Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

タイ文字と若干情報科学[修正版]

2,806 views

Published on

Thai Alphabet

Published in: Science
  • Hi there! I just wanted to share a list of sites that helped me a lot during my studies: .................................................................................................................................... www.EssayWrite.best - Write an essay .................................................................................................................................... www.LitReview.xyz - Summary of books .................................................................................................................................... www.Coursework.best - Online coursework .................................................................................................................................... www.Dissertations.me - proquest dissertations .................................................................................................................................... www.ReMovie.club - Movies reviews .................................................................................................................................... www.WebSlides.vip - Best powerpoint presentations .................................................................................................................................... www.WritePaper.info - Write a research paper .................................................................................................................................... www.EddyHelp.com - Homework help online .................................................................................................................................... www.MyResumeHelp.net - Professional resume writing service .................................................................................................................................. www.HelpWriting.net - Help with writing any papers ......................................................................................................................................... Save so as not to lose
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

タイ文字と若干情報科学[修正版]

  1. 1. อักษรไทยและสารสนเทศศาสตร ์ タイ文字と若干情報科学 kyp
  2. 2. 本講座の流れ 0.はじめに 1.世界の文字と若干情報科学 2.タイ文字と若干情報科学 3.補足・参考
  3. 3. 本講座の流れ 0.はじめに 1.世界の文字と若干情報科学 2.タイ文字と若干情報科学 3.補足・参考
  4. 4. はじめまして 自己紹介 ・kypです ・去年はPiet練習会とDTM練習会に参加してました 所属・肩書き ・京都大学文学部人文学科新2回(行動文化学系) ・京大マイコンクラブ現広報 ・ ・tan-i.shop founder & COO タイ文字と若干情報科学0.はじめに
  5. 5. 本講の目的(1) ・ラテン文字……現代の覇権文字 ・特に情報科学はラテン文字(英語)が基調 (例)ASCII(American Standard Code for Information Interchange) ・寂しくない? ・世界には少なくとも100以上の文字体系が存在 ・多くは独自の規則、歴史、文化を持つ ・性質上、特に言語観を強く反映する ・世界→言語→文字 の二重の解釈 タイ文字と若干情報科学0.はじめに
  6. 6. 本講の目的(2) ・自然言語の文字体系(正書法)は大抵不条理(に映る) <例> ・英語 ・第二外国語(例外 : ロシア語、中国語?、スペイン語?) ・日本語(漢字) ・なぜ? タイ文字と若干情報科学0.はじめに
  7. 7. 本講の目的(2) ・不条理さの原因 ①設計自体のまずさ?(例: アラビア文字、西夏文字、…) ②無計画な移植/拡張(例: 楔形文字、クメール文字、…) ③硬直化による実態との齟齬(例: 英語、フランス語、…) ・ タイ文字と若干情報科学0.はじめに
  8. 8. 本講の目的(2) ①設計自体のまずさ? ・②無計画な移植/拡張 のマズさを痛感しよう! ③硬直化による実態との齟齬 ・しかしほとんどの文字体系はそれでも運用される(例: 英語) →意外とどうにかなってしまうことも理解しよう! タイ文字と若干情報科学0.はじめに
  9. 9. 本講の目的(3) タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 承認も満たそう!!
