Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2

4,839 views

Published on

夏サミ 2013 A2 セッション資料 #natsumiA2

  1. 1. Developers Summit 2013 Summer Summit Developers DevOps Enterprise 長沢 智治 日本マイクロソフト株式会社 IT アーキテクチャー推進部A2 #natsumiA2
  2. 2. DevOps Enterprise 長沢 智治 日本マイクロソフト株式会社 IT アーキテクチャー推進部 A2 #natsumiA2 tomohn@microsoft.com, @tomohn
  3. 3. Speaker 10年以上にわたるソフトウェア開発プロセスの経験 開発支援ツール ベンダーを 3社経験 職歴: ソフトウェア エンジニアリング スペシャリスト / プリンシパル コンサルタント / ソリューション アーキテクト 海水魚飼育 クマノミのペアが、今年は7回産卵しました! 過去、タツノオトシゴの繁殖に挑戦したこともあります。 仮面ライダー 子供のためにと観始めて1年余り、 ソフトウェア開発に通じる世界観に子供以上に浸かっていますw 長沢 智治 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト Scrum Alliance 認定スクラムマスター (CSM) 略歴: 趣味:
  4. 4. 長沢 智治 夏サミ 基調講演 Speaker
  5. 5. Message 戦略的な IT が、 ビジネスの成功を 左右する時代へ 継続的にビジネス価値を提供し続ける 新たな開発と運用の関係づくり ビジネスからの要請である!
  6. 6. Business Technology
  7. 7. ビジネス アジリティを支える IT IT にもアジリティ IT でビジネスに力と変化を IT の力でビジネスをスケール
  8. 8. Cost Center Key Infrastructure Morphing IT ビジネス モデル 確立している IT が関与 IT がドライバー
  9. 9. Cost Center Key Infrastructure Morphing IT 意思決定 IT 部門 経営者層 顧客中心
  10. 10. Cost Center Key Infrastructure Morphing IT テクノロジー “クラサバ” “Web” Device & Service
  11. 11. エンタープライズ
  12. 12. エンタープライズ アプリの進化 内勤, B2B 協力会社, 従来のチャネル お客様, 全従業員, 新規のチャネル SYSTEM OF RECORD SYSTEM OF ENGAGEMENT ブランドの差別化 継続的デリバリー ビジネス ソーシャル パッケージとそのカスタマイズ 長期のリリース サイクル コンテンツ マネージメント 戦闘力基礎体力 ※ 確立した方法が適用しやすい ※ 未知の領域への挑戦 / 試行錯誤
  13. 13. エンタープライズ IT のユーザー お客様 The customer buying from us 従業員 The employees working for us
  14. 14. Enthusiasts Visionaries Pragmatist s Conservatives Skeptics スタートアップ クラウド サービス ベンダー エンタープライズ 先進的な アプリケーションと 開発プラクティス の創発 先進的な  アプリケーション  アプリケーションライフサイクル管理  データセンター 顧客に ダイレクトに 響く活動 つながる 商談の継続 先進的な 業務環境 独自性と 競合優位性 ムーブメントはすでにエンタープライズに
  15. 15. Cheaper 先進的なデータセンター Modern Data Center Faster 先進的な アプリケーションライフサイクル Modern Application Lifecycle DevOps Better 先進的なアプリケーション Modern Applications 先進的なビジネスの要素
  16. 16. DevOps
  17. 17. 要求 OpsDev 動くソフトウェア ビジネスの アイディアと課題 ビジネスの 対策と加速
  18. 18. 要求 OpsDev 動くソフトウェア ビジネスの アイディアと課題 ビジネスの 対策と加速 Ops  仮想化からシステム自動管理へ  多くの業務アプリを運用  アプリの質が課題  必ずしも開発が絡まないシステム  長期戦かつ、安定が責務  “ゴールキーパー”, “守護神”  情報システム部門が担当
  19. 19. 要求 OpsDev 動くソフトウェア ビジネスの アイディアと課題 ビジネスの 対策と加速 Dev  ブラックボックスからの脱却  ビジネスに貢献するアプリを開発  開発サイクルの短期化への対応  運用が必ず伴う  短期戦、変化することが責務  “ストライカー”, “特攻隊”  開発ベンダーが担当
  20. 20. 要求 OpsDev 動くソフトウェア ビジネスの アイディアと課題 ビジネスの 対策と加速 自動化 共同所有 ムダ取り 透明性共通 ゴール
  21. 21. 要求 OpsDev 動くソフトウェア
  22. 22. 要求 OpsDev 動くソフトウェア 運用が欠如した 受け入れ基準と優先順位 技術的負債の蓄積 運用を考慮した 設計とテストの欠如 長い開発とテスト の仕掛かり 運用準備が整わない ソフトウェア 長いデプロイの仕掛かり 開発と運用の ワークフローの相違と分離 本番稼働中の障害への 対応 デバッグが困難な本番 環境での対応 実行可能なフィードバックの 欠如による MTTR の長期化 ビジネス価値との相関関係 が不明瞭 Impediments
