Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Windows Azureストレージ機能のまとめとWindows Server 2016(vNext)のストレージ新機能

2015年7月11日開催のMVP Roadshowセッション資料です。

  • Be the first to comment

Windows Azureストレージ機能のまとめとWindows Server 2016(vNext)のストレージ新機能

  1. 1. Windows Azureストレージ機能のまとめと Windows Server 2016(vNext)のストレージ 新機能 高野 勝 Microsoft MVP –File System Storage Cloud Samurai Roadshow July 2015
  2. 2. 自己紹介 • 氏名:高野 勝(たかの まさる) • 仕事:ストレージベンダーSE 今年は顧客担当がメインの傍 らMicrosoft 製品との連携機能や検証等も実施 • Microsoft MVP – File System Storage 2
  3. 3. 本日のアジェンダ • Windows Azure ストレージ機能のまとめ • ストレージの種類と特徴 • とりあえず使ってみよう! • Windows Server 2016 (vNext)のストレージ新機能 • SMB3.1.1 • Storage Replica • Storage Quality of Services(QoS) 3
  4. 4. Windows Azure ストレージ機能のまとめ 4
  5. 5. Azureのストレージの種類と特徴 • 標準ストレージ • BLOBストレージ – BLOB:Binary Large OBject – 非構造化データを保存する(要はファイルの置き場) • テーブルストレージ – 表形式の構造を持ったデータの格納に使用。ただしRDBではなくクラウドで良 く使われている「分散Key-Valueストア」の形式 • キューストレージ – WebロールとWorkerロールとの間でのデータ受け渡しに使用される • ファイルストレージ(プレビュー) – ファイルサーバーとして使いなれたWindows APIを使用したファイル共有( REST APIも使用可能) – SMB2.1を使用 5
  6. 6. Azureのストレージの種類と特徴 • プレミアムストレージ • SSDベースの高性能ストレージ • 高いスループットと低いレイテンシが必要なシステム向け • 米国東部2、米国西部、西ヨーロッパ、東南アジア、西日本、オーストラ リア東部 のみ使用可能 • 1台あたり(P30) – ディスクのサイズ:1024GB – 1台あたりのIOPS:5000 – 1台あたりのスループット:200MB/Sec • 最大32TBをサポート 6
  7. 7. オブジェクトストレージって何? • オブジェクトストレージ • 主にクラウドで使われる第3のストレージ 7 SAN ブロック ディスクとメモリによる デバイスの位置指定 トラック / セクター NAS ファイル LAN内のアドレス指定 フォルダ / ファイル パス パス ファイル名 HTTP/HTTPS オブジェクト インターネット上での URL指定 オブジェクトID データとメタ情報
  8. 8. ストレージオブジェクトへのデータアップロード方法 • ストレージの領域はURLで指定する • URLの確認はストレージオブジェクトのダッシュボードで 8
  9. 9. ファイルのアップロード方法 • ファイル登録と使うまでの流れ 9 VHDファイル オンプレミス VHDファイル ファイルアップロード Add-AzureVHD テンプレート データディスク カスタムされた 仮想マシン データが入った ハードディスク Azure ディスクの作成 Add-AzureDisk ディスクの作成 Add-AzureMVImage ディスクの作成 New-AzureQuickVM ディスクの作成 Add-AzureDataDisk
  10. 10. GUIでの操作も可能 • ストレージの管理画面からストレージエクスプローラーをイ ンストール 10
  11. 11. データの置き場は必ずストレージオブジェクトに! • 標準で作られる仮想マシンのDドライブにはデータを置いて はいけない • 中にあるファイルを開くとこんな警告のファイルが • WARNING : THIS IS A TEMPORARY DISK. • Any data stored on this drive is SUBJECT TO LOSS and THERE IS NO WAY TO RECOVER IT. • Please do not use this disk for storing any personal or application data. • For additional details please refer to the MSDN documentation at : http://msdn.microsoft.com/en- us/library/windowsazure/jj672979.aspx 11
