Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
CDNの仕組み
JANOG 36
2015年7月15日
鍋島 公章
株式会社Jストリーム
1© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
REV:20150715
目次
▶CDN概論
▶キャッシュ制御
▶負荷分散
▶キャッシュ出来ない通信への適用
▶プロトコル変換(アクセラレーション)
▶CDNの未来
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 2
CDN概論
▶CDNとは
▶CDNのメリット
▶CDNの仕組み
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 3
CDN:Content Delivery Network
▶Content (デジタルデータ/不可算名詞)
▶Not Contents(入れ物/可算名詞)
▶Delivery (配達):コンテンツをクライアントに届けること
▶Not Distr...
CDNとは
▶配信のアウトソース
▶地理分散
5
オリジンサーバ
CDNサーバ
クライアント
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 5
CDNとは
▶メリット
6
種別 用途
国際配信 アクセスの高速化
国内配信 ピーク対策、コスト削減
プロトコル変換 SSL化、HTTP/2化、WebSocket化等
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserv...
CDNのメリット:高速化
▶TCPの速度制限
▶前提:ショートセッション
▶ロングセッションはTCPウィンドウの自動拡張により速度改善
▶後進国
▶不十分な国際リンク
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserv...
CDNのメリット:ピーク対策
▶ピーク例
▶CDNの効果
8
ピーク同時接続 ピーク帯域
キャンペーン 通常の数~数十倍
メディア露出 同時接続:数千 数百Mbps
TV連動 同時接続:数十万~ 数十Gbps~
仮定:1ページあたり10オブジェ...
CDNのメリット:設備費用の圧縮
▶配信設備の壁
▶CDNの効果
▶設備費用の平準化
9
項目 上限値
クラウド
ホスティング
同時接続 200~
帯域 100Mbps
専用サーバ
同時接続 1,000~10,000
帯域 100Mbps、1G...
CDNのメリット:プロトコル変換
▶プロトコル変換
▶オリジンサーバ
▶HTTP/1.1
▶CDNサーバ(変換後の主要プロトコル)
▶TLS
▶HTTP/2
▶WebSocket
10
オリジンサーバクライアント
TLS
HTTP
CDNサーバ...
もっとも単純なCDN
▶コンポーネント
▶DNS複数IPアドレス返し
▶ミラーサーバ
▶ブラウザ処理
▶複数のIPアドレス
▶ラウンドロビン動作
▶フェイルオーバー処理
▶HTTPデーモンダウン
▶瞬時切り替え
▶サーバダウン
▶数十秒以上(T...
CDNの仕組み
▶コンポーネント
▶配信サーバ
▶コンテンツの複製
▶リクエストルーティング
▶(広域負荷分散)
▶最適な配信サーバの選択
▶最適な配信経路の選択
▶管理システム
▶顧客コンソール
▶顧客管理、ログ管理
▶複製制御、配信経路制御...
CDN配信サーバ:複製の方式
▶キャッシュ型
▶一般オブジェクト、共用CDN
▶オブジェクト配置:削除アルゴリズム
▶LRU (Least Recently Used):アクセス時刻が古いもの
▶LFU (Least Frequently Us...
CDN配信サーバ:パフォーマンス
▶一般構成
▶目安(構成により異なる:RAID、CPU等)
▶瞬間ピークの前提
▶特定コンテンツへの集中アクセス(オンメモリのオブジェクトヒット)
▶The state of Arts構成(Netflix等)
...
キャッシュ制御
▶HTTPヘッダ
▶部分ファイル対応
▶Cookie対応
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 15
キャッシュ制御
▶生存時間(TTL)、キャッシュ禁止指定
▶基本的な考え方(現実は別)
▶大まかな制御
▶設定コンソール+API
▶細かな制御+クライアントのキャッシュ制御
▶HTTPヘッダ
© 2015 J-Stream Inc. All R...
キャッシュ:HTTPヘッダ
▶HTTPの基本
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
HTTPリクエスト
HTTPレスポンス
GET /index.html HTTP/1.1
Accept: imag...
キャッシュ:HTTPヘッダ
リクエスト レスポンス
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 18
GET /index.html HTTP/1.1
Accept: image/gif, image/x...
キャッシュ:HTTPヘッダ
▶CDNにおける分類
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 19
③レスポンス
HTTPヘッダ
②リクエスト
HTTPヘッダ
④レスポンス
HTTPヘッダ
①リクエスト
...
HTTPヘッダ:③オリジン生成(レスポンス)
▶オリジンサーバが生成するCDN関連ヘッダ
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 20
HTTPヘッダ 概要 サンプル
キャッシュ
コントロール
Cac...
HTTPヘッダ:③オリジン生成(レスポンス)
▶Cache-Controlパラメータ
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 21
用途 パラメータ 概要
キャッシュ許可
public キャッシュ許可...
HTTPヘッダ:③オリジン生成(レスポンス)
▶サンプル
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 22
Cache-Control 用途
no-cache, no-transform
・キャッシュ不可...
HTTPヘッダ:③オリジン生成(Vary)
▶Vary
▶同一URLに対し複数のVariationが存在する
▶例
▶User-Agent(オリジンはUser-Agent毎にページ生成)
▶Accept-Encoding(オリジンはhttpをg...
HTTPヘッダ:③オリジン生成(ETag)
▶ETag
▶例
▶ETag: "686897696a7c876b7e"
▶オブジェクト毎・サーバ毎にユニークな値
▶オリジンサーバが複数台の場合
▶CDNに悪影響(キャッシュされない)
▶オリジンサ...
HTTPヘッダ:③オリジン生成(その他)
▶オリジンで意図的に生成すべきヘッダ
▶有効期間の指定(expire、max-age)
▶指定が一切無いとCDNサーバでキャッシュされない場合がある
▶ブラウザにおける最新性チェックを防ぐ(FEO)
▶...
HTTPヘッダ:②④CDNサーバ生成
▶CDNサーバが生成
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 26
HTTPヘッダ 概要 サンプル
②リクエスト
(対オリジン)
X-Forwarded-for ...
