Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

業務系SEの今後について

具合が悪い部分や指摘を受けた分を修正してDLフリーにしてます。企業内内部やMtgで利用したい場合はご利用ください

  • Login to see the comments

業務系SEの今後について

  1. 1. 業務系SEの今後について 消費税増税と年金問題が与える影響 2012// 株式会社ノーチラス・テクノロジーズ http://www.nautilus-technologies.com/ mailto:contact@nautilus-technologies.com Tel: 03-6712-0636 Fax: 03-6712-0664 Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential
  2. 2. 自己紹介  okachimachiorz – 省略  キャリアの中で共通点として – 「今後ふくらむ人件費どうします?」にいつも直面していた。 – 「働いている人たちのキャリアパスってどう思っています?」とか、考 えないといけない立場の連続だった。 Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 1
  3. 3. さて現在の社会状況〜マクロ  年寄りが増える – 圧倒的に一人当たりの生産価値が減少する  体力が減れば、生産できる価値はどうしても減る  補うだけの勉強を「常に」にしていれば別だが、少数派  社会的コストの増大 – 社会インフラの維持コストの問題  公共事業で景気維持というスタイルの後遺症  ランニングコストまで考えてないので、結果の辻褄があってない – 全体のパイの縮小均衡  人口減  売上の減少->よって利益フォーカスの操業  コスト削減の圧力 Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 2
  4. 4. さて現在の社会状況~個人(特に20-30代)  年金問題 – もはやスキームとして成立しない – 払っても戻ってこない – 後だしじゃんけんで何が悪いという居直りのおじさん軍団  「俺たちの世代が一番ワリを食ったという意識」は強い  被害者意識層は遠慮しません  消費税の増額 – 5% -> 8% -> 10% – どんどん逝きます。直接税が減額されないので、実施所得減少  要するに実質所得は(体感的に)減少する – 都内で一家を構えて、嫁さん+子供と食わすには – 額面年収1000万+貯蓄5000万はないと厳しい Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 3
  5. 5. んで、SIの現状をマクロから  産業別人口 ~最近話題のIPAの調査結果 (これはIT全般の資料) – http://www.ipa.go.jp/jinzai/jigyou/docs/global-report_01.pdf  (このp21の「2)IT人材の動向:IT サービス企業、及びユーザー企業内のIT 関連業務就労者数」を参考) – ITサービス技術者数だけであれば、日本はほぼ米国と同等  そして、お給料様の現状ですよ・・  (おなじくこのp23「2)IT人材の動向:IT技術者給与比較」を参考) – 平均給与はほぼ米国の半分。アイルランド・デンマーク・フィンランド 以下  (一部で購買力平価の考えが足りないという指摘等もあったので、 ま、それはそうだなとも思います、全文みた上で、各自判断してく ださい。) Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 4
  6. 6. つまりどういう事かというと・・・  日本のIT業界は – 例えば、米国に比べて – または他の国々と比べても  まず「人が多過ぎる」  つぎに「給料が安い」 人が多すぎて、 給料が安い Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 5
  7. 7. というわけで、ここで良く言われる格言  「プログラマーの生産性は、低い人と高い人と比べると10倍以上の 開きがある、ということが良くある」 – 割と現実に見ることが多い。 – 例)  3人x 3ヶ月で出来たSQLバッチ->激遅い – そもそも実際の環境で走らせていないとか – コードが酷いとか  ベテランが一週間で書き直して、普通に動く  ということで、よく言われること 「できるやつの給料をあげなさい」 – でないと携帯ゲーム屋にいっちゃうよ、という流れ Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 6
  8. 8. 本当にそうなのか?  まず、「プログラマーの生産性は、低い人と高い人と比べると10倍 以上の開きがある、ということが良くある」ということ  IT業界で結構言われる  他の業界で言われることは、実は少ない – あっても3倍というケースが多い  極めて例外的に10倍ということはある – 普通はそんなに一人当たりの出力がズレたら商売にならない – 「同じ労働集約的な産業においても、10倍も変わるということが日常茶 飯事である」ということはない  「プログラマーの生産性は、低い人と高い人と比べると10倍以上の 開きがある、ということが良くある」ということがあること自体 が、まず異常だと思うべき。 Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 7
  9. 9. なぜ10 倍の生産性がでるのか?  能力が高いほど生産性があがる – これは事実としてある – できる人の設計・コードは、別格であり追随を許さないということはあ る  他方、そもそもばらつきが酷くないか? – 参入障壁がない – 受託が、人数で数合わせをしているビジネスモデル  できなくても、チームに無理矢理組み込む  優秀な人の生産性が高い、というよりも低い人が多すぎるのではな いか? – 設計とかコードとか普通におかしいだろということが、ままある – 普通に5秒で気づくことに気がつかない Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 8
