Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

150527 教育学特殊 第6講

753 views

Published on

150527 教育学特殊XIV 第6講

Published in: Education
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

150527 教育学特殊 第6講

  1. 1. 慶應義塾大学教育学特殊 XIV(第 6 講) 学級規模を研究する 4. 国内外の文献レビューのまとめ 文部科学省 国立教育政策研究所 文部科学省 国立教育政策研究所 総括研究官 やま 山 もり 森 こう 光 よう 陽 (教育心理学) koyo@nier.go.jp 2015 年 5 月 27 日 この内容は個人的見解であり 国立教育政策研究所の公式見解ではありません
  2. 2. はじめに 本日の出席とスライド 本日の出席 https: //questant.jp/q/150527 本日のスライド http://www.slideshare.net/ koyoyamamori/1505276 慶應義塾大学教育学特殊 XIV 第 6 講 2015 年 5 月 27 日 2 / 6
  3. 3. 取り組んでいる課題 論文の「問題」を設定する 課題 学級規模が児童生徒に与える影響とその過程について,どの ようなことが明らかとなっているか,この 2 回の講義で講読 した欧文文献と,レクチャーパケットに収録した和文論文の 内容を用いながらまとめる。 文献レビューを書く上での注意 箇条書きではなく文章で書く。 どこからどこまでが,誰による知見なのかを分かるように。 単なる先行研究の列挙ではなく相互の関連をつけながらまと め,「学級規模が児童生徒に与える影響とその過程についてど のようなことが明らかとなっているか」が分かるように。 慶應義塾大学教育学特殊 XIV 第 6 講 2015 年 5 月 27 日 3 / 6
  4. 4. 取り組んでいる課題 論文の「問題」を設定する 取り組み方 欧文文献講読の班で取り組む。 5,000 字以内でまとめたレビューを班で 1 つ書く。 授業支援システムに近日中に提出する。 引用の仕方 心理学では基本的には間接引用 テストの標準偏差は小規模学級の方が小さい傾向が見られた (Bosworth, 2014)。 Krassel & Heinesen (2014) では中学生を対象に○○をした結 果,○○が示された。  引用文献リストの作り方はレクチャーパケットのビブリオ と同様とする。 慶應義塾大学教育学特殊 XIV 第 6 講 2015 年 5 月 27 日 4 / 6
  5. 5. レビューの作り方 (極めて初心者向け) おおまかな流れ 要約 100∼200 字程度 要約 要約 要約 要約 要約 段落 学級規模が小さいほど児童生徒の 学力が高いという結果は,ウィスコ ンシン州で実施された児童−教師 比縮小政策(Student Achievement Guarantee in Education: SAGE)に おいても見られた(Molnar et al., 1999)。さらに,米国における大規 模縦断的調査のデータの分析結果や, 英国,豪州においてなされた研究に おいても同様の結果が示されてい る(Blatchford, 2003; Bourke, 1986; ICHD Early Child Care Research Network, 2004)。 段落 しかし,小規模学級ほど児童生徒の 学力が高いといった結果が一貫して 得られているとはいえない。たとえ ば教師一人あたり児童生徒数 (PT 比) と学力との関係を検討した研究 276 本を再分析した結果では,PT 比が低 いほど学力が高いことを示したもの と,その逆を示したものがそれぞれ 14%であり,どちらともいえないも のが72%だった(Hanushek, 1999)。 このような学級規模の大小について の研究間で一貫した結果が得られ ない現象はクラスサイズパズルと呼 ばれており(Bosworth & Caliendo, 2007; Lazear, 2001),日本において も同様の現象がみられる。 文章 学級規模が小さいほど児童生徒の 学力が高いという結果は,ウィス コンシン州で実施された児童−教 師比縮小政策(SAGE)においても 見られた(Molnar et al., 1999)。さ らに,米国における・・・研究に おいても同様の結果が示されてい る(Blatchford, 2003; Bourke, 1986; ICHD Early Child Care Research Network, 2004)。 しかし,小規模学級ほど児童生徒 の学力が高いといった結果が一貫 して得られているとはいえない。た とえば・・・,PT 比が低いほど学 力が高いことを示したものと,その 逆を示したものがそれぞれ 14%で あり,どちらともいえないものが 72%だった(Hanushek, 1999)。こ のような・・・現象はクラスサイズ パズルと呼ばれており(Bosworth & Caliendo, 2007; Lazear, 2001),日 本においても同様の現象がみられる。 + 先行研究をまとめて 言えること このように・・・と考えられる。 慶應義塾大学教育学特殊 XIV 第 6 講 2015 年 5 月 27 日 5 / 6
  6. 6. Fin 本日の出席とスライド 本日の出席 https: //questant.jp/q/150527 本日のスライド http://www.slideshare.net/ koyoyamamori/1505276 慶應義塾大学教育学特殊 XIV 第 6 講 2015 年 5 月 27 日 6 / 6

×