Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

of

Linux#3 Slide 1 Linux#3 Slide 2 Linux#3 Slide 3 Linux#3 Slide 4 Linux#3 Slide 5 Linux#3 Slide 6 Linux#3 Slide 7 Linux#3 Slide 8 Linux#3 Slide 9 Linux#3 Slide 10 Linux#3 Slide 11
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

Download to read offline

Linux#3

Download to read offline

linux

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

Linux#3

  1. 1. 【Linux】#3 アジェンダ 0900-0910 PCのIPアドレス変更、結線 0910-0920 サーバ環境確認、インストール準備 0920-0930 Apacheのインストール 0930-1000 mod_ssl、php、インストール 1000-1015 apacheでBasic認証 仮想マシンの名前 connpassIDの先頭4文字+【study】+linux3として下さい 既にある場合は変更して下さい。 今日のゴール apacheをインストールする phpをインストールする apacheで「Hello world」 phpの実⾏ Basic認証 1
  2. 2. 環境確認 vmwareにログインして、自分の仮想マシンを起動して下さい。 仮想マシン名をラボの進捗に合わせて、変更して下さい。 ネットワークを確認して有効化して下さい。 PCのteratermから接続して下さい SE Linuxが無効化されている事を確認して下さい 2
  3. 3. インターネット未接続環境でのdnf ソフトウェアのインストールにはCentOS8のパッケージ管理ソフトウェアである「dnf」を使用していきますが、デフォルトではインターネットからソフト ウェアを取得することになります。 ここではインストールメディアからソフトウェアを取得する設定を⾏います。 インストールメディアのISOイメージをCDROMドライブにセットしてあります。 3 手順1 [root@suzukto ~]# mkdir␣/media/CentOS [root@suzukto ~]# mount␣–o␣ro␣/dev/cdrom␣/media/CentOS/ [root@suzukto ~]# alias␣dnf=‘dnf␣--disablerepo=¥*␣--enablerepo=c8-media-BaseOS,c8-media-AppStream’ 手順2 確認 [root@suzukto ~]# df ファイルシス 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置 devtmpfs 905304 0 905304 0% /dev tmpfs 934792 0 934792 0% /dev/shm tmpfs 934792 9832 924960 2% /run tmpfs 934792 0 934792 0% /sys/fs/cgroup /dev/mapper/cl-root 13420544 4243772 9176772 32% / /dev/sda2 999320 191708 738800 21% /boot /dev/sda1 613184 6908 606276 2% /boot/efi tmpfs 186956 1180 185776 1% /run/user/42 tmpfs 186956 4672 182284 3% /run/user/0 /dev/sr0 8037456 8037456 0 100% /media/CentOS [root@suzukto ~]# #alias 手順3 確認 [root@suzukto ~]# alias alias cp='cp -i' alias dnf=‘dnf --disablerepo=¥* --enablerepo=c8-media-BaseOS,c8-media- AppStream’ ←確認 alias egrep='egrep --color=auto' alias fgrep='fgrep --color=auto' alias grep='grep --color=auto' alias l.='ls -d .* --color=auto' alias ll='ls -l --color=auto' alias ls='ls --color=auto' alias mv='mv -i' alias rm='rm -i' [root@suzukto ~]#
  4. 4. Webサーバーのインストールと設定 (1) Webサーバーソフトウェア httpd のインストール dnf list httpd 「利用可能なパッケージ」として表⽰されることを確認します。 dnf install httpd インストールコマンド。httpdをインストールするために必要な依存パッケージも同時にインストールされます。。 「完了しました!」と表⽰されたらインストール完了です。 関連ソフトウェアのインストール dnf install mod_ssl php Webサーバーで使用するソフトウェアを2つ追加でインストールします。 mod_ssl はWebサーバーへ暗号化された通信でアクセスするのに必要なモジュールです phpWebサーバーで動的なコンテンツを配信するために使用します 「完了しました!」と表⽰されたらインストール完了です。 4 利用可能なパッケージ httpd.x86_64 2.4.37-21.module_el8.2.0+494+1df74eae AppStream 手順4 [root@suzukto ~]# dnf␣list␣httpd 手順5 [root@suzukto ~]# dnf␣install␣httpd 手順6 [root@suzukto ~]# dnf␣install␣mod_ssl php
  5. 5. Webサーバーのインストールと設定 (2) 手順7 インストールが完了した事を確認して下さい 手順8 httpdサービスを起動させて下さい Active(running)を確認して下さい 手順9 firewallに、http、httpsの許可を追加します 手順10 firewallに「http」「https」が追加された事を確認して下さい 5 [root@suzukto ~]# httpd␣-v Server version: Apache/2.4.37 (centos) Server built: Jun 8 2020 20:14:33 [root@suzukto ~]# php␣-v PHP 7.2.24 (cli) (built: Oct 22 2019 08:28:36) ( NTS ) Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologie [root@suzukto ~]# rpm␣aq␣|␣grep␣mod_ssl mod_ssl-2.4.37-21.module_el8.2.0+382+15b0afa8.x86_64 [root@suzukto ~]# systemctl␣start␣httpd [root@suzukto ~]# systemctl␣status␣httpd ● httpd.service - The Apache