Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

(ISD的)効果的・魅力的プレゼンについて考える

先日,ある勉強会で,プレゼンスキルについてプレゼンする機会がありました。
 §1. 「そもそもプレゼンテーションって何?」
 §2. 「Storyをつくろう」
 §3. 「(ISD的)効果的なプレゼンの組み立て方」
の3部構成で,ワークを取り入れながら,約50分の内容です。

このスライドは,その勉強会で使用したスライドを,SlideShare用に改変(省略・追加)したものになります。

今回の話の肝は「ARCS動機付けモデル」を意識したプレゼン作成をしよう,ということ。
ARCSモデルは,教授システム学・ISD(instructional system design)の中の代表的な理論の一つです。

スライドには一部テキスト補足などを行っていますが,説明不足な部分もあるかもしれません。またスライド内容の補足として,各スライドにノートを貼り付けてあります。ご自由にダウンロードしてお使いください。

ご意見・ご質問はこちらまでお願いします
  Mail shoei05 (@) gmail.com
  Twitter https://twitter.com/shoei05
--
参考文献:
1.【動画】マイクロソフト 桃太郎篇
 https://www.youtube.com/watch?v=-Pxan2zfALg
2.【動画】ペプシネックス ゼロ『桃太郎「Episode.ZERO」』篇 30秒 小栗旬 サントリー CM
 https://www.youtube.com/watch?v=GzZhFO7TpQM
3.【動画】ペプシネックス ゼロ『桃太郎「Episode.1」』篇 Long ver. 小栗旬 サントリー CM
 https://www.youtube.com/watch?v=vICD57aC7Ow
4.【動画】銀のさら公式CM【秘密篇(120秒)】
 https://www.youtube.com/watch?v=0_QOqmmmmBo
5.仕事はストーリーで動かそう/川上徹也 (著)
6.英雄の旅 ヒーローズ・ジャーニー 12のアーキタイプを知り、人生と世界を変える/キャロル・S・ピアソン (著), Carol S. Pearson (著), 鏡 リュウジ (監修), 鈴木 彩織 (翻訳)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4788907895/
7.プレゼンテーションZEN/ガー・レイノルズ(著)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4894713284
8.TEDトーク 世界最高のプレゼン術/ジェレミー・ドノバン (著), 中西 真雄美 (翻訳)
 http://www.amazon.co.jp/dp/B00IWM8VBS/
9.Beyond Bullet Points/Cliff Atkinson (著)
 www.amazon.co.jp/dp/B00JDMPEV6/
10.医療者・研究者を動かす インセンティブプレゼンテーション/杉本真樹 (著)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4048862189
11.これだけ!プレゼンの本質/野村尚義(著)
 http://www.amazon.co.jp/dp/B00J89X38U/
12.さあ、ARCSモデルを学ぼう
 http://www.edutech.tohoku-gakuin.ac.jp/edu/arcs/kyouzai/entrance.html