  10. 10. 本講座の流れ 0.はじめに 1.世界の文字と若干情報科学 2.タイ文字と若干情報科学 3.補足・参考
  11. 11. 文字の定義 ・文字とは何か? ・定義はとても難しい ・書き言葉…話し言葉の転写ではない ・「転写」はかなり恣意的・非自明な操作 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学
  12. 12. 文字とは何か? ・話し言葉の発音…連続的・曖昧! ・(例) 春合宿(はるがっしゅく) ・/harugaQsjuku/ → [haɾɯɣaɕɕɯkɯ̥] ・/r/ … [d̠ʴ̝̆][ɾ̠][ɽ][ɹ̠][r̠][r̠] (+ [l̠]) ・/Q/ …促音 [p̚] [t̚] [k̚] [s] [ɕ] [h] [ɸ] [ʔ] ・/u/ … [ɯ] [ɯ̜̟] [u] タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学
  13. 13. 文字とは何か? ・話し言葉の発音…連続的・曖昧! ・理想 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ɣ a ɕ ɯ k ɯ̥ ・現実(模式図) ɣ a ɕ ɯ k ɯ̥
  14. 14. 文字とは何か? ・話し言葉の発音…連続的・曖昧! そもそも… ・調音器官(舌とか喉とか)の動きは連続的! ・「完全な**音」は滅多に現れない ・音素……プロトタイプ的・内面的な範疇 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ɣ a ɕ ɯ k ɯ̥
  15. 15. 文字とは何か? ・プロトタイプ理論(例:「鳥」) タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 カラス ハト ペンギン ダチョウ コウモリ スズメ カモ 古典的定義
  16. 16. 文字とは何か? ・プロトタイプ理論(例:「鳥」) タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 カラス ハト ペンギン ダチョウ コウモリ スズメ カモ
  17. 17. 文字とは何か? ・プロトタイプ理論(例:「鳥」) タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 カラス ハト ペンギン ダチョウ コウモリ スズメ カモ プロトタイプ定義 中核的事例 (プロトタイプ) 周縁的事例 周縁的事例
  18. 18. 文字とは何か? ・プロトタイプ理論 ・雰囲気で語れる ・便利! ・認知の仕組みとしてよく持ち出される ・言語学(のある考え方)では、言語∈認知 ・日常言語の意味はプロトタイプ的(≠命題的) ・文法もプロトタイプ的 ex)語、文、品詞…… ・チョムスキーをぶっ倒せ!!!!!! タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学
  19. 19. 文字とは何か? ・文字の中核的機能 … 連続的/共時的な発話の一部を、 離散的/持続的な記号の羅列に分節化 ・分節の単位で分類できる ・表語文字 単位は単語(単語の定義は省略) ・音素文字 単位は音素(音素の定義は省略) ・アルファベット、アブジャド、アブギダ ・音節文字 単位は音節(定義はちょっと後で触れます) タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学
  20. 20. 文字体系一覧 ・世界に文字はどれくらい存在しているか? ・言語の数…8,000~20,000 ? ・文字種類の数…100あまりくらい ・どこまでが同じ文字体系? (1) Chassez le naturel, il revient au galop (フランス語) (2) nước Cộng hòa Xã hội chủ nghĩa Việt Nam (ベトナム語) (3) N bɛ bamanankan mɛn dɔɔni-dɔɔni (マンディング語, マリにおける正書法) (4) (チェロキー文字) タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学
  21. 21. 文字体系一覧 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ・みんなだいすきUnicode ・「世界で使われる全ての文字を 統一的に収録」 することを目指した文字集合 ・公式的には135の体系をサポートし ている
  22. 22. 文字体系一覧 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学
  23. 23. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 シュメール文字(前3200~前2[1-4]??) ・世界最古の文字の一つ ・シュメール語、アッカド語、ヒッタイト語等で使用 ・ ・色々な時代のものや合字が混在していて大変そう U+12000–U+1237F Cuneiform U+12400–U+1247F Cuneiform Numbers and Punctuation U+12480–U+1254F Early Dynastic Cuneiform
  24. 24. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 シュメール文字(前3200~前2[1-4]??) ・経済(税金の出入など)の粘土板への記録のために発展 ・当初は図像的な絵文字→筆先による刻印の羅列へ
  25. 25. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 シュメール文字(前3200~前2[1-4]??) 次第に言語をも記録するようになるが… ・絵文字から発展→表語文字(900~1,000字) ・足りない!(cf.「ドラえもん はじめての国語辞典」収録語数…19,000語) ・固有名詞は?