  12. 12. Azureのストレージを使ってみよう Demo 12
  13. 13. WINDOWS SERVER 2016 (VNEXT)のストレージ 新機能 13
  14. 14. SMB3.1.1 14
  15. 15. ファイル共有プロトコルの進化 15 SMB 2.0以降とレガシーな SMB 1.0/CIFS とは別物  より速く! FC SANと同等のパフォーマンスをシンプルに  より安全に! 成熟した管理機能、セキュリティ、高可用性 SMB LAN Manager Windows 95 Windows NT SMB 2.0 Windows Vista & Server 2008 SMB 2.1 Windows 7 & Server 2008 R2 SMB 3.0/3.0.2 Windows 8 & Server 2012 SMB 3.1.1 Windows 10 & Server 2016 1980年代~ 2006年 2009年 2012年 2015年 ・コマンドの結合 ・読取/書込サイズの拡大 ・切断時の透過的再接続 ・メッセージ署名の改善 (HMAC SHA-256) ・スケーラビリティの向上 ・シンボリックリンクのサポート ・クライアント oplock リース モデル ・大きい MTU のサポート (最大64KB → 1MB) ・スリープモード移行の強化
  16. 16. 『SMB 3.x』 での新機能・改良点 16 セキュリティ 管理 パフォーマンス 可用性 SMB 透過 フェールオーバー SMB スケールアウト SMB マルチチャネル ボリューム シャドーコピーの SMB 共有対応 SMB 暗号化 SMB ディレクトリース オフロード・ データ転送(ODX) SMB 用 Windows PowerShell SMB 用の新しいパ フォーマンス カウンター SOFS クライアン トの自動再配分 セッション 事前認証の強化 (SHA-512) SMB 暗号化の 高速化 (AES-128-GCM) クラスター環境で の SMB Dialect 自 動判別 スケールアウト ファイルサーバー での複数 SMB インスタンスの サポート SMB ダイレクト SMB イベントメッ セージの強化 Hyper-V ライブ マイグレーション over SMB SMB 1.0の オプション化 ゲスト クラスタリング (VHDX)の強化 SMB 帯域幅管理の向上 3.0.2 3.1.13.0.0
  17. 17. Storage Replica 17
  18. 18. Storage Replica 18 柔軟性 • ストレージ ハードウェア非依存 • 同期モード / 非同期モード • 4種類の複製パターン 複製機能の 提供 • ブロックレベル、ボリューム単位 • SMB 3.1.1 による転送 (SMB ダイレクト/マルチチャネル 等の活用) 統合管理 • フェールオーバークラスターマネー ジャーまたは PowerShell による管理 • Azure Site Recovery との連携も可能 になる予定
  19. 19. Storage Replicaの動作モード:同期モード 19 アプリケーション (local or remote) Source Server (複製元ノード) Data Log 1 t 2 Destination Server (複製先ノード) Data Log t1 3 2 5 4 • I/O 発生時に、複製元/複製先両方のログディスクへの書き込みを保証する
  20. 20. Storage Replicaの動作モード:非同期モード 20 アプリケーション (local or remote) Source Server (複製元ノード) Data Log 1 t 2 Destination Server (複製先ノード) Data Log t1 5 4 3 6 • 複製先ノードでの書き込みを待たずに I/O 完了とみなす • ネットワークの帯域幅や遅延で同期モードを利用できない場合に検討
  21. 21. Storage Replica のシステム要件 21 必須要件 Windows Server 2016 Datacenter Edition Active Directory ディスク [データディスク / ログディスク共通] GPT 形式 (MBR 形式は不可) JBOD, ローカルディスク, SAN (iSCSI / FC) などのストレージ (リムーバブルメディアは不可) 複製元と複製先での同一ディスク配置構成 およびパーティション %SystemRoot%, page file, ハイバネー ションファイル, Dump ファイルを含まない こと ディスク [ログディスク] NTFS/ReFS ボリュームかつ固定サイズ ファイアウォール ポート SMB, WS-MAN  ネットワーク遅延   ネットワーク帯域幅   ディスク [ログディスク]    ネットワーク遅延   ネットワーク帯域幅   ディスク [ログディスク] 
  22. 22. Storage Replicaを使うための準備 • 機能の追加で「Storage Replica」を追加 22