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to comment

(ISD的)効果的・魅力的プレゼンについて考える

  1. 1. (ISD的)効果的・魅力的 プレゼンについて考える このスライドは,ある勉強会で使用したスライドを, SlideShare用に改変(省略・追加)したものになります。 §1. 「そもそもプレゼンテーションって何?」 §2. 「Storyをつくろう」 §3. 「(ISD的)効果的なプレゼンの組み立て方」 の三部構成となっています。 スライドには一部テキスト補足などを行っていますが, 説明不足な部分もあるかもしれません。
  2. 2. 今日のメニュー 第一部 「そもそもプレゼンテーションって何?」 第二部 「Storyをつくろう」 第三部 「効果的なプレゼンの組み立て方」
  3. 3. 今日のGOAL 1) プレゼンの前提を考えてみる 2) よいプレゼンの法則を知る 3) 役に立つ「型&小技」を持ち帰る
  4. 4. 第一部
  5. 5. どうやったら よいプレゼン ができるのか? を考える前に
  6. 6. そもそも プレゼンテーション って何?
  7. 7. https://www.youtube.com/watch?v=-Pxan2zfALg
  8. 8. プレゼンテーションは ◯◯のためにあるから, この◇◇な状況がおかしい。 この動画は何がおかしい?
  9. 9. • 情報を説明するためにあるもの 物語の説明にプレゼンは適切で無い ・ 客観的かつ論理的に物事を説明するため 無駄な情報が多い ・ 物事の理屈,役立つことを伝えるため 物語には適切で無い ・ 相手にわかりやすく説明するもの 相手が子供→グラフを使っては適切で無い 物語には適切で無い ・ 聞く人のためにあるもの 眠たくて甘えたくて,お話して → 需要・供給がギャップ ・ 伝えたい結論がある 行き着く課程の話をばっさりいった 一番大なところをはしょった ・ 相手に伝えるためにあるもの 相手のことを考えずに,相手のことを考えない伝え方 この動画は何がおかしい? こんな話が出ました
  10. 10. プレゼンの語源は Present = 瞬間 = 贈り物
  11. 11. プレゼン=上手に発表 プレゼン= 自分の知識や実績を ひけらかす場
  12. 12. プレゼン=上手に発表 プレゼン= 自分の知識や実績を ひけらかす場
  13. 13. プレゼンは 「今この瞬間を共有できるプレゼント」 同じ瞬間・空間で,相手に, 心を動かす体験を共有してもらう 相手に想い・学び・発見・体験を 持ち帰ってもらう
  14. 14. 相手を知らなければ 期待通りのプレゼントは渡せない
  15. 15. 相手(聴衆)によって ストライクゾーンは変わる ・相手は何を求めてやってきているのか? ・聴衆の属性を確認しておく (職種,役職,所属先) ・どの程度予備知識があって,専門用語は どこまで共通の言語として使えるのか
  16. 16. 一番大事な問い 「なぜ?」を解決する ・なぜ そのアイデアが大事なのか ・なぜ その行動をとったのか ・なぜ (私は)参加しに来たのか わざわざ貴重な時間をさいて 集まってきて頂いている という価値を大切にする
  17. 17. 第一部のまとめ 1) プレゼンは 「今この瞬間を共有できるプレゼント」である 2) 相手に対してプラスになる情報やインスピレーション を与えること 3) 「その場にいる」相手を知ることが大前提
  18. 18. 第2部 「STORYをつくろう」
  19. 19. https://www.youtube.com/watch?v=GzZhFO7TpQM
  20. 20. 印象的であればあるほど 記憶に残る
  21. 21. プレゼンテーションの質を大きく高めたければ, するべきことはただひとつ。 パワーポイントを開く前にストーリーを作ることだ。 ー 『個条書きのかなた』クリフ・アトキンソン どうやったら良いプレゼンができるの? ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  22. 22. 良いストーリーは相手を共感させ,記憶に残る スライドはストーリーを 補うものにすぎない。 スライドよりも 筋書き作りに 時間をかけること。 ー スティーブ・ジョブズ 脅威のプレゼン
  23. 23. あなたにもストーリーはある ・初めてのときの感動はどうだった? ・あなただからこそ気づいた,他人にない体験談があるか?
  24. 24. ストーリーの黄金率 1.何かが欠落しているまたは欠落させられた主人公が 2.何としてもやり遂げようとする遠く険しい目標やゴールに向かって 3.数多くの葛藤,障害,敵対するものを乗り越えていく ・ハリウッド,ドキュメンタリー等で使われている手法 ・自然と共感し応援したくなる「感動のツボ」 ・実体験からストーリーになる要素を抜き出そう
  25. 25. https://www.youtube.com/watch?v=vICD57aC7Ow
  26. 26. 構想はアナログから始める 最初に紙と鉛筆を使い,『アナログ世界』でアイデアをざっく りまとめておくと何かが違う。 そのアイデアをデジタル技術を使って提示する時,なぜか, 明快かつ創造的となり,優れたプレゼンテーションになるの だ。 『プレゼンテーションZen』ガー・レイノルズ
  27. 27. 構想はアナログから始める ・紙と鉛筆からはじめてみよう ・書く → 簡単な絵を描く → スライドを作成する ・最初に筋書きを作ったほうが,映像の可能性が広がる。 → 書くことによって目的が明確になる。
  28. 28. Episode 2 を作ってみよう ・先ほどの黄金率から妄想してみよう ・どんなストーリーがあったら面白いか ・そこから聴衆に伝わるメッセージは何か