HTTPヘッダ:①ブラウザ生成
▶ブラウザが生成(キャッシュサーバへの指示関連)
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 27
HTTPヘッダ 概要
キャッシュ関連 Cache-Control 各種設...
HTTPヘッダ:①ブラウザ生成
▶Cache-Control
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 28
用途 パラメータ 概要
キャッシュされたコンテンツの
送信許可(対キャッシュサーバ)
no-...
キャッシュ:応答コード抜粋
系列 Code 概要
100系 100 通知
200系 200 処理成功
206
Range成功
部分コンテンツ配信
300系
301
リダイレクト(恒久)
サイト移設、常時SSL
302
リダイレクト(臨時)
Ap...
MPEG-DASH概要
▶ライブ
▶オンデマンド
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 30
HTTPサーバ
メディアソース
mp4、mp4aファイル
MPDファイル
クライアント
変換
HTTPサ...
キャッシュ:部分ファイル対応
▶URLパラーメタ方式
▶例:http://example.jp/test.mp4?range=1025,2048
▶test.mp4の1025バイト目から2048バイト目までを指定
▶オリジンの対応が必要
▶一般...
キャッシュ:部分ファイル対応
▶CMS等へのキャッシュ適用
▶URLパラーメタを含むキャッシュ
▶例:http://example.jp/index.php?page=12
▶ページ番号:12
▶全体をキーとしてキャッシュ
▶例:http://...
キャッシュ:部分ファイル対応
▶HTTP Rangeヘッダ方式
▶Range例
▶応答コード
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 33
GET /test.mp4
Host: example.jp...
キャッシュ:部分ファイル対応
▶Rangeヘッダに対するキャッシュの実装レベル
▶補足:クライアントの実装レベル
▶Rangeを出して200が返るとパニックするアプリに注意
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Res...
キャッシュ:Cookieの基本
1回目リクエスト 2回目以降リクエスト
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
HTTPリクエスト
HTTPレスポンス
GET /index.html HTTP/1.1...
キャッシュ:クッキー(Set-Cookie)
▶「レスポンスにSet-Cookieを含む」オブジェクト
▶キャッシュすると複数の端末に同じクッキーを設定
▶一般的には無意味
⇒キャッシュさせない
© 2015 J-Stream Inc. All...
キャッシュ:クッキー(Cookie)
▶「Cookieを含むリクエストに対する」オブジェクト配信
▶Cookieベースでページ生成
▶情報の漏洩⇒キャッシュさせない
▶Cookieベースでユーザトラッキングのみ
▶キャッシュ可能
▶CDNへの設...
負荷分散
▶リクエストナビゲーション(広域負荷分散)
▶DNS
▶メタファイル
▶エニキャスト
▶SDN
▶制御
▶粒度
▶テーブル作成
▶ローカル負荷分散
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 38
広域負荷分散
▶リクエストナビゲーション
▶手法
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 39
単位(粒度) 補足
DNS ローカルDNSサーバ 一般的な方法
メタファイル クライアントIPアドレス ...
40
広域負荷分散:DNS
▶DNSによる制御
▶ホスト名をResolveする時に、異なるIPアドレスを返す
▶ISP DNS(ISPのDNSキャッシュサーバ)単位のクライアント認識
usa.example.jp
(203.0.113.10)
...
41
広域負荷分散:メタファイル
▶メタファイルによる制御
▶メタファイル生成時に、異なるメディアファイル(サーバ)を返す
▶IPアドレス単位のクライアント認識
usa.example.jp
japan.example.jp
https://u...
42
広域負荷分散:エニキャスト
▶エニキャストによる制御
▶同じIPアドレスを複数の拠点に配置
▶ルーティング(主にBGP)で経路を制御
198.51.100.10 198.51.100.10
経路の広報
経路の広報
課題
サーバダウン時の経...
43
広域負荷分散:Tire1 OTT
▶Tire1 OTTネットワーク内処理
▶AS内部の経路制御を高速化
198.51.100.10 198.51.100.10
?
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reser...
44
広域負荷分散:制御粒度
▶地理的距離≠ネットワーク距離
▶トンネリング
▶携帯網 (GTP-u)
▶フレッツ網 (PPPoE)
▶DNSベース
▶ISP DNS単位の制御
© 2015 J-Stream Inc. All Rights R...
広域負荷分散:テーブル作成
▶基本アプローチ
①距離の計測
②計測結果の収集
③ナビゲーションテーブル作成
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 45
ISP DNS-abc ISP DNS-xyz...
広域負荷分散:テーブル作成
▶実際
▶自動距離測定は難しい
▶メトリック
▶RTT (ICMP):ICMP通らない、ISPからのクレーム
▶ルータホップ数:同上
▶BGP ホップ:GSLBへの読み込ませが大変
▶プローブ数
▶配信拠点が増えると...
ローカル負荷分散:クラスタ化
▶キャッシュサーバのローカルクラスタ化
▶メリット
▶ヒット率の向上
▶パフォーマンス向上(DiskIOの軽減)
▶ローカル・リクエスト制御
▶手法
▶複数IP返し
▶L4SW(Direct Server Retu...
キャッシュ出来ない通信のCDN
▶アプリケーション通信
▶ライブストリーミング
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 48
キャッシュできない通信のCDN
▶配信サーバの中継による経路制御
▶L3な経路を取らない(アプリケーション層ルーティング)
▶対象
▶アプリケーション通信
▶ライブ・ストリーミング
© 2015 J-Stream Inc. All Rights...
50
アプリケーションCDN
▶アプリケーション通信
▶高速プロトコルの使用(配信サーバ間)
▶アグレッシブ(わがまま)なプロトコルを使用
▶極端な例:全速力で送信、輻輳無視、全速力で再送信
▶対比:TCPの特性
▶Fairness(公平性):...
51
ライブCDN
▶経路の冗長化
▶プッシュ型:スプリッタで結合(昔の実装、最近はあまり聞かない)
▶パケットを一定時間バッファ、シーケンス番号で判別
▶プル型:最近の実装
▶2経路を用意(視聴アプリで切り替え)
© 2015 J-Strea...
