Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
Kpt×ナース(公開版)
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

23

Share

Download to read offline

KPT採集

Download to read offline

15/09/10 Sendai Agile Stories発表資料

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

KPT採集

  1. 1. KPT採集 ~けぷとさいしゅう~ 2015 Sep. ねもりん @nemorine UltimateAgileStories5 発売記念!
  2. 2. すくすくスクラム仙台 KPT知ってますか?
  3. 3. すくすくスクラム仙台 ふりかえりのフレームワーク 天野勝 http://www.slideshare.net/esmsec/kpt-27942223
  4. 4. すくすくスクラム仙台 しかし この世には 様々な”拡張”KPTが 存在します! KPTにはシンプルであるがゆえの弱点もある・・・
  5. 5. すくすくスクラム仙台 UAS5に投稿した11種の 拡張KPT+1を 紹介します。
  6. 6. すくすくスクラム仙台 ①EKPT(いーけぷと) • 採集場所: 自社のチーム • 由来: KPT + Excellent • 対象: もっとチームの良いところに焦点を当てたいチーム • 特徴: Keepの中で特に“すばらしい!”ことを区別できるように Excellentという項目を追加したフレームワーク。 Excellentにはチームやメンバーへの賞賛も書きやすいため、感謝 の念を表しやすいというメリットがあります。 Excellent Try Keep Problem
  7. 7. すくすくスクラム仙台 ②KPTS(けぷつ) • 採集場所: 自社のチーム • 由来:KPT + Stop • 対象:過去の慣例に従い不要な活動や不要な成果物などが多すぎる チーム • 特徴: Tryの中に含まれる“~をやめる”という項目をStopとして明 示的に書き出すフレームワーク。やめる勇気・・・重要です!! Keep Try Problem Stop
  8. 8. すくすくスクラム仙台 ③KPTA(けぷた) • 採集場所: 天野さんのSlide (http://sssslide.com/www.slideshare.net/esmsec/kptkpta) • 由来:KPT + Action • 対象:実施を合意したTryが実行されないチーム • 特徴:効果のあるTryを実行可能なActionに落とすことを目的とし ています。またTryとActionを分離することで、Tryを抽象的なアイ ディアレベルで出しやすくなるとのことです。 Keep Try Action Problem
  9. 9. すくすくスクラム仙台 ④YWT + KPT(わいだぶりゅてぃーぷらすけぷと) • 採集場所: TEF道お世話役 安達さん(@kitanosirokuma) • 由来: YWT + KPT • 対象: ふりかえりで抜け漏れが多いチーム • 特徴: YWTとKPTを組み合わせ、WをKeepとProblemに分けるフ レームワーク。Yに「これまでやってきたことやその結果」といっ た事実をあらかじめ書いておき、それを見ながらKeepやProblemの 導出を行うと「具体的に&細かく想起しやすい」というのがそもそ もの意図とのことです。 Y (やったこと) W (わかったこと) T (つぎにやること) Keep =Try Problem
  10. 10. すくすくスクラム仙台 ⑤KPT + T(けぷと) • 採集場所: 「ここちいい風とともに・・・」 (http://fclear.ti-da.net/e3292268.html) • 由来: KPT + Thanks • 対象: チーム内でもっと感謝を表したいチーム • 特徴: 通常のKPTに日本ファシリテーション沖縄サロンの代表であ る平井さんが提唱している感謝(Thanks)を加えたフレームワー ク。Thanksで明示的に感謝を伝えることでチーム運営がスムーズ にいきそうです。
  11. 11. すくすくスクラム仙台 ⑥KPT + W(けぷとぷらすだぶりゅ(仮)) • 採集場所: 上司(上司は知り合いの経営コンサルに聞いたらしい) • 由来: YWT + 5W1H(5W1HをWと省略) • 対象: 今よりもっと深く精度の高いふりかえりをしたいチーム • 特徴: Keep、Problem、Tryそれぞれに5W1Hを加えたフレームワ ーク。KeepやProblemで導出した項目から「いつ?」、「誰が?」 、「どうして?」などの問いかけを使って深堀りし、その項目が出 た理由や状況などを5W1Hに書いておくことで、もう一段精度の高 いふりかえりができるようになるそうです。 Keep 5W1H Try 5W1H Problem 5W1H
  12. 12. すくすくスクラム仙台 ⑦KPT2(けぷとつー) • 採集場所:「これだけ!KPT」 天野勝 著 • 由来: KPT + ToDo (もともとはKPTTだったようです) • 対象: Tryは沢山出るけど、やりきれなくなってしまうチーム • 特徴: 出てきたTryの中で何を実施するのか決めたものをToDoに 移動するという運用を想定したフレームワーク。KPTAの親戚。Try で出たものをチームで絞って、ToDoに掲げておくことで、今回の イテレーションでやるべき施策をチーム全員がしっかり意識できる と思います。 Keep ToDo Problem Try
  13. 13. すくすくスクラム仙台 ⑧KPTIRK(けぷたーく) • 採集場所: 「これだけ!KPT」 天野勝 著 • 由来: KPT + Issue(課題)+ Risk(リスク)+ Knowledge(ナレッジ) • 対象: 独自の知識体系を作りたいチーム • 特徴: IssueはProblemから導き出された課題。Riskは将来起こり そうな問題。これらに対してTryを考えていくというアプローチを 取っていきます。KnowledgeはKeepの中でナレッジとして流通で きるまで昇華したアイディアとのことです。 Keep/Knolege Try Problem Issue Risk