  26. 26. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 シュメール文字(前3200~前2[1-4]??) ①メトニミー(換喩)による拡張 例) 𒅗 ka「口」→ inim「言葉」dug「話す」 ②音価への着目 ・同音異義語も表す 例) 𒋾 ti 「矢印」 → ti 「生きる」, /ti/
  27. 27. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 シュメール文字(前3200~前2[1-4]??) ①×② で今度は多価的な字増える(どの[語/音]?) →曖昧さ回避のため③限定詞を導入 例) ・ 𒀭 /an/, 天, 神 + [***] → d***(神の固有名) ・ 𒌷 /uru/, 街 + [***] + 𒆠/ki/, 土地→ uru***ki (町の固有名) ※どちらも[***]内は音価的解釈
  28. 28. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 シュメール文字(前3200~前2[1-4]??) ④音声補記 ・形声文字みたいに、意味+音価で言葉を表現 (例) 𒅗 ka 口, inim 言葉, dug 話す +𒂁 /dug/ →dug 話す
  29. 29. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 シュメール文字(前3200~前2[1-4]??) ③限定詞④音声補記 は①②と同じ文字(外形)を使用 →結局さらに多価的になった (例) 𒆳matu 国, 山, /kur, mat, sat/, 山名を示す決定詞
  30. 30. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 アッカド文字(前28??~前9??) アッカド人…シュメール人の文明を征服し、覇権握る → シュメール文字を継受, 自らの言語をこれで表記 (例) 𒈗 lugal 王@シュメール語 → šarru 王@アッカド語, /sar/
  31. 31. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 アッカド文字(前28??~前9??)←シュメール文字 ①意味の継受(「訓読み」) ②アッカド語は屈折語 →表音的体系へ →次第に音価を利用(「音読み」)
  32. 32. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 アッカド文字(前28??~前9??)←シュメール文字 概ね①訓読み→②音読み の順で追加 →元々多彩な音節的解釈がさらに膨れ上がる (例) 𒀭 「神,天,空」an, dingir, šamu, šame, ilu , /an/, /il/
  33. 33. 楔形文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 アッカド文字(前28??~前9??)←シュメール文字 か 左図…ギルガメシュ叙事詩 時代経過とともにほぼ音節文字化 ↔一部に表語的用例留める 例)左図 𒆳 KUR
  34. 34. 音素文字の誕生 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ヒエログリフ(紀元前33c– 4c) ・エジプトのアレ(エジプト語を表記) ・めちゃくちゃ収録されてる ・初期の表語的なものとかが大半っぽい? ・ U+13000..U+1342F Egyptian Hieroglyphs
  35. 35. 音素文字の誕生 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ヒエログリフ(紀元前33c– 4c) ・楔形文字と似ている ・初期の表語文字から表音文字へ ・決定詞/音声補記の存在
  36. 36. 音素文字の誕生 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ヒエログリフ(紀元前33c– 4c) ・Wikipediaの記述を見よう
  37. 37. 音素文字の誕生 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ヒエログリフ(紀元前33c– 4c) ・違うところ ・書く方向の自由さ(生き物の向き=読む向き) ・言語の分節単位(音素文字) ḥtp-ḍỉ-nśwt wśỉr ḫnty ỉmntjw ncr ɗɹ nb ɹbc̣w wp-wɹwt nb tɹ c̣śr
  38. 38. 音素文字の誕生 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ヒエログリフ(紀元前33c– 4c) ・子音(定義略)しか表記されない! ・一部の子音(再構困難)を母音っぽく転字したりする ・母音は数が少なく、文脈から推測できたと言われる ・こういう音素文字をアブジャドという ḥtp-ḍỉ-nśwt wśỉr ḫnty ỉmntjw ncr ɗɹ nb ɹbc̣w wp-wɹwt nb tɹ c̣śr
  39. 39. 音素文字の誕生 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ヒエログリフの簡易化 ・書くの大変そう&ルール多い! →簡略化されていった (神官文字、民衆文字)
  40. 40. 音素文字の誕生 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 原シナイ文字(前18c~前15c) ←神官文字 …(おそらく)史上初の完全な音素文字(※アブギダ) ・セム人部隊の教育のため生み出された速記法
  41. 41. ¥146,500-
  42. 42. ÷146500= …
  43. 43. ご協力 よろしく お願い致します
  44. 44. 音素文字の誕生 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 原シナイ文字(前18c~前15c) ←神官文字 ・フェニキア文字、アラム文字等の親となる ・いろいろあってタイ文字もこの子孫! フェニキア文字(前7c~後7c) ・海上交易民族フェニキア人に利用される →バビロニアから海を越えてヨーロッパ(ギリシア、ラテン)へ!
