Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
0
ユーザーを理解できない「アクセス解析指標」や「KPI」からの脱却!
ユーザーエクスペリエンスに基づいた指標設計と改善の考え方
1
自己紹介
2
小川 卓(おがわ たく)
自己紹介
ウェブアナリストとしてマイクロソフト・ウェブ
マネー・リクルート・サイバーエージェント・ア
マゾンジャパンなどで勤務。解析ツールの導入・
運用・教育、ゴール&KPI設計、施策の実施と評
価、PDCAをまわ...
3
いろいろな書籍を出しています
自己紹介
4
「分解法」を通じて目標への課題発見・実現方法を考える
最初に
5
15秒ほど考えてみましょう
まず最初に…
皆さんは普段どのような指標を見ていますか?
あるいはどのようなKPIが設定されていますか?
6
たまたま普及した「アクセス解析用語」
セッション数
まず最初に…
直帰率
滞在時間
ページビュー数
訪問者数
セッション
あたり
ページビュー
新規率
コンバー
ジョン率
CPA
CPC
7
例えば…
これらの指標を改善すると、利用者の気持ちが変わったのか?
直帰率が76%から65%に改善
滞在時間が1分40秒から2分08秒に
Image from Flickr
9
利用者の行動や思いを変えること、よりよい体験を提供すること
大切なのは
つまり ”User eXperience” の向上
(≠User Interface)
10
「分解法」を通じて目標への課題発見・実現方法を考える
でも、計測はしないといけない(よね)
11
ユーザーの行動や態度変容を「可視化」する
User Experience & Measurement
Concept Diagramのご紹介
12
Concept Diagram
13
「ユーザーの行動・気持ちの変化」を図解した、継続可能なアウトプット群
コンセプトダイアグラムとは?
14
コンセプトダイアグラムの3大要素
3つの特徴
ユーザーの行動や気持ちを■と⇒を使って図解
ユーザー群とそれらを計測するルールを定義する
改善施策は「ユーザーの態度変容」を元に考える
15
ワークショップの様子:既に10サイト以上で作成
16
アウトプット例
17
コンセプトダイアグラム例
選択肢多い 少ない
気持ちの
高まり
楽しい!(*´∀`*)
ふーん(ー_ー) 面白い
マンガないかな? これちょっと気に
なるなぁ ○○の
新刊読みたい!
この本が
読みたい
買う
読む
どれがいいかな?
この...
18
コンセプトダイアグラム例
選択肢多い 少ない
気持ちの
高まり
楽しい!(*´∀`*)
ふーん(ー_ー) 面白い
マンガないかな? これちょっと気に
なるなぁ ○○の
新刊読みたい!
この本が
読みたい
買う
読む
どれがいいかな?
この...
19
コンセプトダイアグラム例
選択肢多い 少ない
気持ちの
高まり
楽しい!(*´∀`*)
ふーん(ー_ー) 面白い
マンガないかな? これちょっと気に
なるなぁ ○○(の新刊)
読みたい!
この本が
読みたい
買う
読む
どれがいいかな?
...
20
コンセプトダイアグラムのユーザー定義を数値に落とし込む
定義したユーザーに対してルールを決める
流入ページ
ページを特定の場所までスクロール
訪問回数・訪問頻度
特定の遷移
流入元(メール・他サイトなど)
21
レポートに落とし込む
定義に応じてアクセス解析ツールなどでデータを取得する
22
ユーザー別の分析を行なう
分析に活用する
23
コンセプトダイアグラムでわかる 清水式「ビジュアルWeb解析」
コンセプトダイアグラム作成の参考になる書籍
24
最後に
25
ユーザーの気持ちを無視した数値の改善
今までの考え方
訪問者100万人を150万人にする
直帰率を80%から52%まで下げる
セッションあたりのPV数を1.5から2.2に上げる
26
ユーザーの「態度変容」を実現するための数値と施策の考え方
コンセプトダイアグラムでこういう風に変わる
サイトで商品を真剣に探している人を
5万人から6万人に増やす
20万人の検討ユーザーの内、実際に商品を決定している
ユーザーを30%から...
27
一緒に作成をしたクライアントからいただいた声の一部
お客様の声
徹底してユーザー視点で考えるため、今までのツールの指標に囚われず
にKPI設定が出来るのが大きな利点だと感じます。
(コンセプトダイアグラムを作る際に、従来の指標に
囚われな...
28
Happy Analytics!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ユーザーエクスペリエンスに基づいた指標設計と改善の考え方