52
ライブCDN
▶エンコーダおよび会場回線の冗長化
▶代表例
▶エンコーダ→会場→ライブフィードサーバ:2系統プッシュ
▶スプリッタ→ライブフィード:2系統プル
▶例:アクティブ・スタンバイ構成
▶実際の運用ではアクティブ・アクティブが多い...
プロトコル変換
▶SSL
▶HTTP/2
▶WebSocket
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 53
SSL CDN:SSL化の動向
▶動向
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 54
大項目
マーケターニーズ
Google検索のランクダウン
SSLサイトからのリファラ取得
HTTP/2 基本的にT...
SSL CDN:SNI
▶SSL SNI (Server Name Indicator)
▶SSLにおけるバーチャルホスト機能
▶非対応
▶Android 2.x、Windows XP、Java6、古めのテレビ
▶SSL ハンドシェイク
▶SN...
SSL CDN:証明書の種類
ドメイン認証(CNのみ) 企業認証(CN+O)
EV 証明書:企業認証+綿密なチェック+専用上位証明書
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 56
CN: Common...
SSL CDN:証明の対象(サブジェクト)の格納
ワイルドカード・一般証明書 マルチドメイン証明書
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 57
SSL CDN:IPアドレス割り振り
▶1台のCDNサーバに4種類のIPアドレス
▶補足
▶SNIのマルチドメイン・ワイルドカード証明書は実装依存
▶配信サーバが証明書の中身(マルチドメイン・ワイルドカード)を認識する
必要がある
© 2015...
HTTP/2概要
▶HTTP/2 メリット
▶プロトコルのバイナリ化(フレーム化)
▶HTTP/2フレーム:HTTPメソッドの新フォーマット
▶HTTPヘッダの圧縮
▶使用するTCPは1セッション
▶輻輳制御の効率化→帯域利用の最大化
▶多重化...
HTTP/2 CDN
▶HTTP/2アクセラレータ
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 60
クライアント
HTTP/2
HTTP/1.1
複数のリクエスト
を1本のTCP化
サーバプッシュ
レス...
WebSocket概要
▶WebSocket概要
▶HTTPベースの両方向通信
▶軽量
▶他の軽量プロトコルのラップ
▶RESP (Redis Serialization Protocol)
▶MQTT (MQ Telemetry Transp...
WebSocket CDN
▶RESP等のWebSocket化(さらにはSSL化)
▶FWの通過
▶RESP:ほぼ通らない
▶WebSocket:たまに通らない(Protocol Upgradeできない)
▶SSL:通る
© 2015 J-St...
WebSocket CDN:課題
▶ポート番号
▶ポート番号:0~65,535
▶最近のサーバは、1台あたり6万セッション以上を処理可能
▶1台のサーバに複数IPアドレス
▶SSL化
▶SSL化の負荷:10倍程度
▶SSLオフロード(アクセラレ...
CDNの未来
▶複数CDNの統合
▶ICN/CCN
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 64
複数CDNの結合
▶マルチCDN
▶メタGSLBによるCDN振り分け
▶CDNフェデレーション(CDNI)
▶CDNの結合
▶CDNIインターフェイス
▶IETFでの議論
▶CDI WG: 2001~2003
▶CDNI WG: 2011~
▶...
ICN/CCN
▶Internetの仕組みをコンテンツを中心に再構築
▶Information Centric Networking (ICN)
▶Content Centric Network (CCN)
▶CCN概要
▶コンテンツのPubl...
おわりに
▶参考文献等のリンク
▶J-Stream CDN情報サイト
▶https://tech.jstream.jp/blog/meeting/janog36/
© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

CDNの仕組み(JANOG36)

JANOG36の「CDNの仕組み」チュートリアルの資料です。
2015年7月15日付(最終)版

サポートページ:
https://tech.jstream.jp/blog/meeting/janog36/

やはり、1時間では全て説明しきれませんでした。8月上旬、プライベートセミナとして2時間枠でチュートリアル@東京を開催しようと思っています。ご興味のある方は、twitterで、tech_jstream までご連絡ください。詳細が決まり次第、連絡します。

  • Login to see the comments

CDNの仕組み(JANOG36)

  1. 1. CDNの仕組み JANOG 36 2015年7月15日 鍋島 公章 株式会社Jストリーム 1© 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. REV:20150715
  2. 2. 目次 ▶CDN概論 ▶キャッシュ制御 ▶負荷分散 ▶キャッシュ出来ない通信への適用 ▶プロトコル変換(アクセラレーション) ▶CDNの未来 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 2
  3. 3. CDN概論 ▶CDNとは ▶CDNのメリット ▶CDNの仕組み © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 3
  4. 4. CDN:Content Delivery Network ▶Content (デジタルデータ/不可算名詞) ▶Not Contents(入れ物/可算名詞) ▶Delivery (配達):コンテンツをクライアントに届けること ▶Not Distribution(流通):コンテンツを配信網内に分散させること ▶Network (実際には仮想ネットワーク) ▶Not 配信専用の物理Tire1ネットワーク(昔はあった) 4 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  5. 5. CDNとは ▶配信のアウトソース ▶地理分散 5 オリジンサーバ CDNサーバ クライアント © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 5
  6. 6. CDNとは ▶メリット 6 種別 用途 国際配信 アクセスの高速化 国内配信 ピーク対策、コスト削減 プロトコル変換 SSL化、HTTP/2化、WebSocket化等 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  7. 7. CDNのメリット:高速化 ▶TCPの速度制限 ▶前提:ショートセッション ▶ロングセッションはTCPウィンドウの自動拡張により速度改善 ▶後進国 ▶不十分な国際リンク © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 7 距離 RTT 最高速度 東京・沖縄間 0.04秒 12.5Mbps 日米間 0.10秒 5.0Mbps 日欧間 0.20秒 2.5Mbps