  23. 23. Storage Replica の管理方法 23 モジュール名: StorageReplica Get-SRGroup Get-SRPartnership New-SRGroup New-SRPartnership (新規作成) Remove-SRGroup Remove-SRPartnership Set-SRGroup Set-SRPartnership (複製方向の変更) Suspend-SRGroup Sync-SRGroup Test-SRTopology (Storage Replica システム 要件確認テスト)
  24. 24. Demo 24 Storage Replica
  25. 25. 4種類の複製パターン 25 同期/非同期モードを選択可能 手動フェールオーバーのみ対応 (PowerShell / Azure Site Recovery) 「汎用ファイルサーバー」シナリオに最適 《Server to Server》 2つのサーバー間でのレプリケーション 《Cluster to Cluster》2つの異なるクラスター間でのレプリケーション SRV1 SR over SMB3 SRV2 ManhattanDC JerseyCityDC NODE1 in FSCLUS NODE2 in DRCLUS NODE3 in FSCLUS NODE4 in DRCLUS NODE2 in FSCLUS NODE4 in FSCLUS NODE1 in DRCLUS NODE4 in DRCLUS SR over SMB3 ManhattanDC JerseyCityDC  Sever to Server のクラスター版 (機能/制約等は基本的に同一)  クラスターによる高可用性 (HA) と、 レプリケーションによる災害対策 (DR) をそれぞれ独立した機能として提供  「スケールアウトファイルサーバー」シナリオに最適
  26. 26. SRV1 SR over SMB3 4種類の複製パターン 26 NODE1 in HVCLUS SR over SMB3 NODE3 in HVCLUS NODE2 in HVCLUS NODE4 in HVCLUS ManhattanDC JerseyCityDC 高可用性 (HA) と災害対策 (DR) を組み合わせて提供 自動的なフェールオーバーが可能 フェールオーバー クラスター マネージャーによる GUI 管理が可能 同期モードのみサポート 「Hyper-V」や「汎用ファイルサーバー」に最適 (スケールアウトファイルサーバーには不適) 《Stretch Cluster》 単一クラスター内でのレプリケーション 《Server to Self》 サーバー内でのボリューム間レプリケーション  ボリュームの移設・転送に最適 (データコピーが実施できない環境など)
  27. 27. Storage Replica動作のおさらいとTips • 「New-SRPartnership」のログサイズが小さすぎるとコマン ドが実行できない(テストだと600MBくらいが実行可能だっ た最小サイズ) • 初回実行には時間がかかる • Destination側のデータVolumeは表示されなくなる • Destination側を表示する場合は「Remove-SRPartnership 」で一旦関連を解除 27
  28. 28. QoS 28
  29. 29. Storage Quality of Services(QoS) 29 柔軟性 • 柔軟かつ公平なリソースの分配  制御対象: VHD, 仮想マシン, サービス, テナント  制御項目: 最小IOPS, 最大 IOPS 帯域管理機 能の進化 • ストレージを共有するすべての Hyper- V 環境を、ポリシーによって一元管理 • 帯域管理に必要なメトリクスを自動計 測(計測対象: VHD, VM, ホスト, ボリューム) 統合管理 • System Center (SCVMM / SCOM) または PowerShell による管理 • Storage Health Provider によるすべての ストレージレイヤーを包含した管理 仮想マシン Rate Limiters Rate Limiters Rate Limiters Rate Limiters Hyper-V クラスター SMB 3.x ストレージネットワーク I/O scheduler I/O scheduler I/O scheduler スケールアウト ファイルサーバー ポリシー マネージャー Storage performance metrics
  30. 30. QoSのタイプ 30     120 80 0 20 40 60 80 100 120 140 160 180 200 VM1 VM2 200 200 0 20 40 60 80 100 120 140 160 180 200 VM1 VM2
  31. 31. PowerShellからの管理 • モジュール名: StorageQoS • Get-StorageQosFlow • Get-StorageQosPolicy • Get-StorageQosVolume • New-StorageQosPolicy • Remove-StorageQosPolicy # QoS ポリシーの作成 31
  32. 32. SCVMMからの管理 32
  33. 33. 33 Q & A
  34. 34. 34 Thank You!

×