  45. 45. 音素文字の誕生 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ギリシア文字(前18c~前15c) ←神官文字 ・「フェニキア人の文字」 ・母音豊富(10種類)で語の区別に不可欠 →フェニキア文字(アブギダ)の一部を母音表記に置き換える (例) 𐤏/ʼ/(声門破裂音)→ Ο /oo/ →母音と子音が同等に併記されるアルファベットの誕生
  46. 46. 世界の文字体系から タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ・ラテン文字(紀元前7世紀~現在) ・諸悪の根源 ・ラテン語表記のため、段階的にギリシア文字から作成 →ローマ帝国の広がりと共に西洋世界に伝播、定着 ・「新大陸の発見」 ・ラテン文字を持つ白人とアメリカ先住民の交流 →また新しい文字体系群が!
  47. 47. 「新大陸」と文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ①カナダ先住民文字(1840~現在) ・英宣教師&言語学者ジェームス・エヴァンスが考案 ・ ・見た目がかっこいい Unified Canadian Aboriginal Syllabics (U+1400–U+167F) Unified Canadian Aboriginal Syllabics Extended (U+18B0–U+18FF)
  48. 48. 「新大陸」と文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ①カナダ先住民文字(1840~現在) ・音節文字 ・形によって子音を、回転によって母音を表す ・補助記号によって長母音、末子音を表記 例) ᐃ/i/ → ᐅ/o/ →ᐁ/e/ →ᐊ/a/ 例) ᐄ /ii/ ᐆ/oo/
  49. 49. 「新大陸」と文字 タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ②チェロキー文字(182?~現在) ・チェロキー語表記に用いられる文字 例) /tsalagi/ チェロキー 見た目はラテン文字っぽいけど 中身は完全に音節文字! なぜ?
  50. 50. 世界の文字体系から タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ②チェロキー文字(182?~現在) ・19世紀のアメリカ…ヨーロッパからの白人入植進む ・シクウォイア(ᏍᏏᏉᏯ)…チェロキー族の英雄 ・白人の「書く」という文化に感銘を受け、 商売のメモとして絵文字・図柄を残すように ・幾度の失敗の後、独自に表音文字と音節という概念を発見 →ラテン文字の外見を真似て独力でチェロキー文字を創造した
  51. 51. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 アラム文字(前7c~後7c) ・アラム人(陸上交易民族)によって用いられた文字 →陸路で全アジアに広まり、多くの派生文字を生む
  52. 52. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ヘブライ文字(前3c~現在) ・アラム文字から派生、ヘブライ語を表記 ・ (アレフ, /ʔ/) とかわりと見るかも ・アブジャド→母音表記なし ・ (YHWH、神聖四文字)「ヤハウェ」「エホバ」 …神の名を読み上げることは不敬 →発音そのものが忘れられ、子音字の並びだけが残る ‫א‬ ‫יהוה‬
  53. 53. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ヘブライ文字(前3c~現在) ・ニクード ・補助記号、子音の細かい違いなどを表記 ・教育用の母音表記も行う ・ニクード無しの通常表記でも誤解を避けるため、 /i/を‫(י‬ヨッド, /y/)や/o/を‫(ו‬ヴァヴ,/v/)で表記したりする 例) /mah nishmah/ ‫ּקּוד‬ִ‫נ‬ ‫נישמה‬ ‫מה‬
  54. 54. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 アラビア文字(後4c~現在) ・アブジャド、子音27個 ・語頭形、語中形、語末形の3つで例のうにょうにょを実現 ・文字組みが恐ろしく大変そう ・カシーダ ‫كشيدة‬ ・文字間の連結線→単語幅の調整に使用 ・IEの独自仕様として「text-kashida-space」というCSSの プロパティがあったらしい(8.0以降削除)