  8. 8. CDNのメリット:ピーク対策 ▶ピーク例 ▶CDNの効果 8 ピーク同時接続 ピーク帯域 キャンペーン 通常の数~数十倍 メディア露出 同時接続:数千 数百Mbps TV連動 同時接続:数十万~ 数十Gbps~ 仮定:1ページあたり10オブジェクト、1オブジェクトたり20KB CDNなし CDNあり オリジン トラフィック © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  9. 9. CDNのメリット:設備費用の圧縮 ▶配信設備の壁 ▶CDNの効果 ▶設備費用の平準化 9 項目 上限値 クラウド ホスティング 同時接続 200~ 帯域 100Mbps 専用サーバ 同時接続 1,000~10,000 帯域 100Mbps、1Gbps ピーク性能 設備費用 CDNなし CDNあり 共用の壁 100Mbpsの壁 1Gbpsの壁 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  10. 10. CDNのメリット:プロトコル変換 ▶プロトコル変換 ▶オリジンサーバ ▶HTTP/1.1 ▶CDNサーバ(変換後の主要プロトコル) ▶TLS ▶HTTP/2 ▶WebSocket 10 オリジンサーバクライアント TLS HTTP CDNサーバ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  11. 11. もっとも単純なCDN ▶コンポーネント ▶DNS複数IPアドレス返し ▶ミラーサーバ ▶ブラウザ処理 ▶複数のIPアドレス ▶ラウンドロビン動作 ▶フェイルオーバー処理 ▶HTTPデーモンダウン ▶瞬時切り替え ▶サーバダウン ▶数十秒以上(TCPフェイル)待ち ▶課題 ▶最適なサーバ選択 ▶フェイルオーバー処理 ▶ミラーサーバ同期待ち © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 11 198.51.100.10 203.0.113.10 192.0.2.10 DNS:www.example.jp 192.0.2.10 203.0.13.10 198.51.100.10 フルミラーラウンドロビン オリジンサーバ CDNサーバ
  12. 12. CDNの仕組み ▶コンポーネント ▶配信サーバ ▶コンテンツの複製 ▶リクエストルーティング ▶(広域負荷分散) ▶最適な配信サーバの選択 ▶最適な配信経路の選択 ▶管理システム ▶顧客コンソール ▶顧客管理、ログ管理 ▶複製制御、配信経路制御 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 12 192.0.2.10 203.0.13.10 最適な複製配置最適なサーバ選択 198.51.100.10 オリジンサーバ CDNサーバ
  13. 13. CDN配信サーバ:複製の方式 ▶キャッシュ型 ▶一般オブジェクト、共用CDN ▶オブジェクト配置:削除アルゴリズム ▶LRU (Least Recently Used):アクセス時刻が古いもの ▶LFU (Least Frequently Used):アクセス頻度が低いもの ▶ミラー型 ▶巨大オブジェクト(XGB~)、OTT専用CDN ▶コンテンツの人気度にあわせた(意図的な)オブジェクト配置 ▶無駄なディスク書き込みの排除 ▶同期さえれた後に外部公開(CMS必須) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 13 1回目 2回目以降 オリジンサーバCDNサーバ
  14. 14. CDN配信サーバ:パフォーマンス ▶一般構成 ▶目安(構成により異なる:RAID、CPU等) ▶瞬間ピークの前提 ▶特定コンテンツへの集中アクセス(オンメモリのオブジェクトヒット) ▶The state of Arts構成(Netflix等) ▶SSD+メインメモリ100GB~ +各種チューニング ▶通常ピーク:30Gbps~ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 14 通常ピーク 瞬間ピーク HDD構成 ~0.5Gbps 5Gbps程度 SSD構成 数Gbps 5Gbps程度
  15. 15. キャッシュ制御 ▶HTTPヘッダ ▶部分ファイル対応 ▶Cookie対応 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 15
  16. 16. キャッシュ制御 ▶生存時間(TTL)、キャッシュ禁止指定 ▶基本的な考え方(現実は別) ▶大まかな制御 ▶設定コンソール+API ▶細かな制御+クライアントのキャッシュ制御 ▶HTTPヘッダ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 16 HTTPヘッダ 正規表現 API 方法 概要 設定コンソールによる指定 正規表現等によるオブジェクト指定 CDN API コンテンツの削除、プリロード オリジンサーバからの制御 レスポンスのHTTPヘッダによるオブジェクト単位の詳細設定 設定コンソール オリジンサーバCDNサーバ
  17. 17. キャッシュ:HTTPヘッダ ▶HTTPの基本 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. HTTPリクエスト HTTPレスポンス GET /index.html HTTP/1.1 Accept: image/gif, image/jpeg, */* … HTTP/1.1 200 OK Date: Thu, 26 Oct 2012 16:51:49 GMT Server: Apache/1.3.14 (Unix) …. HTML本体 HTTPヘッダ
  18. 18. キャッシュ:HTTPヘッダ リクエスト レスポンス © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 18 GET /index.html HTTP/1.1 Accept: image/gif, image/x-xbitmap, image/jpeg,… Accept-Language: ja Accept-Encoding: gzip, deflate User-Agent: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 5.5;… Host: example.jp Connection: Keep-Alive HTTP/1.1 200 OK Date: Thu, 26 Oct 2000 16:51:49 GMT Server: Apache/1.3.14 (Unix) Last-Modified: Thu, 18 Mar 1999 05:31:05 GMT ETag: "f012-491-36f08f99" Accept-Ranges: bytes Content-Length: 1169 Keep-Alive: timeout=15, max=100 Connection: Keep-Alive Content-Type: text/html <!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML//EN"> <html> <head> <title>サンプルサーバ</title> … HTTPヘッダ
