 22. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 NTTデータ 既存システムへのSwift適用事例講演 事例2 グローバルで利用するファイルサーバとしてSwiftを利用する事例。 NFS/CIFSでの利用、小規模ファイルの読み書きに対する最適化が必要な事例。 Swiftに対するゲートウェイとしてFobas社のCSCを利用し要件を充足。 ※Fobas CSC…REST APIでアクセスするオブジェクト・ストレージに対して CIFS/NFSアクセスできるように変換する、プロプライエタリ・ソフトウェア いくつか課題はあるものの、グローバルなクラスタを組む際には Swiftとゲートウェイを組み合わせる方式が他の方式と比較して機能的に優れている。 NTTデータが既存のエンタープライズシステムに対するSwiftの適用事例につい て講演されました。 22 https://www.openstack.org/videos/video/how-to-integrate-openstack-swift-to-your-legacy-system
  23. 23. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016  Congress in NFV-based Mobile Cellular Network Fault Recovery  NTT ドコモ カーン・アシック様/NTT SIC 室井様/NEC 壬生様の共同講演  OpenStack Congress: ポリシーエンジン  あらかじめ設定したポリシーに従って、OpenStackを操作するコンポーネント  NFVIの故障を検知し、Congressを利用して自動復旧する実装のデモを実施  ドコモは2月にNFVの商用化を発表したこともあり、注目を浴びていました。 NTTドコモ/NTT SIC/NECによるNFV講演 23 NTTドコモ/NTT SIC/NECによるOpenStack Congressを利用した NFV故障検知・復旧に関する講演がされました。 https://www.openstack.org/videos/video/congress-in-nfv-based-mobile-cellular-network-fault-recovery
  24. 24. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 一般企業向けの導入事例 非IT系企業での導入事例について数多くのセッションが実施されていました。 非IT系企業における導入事例について多くのセッションが開催されました。 日本企業からはJFEスチールでの導入事例*1が紹介されていました。 クラウドネイティブなアーキテクチャに上位アプリケーション自体を移行して いく事例がみられました。 一方でレガシーシステムのアーキテクチャを維持しつつ環境移行していく事例 もみられました。  タタコミュニケーションズでのVMHAの仕組みを自社で構築した事例*2や、NTTデータによる既存 環境でのSwift導入事例*3などがありました。 OpenStackの導入に関する課題から、導入した環境における運用プロセスなど に議論が移りつつあると感じました。 24 *1:https://www.openstack.org/videos/video/jfe-steel-corporation-accelerates-growth-and-globalization-with-openstack-cloud *2:https://www.openstack.org/videos/video/intelligent-workload-ha-in-openstack *3:https://www.openstack.org/videos/video/how-to-integrate-openstack-swift-to-your-legacy-system
  25. 25. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 コンテナ技術関連 コンテナ技術に関する講演が多数実施され、大変盛況でした。 コンテナ技術全般に関してジェネラルセッションは常に満員の状態であり、注 目度の高さを感じました。 OpenStack上でのコンテナ利用に関する事例と、 OpenStack本体をコンテナ化して管理を簡素化する事例、 2種の事例について、数多くのセッションが開催されました。 コンテナ技術については、多種多様な製品との連携に関する講演が実施されま した。特にコンテナクラスタ管理ソフトKubernetesとの連携に関する発表が 目立ちました。 Magnum, Kolla, Murano Kubernetes, Mesos, Swarm Docker, LXD OpenStackとコンテナ技術の連携については、どの技術スタックが標準となっ ていくか、注視していく必要があると感じました。 25
  26. 26. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 OpenStack本体のコンテナ化に関する事例 商用環境向けのコンテナ化したOpenStackを構築するKollaを用いたケースが 多数紹介されていました eBayがOpenStack本体をコンテナ化する仕組みとしてKollaを用いた事例*1を紹介し ていました また、直接セッションを確認できていませんが、多くのスポンサーセッションにて、 Kollaによる環境構築することを前提としたセッションが行われていた模様です。 一方でKollaはコンポーネントとしては後発のため、独自で仕組みを作って OpenStack本体のコンテナ化を実現しているケースも見られました タイム・ワーナーケーブルがKollaではなく、Puppet OpenStackと独自の仕組みを 組み合わせて、OpenStack本体のコンテナ化を実現した事例*2を紹介していました Kollaを使う/使わないに関わらず、OpenStackの運用において問題となる、 冗長化やアップグレードに関する課題を、コンテナ化することで解決しようと いうのがトレンドだと感じました。 26 *1:https://www.openstack.org/videos/video/self-heal-your-openstack-control-plane *2:https://www.openstack.org/videos/video/deploying-openstack-using-docker-in-production