  10. 10. そこで、経営層は普通どう考えるか?  「できるやつの給料をあげる前に、できないヤツの給料を下げる(または 上げない。または首を切る)」  んでコイツは建前で、実態は・・・・ – 「できないヤツの給料を上げないついでに、できるやつの給料も適当に据え置 く」 – 現実問題として、人員が多い組織では人件費を上げるということは至難の業 – モチベーションは給与では上がらない、むしろ落ちる  他人が給料あがったことのマイナスは、自分の給料があがったことでは補えない  つまりあげるなら、一斉に上げるということが必要  そんなことやると即死する会社が多い  つまり「人が多く、給料が安い」+「能力のばらつきがヒドイ」= まず 当面の対策としては、人件費の据え置きに走る→恒久化する Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 9
  11. 11. そこで、ITのあり方について  SI自体が成り立たないという現実 – 「人が多すぎて、給与が安い」 – しかし、人力での大規模SIに頼る現実 – 若年層人口の減少 – 社会的なコストの増大 – 一般に労働集約的産業の行き詰まり  かつ、前述の「特に人件費の扱い」を考えると、一人当たりの賃金 が上がる要素はゼロに近い。 – 特に大規模SIを商売にしているところは、そうなってしまう – これは経営層の資質という問題ではない – そうせざる得ないという現実もある Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 10
  12. 12. SIの現実  SI屋 – 単純な売上増を安易なSIで稼ごうとする経営スタイル  一度こちらに振ると脱却が難しい – 特に上場会社で右肩成長圧力があるところに顕著  ユーザー層 – ITのリソースを外部から調達すればよいというユーザー層の考え方  人は外からとればよい、という考え方 – 特にITは本業ではない、と公言するユーザー様に顕著  この「需要と供給」というパーフェクトな図式のなかで成立してきた SI事業は当然の背景として、明確な「市場としてのビジョン」は皆 無。 – 需要者と供給者で、市場を維持しようというモチベーションが薄い – IT業界特有の問題 – 結果として成立しているだけ – 要するに「なくなるときは、簡単になくなる」という言っています。 Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 11
  13. 13. 業務系SEの現実  認識すべき背景 – SIがマーケットとして非常に厳しい – 企業環境として給与は上がり辛い – 年金・消費税で実質所得は間違いなく下がる  なので、どうすべきか?という問題を真剣に考えるべきである。 – 考えるべきこと  マーケットがどう変化するか?  変化するマーケットにどう自分自身をビッドするのか?  賭けるチップ(自分の能力)は手元にあるか? – この辺を間違えて、ビッドすると大負けする  例)安易なゲーム会社への転職とか Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 12
  14. 14. マーケットがどう変化するのか?  まずSIビジネスが縮小していく – 縮小とゼロになる、ということは違う – ゼロにはならない – 縮小して、どうバランスさせるのか?という問題  中規模・小規模SIの増加 – 投資余力の減少から規模の縮小が始まる  SI自体の数の減少 – 先送り案件が増える – 投資自体がシュリンクする – 運用や追加補修の増加 Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 13
  15. 15. 変化するマーケットにどうビッドするのか?  少ない人員で回せる仕組みが必要になる – とはいえ、5人とか10人とかそういった話ではない – 100人月→70人月 – 50人月→20人月 – こういったサイズの縮小が増える – 「アジャイルには大きすぎる」  ある程度マルチでできることが必要になる – 能力のある人間が1.5役ぐらいをやっていく感じになる – 単一能力ではなく、複数の領域でのノウハウが必要  業務系のニッチな仕事はむしろ増える – SI屋を抜きに直接発注が来ることも増える – 間違って拡大するとすぐに死ぬ Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 14
  16. 16. 手持ちのチップは十分か?  手持ちの武器は何が必要か? – 「カードは多ければ多いほどよい」 – 最強のカードは、複数の「最強−1」のカードには勝てない – 最強のカードになるには かなりコストはかかるが、最強-1であれば実は 真面目にやればいけてしまう。  スーパースターになる必要はない – 設計 – アーキテクチャ – アプリ – インフラ – 運用 – 基礎技術 – 業務系ノウハウ – 「どこか複数の領域で、ほぼ万全(完全ではない)な状態」が望ましい Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 15
  17. 17. エンジニアとしてのキャリア・パス  単一の道で最強をめざす – おすすめしない – 日本で最強はない  日本で最強だと、ガラパゴスな感じで勢力争いになる  複数の道で最強-1をめざす – おすすめする – 90点を100点にするのではなく、 30点を90点にする – 「50点では妥協しないが、100点は目指さない」  それ以外 – 「別の業界への転職をお勧めします」 – おすすめは・・・  考えたけど特に思い浮かばない感じ Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 16