  19. 19. キャッシュ:HTTPヘッダ ▶CDNにおける分類 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 19 ③レスポンス HTTPヘッダ ②リクエスト HTTPヘッダ ④レスポンス HTTPヘッダ ①リクエスト HTTPヘッダ ブラウザ CDNサーバ オリジンサーバ リクエスト ①CDNサーバ、オリジンサー バに対するキャッシュ指示 ②オリジンサーバに対する キャッシュ指示 ー レスポンス ー ④ブラウザに対するキャッ シュ指示 ③CDNサーバ、ブラウザに 対するキャッシュ指示 オリジンサーバCDNサーバ
  20. 20. HTTPヘッダ:③オリジン生成(レスポンス) ▶オリジンサーバが生成するCDN関連ヘッダ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 20 HTTPヘッダ 概要 サンプル キャッシュ コントロール Cache-Control キャッシュ設定一般 各種パラメータ指定 Expires 有効期限 Thu, 01 Dec 2015 16:00:00 JST Vary URLに対し複数のオブジェクト User-Agent 設定が必須(無いと キャッシュされない) Content-Length オブジェクト長 4427 Last-Modified 最終更新時間 Thu, 01 Dec 2014 16:00:00 JST 設定しない方が良い(あ るとキャッシュされない 場合がある) ETag オブジェクトのユニークiD 686897696a7c876b7e httpのサーバ圧縮 Content-Encoding エンコーディング gzip, deflate, sdch※ ※sdch: Shared Dictionary Compression over HTTP (Chrome)
  21. 21. HTTPヘッダ:③オリジン生成(レスポンス) ▶Cache-Controlパラメータ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 21 用途 パラメータ 概要 キャッシュ許可 public キャッシュ許可 private ブラウザ等に対し許可(キャッシュサーバでは禁止) no-cache キャッシュ不許可 no-store 一時的な(内部処理としての)コピーも禁止 改変許可 no-transform 改変不可 最新性のチェック max-age 無チェック時間の最大値 s-maxage 無チェック時間の最大値(キャッシュサーバ上) must-revalidate 毎回、チェック proxy-revalidate プロキシー、CDNサーバでは毎回チェック
  22. 22. HTTPヘッダ:③オリジン生成(レスポンス) ▶サンプル © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 22 Cache-Control 用途 no-cache, no-transform ・キャッシュ不可 ・改変不可 private ・ブラウザではキャッシュ可 ・CDNではキャッシュ不可 public, max-age=3600 ・キャッシュ可 ・ブラウザおよびキャッシュサーバは1時間以上保持したオブジェクトの最新性を チェック public, s-maxage=3600 ・キャッシュ可 ・キャッシュサーバは1時間以上保持したオブジェクトの最新性をチェック ・ブラウザは、最新性チェック設定(毎回、起動時等)に従う
  23. 23. HTTPヘッダ:③オリジン生成(Vary) ▶Vary ▶同一URLに対し複数のVariationが存在する ▶例 ▶User-Agent(オリジンはUser-Agent毎にページ生成) ▶Accept-Encoding(オリジンはhttpをgizp圧縮) ▶指定 ▶User-Agent、Accept-Charset、Accept-Encoding、Accept-Language ▶注意:キャッシュ効率が低下(User-Agent:IE 9だけで数十種類) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 23 Vary: User-Agent https://example.jp オリジンサーバCDNサーバ
  24. 24. HTTPヘッダ:③オリジン生成(ETag) ▶ETag ▶例 ▶ETag: "686897696a7c876b7e" ▶オブジェクト毎・サーバ毎にユニークな値 ▶オリジンサーバが複数台の場合 ▶CDNに悪影響(キャッシュされない) ▶オリジンサーバで生成しない設定が必要 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 24 ETag: “12345" ETag: “98765" ミラー オリジンサーバCDNサーバ
  25. 25. HTTPヘッダ:③オリジン生成(その他) ▶オリジンで意図的に生成すべきヘッダ ▶有効期間の指定(expire、max-age) ▶指定が一切無いとCDNサーバでキャッシュされない場合がある ▶ブラウザにおける最新性チェックを防ぐ(FEO) ▶指定時間の間は、再起動してもチェックしない © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 25
  26. 26. HTTPヘッダ:②④CDNサーバ生成 ▶CDNサーバが生成 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 26 HTTPヘッダ 概要 サンプル ②リクエスト (対オリジン) X-Forwarded-for ブラウザIPアドレス 192.168.0.100 Forwarded 同上 192.168.0.100 ④レスポンス (対ブラウザ) AGE オブジェクトの無チェック時間 3623 Via 中継サーバの名前※ our-proxy ※中継サーバ名前:中継サーバで設定された名前(偽造容易) ③レスポンス HTTPヘッダ ②リクエスト HTTPヘッダ ④レスポンス HTTPヘッダ ①リクエスト HTTPヘッダ オリジンサーバCDNサーバ
  27. 27. HTTPヘッダ:①ブラウザ生成 ▶ブラウザが生成(キャッシュサーバへの指示関連) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 27 HTTPヘッダ 概要 キャッシュ関連 Cache-Control 各種設定 最新性チェック If-Modified-Since 指定時間から変更があった場合 If-Unmodified-Since 指定時間から変更が無かった場合 Etag関連 If-Match Etagがマッチした場合 If-None-Match Etagがマッチしない場合 If-Range Etagがマッチした場合Rangeを実行 Vary関連 User-Agent ブラウザ名 Accept-Charset 受け付けるCharset Accept-Encoding 受け付けるEncoding(HTTP圧縮:gzip、deflate、sdch) Accept-Language 受け付けるLanguage Pragma (HTTP/1.0) Pragma:no-cache キャッシュ不可