  29. 29. 鬼ヶ島にもう一回行く 沢山の鬼にかこまれてやられる 色々な仲間がいないとダメだ →仲間を探す旅に 犬だけど,走るのめっちゃ遅い 鳥だけど,高所恐怖症 猿だけど木に登れない 犬が桃太郎に出逢う前に 鬼が村にきたときに飼い主と死別 → 食べ物なく死にかけていた → きびだんご 桃太郎も仲間づくりが下手くそ 仲良く慣れなかったけど, スーパーきびだんご 入手困難 実は鬼も,過去に悲しいことがあった そのまま鬼を退治しにいく 勝てなくて, 途中で犬と猿ときじは 悪いことをしていて退治に → 同じくらい強くて 鬼退治で決着 鬼を倒した → その後に 実は鬼ヶ島には 子供を川から流すという習慣があった 桃太郎の子育て 宮本武蔵が実は鬼 スーパーきびパフェ 武蔵に仲間もっていかれる 仲間欠落して,戦いを挑む 鬼との戦闘のときに,片目を負傷 →戦える状況じゃない →マサムネに修行を受けて → 怪我を克服して戦えるように こんな話が出ました
  30. 30. あなたにもストーリーはある ・初めてのときの感動はどうだった? ・あなただからこそ気づいた,他人にない体験談があるか? → そこから聴衆に伝わるメッセージは何か → 黄金率から,共感が得られるストーリーを抜き出す → 共感によって,印象的にメッセージを伝えることができる
  31. 31. 第一部,第二部のまとめ ・ プレゼンは「今この瞬間を共有できるプレゼント」である ・ 良いストーリーは相手を共感させ,記憶に残る ・ 紙と鉛筆から始める
  32. 32. 第 部
  33. 33. なプレゼンテーション
  34. 34. Death by Powerpoint Escape by iPhone 内容が良くても伝え方次第で悲惨なことに 既に知っている内容と同じようだと思った瞬間, 聞き手の集中力は途絶えてしまう 相手の聴くモチベーションを上げる工夫を
  35. 35. 集中力低下は から
  36. 36. 集中力低下は10分毎に襲ってくる 60分の講演などでは10分毎に感情を揺さぶるような コンテンツを入れなければ,聴衆は飽きてしまい,眠くなる 10分毎にぐっと惹きつける工夫を ルール
  37. 37. 動機付けモデル http://www.edutech.tohoku-gakuin.ac.jp/edu/arcs/kyouzai/entrance.html
  38. 38. Attention 注意 「おもしろそうだな」 好奇心,おもしろい,惹き込まれる Relevance 関連性 「ためになりそうだな」 自分にとっても切実な問題,将来役立つ Confidence 自信 「自分でもできそうだな」 自分にもできそう,やってみよう Satisfaction 満足感 「やってよかったな」 やってよかった,来てよかったな ARCS – なぜやる気がでないのかを分析
  39. 39. 長期的 Attention ・順序に一工夫 問題提起を最初の段階で 敵役(対立概念)の登場を先に ・俯瞰性 GOALの設定,迷子にならないように ・御膳たて 緊張から緩和,デザートは最後に 『うっそー!』な瞬間を演出
  40. 40. https://www.youtube.com/watch?v=0_QOqmmmmBo わかりやすい御膳建ての例 ためて落とす
  41. 41. 短期的 Attention ・シンプルに 文字の羅列は注意力が低下する 1スライド1アイデア ・ポイントは3つまで ・「魅せる」 数字,注目して欲しいところを強調 キャッチコピーをつくる ※ 形式にこだわる必要はない
  42. 42. 関連性(Relevance) : ・”他人ごと”ではなく,”自分事“ 疑似体験,リアルな表現 ・一番大事な問い 「なぜ自分にとって必要なのか」 切実な問題,将来役立つ,努力の甲斐 ・参加させる 「◯◯な人??」,聴衆に声かける
  43. 43. 自信(Confidence) : ・現状よりハードルを「ちょっぴり」高く設定 複雑な内容は細かく分割 自分にもできそうと思わせる ・デモを組み込む 実際にやってみさせる その場でハードルを越えさせる ・身近な行動から呼びかける
  44. 44. 満足感(Satisfaction) : ・お土産 問題提起の答え,最後の格言 一番大事な問いに答える 配布資料はスライドと同じ必要はなし ・振り返り エンディングムービー ・終了後のつながり 演者だけでなく参加者同士の交流も
  45. 45. 提案 Attention Relevance Confidence Satisfaction 10 分毎 ARCS 10 分毎 ARCS 10 分毎 ARCS 10 分毎 ARCS 導入,問題,目標 STORY,アイデア 提案,行動 まとめ,格言 大きいARCSと 小さいARCSで考える 揺さぶる! 揺さぶる! 揺さぶる! 揺さぶる!
  46. 46. 「 型ができてない者が芝居をすると 型なしになる。メチャクチャだ。 型がしっかりした奴がオリジナリティを押し出せば 型破りになれる。 どうだ、わかるか? 難しすぎるか。 結論を云えば型をつくるには稽古しかないんだ」 (「赤めだか」立川談春著・扶桑社)
  47. 47. 実践あるのみ! ・ 型破りと型崩れの話 まず型を身につけよう ・ 色々な人のプレゼンを観察しよう 美味しい料理を食べていると 料理が上手になるのと同じ ・ いいところを見つけたら・・・ TTP 徹底的にパクる(守) TKP ちょっと変えてパクる(破) KKP 完全に変えてパクる(離)
  48. 48. 今日のメニュー 第一部 「そもそもプレゼンテーションって何?」 第二部 「Storyをつくろう」 第三部 「効果的なプレゼンの組み立て方」
  49. 49. 今日のGOAL 1) プレゼンの前提を考えてみる 2) よいプレゼンの法則を知る 3) 役に立つ「型&小技」を持ち帰る
  50. 50. Mail shoei05 (@) gmail.com Twitter https://twitter.com/shoei05 (ISD的)効果的・魅力的 プレゼンについて考える おしまい ご意見・ご質問はこちらまでお願いします

