Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Async design with Unity3D

UnityでHTTP通信をするときに割りと困りがちな非同期処理の設計についてロードオブナイツで使っているデザインを公開します。スライド作成は++c++;の中の人。

  • Be the first to comment

Async design with Unity3D

  1. 1. ロードオブナイツで使ってるUnity非同期処理デザイン ++C++; 岩永信之  2012/10/12
  2. 2. イテレーター構文とUnityのコルーチンコルーチン
  3. 3. ゲーム ループ● ゲームでは、どこか大元でループが回ってる while (isAlive) { // 固定 FPS なら、所定の時間が来るまで Sleep gameTime = … // ゲーム時間を進める foreach (var obj in gameObjects) { obj.Update (gameTime); } } 1フレームに1回よばれる処理
  4. 4. 重たい処理● フレームレートよりも時間がかかる処理をし ちゃダメ ダメな例 string Load(string path) { // 30ミリ秒くらいかかるものとする var data = ファイルからバイナリロード(path);     // これも30ミリ秒くらいかかるものとする return デシリアライズ(data);     // 30 FPSだと、このメソッドは33ミリ秒以内に終えないと処理落ち } 2回に分けたい
  5. 5. そこで、イテレーター● イテレーターをコルーチンとして使うゲーム ループ中で、毎フレーム MoveNextを呼んでもらう IEnumerator Load(string path, Action<string> callback) { var data = ファイルからバイナリロード(path); 1フレーム目     yield return null; callback(デシリアライズ(data)); 2フレーム目     yield return null; } returnの代わりに コールバック呼び出し
  6. 6. before/after (1)● メソッド宣言 before string Load(string path) after IEnumerator Load(string path, Action<string> callback) ● 戻り値はIEnumerator固定 ● 本来の戻り値はcallbackごしに返す
  7. 7. before/after (2)● return before return result; after callback(result); ● returnステートメントの代わりにcallback呼び出し
  8. 8. before/after (3)● 呼び出し側 before var x = Load("path"); …(後続の処理) after StartCoroutine(Load("path", x => { …後続の処理 }); ● 戻り値を直接受け取れない ● 形式上の戻り値(IEnumerator)はコルーチン起動のた めに使う ● 匿名関数を使って後続の処理をつなぐ
  9. 9. .NET Framework 4のTaskクラスを参考に、UnityコルーチンをラッピングTASKクラス
  10. 10. 問題● 複数のコルーチンを扱いにくい StartCoroutine(A); StartCoroutine(B); ● A, B両方が完了するのを待ちたいときはどうする? ● Aの完了後にBを開始したいときはどうする? ● 特に、Aの(本来の)戻り値をBで使いたいときは? ● エラーの伝播を考えるとさらに面倒
  11. 11. Taskクラス● こういうクラスを用意 public class Task<T> : IEnumerator { IEnumerator Routine; public T Result { get; } public Exception Error { get; } public void OnComplete(… callback); public Task<T> ContinueWith<U>(… continuation); } ● 継続処理の登録 ● (本来の)戻り値やエラーの伝播
  12. 12. 実例● ロードオブナイツのマップ ● 64万要素程度の配列をJSONで受け取ってた ● 通信もコルーチン ● 通信エラーが発生する可能性あり ● デコードもそこそこ高負荷なのでコルーチン化したい ● (行単位でデコード、1フレームに1行ずつとか) ● 通信の結果を使う ● デコード エラーが発生する可能性あり ● ローカル ストレージにキャッシュしたい ● IOエラーが発生する可能性あり※ 最新バージョンではデータを小分けで受信するように改善され、デコード処理はコルーチンではなくなっている
  13. 13. Task利用例(戻り値)● (本来の)戻り値の伝播 IEnumerator A(Action<int> callback); IEnumerator B(int x, Action<string> callback); IEnumerator C(string s); A, B, C の順で実行したい A の戻り値(int)を B で、B の戻り値(string)を C で使いたい 同期処理なら C(B(A()); だけで書けるもの var t = new Task<int>(A) .ContinueWith<string>(B) .ContinueWith(C); StartCoroutine(t);
  14. 14. 同期処理と比べて● 同期処理との対比 IEnumerator A(Action<int> callback); IEnumerator B(int x, Action<string> callback); IEnumerator C(string s); int A(); string B(int x); void C(string s); var t = new Task<int>(A) var x = A(); .ContinueWith<string>(B) var s = B(x); .ContinueWith(C); C(s); StartCoroutine(t); あるいは C(B(A()));
  15. 15. Task利用例(例外処理)● コルーチン内で発生した例外も受け取れる var t = new Task<int>(A) .ContinueWith<string>(B) .ContinueWith(C) .OnComplete(t => ● A, B, C のどこかで例外が発 { 生した場合、そこでコルーチン if (t.Error != null) … の実行は中断。 }); ● 発生した例外はErrorプロパ ティにセットされる StartCoroutine(t);
  16. 16. 以上

×