HTTP Server Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; disabled; vendor preset: disabled) Drop-In: /usr/lib/systemd/system/httpd.service.d mqphp-fpm.conf Active: active (running) since Wed 2020-12-30 06:09:30 JST; 18s ago [root@suzukto ~]# firewall-cmd␣--add-service=http success [root@suzukto ~]# firewall-cmd␣--add-service=https success [root@suzukto ~]# firewall-cmd␣--list-all public (active) target: default icmp-block-inversion: no interfaces: ens192 sources: services: cockpit dhcpv6-client ftp http https ssh ←確認 ports: protocols: masquerade: no forward-ports: source-ports: icmp-blocks: rich rules:
  6. 6. Webサーバーのインストールと設定 (2) 手順11 ブラウザからアクセス確認して下さい https://192.168.210.xxx http://192.168.210.xxx 6
  7. 7. Webコンテンツの作成 Webコンテンツは /var/www/html に配置します。 手順12 HTMLファイルを作成します 手順13 PHPファイルを作成します PHPに用意されているPHP設定をHTML出⼒する関数を実⾏します 手順14 ブラウザで表⽰してみます https://192.168.210.xxx/helloworld.html https://192.168.210.xxx/phpinfo.php 7 <html> <head> <title>sample</title> </head> <body> hello world! </body> </html> <?= phpinfo() ?> [root@suzukto ~]# touch␣/var/www/html/helloworld.html [root@suzukto ~]# vi␣/var/www/html/helloworld.html [root@suzukto ~]# touch␣/var/www/html/phpinfo.php [root@suzukto ~]# vi␣/var/www/html/phpinfo.php
  8. 8. Basic認証(1) 要求︓認証ページを作成して下さい。 手順15 秘密のディレクトリ(/suzukito)を作成して下さい 完成イメージ︓IDとパスワードを必要にします。 #公開の前のホームページとかで利用します。 8 [root@suzukto html]# mkdir␣/var/www/html/suzukito [root@suzukto html]# cd␣ /var/www/html/suzukito [root@suzukto suzukito]# touch␣/var/www/html/suzukito/index.html [root@suzukto suzukito]# vi␣ /var/www/html/suzukito/index.html [root@suzukto suzukito]# cat␣/var/www/html/suzukito/index.html <h1>おとしだまください</h1> [root@suzukto suzukito]#
  9. 9. Basic認証(2) 手順16 htaccessファイルを作成して下さい 手順17 以下のサイトでパスワードを作成して下さい https://www.luft.co.jp/cgi/htpasswd.php 作成された文字列をメモ帳に記憶させて下さい 手順18 htpasswordファイルを作成して下さい 9 [root@suzukto suzukito]# cd␣/var/www/html/suzukito [root@suzukto suzukito]# touch␣.htaccess [root@suzukto suzukito]# vi␣.htaccess AuthUserfile /etc/httpd/conf/.htpasswd AuthGroupfile /dev/null AuthName "ID -> forse password -> P@ssw0rd" AuthType Basic require valid-user [root@suzukto suzukito]# touch␣/etc/httpd/conf/.htpasswd [root@suzukto suzukito]# vi␣/etc/httpd/conf/.htpasswd suzuki:v/KUGezBxHrCc
  10. 10. Basic認証(3) 手順19 Apacheの設定ファイルを修正して下さい コマンド「:set number」で⾏数表⽰をさせて下さい。 変更前 変更後 vi で「yy」ヤンク「p」ペーストが便利です 10 [root@suzukto suzukito]# cp␣-p␣/etc/httpd/conf/httpd.conf␣/etc/httpd/conf/httpd.conf.bak [root@suzukto suzukito]# ls␣-al␣/etc/httpd/conf/httpd.conf [root@suzukto suzukito]# vi␣/etc/httpd/conf/httpd.conf 150 # AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files. 151 # It can be "All", "None", or any combination of the keywords: 152 # Options FileInfo AuthConfig Limit 153 # 154 AllowOverride None 150 # AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files. 151 # It can be "All", "None", or any combination of the keywords: 152 # Options FileInfo AuthConfig Limit 153 # 154 #AllowOverride None 155 AllowOverride All
  11. 11. Basic認証(4) 手順20 Apacheの再起動をして下さい 手順21 認証がかかっている事、ユーザ名とパスワードを⼊⼒し てログイン出来る事を確認して下さい ユーザ名︓suzuki パスワード︓Passw0rd おしまい。 11 [root@suzukto suzukito]# systemctl␣restart␣httpd

linux

Views

Total views

93

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

0

Actions

Downloads

7

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×