40,190 views

Published on

「コンセプトダイアグラム」を活用して、アクセス解析指標ではない形で、サイトのKPIを設定し改善する方法を紹介いたします。

Published in: Data & Analytics
  • Login to see the comments

ユーザーエクスペリエンスに基づいた指標設計と改善の考え方

  1. 1. 0 ユーザーを理解できない「アクセス解析指標」や「KPI」からの脱却! ユーザーエクスペリエンスに基づいた指標設計と改善の考え方
  2. 2. 1 自己紹介
  3. 3. 2 小川 卓(おがわ たく) 自己紹介 ウェブアナリストとしてマイクロソフト・ウェブ マネー・リクルート・サイバーエージェント・ア マゾンジャパンなどで勤務。解析ツールの導入・ 運用・教育、ゴール&KPI設計、施策の実施と評 価、PDCAをまわすための取り組みなどを担当。 個人として、ブログ「Real Analytics」を2008年 より運営。全国各地で講演を年間40回以上実施。 ・アクセス解析イニシアチブ プログラム委員 ・Adobe Analyticsユーザー会「eVar7」代表 ・デジタルハリウッド大学大学院准教授 ・株式会社UNCOVER TRUTH CAO ・Faber Company CAO
  4. 4. 3 いろいろな書籍を出しています 自己紹介
  5. 5. 4 「分解法」を通じて目標への課題発見・実現方法を考える 最初に
  6. 6. 5 15秒ほど考えてみましょう まず最初に… 皆さんは普段どのような指標を見ていますか? あるいはどのようなKPIが設定されていますか?
  7. 7. 6 たまたま普及した「アクセス解析用語」 セッション数 まず最初に… 直帰率 滞在時間 ページビュー数 訪問者数 セッション あたり ページビュー 新規率 コンバー ジョン率 CPA CPC
  8. 8. 7 例えば… これらの指標を改善すると、利用者の気持ちが変わったのか? 直帰率が76%から65%に改善 滞在時間が1分40秒から2分08秒に
  9. 9. Image from Flickr
  10. 10. 9 利用者の行動や思いを変えること、よりよい体験を提供すること 大切なのは つまり ”User eXperience” の向上 (≠User Interface)
  11. 11. 10 「分解法」を通じて目標への課題発見・実現方法を考える でも、計測はしないといけない(よね)
  12. 12. 11 ユーザーの行動や態度変容を「可視化」する User Experience & Measurement Concept Diagramのご紹介
  13. 13. 12 Concept Diagram
  14. 14. 13 「ユーザーの行動・気持ちの変化」を図解した、継続可能なアウトプット群 コンセプトダイアグラムとは?
  15. 15. 14 コンセプトダイアグラムの3大要素 3つの特徴 ユーザーの行動や気持ちを■と⇒を使って図解 ユーザー群とそれらを計測するルールを定義する 改善施策は「ユーザーの態度変容」を元に考える
  16. 16. 15 ワークショップの様子:既に10サイト以上で作成
  17. 17. 16 アウトプット例
  18. 18. 17 コンセプトダイアグラム例 選択肢多い 少ない 気持ちの 高まり 楽しい!(*´∀`*) ふーん(ー_ー) 面白い マンガないかな? これちょっと気に なるなぁ ○○の 新刊読みたい! この本が 読みたい 買う 読む どれがいいかな? このサイトは楽しい! 無かった… 無し
  19. 19. 18 コンセプトダイアグラム例 選択肢多い 少ない 気持ちの 高まり 楽しい!(*´∀`*) ふーん(ー_ー) 面白い マンガないかな? これちょっと気に なるなぁ ○○の 新刊読みたい! この本が 読みたい 買う 読む どれがいいかな? このサイトは楽しい! 無かった… 無し これなんか 良さそう うーん、ぴんと こないなぁ 無いんかい! あったあった お、無料だ! 続き 気になる 買っちゃうか! さー読むぞ読み終わったけど まだ時間あるなぁ 満足!
  20. 20. 19 コンセプトダイアグラム例 選択肢多い 少ない 気持ちの 高まり 楽しい!(*´∀`*) ふーん(ー_ー) 面白い マンガないかな? これちょっと気に なるなぁ ○○(の新刊) 読みたい! この本が 読みたい 買う 読む どれがいいかな? このサイトは楽しい! 無かった… 無し A.なんとなく ユーザー C.お目当てあり ユーザー D.がっかり ユーザー E.読みたいマン ガ 発見ユーザー F.読了 ユーザー G.購入 ユーザー I.ヘビー読者 H.ライト読者 B.マンガ よみたいユーザー
  21. 21. 20 コンセプトダイアグラムのユーザー定義を数値に落とし込む 定義したユーザーに対してルールを決める 流入ページ ページを特定の場所までスクロール 訪問回数・訪問頻度 特定の遷移 流入元(メール・他サイトなど)
  22. 22. 21 レポートに落とし込む 定義に応じてアクセス解析ツールなどでデータを取得する
  23. 23. 22 ユーザー別の分析を行なう 分析に活用する
  24. 24. 23 コンセプトダイアグラムでわかる 清水式「ビジュアルWeb解析」 コンセプトダイアグラム作成の参考になる書籍
  25. 25. 24 最後に
  26. 26. 25 ユーザーの気持ちを無視した数値の改善 今までの考え方 訪問者100万人を150万人にする 直帰率を80%から52%まで下げる セッションあたりのPV数を1.5から2.2に上げる
  27. 27. 26 ユーザーの「態度変容」を実現するための数値と施策の考え方 コンセプトダイアグラムでこういう風に変わる サイトで商品を真剣に探している人を 5万人から6万人に増やす 20万人の検討ユーザーの内、実際に商品を決定している ユーザーを30%から50%に増やす 悩んでいるユーザーに安心してもらうためには、 どういったコンテンツや機能が必要だろうか?
  28. 28. 27 一緒に作成をしたクライアントからいただいた声の一部 お客様の声 徹底してユーザー視点で考えるため、今までのツールの指標に囚われず にKPI設定が出来るのが大きな利点だと感じます。 (コンセプトダイアグラムを作る際に、従来の指標に 囚われないことが大事というのが大きな学びでした。) それによって今まで決めきれていなかった「どんな数値を上げれば 良いのか?」 というモヤモヤをスッキリとさせることができました。 次のステップに行くためには、どういった「気持ち」が必要か? という部分の気づきが重要。それ視点で考えると仮説、施策の 方向性が一気に変わります。 ユーザの行動を最後まで一貫して認識できるので、 施策の考え方にブレがなくなる
  29. 29. 28 Happy Analytics!

×