Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IoT 入門 ~ .NET Gadgeteer で簡単プログラミング

2,403 views

Published on

「夏祭り!つながる、広がる、IT女子」(Windows 女子部イベント 2014年8月30日開催) セッション資料

Published in: Technology

IoT 入門 ~ .NET Gadgeteer で簡単プログラミング

  1. 1. IoT入門 .NET Gadgeteer で簡単プログラミング 瀬尾佳隆(@seosoft) Microsoft MVP for Visual C# 2014/08/30Windows女子部
  2. 2. 自己紹介 瀬尾佳隆(せおよしたか) MVP for Visual C# (Jan 2009 –Dec 2014) 組込みとSharePoint / Office 365 が好き AKB48G とディズニーリゾートと劇団四季も好き 高校2年の娘がいます コミュニティーやってます 技術ひろば.net(http://hiroba-tech.net/) ブログやってます http://yseosoft.wordpress.com/
  3. 3. 今日お話しすること 最近よく耳にする“IoT”とは? IoT プログラミングの第一歩 .NET Gadgeteer でセンサークラウド Project Siena でデータ視覚化
  4. 4. 最近よく耳にする“IoT” とは?
  5. 5. IoT= Internet of Things モノのインターネット PC やスマホ以外の“モノ”をインターネットに接続する技術 それらのネットワーク接続機能を持つ組込み機器 2020年には500億台以上の”モノ” が インターネットに接続されます PC やスマホは100億台程度 http://cisco-inspire.jp/issues/0010/cover_story.html
  6. 6. IoT はインターネットの第三の波 第一の波 • 人とデータとを 結びつける • サーバーに データを保存する 第二の波 • 人と人とを 結びつける • サーバーはデータを 中継する 第三の波 • 人とモノとを 結びつける • 人ではなくモノが データを作り出す
  7. 7. 現在のIoT の実例 自動販売機 効率の良い商品の補充ができます インターネット対応の電化製品 外出先から自宅の家電を操作できます タクシー 早く効率よくお客様のところに向かえます 離れた場所の情報が分かる
  8. 8. これからのIoT センサークラウド 気温・気圧・湿度などを分析して様々に利用できます 農業クラウド 畑の環境データを集めて、作物の世話、収穫についての 正確な予測を行います 運輸 トラックの位置情報からより早く正確に配送状況を知り、 配達時間の細かな予測ができます 大量のデータの集計・分析で ビジネスや生活に役立てます
  9. 9. IoT プログラミングの第一歩 .NET Gadgeteer ならば簡単
  10. 10. 今日の機材~環境クラウド
  11. 11. 今日の機材~環境クラウド メインボード WiFi 温度・気圧 センサー LED ディスプレイ 可変抵抗 ボタン
  12. 12. .NET Gadgeteerとは
  13. 13. .NET Gadgeteerとは Visual Studio でビジュアル開発できます 何をするデバイスなのかが目で見て分かります ネットワークやクラウドの利用が簡単です .NET Micro Framework の機能を利用します ハードウェアの知識がなくても組込み開発ができます “モノ” のアイデアを形にするうえでハードウェアの知識が ハードルになるのは残念
  14. 14. .NET Gadgeteer で センサークラウド
  15. 15. システムの構成 Azure Mobile Services .NET Gadgeteer Project Siena 気温・気圧を クラウド上に保存 人の手元で 見やすく表示
  16. 16. センサーデバイス(“モノ”) の処理 無線LAN に接続 デバイスの時刻合わせ クラウドに接続 気温・気圧の測定 データをクラウドに送信
  17. 17. Azure Mobile Services の利用 Azure Mobile Services 対応のライブラリ https://github.com/nickharris/ Microsoft.Azure.Zumo.MicroFramework ZIPファイルをダウンロード 解凍したプロジェクトを .NET Gadgeteer ソリューションに追加 Gadgeteerプロジェクトで参照設定
  18. 18. 無線LAN への接続 1.デバイスをオープンして DHCP 有効化 2.アクセスポイントを探す 3.接続する
  19. 19. デバイスの時刻合わせ
  20. 20. クラウドに接続
  21. 21. 測定~クラウドに送信 1.気温・気圧の測定 2.GetTable().Insert() メソッドを呼び出す
  22. 22. Mobile Services に登録したデータ
  23. 23. Project Siena でデータ視覚化
  24. 24. Project Siena
  25. 25. Project Siena Windows 8 アプリ開発用のWindows 8 アプリ 効率よくアプリケーションを開発できます 万能ではないのでVisual Studio を置き換えるものでは ありません Azure Mobile Services のデータを読み出す ことができます
  26. 26. Siena のデザイン画面
  27. 27. まとめ
  28. 28. 今日の話のまとめ 2020年には500億台以上の“モノ” が インターネットに接続されます IoT はインターネットの第三の波と言われています 膨大な量のデータを集計・分析することで 今まで出来なかったことが出来るようになります .NET Gadgeteer で簡単にIoT 開発ができます 環境データの取得もネットワーク接続も簡単です ハードウェアの知識なしでもアイデアを形にできます
  29. 29. 参考資料
  30. 30. デバイスの入手方法 GHI Electronics 社のサイトへどうぞ 日本ではデバイスドライバーズ社が代理店 https://www.ghielectronics.com/ http://tinyclr.jp/ 残念ながら6月にいくつかのモジュールが製造中止 通販サイトに出回ったモジュールを買うならお早めに
  31. 31. 開発環境の入手方法・構築方法 GHI Electronics のサイトで以下をダウンロード https://www.ghielectronics.com/support/netmf Visual Studio 2012 (2013ではない) VS2013と共存可能 Express Edition 利用可能 NETMF and Gadgeteer Package 最新のバージョンは2014 R2 ダウンロードするにはGHI に無償のユーザー登録が必要 ファームのアップデートにはUSB3.0 は使えないので注意 対応方法を資料の末尾に

×