  55. 55. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 アラビア文字(後4c~現在) ・アラビア語…子音28個、3子音から語幹成立 →教育用のシャクル(母音などの記号)は日常使わない オスマン文字 ・オスマン語のアラビア文字表記に使用される ・オスマン語…トルコ語のルーツ、アルタイ語族(母音の比重多) →アラビア文字に母音字を導入(アルファベット化)
  56. 56. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ブラーフミー文字(紀元前6世紀) ・アラム文字から発展したと概ね考えられている ・インド系諸文字(クメール文字、タイ文字を含む)の先祖 Unicodeに存在するブラーフミー系文字の一覧[編集] 基本多言語面[編集] オリヤー文字 (U+0B00 .. U+0B7F) カヤー・リー文字(英語版)(カレンニー語(英語版), U+A900 .. U+A92F) カンナダ文字 (U+0C80 .. U+0CFF) グジャラーティー文字 (U+0A80 .. U+0AFF) クメール文字 (U+1780 .. U+17FF, U+19E0 .. U+19FF) グルムキー文字 (U+0A00 .. U+0A7F) サウラーシュトラ文字(英語版) (サウラーシュトラ語, U+A880 .. U+A8DF) ジャワ文字 (U+A980 .. U+A9DF) シロティ・ナグリ文字 (シレット語, U+A800 .. U+A82F) シンハラ文字 (U+0D80 .. U+0DFF) スンダ文字 (U+1B80 .. U+1BBF) タイ文字 (U+0E00 .. U+0E7F) タイ・ナ文字 (タイ・ルー文字, U+1950 .. U+1974) 新タイ・ナ文字 (新タイ・ルー文字, U+1980 .. U+19DF) タイ・ベト文字 (タイ・ダム語など, U+AA80 .. U+AADF) 追加多言語面[編集] アーホム文字(英語版) (U+11700 .. U+1173F) カイティー文字(英語版) (マイティリー語, U+11080 .. U+110CF) グランタ文字 (U+11300 .. U+1137F) 悉曇文字 (U+11580 .. U+115FF) シャーラダー文字 (U+11180 .. U+111DF) ソーラン・サンペン文字 (U+110D0 .. U+110FF) タークリー文字 (U+11680 .. U+116CF) チャクマ文字 (U+11100 .. U+1114F) ティルフター文字 (マイティリー語, U+11480 .. U+114DF) パーハウ・モン文字 (ミャオ語, U+16B00 .. U+16B8F) フダーバーディー文字 (シンド語, U+112B0 .. U+112F9) ブラーフミー文字 (U+11000 .. U+1107F) ホージキー文字 (U+11200 .. U+1124F) マハージャニー文字 (U+11150 .. U+1117F) ムルターニー文字 (U+11280 .. U+112AF) モーディー文字 (マラーティー語, U+11600 .. U+1165F) ワラン・チティ文字 (ホー語, U+118A0 .. U+118FF) タグバンワ文字 (U+1760 .. U+177F) タミル文字 (U+0B80 .. U+0BFF) チベット文字 (U+0F00 .. U+0FFF) チャム文字 (U+AA00 .. U+AA5F) デーヴァナーガリー (U+0900 .. U+097F, U+A8E0 .. U+A8FF) テルグ文字 (U+0C00 .. U+0C7F) バイバイン (文字) (タガログ文字, U+1700 .. U+1714) パスパ文字 (U+A840 .. U+A87F) バタク文字 (U+1BC0 .. U+1BFF) ハヌノー文字 (U+1720 .. U+173F) バリ文字 (U+1800 .. U+1B7F) ビルマ文字 (U+1000 .. U+109F, U+AA60 .. U+AA7F, U+A9E0 .. U+A9FF) ブギス文字 (U+1A00 .. U+1A1F) ブーヒッド文字 (U+1740 .. U+175F) ベンガル文字 (U+0980 .. U+09FF) マラヤーラム文字 (U+0D00 .. U+0D7F) メイテイ文字 (マニプリ語, U+ABC0 .. U+ABFF, U+AAE0 .. U+AAFF) ラーオ文字 (U+0E80 .. U+0EFF) ラーンナー文字 (U+1A20 .. U+1AAF) リンブ文字 (U+1900 .. U+194F) レジャン文字 (U+A930 .. U+A95F) レプチャ文字 (U+1C00 .. U+1C4F)