  28. 28. HTTPヘッダ:①ブラウザ生成 ▶Cache-Control © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 28 用途 パラメータ 概要 キャッシュされたコンテンツの 送信許可(対キャッシュサーバ) no-cache キャッシュされたコンテンツの配信を不許可 得られたコンテンツをキャッシュ不可 no-store 同上(一時的なストアも不許可) 改変不可(対キャッシュサーバ) no-transform 改変不可、改変されたコンテンツの配信を不許可 キャッシュ存否 only-if-cached キャッシュされていた場合のみ 最新性のチェック (条件を満たさない場合、受け 取りを拒否) max-age 無チェック時間の最大値 max-stale 無効となってからの最大時間 min-fresh 有効である時間の最小時間※ ※例 min-fresh=3600:1時間以内に無効となるコンテンツを受け付けない
  29. 29. キャッシュ:応答コード抜粋 系列 Code 概要 100系 100 通知 200系 200 処理成功 206 Range成功 部分コンテンツ配信 300系 301 リダイレクト(恒久) サイト移設、常時SSL 302 リダイレクト(臨時) Apacheデフォルト 304 オブジェクト無変更 307 リダイレクト(臨時) メソッド変更禁止※ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 29 系列 Code 概要 400系 400 リクエスト不正 401 パスワードエラー 403 権限エラー 404 オブジェクトNot Found 407 プロキシ認証必要 412 マッチング条件失敗※※ 500系 500 サーバ内エラー 502 CDN:オリジンエラー 503 サービスダウン(高負荷) 504 CDN:オリジンタイムアウト ※PostなのにGetで処理するブラウザ対策 ※※If-Unmodified-Since
  30. 30. MPEG-DASH概要 ▶ライブ ▶オンデマンド © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 30 HTTPサーバ メディアソース mp4、mp4aファイル MPDファイル クライアント 変換 HTTPサーバ メディアファイル mp4、mp4aファイル MPDファイル クライアント 変換ファイルの部分取得
  31. 31. キャッシュ:部分ファイル対応 ▶URLパラーメタ方式 ▶例:http://example.jp/test.mp4?range=1025,2048 ▶test.mp4の1025バイト目から2048バイト目までを指定 ▶オリジンの対応が必要 ▶一般的な方法 ▶使用サービス:Youtube ▶キャッシュの対応 ▶CDN ▶「URLパラメータを含む」キャッシュができることが必須 ▶企業FW ▶「URLパラメータを含む」キャッシュは出来ないが、HTTPの中継は出来るた め(多くの場合)影響なし(元々、多くのMPEG-DASHはno-cache) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 31
  32. 32. キャッシュ:部分ファイル対応 ▶CMS等へのキャッシュ適用 ▶URLパラーメタを含むキャッシュ ▶例:http://example.jp/index.php?page=12 ▶ページ番号:12 ▶全体をキーとしてキャッシュ ▶例:http://example.jp/index.php?page=12&uid=100 ▶ページ番号:12 ▶ユーザID:100 ▶ページ番号までをキー(uid部分を無視)してキャッシュ ▶メリット ▶バックエンドDB負荷の低減 ▶ページの更新 ▶CDN APIで対象ページを更新 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 32
  33. 33. キャッシュ:部分ファイル対応 ▶HTTP Rangeヘッダ方式 ▶Range例 ▶応答コード © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 33 GET /test.mp4 Host: example.jp Range:bytes=1025-2048 HTTP/1.1 206 Partial Content … Accept-Ranges:Bytes Content-Length: 1024 Content-Range:bytes 1025-2048/40960 Code 概要 コンテンツの扱い 200 Range失敗 全体が返される 206 Range成功 指定部分が返される リクエスト レスポンス
  34. 34. キャッシュ:部分ファイル対応 ▶Rangeヘッダに対するキャッシュの実装レベル ▶補足:クライアントの実装レベル ▶Rangeを出して200が返るとパニックするアプリに注意 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 34 レベル 概要 レスポンス ファイルの最後のみを指定 キャッシュの可否 返答待ち レベル1 Rangeリクエストの仕様を守る(処理 できないことをレスポンスする) 200 不可 なし(先頭か ら返す)レベル2 可(全体) レベル3 部分ファイルをクライアントに返す 206 可(全体)※ あり レベル4 部分的なキャッシュが出来る 206 可(指定部分のみ) なし ※全体をキャッシュするまでファイルを返さない(待ちが発生)
  35. 35. キャッシュ:Cookieの基本 1回目リクエスト 2回目以降リクエスト © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. HTTPリクエスト HTTPレスポンス GET /index.html HTTP/1.1 HTTP/1.1 200 OK … Set-Cookie:id=kosho;path=/;expires=… はじめまして。 HTTPリクエスト GET /index.html HTTP/1.1 … Cookie:id=kosho HTTPレスポンス HTTP/1.1 200 OK … koshoさん、こんにちは
  36. 36. キャッシュ:クッキー(Set-Cookie) ▶「レスポンスにSet-Cookieを含む」オブジェクト ▶キャッシュすると複数の端末に同じクッキーを設定 ▶一般的には無意味 ⇒キャッシュさせない © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 36 HTTPリクエスト HTTPレスポンス GET /index.html HTTP/1.1 HTTP/1.1 200 OK … Set-Cookie:id=kosho;path=/;expires=… はじめまして。
