Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

作戦を立ててから臨むモデルづくり

匠Methodでモデルを作り時に思考の強度に着目した進め方について考察した内容です。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

作戦を立ててから臨むモデルづくり

  1. 1. 作戦を立ててから臨むモデル づくり ~いつ、どれくらい考えるのか~ 安楽 啓之
  2. 2. 自己紹介 • 入社24年目、昔は官公庁系のシステムや社 員の教育、最近は金融系のお客様向けのシステ ムなどに携わっています。 • 仕事をする中では、結果の成功だけでなく、 そこに至る過程についても、満足いただけるよ うな体験が必要と考えております。 • その実現のために、匠Method Value Metrics研 究会や匠道場、匠塾で体験したことが生かせる と考えています。 • 趣味はサイクリング、料理などをしています。 最近はコロナのおかげで料理のインスタ投稿が 急増中(笑)です。 • Twitter(@hiroyuki_an)
  3. 3. 匠Methodのワークをして いて、迷ってなかなか進 まなかったり、いろんな アイデアが出すぎて、整 理できなくなったことっ てないでしょうか?
  4. 4. 時間と思考で2軸化 はじめ 価値デザインモデル・価値分析モデル自己紹介 とか・・ 要求分析ツリー 思 考 の 負 荷 時間
  5. 5. 望ましくないところは・・・ はじめ 価値デザインモデル・価値分析モデル自己紹介 とか・・ 要求分析ツリー ②ビックバン ④ロジックの崩壊期 ③仮初めの安定期 思 考 の 負 荷 時間 ①探り合い
  6. 6. 望ましくないところは・・・ はじめ 価値デザインモデル・価値分析モデル自己紹介 とか・・ 要求分析ツリー ②ビックバン ④ロジックの崩壊期 ③仮初めの安定期 思 考 の 負 荷 時間 ①探り合い 複雑すぎてついていけない 時間が有効に使えない
  7. 7. 望ましくないところは・・・ はじめ 価値デザインモデル・価値分析モデル自己紹介 とか・・ 要求分析ツリー ②ビックバン ④ロジックの崩壊期 ③仮初めの安定期 思 考 の 負 荷 時間 ①探り合い 望ましい進め方 複雑すぎてついていけない 時間が有効に使えない
  8. 8. 山谷を崩すべし! はじめ 価値デザインモデル・価値分析モデル自己紹介 とか・・ 要求分析ツリー ②ビックバン ④ロジックの崩壊期 ③仮初めの安定期 思 考 の 負 荷 時間 ①探り合い 望ましい進め方
  9. 9. いきなりモデルづくりにははいらないで、お 題の共通認識や望ましい未来など、話しやす い内容から始め、方向性が合いそうなポイン トを話の中から拾い出す。
  10. 10. 山谷を崩すべし! はじめ 価値デザインモデル・価値分析モデル自己紹介 とか・・ 要求分析ツリー ②ビックバン ④ロジックの崩壊期 ③仮初めの安定期 思 考 の 負 荷 時間 ①探り合い 望ましい進め方
  11. 11. 便利な言葉は、問題の先送りにしかな らないので、出てきたら、具体性を出 せるようにブレークダウンする。
  12. 12. 山谷を崩すべし! はじめ 価値デザインモデル・価値分析モデル自己紹介 とか・・ 要求分析ツリー ②ビックバン ④ロジックの崩壊期 ③仮初めの安定期 思 考 の 負 荷 時間 ①探り合い 望ましい進め方
  13. 13. 複雑さをコントロールし、程々の要素が出た ら、次へ進むように促す。 (少ないインプットのうちに先へ進むことで 考える総量をコントロール)
  14. 14. 山谷を崩すべし! はじめ 価値デザインモデル・価値分析モデル自己紹介 とか・・ 要求分析ツリー ②ビックバン ④ロジックの崩壊期 ③仮初めの安定期 思 考 の 負 荷 時間 ①探り合い 望ましい進め方
  15. 15. まとめ • 匠Methodのモデルづくりで、なんとなく始めてしまうと、「思 考の負荷」の山谷ができてしまうので、「考える」内容の質が 上がらないのでコントロールすることが必要 • 「思考の負荷」の山谷を作らないためには、以下が必要。 • 最初は方向性があわせるために、話をしながら結果がイメージできる くらいまでウォーミングアップ • 価値デザイン・価値分析モデルの作成時にでてきた「便利な言葉」は 具体化し、問題の先送りを防ぐ • 登場人物を増やしすると後で大変なので、程々で切り上げる。欲張ら ず後の楽しみを残せることが大事 • ※2回目、3回目の繰り返し時に少しずつ盛り込んでいく
  16. 16. つたない内容でしたがお付き合いいただき、 ありがとうございました。

×