  57. 57. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 ブラーフミー文字(紀元前6世紀) ・アブギダとは? ・一文字(アクシャラ)が一音節を表す(音節文字) ・子音字が単独で使われた場合、特定の母音を充てて読む ・特定の位置に補助記号を充てることで他の母音を表す 例) /ga/ /ge/ /gu/ /gi/ /ka/ /ke/ /ku/ /k/ 𑀕 𑀕 𑀓 𑀓 𑀕𑁂 𑀕 𑀓𑁂 𑀓 𑀓
  58. 58. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 デーヴァナーガリー(文字)(1200年頃~現在) ・やりたくない ・サンスクリット語やヒンディー語の表記に使用 ・複雑な音節構造 →二重子音を示す合字や 音節と一致しないアクシャラ
  59. 59. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 タミル文字(1400年頃~現在) ・南インドで広く話されるタミル語の表記に使用 ・ちょっと合字っぽいけど、基本アブギダ 例) /pa/ /pi/ /puu/ ・だいぶ独立した母音がでてくる 例) /paa/ /pee/பா பப ப பி பூ
  60. 60. アブジャドからアブギダへ タイ文字と若干情報科学1.世界の文字と若干情報科学 タミル文字 /pee/ /pee/ /poo/ /poo/ ブラーフミー文字で左右についていた補助記号が独立 →文字順と読み順が逆転したりするように பப 𑀧𑁂ப 𑀧 ブラーフミー文字 பபாப 𑀧𑁂𑀧
  61. 61. 本講座の流れ 0.自己紹介 1.世界の文字と若干情報科学 2.タイ文字と若干情報科学 3.補足・参考
  62. 62. タイ文字の基本構造 ยินดีที่ได้รู้จักครับ はじめまして /yindii thíi dîi rûu cák khráp/ タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ยินดีทีไดรูจักครับยนดทไดรจกครบ ・黒……子音字 ・紺……母音字 ・赤……声調記号
  63. 63. タイ文字の基本構造 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・タイ文字はブラーフミー文字から派生したアブギダ ・子音字+補助記号(母音、声調記号)→音節 例) มา /maa/ (来る、~てきた) คอ/khɔ̌ɔ/ (首)
  64. 64. タイ文字の基本構造 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・子音字+補助記号(母音、声調記号)→音節 [問題] (๑)ฃากานา (๒)นากามา า/aa/ ฃ/s/ ก/k/ ม/m/ น/n/ /saakaanaa/ /naakaamaa/
  65. 65. タイ文字の基本構造 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・補助記号は子音字の上下左右につく(ブラーフミー文字の名残?) (例) ・上 ีี /ii/ , ีิ /i/, ีั /a/ * 一定の条件下で出現 , … ・下 ีู /uu/ , ี /u/ ・左 โ◌/oo/ , เ◌/ee/, แ◌/ɛɛ/, …
  66. 66. タイ文字の基本構造 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・補助記号(母音、声調記号)は子音字の上下左右につく [問題] (๑)มีโก (๒)กีโมโน (๓)กูโม ีี/ii/ ีู /uu/ โ◌/oo/ ก/k/ ม/m/ น/n/ /miikoo/ /kiimoonoo/ /kuumoo/
  67. 67. タイ文字の基本構造 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・特別な子音字 อ /ʔ/ …声門閉鎖音(実演します) ・タイ語の音韻構造では、音節ごとに/ʔ/が入るが、 通常無視される→事実上のゼロ子音 cf. อ /ɔɔ/ (例) อิออน /ʔiʔɔɔn/ イオンอ