  37. 37. キャッシュ:クッキー(Cookie) ▶「Cookieを含むリクエストに対する」オブジェクト配信 ▶Cookieベースでページ生成 ▶情報の漏洩⇒キャッシュさせない ▶Cookieベースでユーザトラッキングのみ ▶キャッシュ可能 ▶CDNへの設定 ▶基本ルール ▶無視してキャッシュ ▶例外ルール ▶キャッシュしないURLを指定 ▶補足 ▶クッキーベースの制御は困難 ▶使用例:グルーピング(国別クッキー) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 37 HTTPリクエスト GET /index.html HTTP/1.1 … Cookie:uid=kosho HTTPレスポンス HTTP/1.1 200 OK … koshoさん、こんにちは HTTP/1.1 200 OK … みなさん、こんにちは
  38. 38. 負荷分散 ▶リクエストナビゲーション(広域負荷分散) ▶DNS ▶メタファイル ▶エニキャスト ▶SDN ▶制御 ▶粒度 ▶テーブル作成 ▶ローカル負荷分散 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 38
  39. 39. 広域負荷分散 ▶リクエストナビゲーション ▶手法 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 39 単位(粒度) 補足 DNS ローカルDNSサーバ 一般的な方法 メタファイル クライアントIPアドレス ストリーミング用 エニキャスト AS 一部CDN事業者が使用を開始 ? ー 一部Tire1 OTT 39
  40. 40. 40 広域負荷分散:DNS ▶DNSによる制御 ▶ホスト名をResolveする時に、異なるIPアドレスを返す ▶ISP DNS(ISPのDNSキャッシュサーバ)単位のクライアント認識 usa.example.jp (203.0.113.10) japan.example.jp (198.51.100.10) example.jp ISP DNSサーバ example.jp DNSサーバ ISP DNSサーバ example.jp 198.51.100.10 203.0.113.10 198.51.100.10 203.0.113.10 example.jp example.jp © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 課題 DNSの有効期間(30秒等)を無視するDNSサーバ DNSの有効期間(30秒等)内の障害
  41. 41. 41 広域負荷分散:メタファイル ▶メタファイルによる制御 ▶メタファイル生成時に、異なるメディアファイル(サーバ)を返す ▶IPアドレス単位のクライアント認識 usa.example.jp japan.example.jp https://usa.example.jp/test.mp4 https://japan.example.jp/test.mp4 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 課題 メタファイルサーバの地理分散 クライアント単位のルーティングテーブル作成は大変 video.mpd
  42. 42. 42 広域負荷分散:エニキャスト ▶エニキャストによる制御 ▶同じIPアドレスを複数の拠点に配置 ▶ルーティング(主にBGP)で経路を制御 198.51.100.10 198.51.100.10 経路の広報 経路の広報 課題 サーバダウン時の経路制御 経路制御が乱れた時のTCP(ステイトフル)通信 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  43. 43. 43 広域負荷分散:Tire1 OTT ▶Tire1 OTTネットワーク内処理 ▶AS内部の経路制御を高速化 198.51.100.10 198.51.100.10 ? © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. Tire 1 Network 課題 詳細不明
  44. 44. 44 広域負荷分散:制御粒度 ▶地理的距離≠ネットワーク距離 ▶トンネリング ▶携帯網 (GTP-u) ▶フレッツ網 (PPPoE) ▶DNSベース ▶ISP DNS単位の制御 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  45. 45. 広域負荷分散:テーブル作成 ▶基本アプローチ ①距離の計測 ②計測結果の収集 ③ナビゲーションテーブル作成 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 45 ISP DNS-abc ISP DNS-xyz ②計測結果の収集 GSLB ①距離の計測 DNS-abc: Edge1 DNS-xyz:Edge2 …. ③ナビゲーションテーブル作成 Edge1 Edge2
  46. 46. 広域負荷分散:テーブル作成 ▶実際 ▶自動距離測定は難しい ▶メトリック ▶RTT (ICMP):ICMP通らない、ISPからのクレーム ▶ルータホップ数:同上 ▶BGP ホップ:GSLBへの読み込ませが大変 ▶プローブ数 ▶配信拠点が増えると、全拠点からの計測は不可能 ▶現実には、事前設定した各種テーブルとの合わせ技+職人技 ▶国別・IPテーブル ▶AS・IPテーブル © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 46
  47. 47. ローカル負荷分散:クラスタ化 ▶キャッシュサーバのローカルクラスタ化 ▶メリット ▶ヒット率の向上 ▶パフォーマンス向上(DiskIOの軽減) ▶ローカル・リクエスト制御 ▶手法 ▶複数IP返し ▶L4SW(Direct Server Return) ▶メリット ▶フェイルオバー © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 47 example.jp (DNS複数IPアドレス返し) 198.51.100.10 198.51.100.11 198.51.100.11198.51.100.10 キャッシュのハッシュ化
  48. 48. キャッシュ出来ない通信のCDN ▶アプリケーション通信 ▶ライブストリーミング © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 48
  49. 49. キャッシュできない通信のCDN ▶配信サーバの中継による経路制御 ▶L3な経路を取らない(アプリケーション層ルーティング) ▶対象 ▶アプリケーション通信 ▶ライブ・ストリーミング © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 49 49 輻輳
  50. 50. 50 アプリケーションCDN ▶アプリケーション通信 ▶高速プロトコルの使用(配信サーバ間) ▶アグレッシブ(わがまま)なプロトコルを使用 ▶極端な例:全速力で送信、輻輳無視、全速力で再送信 ▶対比:TCPの特性 ▶Fairness(公平性):ひとつのセッションがリソースを占領しない ▶輻輳検知→送信レートを下げる ▶注意 ▶「高速化の効果<プロトコル変更のコスト」がありうる(主に国内配信) TCP 特殊(わがままな)プロトコル © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved.