  27. 27. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 OpenStack上でコンテナを利用する事例 OpenStack上のDockerコンテナ利用にあたっては、 以下のコンポーネントを利用する講演が実施されていました。 Magnum…Kubernetes,Mesos,Swarm等と連携してコンテナ制御機能を提供 Murano…アプリケーションカタログ機能を提供 Senlin…OpenStack上でのクラスタ管理機能を提供 Kuryr…Dockerコンテナのネットワーク機能を提供 OpenStack上でDockerコンテナを使用するにあたっては、ユースケースを考 えてコンポーネントを比較検討し選択していく必要があると感じました。 一例として、IntelとMirantisがOpenStack上でDockerコンテナを運用する手段とし て、MagnumとMuranoの機能比較をする講演*1を行っていました。 27 *1:https://www.openstack.org/videos/video/magnum-or-murano-openstack-options-for-container-environment-creation-and-management
  28. 28. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 ベアメタル関連 Ironic(ベアメタル機能)に関する利用事例・開発状況の講演が実施されました Ironicに関するデザインサミット(開発者会議)は 数多くのセッションが実施され、また議論も活発にされていたことから、 ベアメタル機能に関する期待の大きさを感じました。 一方で、ベアメタルサーバのエンドユーザに対する 提供事例に関する講演は思っていたより少なく感じました。 背景には、ネットワークのテナントごとの分離やCinderとの連携機能など、 エンドユーザへのベアメタル提供に必要な機能がまだ充足していないことが 挙げられると思います。 ベアメタルサーバをエンドユーザへ提供するのではなく、 運用者が運用をより迅速に行うための手段としてIronicを使用し、 エンドユーザ自身はVMやコンテナを使用するという事例が見られました。 今後、Ironicにどのような機能が実装されていくか、 注視していく必要があると感じました。 28
  29. 29. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 Ironicの利用事例 MirantisとSymantecより、Ironicを使用してデータセンタでの1000台のベ アメタルサーバの運用を行う事例の紹介がありました。 物理NICの共用やアベイラビリティゾーンの設定、ノード命名規則のカスタマイズなど の機能部分についてカスタマイズして利用していました。 Ironicの課題として、管理するベアメタルの数が800台を超えたあたりから性能的な問 題があること、Ironicのマイグレーションが困難なことなどが挙げられていました。 研究機関向けのHPCリソースを提供する事例紹介を行うセッションが行われま した。 TACC/アルゴンヌ国立研究所のcameleon cloud、オークリッジ国立研究所のCADES 、CRAY(スーパーコンピュータ製造メーカー)での運用事例が紹介されました。 Ironicの課題として、ネットワークのテナントごとの分離性やCinderとの連携機能に ついて挙げられていました。 29 *1:https://www.openstack.org/videos/video/ironic-managing-thousands-of-servers-in-production *2:https://www.openstack.org/videos/video/bending-ironic-for-big-iron
  30. 30. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016  通信キャリアでは、AT&TとChina Mobileがいままで以上に存在感を放 っていました。  両社ともに、キャリアのOSS/BSS全部が稼動するための「キャリアクラウド」 をOpenStackを中心としたオープンソースソフトで構築していこうとしている 様子が伺えました。  また、両社ともに1社だけでなく、さまざまなキャリア系ベンダ/OpenStackデ ィストリビュータと手を組み、SDN/NFVのエコシステムを進めていこうとして いるようにも見受けられました。  SDN/NFVの開発では、一企業が単独で開発をすすめるのではなく、複数 のグローバル企業により開発コミュニティをつくり、そこでまず参照モデ ルとなるオープンソースソフトウェアを開発するスタイルがさらに進んで いるように見受けられました。 SDN/NFV関連 30
  31. 31. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 3-4.デザインサミット 31