  68. 68. タイ文字の基本構造 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・ゼロ子音のอ [問題] (๑)อีโนกูมาโยโก ีี/ii/ ีู /uu/ โ◌/oo/ ย/y/ น/n/ ม/m/ ก/k/ /ʔiinookuumaayookoo/
  69. 69. 二重/余剰母音 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・二重/余剰母音 ・十個くらいある ・/a/が前に来ると二重母音 後ろに来ると余剰母音 ・多くの場合、複数の記号の組み合わせによって表す ・単独の音価とはあまり関係がない 例) ีัว/ua/ ไ◌/ai/ เอือ /ɯa/ เีี ีีย /ia/
  70. 70. 二重/余剰母音 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・二重/余剰母音 เ◌า/ao/ ไ◌/ai/ ีี/ii/ โ◌/oo/ ม/m/ ช/ch/ ร/r/ /ʔaomoorii/ /ʔaichii/ (๑)เอาโมรี (๒)ไอชี
  71. 71. ฟตบอล 末子音/二重子音 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・末子音 ・子音字+母音字からなる音節の後ろにつく子音字 ・音節を成す子音(頭子音)との区別が必要 例) ・一部の子音字は末子音になると音価が変わる 例) /futbɔɔn/ サッカー คณปู่คณปูคณป ฟตบอล /khunpuu/ 祖父
  72. 72. 末子音/二重子音 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・末子音 ・末子音がつくと形が変わる母音字がある กะ /kà/ กัน /kan/กน เละ /lè/ /lep/เล็บเลบ เกาะ /kɔ̀/ /kɔk/ก็อคกอค
  73. 73. 末子音/二重子音 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・二重子音 ・第一子音 k(h)/p(h)/r(h) , 第二子音 r/w を並べて書く(例外有) ・声調記号は第二子音のほうにつく 例) ・許容されない子音の連続→母音の省略?(偽二重子音) 例) /talaat/ 市場(≠/tlaat/) ・字類(後述)は第一子音のものを保存 ครู /khruu/ 教師คร ตลาด
  74. 74. 字類と声調 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 ・タイ語の声調 ・5種類存在、意味の識別に不可欠 例) ・平声、低声(̀)、高声(́) 、上声(̌)、下声(̂) ไม้ ใหม่ ไหม้ ไหมไม ใหม ไหม ไหม /maí mài mâi mǎi/ 新しい木は燃えますか。
  75. 75. 字類と声調 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 子音の種類と声調記号、末子音の組み合わせによって決まる ・子音の種類 ・子音は低字類、中字類、高字類に分類される
  76. 76. 字類と声調 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 末子音なし / 開き音 つまり音 声調記号 なし ่ mái-èek ่ mái-thoo ่ mái-trii ่ mái-càttawaa 高子音 上声(̌) 低声(̀) 下声(̂) ❌ ❌ 低声(̀) 中子音 平声 低声(̀) 下声(̂) 高声(́) 上声(̌) 低声(̀) 低子音 平声 下声(̂) 高声(́) ❌ ❌ 下声(̂) 長母音 ※つまり音…k,p,t 開き音…それ以外
  77. 77. 字類と声調 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 開き音 末子音なし つまり音 声調記号 なし ่ mái-èek ่ mái-thoo ่ mái-trii ่ mái-càttawaa 高子音 上声(̌) 低声(̀) 下声(̂) ❌ ❌ 低声(̀) 中子音 平声 低声(̀) 下声(̂) 高声(́) 上声(̌) 低声(̀) 低子音 平声 下声(̂) 高声(́) ❌ ❌ 高声(́) 短母音 ※つまり音…k,p,t 開き音…それ以外
