Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

AWS Ops Service Re:cap!!! - re:Invent 2016 の前に抑えておきたい Ops関連サービスアップデート -

1,198 views

Published on

AWS Ops Service Re:cap!!!
- re:Invent 2016 の前に抑えておきたい
Ops関連サービスアップデート -

Published in: Internet
  • Login to see the comments

AWS Ops Service Re:cap!!! - re:Invent 2016 の前に抑えておきたい Ops関連サービスアップデート -

  1. 1. AWS  Ops  Service  Re:cap!!! -­‐ re:Invent 2016  の前に抑えておきたい Ops関連サービスアップデート -‐‑‒ Tomoaki Sakatoku Solutions  Architect Amazon  Web  Service  Japan
  2. 2. 11/27からre:Invent 2016が開催されます! 今年年はどんなアップデートが発表されるか楽しみですね
  3. 3. とその前に、直近で発表された Ops関連サービスアップデートを キャッチアップ
  4. 4. CloudWatch  Update 1. Data  Retention 2. UI  Experience 3. Price  Reduction 4. Percentile 5. collectd  Integration 6. CloudWatch  Events
  5. 5. 2weeks  -­‐>  15month
  6. 6. CloudWatch  Update  -­‐ Data  Retention -­‐ • CloudWatchのメトリックス保存期間が⼤大幅拡張 ü 今まで14⽇日だったCloudWatchメトリックスの保存期間 が、最⼤大15ヶ⽉月まで拡張 ü 拡張に関する追加費⽤用はなし(無料料) ü すでに3ヶ⽉月前のメトリックスが利利⽤用可能 ü データ取得間隔により、保持期間が異異なるので注意 • 1分間隔ので取得されたデータ:  15⽇日間分利利⽤用可能 • 5分間隔ので取得されたデータ:  63⽇日間分利利⽤用可能 • 1時間隔ので取得されたデータ:  455⽇日間分利利⽤用可能 https://aws.amazon.com/about-­‐aws/whats-­‐new/2016/11/cloudwatch-­‐extends-­‐metrics-­‐retention-­‐and-­‐ new-­‐user-­‐interface/
  7. 7. CloudWatch  Update  -­‐ Data  Retention -­‐ • 5分間隔、または1時間間隔で取得されたメトリックスは、 2016/07/09以前のデータの取得はできない • 1度度のAPIコールで取得できる、最⼤大データポイント数は 1,440レコード ü 1,440を超える場合、エラーとなる http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/APIReference/API_GetMetricStatistics. html
  8. 8. CloudWatch  Update  – UI  Experience -­‐
  9. 9. CloudWatch  Update  – UI  Experience -­‐
  10. 10. CloudWatch  Update  – UI  Experience -­‐
  11. 11. CloudWatch  Update  – UI  Experience -­‐
  12. 12. CloudWatch  Update  – UI  Experience -­‐ 該当ログレコードにドリルダウン
  13. 13. CloudWatch  Update  – UI  Experience -­‐ 該当箇所前後のログ含め 確認可能
  14. 14. CloudWatch  Update  – UI  Experience -­‐ 詳細は、JSONから確認可能
  15. 15. • 毎⽉月の保存するメトリックス数に応じ、最⼤大96% OFF • US  East(N.Virginia)でのディスカウント例例 CloudWatch  Update  -­‐ Price  Reduction  -­‐ https://aws.amazon.com/blogs/aws/aws-­‐price-­‐reduction-­‐cloudwatch-­‐custom-­‐metrics/
  16. 16. • Percentile CloudWatch  Update  -­‐ Percentile  -­‐ https://en.wikipedia.org/wiki/Percentile_rank 異異常値によるデータの引っ張りを極⼩小化
  17. 17. CloudWatch  Update  -­‐ Percentile  -­‐
  18. 18. CloudWatch  Update  -­‐ Percentile  -­‐
  19. 19. CloudWatch  Update  -­‐ Percentile  -­‐ • Percentile に対応しているサービス • Amazon  EC2 • Amazon  RDS • Amazon  Kinesis • ALB(Application  Load  Balancer) • ELB(新しく作成したElastic  Load  Balancer) https://aws.amazon.com/jp/blogs/news/amazon-­‐cloudwatch-­‐update-­‐percentile-­‐statistics-­‐and-­‐new-­‐ dashboard-­‐widgets/