  14. 14. すくすくスクラム仙台 ⑨KPT + Be + Do法(けぷとぷらすびーぷらすどぅほう) • 採集場所: 「ナカシマのブログ」 (http://hisa-magazine.net/engineering/kpt/) • 由来: KPT + Be + Do • 対象: 個人のふりかえり • 特徴: Keep、ProblemをBe(ありたい姿)とDo(やること)に分 けて導出するフレームワーク。精神的な土台(Be)とスキル・能力 的な土台(Do)をバランスよく育ていくことが大事であり、ふりか えりにこのフレームワークを使うことで両方をしっかり認識するこ とができるとのことです。 Keep Problem Try Be Do
  15. 15. すくすくスクラム仙台 ⑩KPTH(けーぴーてぃーえっち) • 採集場所: アジャイル札幌 前鼻さん(@sandinist) • 由来: KPT + Happy • 対象: ちょっぴり余裕があって、今よりさらにHappyになりたいチーム • 特徴: 自分達がもっと幸せになる、楽しむ、楽をするためには?と いうことをHappyという項目として書き出したフレームワーク。 Problemから導出されるTryに書かれにくい長期的な目線で考える 施策やコレできたらもっと幸せなのにな~というようなちょっとし た施策もHappyとして書き出しているとのことです。 Keep Try Problem Happy
  16. 16. すくすくスクラム仙台 Keep 要求仕様 Problem Try Keep 設計仕様 Problem Try Keep コーディング Problem Try ⑪フェーズごとのKPT(ふぇーずごとのけぷと) • 採集場所:自社のチーム • 由来:フェーズごとに項目を分けてKPTを実施 • 対象: イテレーションが長いチーム / フェーズごとの強み・弱みを知りた いチーム • 特徴: 例えば1ヶ月に一回のペースのふりかえりしかできない場合は、直近 の2週間程度のKeep、Problemしか書き出せないことがあります。そのと きはフェーズごとのKPTフレームワークを使うことで各フェーズに集中する ことができ、それぞれのKeep、Problemを導出しやすくなります。 またフェーズごとのKeep、 Problemの数をパッと俯瞰する ことでチームメンバーがどの フェーズに自信があるのか、 または問題だと考えているのか が一目で分かります。
  17. 17. すくすくスクラム仙台 ⑫リアルタイムKPT(特別付録) • 採集場所: TEF道お世話役 安達さん(@kitanosirokuma) • 由来: 思ったときにすぐ書くから • 対象: 機動力のあるチーム • 特徴: 業務フローの上にKPTをリアルタイムに重ねていく。1ヶ月 もするとどこに問題があるか一目で見えてくる。 要求仕様書 を作成する [Procecc Flow Diagram] 設計書を 作成する コーディング する テストケース を作成する 設計書 要求 仕様書 ソース コード テストする テスト ケース テスト 結果 依頼書 メール 環境 テスト観 点 Keep Problem
  18. 18. すくすくスクラム仙台 まとめ • 色々な拡張KPTを紹介しました。 • 自分のチームに合うものを選択、または組み合わせて使 ってみてください。 • ふりかえり自体が楽しくなるといいですね! • 新種を見つけたときは是非ねもとまで一報ください♪
  19. 19. すくすくスクラム仙台 Have a nice KPT!!
  20. 20. すくすくスクラム仙台 UltimateAgileStoriesとは? UltimateAgileStoriesは、同人誌です。 アジャイル日本上陸から10年余り。 日本でのアジャイルの広がりは、コミュニティを中心とした、個々のエンジニアが 大きな役割を担ってきました。 そのような背景もあり、アジャイルに対する思いは、 ビジネス、マネジメント、コミュニケーション、テクニカルなど、 人によって多種多様です。 今回の企画は、そのような 『いろいろな人の、いろいろな思いを集めた1冊を作りたい!』 という思いから生まれました。 http://ultimateagilestories.web.fc2.com/bookcontents5.html
  • ssuser7325ab

    Jun. 12, 2019
  • ishidaren

    Jan. 12, 2018
  • xnao0126

    Sep. 16, 2017
  • shinyayoshidajpn

    Jul. 28, 2017
  • DaichiHamamoto

    Apr. 7, 2017
  • chinmored

    Feb. 24, 2017
  • MakiKamimura1

    Jan. 27, 2017
  • kawagoi

    Sep. 15, 2015
  • nully

    Sep. 14, 2015
  • HiroshiShiobara

    Sep. 12, 2015
  • JojiHayakawa

    Sep. 12, 2015
  • nambahiroshi

    Sep. 12, 2015
  • yusukeyoshikawa31

    Sep. 12, 2015
  • AMAPYON

    Sep. 12, 2015
  • abenben

    Sep. 11, 2015
  • MasayaChonan

    Sep. 11, 2015
  • tomokotakenoshita

    Sep. 11, 2015
  • johniojohnny

    Sep. 11, 2015
  • shizubanban

    Sep. 11, 2015
  • kauji0522

    Sep. 11, 2015

15/09/10 Sendai Agile Stories発表資料

Views

Total views

4,326

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

995

Actions

Downloads

17

Shares

0

Comments

0

Likes

23

×