  78. 78. めんどくさい表現 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 高字類 ・ /h/, 高子音 ・ + 低子音 で低子音の字類を高子音に修正する 例) /mǎi/ … /m/ は低子音字→高子音化で上声表現 ห ห ห ไหม ม 声調記号 なし ่ ่ ่ ่ 低子音 平声 下声 (̂) 高声 (́) ❌ ❌ 高子音 上声 (̌) 低声 (̀) 下声 (̂) ❌ ❌
  79. 79. めんどくさい表現 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 中字類 ・ /ʔ/ , 中子音 ・ + 低子音 で低子音の字類を中子音に修正する 例) /yùu/ … /y/ は低子音字→中子音化で低声表現 อ อ อ อยู่ ย 声調記号 なし ่ ่ ่ ่ 低子音 平声 下声 (̂) 高声 (́) ❌ ❌ 中子音 平声 低声 (̀) 下声 (̂) 高声 (́) 上声 (̌) อยูอย
  80. 80. めんどくさい表現 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 黙読記号 主に外来語の表記に使用、字を無視して読むことを示す 例) /sûuny/ ゼロ 子音 /y/ が黙字化 /faarm/ 牧場 子音 /r/ が黙字化 ์ ศูนย์ศูนยศนย ย ฟาร ์ม รฟารม
  81. 81. タイ文字文化の多様性 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 タイプフェイスの多様性 ・タイ文字の視覚的特徴…頻発する小さな丸 ・丸の有無で意味も異なってしまうため非常に重要 /kh/ vs /d,(t)/ /th/ vs /ph/ vs /k/ อักษรไทยและสารสนเทศศาสตร์ ค ด ภ ถ ก
  82. 82. タイ文字文化の多様性 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 タイプフェイスの多様性 (正式でない)筆記に使われるのは丸を省略した↑のような字体 ラテン文字っぽく装飾したセリフ体も多く存在する อักษรไทยและสารสนเทศศาสตร์ อักษรไทยและสารสนเทศศาสตร์
  83. 83. タイ文字文化の多様性 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 タイプフェイスの多様性 丸が潰れた筆記に近い書体 อักษรไทยและสารสนเทศศาสตร์
  84. 84. タイ文字文化の多様性 タイ文字と若干情報科学2.タイ文字と若干情報科学 タイプフェイスの多様性 อักษรไทยและสารสนเทศศาสตร์ ラテン文字っぽく装飾したセリフ体
  85. 85. 本講座の流れ 0.自己紹介 1.世界の文字と若干情報科学 2.タイ文字と若干情報科学 3.補足・参考
  86. 86. 使用フォント一覧 楔形文字• ・『Akkadian』 タイ• 文字 ・『Cloud』Middle Loop http://typomancer.com/cloud ・『Thai Sans』Lite ・f0nt.com … タイ語フォントの集まったサイト(タイ語) その• 他 ・わりとSegoe UIでどうにかなった ・文字組みは不思議なことが多かった ・ちゃんと勉強すると面白そう タイ文字と若干情報科学3.補足・参考
  87. 87. 参考文献 フロリアン・クルマス• 『文字の言語学 現代言語論入門』 宮本• マラシー、村上忠良『世界の言語シリーズ(9) タイ語』 中島• マリン、赤木攻=監修『マリンのタイ語生活(1)挫折しないタイ文字レッスン』 • 『シュメール語事始』 http://www.fafner.biz/act9_new/fan/report/ai/ryuh/Sumerian.htm • 『タイ文字が最速で読める講座』http://www.tlin.jp/ Wikipedia• タイ文字と若干情報科学3.補足・参考
  88. 88. 感想 ・情報科学あまり関係なくなってしまった… ・スライド作るのが恐ろしく面倒だった タイ文字と若干情報科学3.補足・参考
  89. 89. 感想 ・ご清聴ありがとうございました タイ文字と若干情報科学3.補足・参考

×