  23. 23. 要求 OpsDev 動くソフトウェア 運用を考慮したバックログと 定期的な優先順位の見直し レガシーコードの 把握と改善 継続的インテグレーション 疑似本番環境でのラボ自動化 常に運用可能な開発成果物の 透明性/トレーサビリティ 構成とデプロイの自動化 成果物の共同所有 本番稼働環境での テストの実施 実行可能なフィードバックの 自動化/省力化 ビジネス価値を中心とした フィードバックとデータ収集/蓄積 Solutions 継続的テストの実践 統合されたツールセットと 最適なワークフロー連携 本番環境に影響を与えない 診断/デバッグ
  24. 24. 要求 OpsDev 動くソフトウェア 運用を考慮したバックログと 定期的な優先順位の見直し レガシーコードの 把握と改善 継続的インテグレーション 疑似本番環境でのラボ自動化 常に運用可能な開発成果物の 透明性/トレーサビリティ 構成とデプロイの自動化 成果物の共同所有 本番稼働環境での テストの実施 実行可能なフィードバックの 自動化/省力化 ビジネス価値を中心とした フィードバックとデータ収集/蓄積 Solutions 継続的テストの実践 統合されたツールセットと 最適なワークフロー連携 本番環境に影響を与えない 診断/デバッグ Operations readiness 運用要件を満たしていないソフトウェア  最後の詰めでの阻害要因になる  本番稼働時に情報収集が困難となる 早期の要求獲得と品質の作りこみ  運用の受け入れ駆動開発 (ATDD), ラボの自動化,  継続的テスト, 継続的インテグレーション、継続的デプロイメント Problem Solution Value ビジネス価値に到達するソフトウェア  ソフトウェアをビジネス価値として提供する  サイクルタイムを短縮できる
  25. 25. 要求 OpsDev 動くソフトウェア 運用を考慮したバックログと 定期的な優先順位の見直し レガシーコードの 把握と改善 継続的インテグレーション 疑似本番環境でのラボ自動化 常に運用可能な開発成果物の 透明性/トレーサビリティ 構成とデプロイの自動化 成果物の共同所有 本番稼働環境での テストの実施 実行可能なフィードバックの 自動化/省力化 ビジネス価値を中心とした フィードバックとデータ収集/蓄積 Solutions 継続的テストの実践 統合されたツールセットと 最適なワークフロー連携 本番環境に影響を与えない 診断/デバッグ Value Up Delivery 顧客ニーズにアラインできない開発サイクル  ビジネス価値の提供が不定期で期待値管理ができない  品質とデリバリーがビジネスに合致しない アジャイルプラクティスと検査と適応  スクラムのフレームワークによる実測駆動の実践  継続的にフィードバックを得る仕組みと体質づくり Problem Solution Value ビジネス価値に到達するソフトウェア  適切なビジネス価値を定期的に提供し続けることが可能に  サイクルタイムの短縮と QCDS のバランス調整が可能に
  26. 26. 要求 OpsDev 動くソフトウェア 運用を考慮したバックログと 定期的な優先順位の見直し レガシーコードの 把握と改善 継続的インテグレーション 疑似本番環境でのラボ自動化 常に運用可能な開発成果物の 透明性/トレーサビリティ 構成とデプロイの自動化 成果物の共同所有 本番稼働環境での テストの実施 実行可能なフィードバックの 自動化/省力化 ビジネス価値を中心とした フィードバックとデータ収集/蓄積 Solutions 継続的テストの実践 統合されたツールセットと 最適なワークフロー連携 本番環境に影響を与えない 診断/デバッグ Mean Time To Repair - MTTR 運用中の障害検出と解決が極めて困難  長い MTTR、ビジネス価値を侵食  継続的なフィードバックの阻害 本番稼働環境でも開発プラクティスを実践  本番環境相当でのテストの継続的な実施(仮想ラボ環境)  統合されたインシデント管理、本番環境でのデバッグの実践 Problem Solution Value MTTR の短縮  ソフトウェアをビジネス価値として提供し続ける  サイクルタイムを短縮できる
  27. 27. DevOps と プラットフォーム
  28. 28. 要求 OpsDev 動くソフトウェア
  29. 29. 要求 OpsDev 動くソフトウェア
  30. 30. 要求 OpsDev 動くソフトウェア
  31. 31. DevOps demo
  32. 32. 要求 OpsDev 動くソフトウェア トレーサビリティ 開発リソースの継続的な活用
  33. 33. Microsoft
  34. 34. Dev Ops Working Software Business Value Continuous Feedback プラットフォーム ベンダーとして、IT、DevOps のプラットフォームを継続的デリバリー
  35. 35. Team Foundation Service SaaS 型の開発インフラ | DevOps を実践する DevOps に向けた開発基盤を提供中 (5ユーザーまでプロジェクトは無償) あらゆる開発で利用可能。Windows Azure への継続的デプロイを標準サポート
  36. 36. 環境やトレンドの変化
  37. 37. • • • • • • • • • • • • •
  38. 38. Cloud OS の特長
  39. 39. マイクロソフトの最新プラットフォーム
  40. 40. マイクロソフトの最新プラットフォーム
  41. 41. ソフトウェア開発環境の最新動向と無償出張セミナー http://aka.ms/ALMjp ソフトウェア開発環境の最新動向を 1 ページで! 原理原則 | 事例 | 製品 | 書籍 http://aka.ms/VsPrincipalSeminar 無償で あなたの現場で セミナーを実施できます! DevOps | ALM | Agile | TFS | Visual Studio | DevDiv 事例
  42. 42. We are Pig ! for Customer Business tomohn@microsoft.com | @tomohn http://SoftwareEngineeringPlatform.com http://www.scrum.org/You-Are-a-Scrum-Pig

×