Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

01Research クリーンテック / レストルーム

205 views

Published on

レストルームの清掃に関してのハードウエア系のベンチャー企業を中心に調べたものです。

Published in: Devices & Hardware
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

01Research クリーンテック / レストルーム

  1. 1. 0→1リサーチ #1 Clean×tech -Restroom- 2020/05/12
  2. 2. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. WTO World Toilet Organization 2 参考︓https://www.mashingup.jp/2019/12/jack_sim_interview_1.html
  3. 3. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. 世界トイレの⽇ 11⽉19⽇ 3
  4. 4. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Mr.トイレ Jack Sim 4
  5. 5. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. ⼈がトイレに⾏く回数 2,500回/⼈・年 5
  6. 6. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Clean×tech –Restroom- 今回のテーマは、『Clean×tech-Restroom-』。 トイレお掃除です。英語では、BathroomやWashroom、これら 以外にも多くの表現があり、地域により異なるようです。 現在、トイレ環境には多くの技術が導⼊されています。特に、ヘルス ケア・医療関連の技術として、⼈の健康に関する様々なデータをトイ レで取得することが可能な世の中になってきました。 このトイレ環境は、清潔に保たれなければならない⼀⽅で、⽇々のメ ンテナンスが結構⾯倒です。その維持コストは、例えば業者に委託し たとすると、約10,000円/回前後するようです*1。オフィスビル・建物、 商業施設になると更に、そのメンテナンスコストは上がりそうです。 今回はそのトイレに注⽬した、『Clean×tech』関連の海外スタート アップに関する紹介レポートです。 6
  7. 7. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Shine Bathroom 7 HP︓https://shop.shinebathroom.com/ 参照︓https://www.indiegogo.com/projects/shine-automate-toilet-cleaning#/
  8. 8. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Shine Bathroom ❖洗剤等を⼀切使わない、地球にやさしいトイレ洗浄ガジェット ❖特殊フィルタを搭載した⼩型タンクに⽔(⽔道⽔)を⼊れ(ココ は⼿動で)、通電させることで⽔が電気分解され、トイレを流し た後のタイミングで噴射 ❖ノズルを通して通常の消臭スプレーの5倍のパワーでスプレーする ことで、洗浄&消臭を⾏う ❖設置場所については、フロアに置いても、タンクの上に設置しても よい 8 動画はコチラ
  9. 9. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Shine Bathroom ❖前述のセンサと、通称『Sam』というAIと連携して、⾃動でトイレ の監視管理を⾏う ❖例えば、⽔漏れ等の故障を検知すると、どのような修理が必要か を判別し、適切な修理⽤キットが⾃動で配送され、動画を通して、 修理ガイドも提供 ❖スマホから洗浄指⽰が出せる ❖Amazon Alexaとの連携も可能で、Alexaを通して、Samに 洗浄指⽰を出すことができる。 9
  10. 10. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Altan Robotech 10 HP︓https://altanrobotech.com/ 参照︓https://altanrobotech.com/product/giddel/
  11. 11. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Altan Robotech ❖お掃除ロボット『GIDDEL』 ❖お掃除時に、アタッチメントに設置される ❖(アームを利⽤して)便器の形状を⾃動的に把握するため、あ らゆる形状に対応可能 ❖また、障害物センサも備えており、⼦供の⼿やペット等が近づいた ことも検知可能 ❖お掃除時間は約5分程度。充電は、別途充電ステーションで⾏ われる 11 [特許出願状況]︓ 現在、⽶国、欧州、中国を中⼼に8件ほど。 US2019/0093333、USD838069、他。 動画はコチラ
  12. 12. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. SpinX 12 HP︓https://www.spinxclean.com/ 参照︓https://www.kickstarter.com/projects/1209829383/spinx-worlds-first-toilet-cleaning-robot