  32. 32. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 デザインサミット(開発分科会) 32 デザインサミットは小規模なセッションが同時並行で多数実施されてい ました。 各セッションでは活発な議論を展開されており、技術者が直接議論を行 う重要性を肌で感じました。
  33. 33. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 開発者ラウンジ 開発者用ラウンジが設けられ、世界各国の開発者が一同に介してソース コードを書いたり議論する(ハッカソン)光景が見られました。 33
  34. 34. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 3-5.企業による展示 34
  35. 35. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 企業ブース(マーケットプレース) マーケットプレイスには、「HeadlineSponsors 4社」(Intel, Cisco, Mirantis, RedHat)、「Premier Sponsors 13社」、その他97社の 合計114社が展示を行っていました。 35
  36. 36. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 企業ブース(マーケットプレース) 36 日本企業や各ベンダー、ベンチャー企業、OSSコミュニティなど 多数の展示が行われていました。
  37. 37. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 企業ブース(マーケットプレース) NTTコミュニケーションズは、今回のOpenStack Summitにあわせて 、Enterprise Cloud 2.0のアメリカリージョンのリリースをおこなっ ており、デモなどの宣伝活動を行っていました。 37
  38. 38. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 38 今回のスポンサー 今回のスポンサーは以下のとおり。
  39. 39. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 4.まとめ 39
  40. 40. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 OpenStackはITベンダのみならず一般企業にも広がり始めておりビジネス として成熟期を迎えつつあると感じました。 非IT系企業においても活用事例が増えています 自動化、オペレーションの見直し、上位レイヤ(PaaS)との連携等、 プロセス面に関わるキーワードが注目されていました SDN/NFVやコンテナ技術等、ホットトピックについても活発に開発が進み 、エコシステムとしてのビジネスが広がっているように感じました。 OPNFV, Tacker, Astara, OVN, OpenContrail, OpenDaylight… Magnum, Kolla, Docker, Kubernates, Mesos, LXD… まとめ 40 OpenStack Summitは開発者・運用者が世界中から一堂に会しており 、OpenStackの最新動向を得るのに非常によい機会だと感じました。
  41. 41. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 感想 41  OpenStackSummitに初めて参加しましたが、イベントの大きさに圧倒されました。  日本のOpenStack関係者と沢山交流できたことが非常に良い経験だと感じました。  少し込み入った技術の話になると、英語で会話することが難しく、 語学力の必要性を実感しました。  社名を出すとNFVに関する話題を振られることが多く、きちんと技術動向を抑えてお く必要があると感じました。 左上:1日目夜に開催され 「Marketplace Booth Crawl Happy Hour」にてNTTデータ梶波さ んと。 右上:1日目夜に開催されたMirantis のイベント。ライブミュージックの街 オースティンをテーマにしたものでし た。 左下:2日目夜に開催された、 「StackCity Austin: a Community Festival for Stackers」。レイニー 通りという飲み屋街にて実施されまし た。 右下:4日目夜に開催された日本人会の 様子。沢山の方が参加されていました。
  42. 42. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 Summitの動画・議事録 42 基調講演・ジェネラルセッションの動画  https://www.youtube.com/user/OpenStackFoundation  https://www.openstack.org/videos/summits/show/6 デザインサミット議事録  https://wiki.openstack.org/wiki/Design_Summit/Newton/Etherpads
  43. 43. Copyright © NTT COMWARE CORPORATION 2016 商標等引用に関する表示 43  OpenStackのワードマークとOpenStackのロゴは、米国とその他の国におけるOpenStack Foundation の登録 商標/サービスマークまたは商標/サービスマークのどちらかであり、OpenStack Foundationの許諾の下で使用 されています。  その他、記載されている社名、製品名、サービス名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

×