  51. 51. 51 ライブCDN ▶経路の冗長化 ▶プッシュ型:スプリッタで結合(昔の実装、最近はあまり聞かない) ▶パケットを一定時間バッファ、シーケンス番号で判別 ▶プル型:最近の実装 ▶2経路を用意(視聴アプリで切り替え) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. エンコーダ エンコーダ ライブフィード (ライブのオリジン) ライブフィード
  52. 52. 52 ライブCDN ▶エンコーダおよび会場回線の冗長化 ▶代表例 ▶エンコーダ→会場→ライブフィードサーバ:2系統プッシュ ▶スプリッタ→ライブフィード:2系統プル ▶例:アクティブ・スタンバイ構成 ▶実際の運用ではアクティブ・アクティブが多い © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. エンコーダライブフィード 会場(足回り)回線
  53. 53. プロトコル変換 ▶SSL ▶HTTP/2 ▶WebSocket © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 53
  54. 54. SSL CDN:SSL化の動向 ▶動向 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 54 大項目 マーケターニーズ Google検索のランクダウン SSLサイトからのリファラ取得 HTTP/2 基本的にTLSが使用される(非暗号版が実装されるか未定) ブラウザ実装 FireFox:非SSLサイトへの機能制約(予定) Chrome:非SSLサイトへのワーニング表示(ベータ機能) 動画のHTTPS化 Youtube:対応済み Netflix:2015年9月より開始、2016年中に完了 米国連邦政府 連邦機関の全サイトをSSL化(期限:2016年12月31日) iOS9アプリ ATS(TLS1.2+ forward secrecy必須)がデフォルトで有効化
  55. 55. SSL CDN:SNI ▶SSL SNI (Server Name Indicator) ▶SSLにおけるバーチャルホスト機能 ▶非対応 ▶Android 2.x、Windows XP、Java6、古めのテレビ ▶SSL ハンドシェイク ▶SNIを使わない場合、ホスト名は使わない © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 55 ・Client Hello (サポートしている暗号方式) 接続したいホスト名 (SNI) ・Server Hello (使用する暗号方式) ・Server Certificate (サーバのSSL証明書) www.example.jp 198.51.100.10 198.51.100.10 名前引き
  56. 56. SSL CDN:証明書の種類 ドメイン認証(CNのみ) 企業認証(CN+O) EV 証明書:企業認証+綿密なチェック+専用上位証明書 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 56 CN: Common Name O: Organization
  57. 57. SSL CDN:証明の対象(サブジェクト)の格納 ワイルドカード・一般証明書 マルチドメイン証明書 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 57
  58. 58. SSL CDN:IPアドレス割り振り ▶1台のCDNサーバに4種類のIPアドレス ▶補足 ▶SNIのマルチドメイン・ワイルドカード証明書は実装依存 ▶配信サーバが証明書の中身(マルチドメイン・ワイルドカード)を認識する 必要がある © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 58 IPアドレス 証明書 例 EV対応 SNI使用 ① 顧客証明書 www.example.jp ○ × ② マルチドメイン証明書/CDN事業者 www.example.jp/www.stream.ne.jp △ × ③ ワイルドカード証明書/CDN事業者 *.stream.ne.jp × × ④ 顧客証明書 www.example.jp ○ ○ マルチドメイン証明書/顧客 www.example.jp/example.jp ○ ○ ワイルドカード証明書/顧客 *.example.jp × ○
  59. 59. HTTP/2概要 ▶HTTP/2 メリット ▶プロトコルのバイナリ化(フレーム化) ▶HTTP/2フレーム:HTTPメソッドの新フォーマット ▶HTTPヘッダの圧縮 ▶使用するTCPは1セッション ▶輻輳制御の効率化→帯域利用の最大化 ▶多重化通信(多重ストリーム) ▶HTTP/2ストリーム:サーバ・クライアント間の(多重化)通信単位 ▶新規TCP、新規SSLセッションの開始コストを削減 ▶同時転送数の上限なし(サーバ側の制限あり) ▶ストリーム間の優先付け ▶サーバープッシュ(コンテンツのプリセンド) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 59
  60. 60. HTTP/2 CDN ▶HTTP/2アクセラレータ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 60 クライアント HTTP/2 HTTP/1.1 複数のリクエスト を1本のTCP化 サーバプッシュ レスポンスHTTPヘッダ プッシュ指定 link:<screen.css>; rel=preload; as=stylesheet CDN設定 プッシュ指定(ファイル) プライオリティ指定 オリジンサーバCDNサーバ
  61. 61. WebSocket概要 ▶WebSocket概要 ▶HTTPベースの両方向通信 ▶軽量 ▶他の軽量プロトコルのラップ ▶RESP (Redis Serialization Protocol) ▶MQTT (MQ Telemetry Transport) ▶CoAP (Constrained Application Protocol) ▶アプリケーション ▶ゲーム・チャットルーム ▶リアルタイム一斉配信 ▶アンケート ▶データ集計(IoT:Internet of Things) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 61
  62. 62. WebSocket CDN ▶RESP等のWebSocket化(さらにはSSL化) ▶FWの通過 ▶RESP:ほぼ通らない ▶WebSocket:たまに通らない(Protocol Upgradeできない) ▶SSL:通る © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 62 オリジンサーバ (Redis等)CDNサーバ クライアント RESP等/WebSocket/SSL RESP等 終端+各 種処理 PC等からの操作
  63. 63. WebSocket CDN:課題 ▶ポート番号 ▶ポート番号:0~65,535 ▶最近のサーバは、1台あたり6万セッション以上を処理可能 ▶1台のサーバに複数IPアドレス ▶SSL化 ▶SSL化の負荷:10倍程度 ▶SSLオフロード(アクセラレータ)ボード ▶IPアドレスの増加 ▶「WebSocket対応=最近の端末」⇒SNIでOK ▶WebSocketの終端 ▶汎用(API)化 © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 63
  64. 64. CDNの未来 ▶複数CDNの統合 ▶ICN/CCN © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 64
  65. 65. 複数CDNの結合 ▶マルチCDN ▶メタGSLBによるCDN振り分け ▶CDNフェデレーション(CDNI) ▶CDNの結合 ▶CDNIインターフェイス ▶IETFでの議論 ▶CDI WG: 2001~2003 ▶CDNI WG: 2011~ ▶配信サーバの共有モデル ▶プロプライエタリなシステム © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 65 CDN1 CDN2 契約 CDN1 CDN2 プロプライエタリ CDN1 CDN2 CDNI 契約 契約 GSLB GSLB GSLB GSLB GSLB マルチCDN CDNI 配信サーバの共有 メタGSLB
  66. 66. ICN/CCN ▶Internetの仕組みをコンテンツを中心に再構築 ▶Information Centric Networking (ICN) ▶Content Centric Network (CCN) ▶CCN概要 ▶コンテンツのPublish&Interest ▶名前によるルーティング(コンテンツへの経路テーブル) ▶経路上へのコンテンツ・プロパゲーション(複製) ▶課題 ▶スケーラビリティ(キャッシュ領域、経路テーブル) © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 66 違いはルーティング PublishInterest 複製複製複製
  67. 67. おわりに ▶参考文献等のリンク ▶J-Stream CDN情報サイト ▶https://tech.jstream.jp/blog/meeting/janog36/ © 2015 J-Stream Inc. All Rights Reserved. 67

×