  20. 20. CloudWatch  Update  -­‐ collectd  Integration  -­‐ Cloudwatchが提供するEC2メトリックス 標準メトリックス(EC2) カスタムメトリックス CPUUtilization CPUCreditBalance CPUCreditUsage DiskReadBytes DiskWriteBytes DiskWriteOps NetworkOut NetworkIn StatusCheckFailed_Instance StatusCheckFailed StatusCheckFailed_System 標準メトリックスでは 収集できないメトリックス “collectd”を使い今まで以上 に簡単に取得可能 networkpackets in/out
  21. 21. CloudWatch  Update  -­‐ collectd  Integration  -­‐ https://aws.amazon.com/blogs/aws/new-­‐cloudwatch-­‐plugin-­‐for-­‐collectd/ • collectd  Pluginを使うことで、標準メトリックスで取得 できないメトリックスを簡単にカスタムメトリックスと して取得可能 • 取得可能メトリックスは下記ファイルにリスト化 • /opt/collectd-­‐plugins/cloudwatch/config/blocked_metrics • 取得したいメトリックスをwhitelistし、collectdプロセ スを再起動するだけ! • /opt/collectd-­‐plugins/cloudwatch/config/whitelist.conf
  22. 22. CloudWatch  Update  -­‐ collectd  Integration  -­‐ https://aws.amazon.com/blogs/aws/new-­‐cloudwatch-­‐plugin-­‐for-­‐collectd/
  23. 23. • イベントトリガーを定義する”イベントの選択”にEBSア クションが追加 ü Amazon  EBS  Volumes • attachVolume • createVolume • reattachVolume ü Amazon  EBS  Snapshots • copysnapshot • createsnapshot • sharesnapshot CloudWatch  Update  -­‐ CloudWatch  Events  -­‐ Amazon  CloudWatch  Events  for  Amazon  EBS http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/APIReference/API_GetMetricStatistics. html
  24. 24. EC2 Stopped CloudWatch  Event Create  Snapshot Lambda Start  EC2 EBS Snapshot  Taken   &  Copy CloudWatch  Event Snapshot  Taken EC2 Starts Rule  1 Rule  2 CloudWatch  Update  -­‐ CloudWatch  Events  -­‐ Amazon  CloudWatch  Events  for  Amazon  EBS • 特定のEC2インスタンスが停⽌止したら、EBS  Snapshotを取得し、 別リージョンにコピー (Rule.1) • その後EC2インスタンスを⾃自動起動する(Rule.2)
  25. 25. http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/APIReference/API_GetMetricStatistics. html CloudWatch  Update  -­‐ CloudWatch  Events  -­‐ Amazon  CloudWatch  Events  for  Amazon  EBS イベントとして、snapshot_id,  source等 の情報がLambdaに渡される
  26. 26. • イベントトリガーを定義する”イベントの選択”に、S3の Object  LevelのAPI  Activityを取得可能に • S3へのObject  Putをトリガーに設定可能 CloudWatch  Update  -­‐ CloudWatch  Events  -­‐ Capture  and  Process  Amazon  S3  Object-­‐Level  API  Activity https://aws.amazon.com/blogs/aws/cloudtrail-­‐update-­‐capture-­‐and-­‐process-­‐amazon-­‐s3-­‐object-­‐level-­‐ api-­‐activity/
  27. 27. • Trusted  Advisorのステータスをトリガーにアクション 設定が可能に • OK • INFO • WARN • ERROR CloudWatch  Update  -­‐ CloudWatch  Events  – Trusted  Advisor  enables  automated  actions  and  custom  notifications http://docs.aws.amazon.com/awssupport/latest/user/cloudwatch-­‐events-­‐ta.html
  28. 28. re:Invent 2016の アップデートに関しては、 次回のOpsJAWSでお話します!
  29. 29. 次回のOpsJAWS(12/13)re:Invent Re:capと AlexaOpsについてお話します! DevOpsでもなくて、ChatOpsでもなくて、AllexaOps J ご興味のある⽅方は是⾮非ご登録を! OpsJAWS:  https://opsjaws.doorkeeper.jp/

×