  18. 18. 経験知として  そもそもITの流れを理解しておくこと – 歴史は繰り返している  汎用機→オープン化→クラウド – その都度車輪の作り直しになっている  特にミドル系 – 車輪の作り方を知っておく必要はある  実際に作るべきかどうか?というときには必ず再考すること – 「流行に飲まれるな」  HTML5、Hadoop、関数型  一回退いた上で、自分なりに咀嚼してから「目的をもって」取り組むこと Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 17
  19. 19. 何もしないとどうなるか  まず実質所得は下がる – これは決定的 – しかも、あと5年後に確定  SIビジネスは縮小する – 予算がないので、スケジュールが短縮され、デスマが増える – 「政治ができない」順に仕事がなくなる  技術とは関係ない  つまりモチベーションとか、生きがいとか、そういった精神的な充 実の以前に、そもそも食べていくことが辛くなる – 正直、消費税は想像以上にきついですよ。 – 税金には消費税はかからないので、手取りがさっくり減る計算に近い Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 18
  20. 20. いままで何が違うのか?  座っていても大丈夫という時代が「本当に」なくなりつつある – 大企業でも倒産や合併という憂き目にあう  SNS等のつながりで、情報の流れが速い – 選択肢の幅が広がる – また逆に、競争が激しくなる  企業の壁が薄くなる – 個人を守ってくれない – 自力救済  「勉強するモチベーション」と「自分の能力をどう評価するのか」 ということが、非常に重要になる Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 19
  21. 21. つまり 夢も希望もない わけよ。 自分で作らない Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 20
  22. 22. 何をカードにしておくか  設計  アーキテクチャ  アプリ  インフラ  運用  基礎技術  業務系ノウハウ Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 21
  23. 23. 何をカードにしておくか  設計 – 「普通の設計」ができるようにしておく  特定の要素技術に依存しない  画面設計・データモデル設計・フロー設計・・・ – 例外処理を拾えること  やり過ぎると死ぬ  やらなくても死ぬ  程度を押さえる – 設計時点でパフォーマンスボトルネックを想定する  どこが詰まるのか、想定しておく – 「適度に行う」という適度感を身につける Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 22
  24. 24. 何をカードにしておくか  アーキテクチャ – すべての基本はIO  各物理階層をちゃんと理解する  限界を理解する  パフォーマンスはアーキテクチャで決定される – 障害設計から考える  トラブル中心で考える – 「何が何をするのか」がわかるようにしておく  過度に複雑なってはいけない  「フレームワークの役割」の理解 Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 23
  25. 25. 何をカードにしておくか  アプリ – 基本はプロジェクトマネージメント  普通にWFができること  WBS・課題管理・・・・ – 要素技術の共通点を押さえる  制御構文  ライブラリーのあり方 – 書きすぎないこと  「作らない技術」を持つこと  少ない人数でどうするのか?  手をどう放すか、ということも常に意識すること Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 24
  26. 26. 何をカードにしておくか  インフラ – とにかく情報収集  ただし、枝葉末節にこだわらない  仕様は変わる  マニュアルも変わる – ネットワークの基礎技術は押さえること  物理階層  プロトコル  設計  障害  パフォーマンス  上には上がいるが、最低限というものはある。 – ハードはいろんなものが出てくるが、最後はIO  パフォーマンス  障害 Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 25
  27. 27. 何をカードにしておくか  運用(継続開発) – 設計が命  運用設計は絶対一度は経験すること  今まで「見えなかったもの」が見える – 継続的なインテグレーションのマスター  システムは使われてなんぼ  生きているシステムは、変更される~どんどん変わる  割と常識になっているので、マスターすること – コスト意識をもつこと  運用コストは馬鹿にならない Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 26
  28. 28. 何をカードにしておくか  基礎技術 – 以下の基礎は「絶対にマスター」しておくこと – 「計算」についての基本知識  計算量  確率統計 – 高校生~大学学部程度で十分  計算とはなにか – 「品質」についての基本知識  品質は作り込むもの  手法は様々だが、完璧なものはない – 「論文が読めるようになっておくこと」  我々は巨人に肩に乗るべき  TX・分散・並列・・・・ Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 27
  29. 29. 何をカードにしておくか  業務系ノウハウ – 1.「考える」  なぜ、こういう仕組みになっているのか?  書籍を読む・基礎知識を積む – 例)会計処理 → 一応簿記ぐらい知っとく – 例)最適化 → ORぐらい知っとく – 2.「聞く」  なぜなのか?聞いて聞いて聞きまくる  いやがられるけど、めげない – 3.「応用する」  大事なのは、個々の仕様ではない  「考え方」を学ぶこと  「考え方」を常識にとらわれずに転用すること – 転用することで、オリジナルへの理解が深まる Copyright © 2011-2012 Nautilus Technologies, Inc. All rights reserved.NAUTILUS Proprietary & Confidential 28

×