    Be the first to comment

    Login to see the comments

  • Saho_Hanada

    Jul. 19, 2014
  • ckiyofuji

    Jul. 19, 2014
  • u1ssk

    Nov. 22, 2014
  • nabepy

    Nov. 29, 2014
  • hirokitaira

    Dec. 31, 2014
  • naokimiyashita79

    Mar. 12, 2015
  • JunkoEnomoto

    May. 28, 2015
  • kuniakisano9

    Aug. 6, 2015
  • akiraen

    Sep. 3, 2015
  • ssusered05bc

    Dec. 21, 2015
  • ssuser760b8e

    Mar. 17, 2019
  • ssuserf35f26

    May. 4, 2020
  • aki13579

    May. 6, 2020
  • ssuserf6a622

    Jan. 13, 2021

先日,ある勉強会で,プレゼンスキルについてプレゼンする機会がありました。  §1. 「そもそもプレゼンテーションって何?」  §2. 「Storyをつくろう」  §3. 「(ISD的)効果的なプレゼンの組み立て方」 の3部構成で,ワークを取り入れながら,約50分の内容です。 このスライドは,その勉強会で使用したスライドを,SlideShare用に改変(省略・追加)したものになります。 今回の話の肝は「ARCS動機付けモデル」を意識したプレゼン作成をしよう,ということ。 ARCSモデルは,教授システム学・ISD(instructional system design)の中の代表的な理論の一つです。 スライドには一部テキスト補足などを行っていますが,説明不足な部分もあるかもしれません。またスライド内容の補足として,各スライドにノートを貼り付けてあります。ご自由にダウンロードしてお使いください。 ご意見・ご質問はこちらまでお願いします   Mail shoei05 (@) gmail.com   Twitter https://twitter.com/shoei05 -- 参考文献: 1.【動画】マイクロソフト 桃太郎篇  https://www.youtube.com/watch?v=-Pxan2zfALg 2.【動画】ペプシネックス ゼロ『桃太郎「Episode.ZERO」』篇 30秒 小栗旬 サントリー CM  https://www.youtube.com/watch?v=GzZhFO7TpQM 3.【動画】ペプシネックス ゼロ『桃太郎「Episode.1」』篇 Long ver. 小栗旬 サントリー CM  https://www.youtube.com/watch?v=vICD57aC7Ow 4.【動画】銀のさら公式CM【秘密篇(120秒)】  https://www.youtube.com/watch?v=0_QOqmmmmBo 5.仕事はストーリーで動かそう/川上徹也 (著) 6.英雄の旅 ヒーローズ・ジャーニー 12のアーキタイプを知り、人生と世界を変える/キャロル・S・ピアソン (著), Carol S. Pearson (著), 鏡 リュウジ (監修), 鈴木 彩織 (翻訳)  http://www.amazon.co.jp/dp/4788907895/ 7.プレゼンテーションZEN/ガー・レイノルズ(著)  http://www.amazon.co.jp/dp/4894713284 8.TEDトーク 世界最高のプレゼン術/ジェレミー・ドノバン (著), 中西 真雄美 (翻訳)  http://www.amazon.co.jp/dp/B00IWM8VBS/ 9.Beyond Bullet Points/Cliff Atkinson (著)  www.amazon.co.jp/dp/B00JDMPEV6/ 10.医療者・研究者を動かす インセンティブプレゼンテーション/杉本真樹 (著)  http://www.amazon.co.jp/dp/4048862189 11.これだけ!プレゼンの本質/野村尚義(著)  http://www.amazon.co.jp/dp/B00J89X38U/ 12.さあ、ARCSモデルを学ぼう  http://www.edutech.tohoku-gakuin.ac.jp/edu/arcs/kyouzai/entrance.html

Views

Total views

1,480

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

43

Actions

Downloads

19

Shares

0

Comments

0

Likes

14

×