  13. 13. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. SpinX ❖イスラエル発ハードウェアスタートアップ。 ❖専⽤のトイレ上蓋に内蔵された、ブラシ付アーム、洗剤&⽔噴射 ノズル、乾燥⽤エアー噴出⼝で構成される。 ❖蓋を閉じた状態で稼働し、センサで、トイレ便器内のボウル形状 をスキャンし、3Dマップを形成し、駆動制御。 ❖およそ90秒で、便器と便座を洗浄&乾燥させることができる。 ❖ブラシも乾燥&消毒後収納。 ❖バッテリ駆動で、⼀回の充電で最⼤50回稼働可能。 13 [特許出願状況]︓ WO2018178988A1、US2020/0109545 動画はコチラ
  14. 14. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Team Homer 14
  15. 15. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Team Homer ❖ドイツのKoblenz-Landau⼤学の『Team Homer』 が発表したトイレお掃除ロボットのプロトタイプ ❖商⽤ベースではなく、2018年のWorld Robot Summitにて、デモが披露 ❖PAL Robotics製の汎⽤タスクロボットプラットフォー ム『TIAGo』をベースに開発 ❖RGBセンサで、便器を検知し、掃除 ❖さらに周辺のゴミを認識し、拾う機能*2 15 動画はコチラ 参照︓https://www.hackster.io/news/koblenz-university-s-team-homer-employs-tiago-robot-for- toilet-cleaning-competition-376edd3ca17b
  16. 16. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Somatic 16 HP︓http://getsomatic.com/
  17. 17. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. Somatic ❖NY発スタートアップ ❖VRによるリモート教育が可能な公衆トイレ専⽤清掃ロボット ❖⽶国では、1994年に制定された⽶国障害者法(ADA compliant)により、公衆トイレの仕様が統⼀されており、ロ ボットにとって、教育が⾮常に容易 ❖LIDARを含む複数のセンサを搭載し、⾃⽴移動が可能で、⾃ 動で充電ステーションに戻ったり、洗剤等を補充機能も備える ❖しかも、商業ビルのトイレを掃除するだけでなく、⾃⽴的にドアの 開閉や、各階をエレベータを使って移動可能 ❖通常必要な⼈件費の半分のコストで全フロアのメンテナンスが可 能(⼀⽇8時間労働で、⽉40時間労働に対して、$1,000/ ⽉のリース代のみ*3) 17 動画はコチラ
  18. 18. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. まとめ 今回は、あまり語られていないクリーンテック(トイレ編)系スタートアップ についてまとめてみました。 地球環境に配慮しつつ、かつAI、IoTを駆使した、Shine Bathroom 家庭⽤ロボティクスの⼀端として実⽤化に挑むAltian Robotics、 SpinX 、既存の汎⽤ロボットをベースに、トイレ専⽤ロボットの開発に挑 んだTeam Homer、公衆トイレというある程度仕様が決まった空間にロ ボティクスの導⼊を⽬指したSOMATIC。 特に、SOMATICは、トイレ空間にとどまらず、ビル内を⾃在に⾃⽴移動 可能であり、ほぼ完全に⼈からロボットへの業務トランスファーが可能になり そうです。さらに、⼈件費の半分のコストで運⽤できる点からも、⼈⼿不⾜ が社会課題になる中、社会ニーズとのマッチングがいいと⾔えるでしょう。 トイレという、普段から使っている空間に、『AI×データ×ハードウェア』という 新しい融合技術が、徐々に我々の⾝近な社会に浸透し始めているようで す。 18
  19. 19. © 2020 01Booster Inc. All rights reserved. 参照URL 19 *1参照︓https://www.duskin.jp/servicemaster/water/sm000100/ https://www.osoujihonpo.com/house-cleaning/water/toilet https://www.ienakama.com/toiletcleaning/tips/page/?tid=1484 https://www.happy-bears.com/houseclean/price *2参照︓ http://blog.pal-robotics.com/world-robot-summit-tiago-clean-toilet-interact-customer/ https://worldrobotsummit.org/en/wrc2018/ https://www.hackster.io/news/koblenz-university-s-team-homer-employs-tiago-robot-for-toilet- cleaning-competition-376edd3ca17b https://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/home-robots/robots-finally-learning-to-clean-the- bathroom http://pal-robotics.com/ http://pal-robotics.com/robots/tiago/ *3参照︓https://www.moguravr.com/somatic/ https://techcrunch.com/2020/03/04/this-bathroom-cleaning-robot-is-trained-in-vr-to-clean-up- after-you/

×