Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next

1

Share

WebSig冬期講習2020 開校資料

WebSig冬期講習2020 開校資料です。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

WebSig冬期講習2020 開校資料

  1. 1. WebSig冬期講習2020 2020/12/8 #websig,#websig1ds
  2. 2. WebSig24/7の紹介
  3. 3. 2 WebSig24/7 代表 インテリジェントネット株式会社 代表取締役 北海道⽣まれ44歳 筑波大学日本語・日本文化学類 #job tag コンサルティング、マーケティング、 コミュニケーションデザイン、ディレクション #personal tag 猫、S130Z(フェアレディZ)、キャンプ ギター、ポスト資本主義、日本型インターネット 話している⼈︓和⽥ 嘉弘
  4. 4. 3 • 呼び⽅︓ウェブシグ・トゥウェンティフォー・セブン • 由来︓ Web︓World Wide Web Sig︓Special Interest Group / Special Internet Group 同じ興味を持つ⼈たちのオンライン・オフラインの集まり 24/7︓twenty-four hours a day, seven days a week 時刻曜日関係なくずっと夢中 • タグライン︓ Webプロフェッショナルのための「気づき」が⾒つかるコミュニティ 読み⽅WebSig24/7とは
  5. 5. 4 2004年からWebSig会議という勉強会を開催 • WebSig会議 セミナー+(参加型)の勉強会。毎回異なったテーマで37回実施 • 分科会 IA、エコピ(エコ&ピース)、リアルWebSig塾(橘川幸夫さんとのコラボ)、口コミマーケティン グ、Webブラウザ、日本のソーシャルネットワーク10年など • WebSig1日学校 Webの未来を1日つかって考える大規模イベント やってきたこと
  6. 6. 5 モデレーターと呼ばれるボランティアベースの有志によって運営されています。 • 和⽥ 嘉弘︓インテリジェントネット株式会社 代表取締役 / WebSig24/7代表 • 坂⻄ 裕彰︓株式会社シナップ 代表取締役 • 安藤 直紀︓フリーランスのWeb設計屋“ARCHIT” • 馮 富久︓株式会社技術評論社 クロスメディア事業室室⻑、TechLIONプロデューサー • 藤川 真⼀(えふしん)︓BASE 技術担当役員/ 株式会社想創社 代表取締役 • 吉澤 誠︓株式会社クラウドポイント • 渡邊 あや︓(育休中)株式会社ソラリア代表取締役 • 平間 久美⼦︓ニャンパス株式会社 • ⾜⽴ 健誌︓イントリックス株式会社 プロジェクトマネージャー • 藤川 ⿇⼣⼦(ふうり)︓株式会社エフシーゼロ 取締役リーダー 運営メンバー運営メンバー
  7. 7. 6 強烈なリーダーシップで成⽴する組織ではない 「場」と「コミュニティ」 参加させられるのではない個人の関係 WebSig24/7を通して、仕事、出会い、新しいサービスが⽣まれるきっかけ になれたことは10年以上続けた副次的な成果 コミュニティの考え⽅
  8. 8. 7 Tipsではなく本質的なテーマを扱ってきました。 明日から使えないことだけど、⻑く使えることモノの⾒⽅、 考え⽅を⼀緒に考える インターネット/Webに関わることは、 未来の社会をつくることだ 扱うトピックス
  9. 9. WebSig1日学校 あなたとWebの未来を変える1日
  10. 10. 2010年(第1回)︓考える 2011年(第2回)︓考えぬく 2012年(第3回)︓温故知新 2013年(第4回)︓Re-design あたりまえになったWebを考えなおす WebSig1日学校〜未来のあなたとWebを変える1日
  11. 11. 10 WebSig1日学校〜未来のあなたとWebを変える1日
  12. 12. 11 WebSig1日学校〜未来のあなたとWebを変える1日
  13. 13. 12 WebSig1日学校〜未来のあなたとWebを変える1日
  14. 14. 13 2015年くらいから活動を緩やかに モデレーターのライフスタイル変化とWeb業界の技術、ビジネス環境がしばらく緩やかになったこと、 類似イベントが増えた、イベントが大きくなりすぎたことなどを踏まえて、対外的なイベントは年に 1,2回の活動(運営メンバーでの会話は隔週で実施) 活動の変化とwithコロナでの再開 コロナ禍で環境が劇的に変化していく中、 20世紀からなかなか変わりきれない社会が本当に21世紀へ変化が進みそう。 いまあらためてWebの未来、新しい学びの形を考えてみたい。
  15. 15. WebSig冬期講習2020 テーマ これからの「つながり」をみつける つながり ✕ Webを切り口に 勉強会や新しいツールや⽅法をつかって遊んでみよう。 まだ誰も正解なんてわからない。
  16. 16. ( )のつながりの変化 社会・価値観の変化 テクノロジーの変化 ライフスタイルの変化企業の変化 インターネット/Webの変化 つながりの変化 Web制作の変化 表現の変化 学びの変化 ( )の変化 1日学校開校で使ったフレームワーク。WebSig冬期講習2020を実施するうえで学びの変化から考えてみ る。
  17. 17. 16  反転授業的な学びへ • 知識はオンライン、非同期で。同期はより参加型へ  学びのコストが下がる • 非同期コンテンツが増える。オンライン勉強会の開催コストは低い • 1回欲張りから、日をまたいだ連続開催 • 話したいから話す、学びたいから学ぶ • 誰でも⽣徒、誰でも先⽣  オンラインはフラット • 誰でも⽣徒、誰でも先⽣権⼒もジェンダーも声の大きさも画⾯の中ではフラットにしやすい 学びの変化 オフラインをオンラインへ置き換えただけではない学びってどういうもの︖
  18. 18. 17  小さく連続してやる 1ヶ月間(仮)の間、これからの「つながり」✕Webをテーマにした大小様々な勉強会を開催する。  従来のスタイル 従来はWeb業界をいま考える課題を厳選して、モデレーターが課題背景をまとめて、リアルに100名集め て、登壇者を数⼈呼ぶスタイル  WebSig冬期講習のスタイル 開催側も個⼈のモチベーションドリブンでオンラインで小さく学ぶ会を連続して回数を重ねることを重視 するスタイルへ WebSig冬期講習2020
  19. 19. 18  イベント形式 過去開催のWebSig会議のように、前半セミナー(インプット、聞く)、後半ワールドカフェ(またはグ ループワーク)など参加型を基本形とする。  途中で発明、変更もする、遊ぶ WebSig会議形式にとらわれない、新しいイベント手法を試し、楽しむ(読書会でもいいし、非同期のし かけも)  参加型を意識して新しいつながりをみつける 主催も参加者も個⼈の主体性を重視して、新しいつながりをみつける模索をする WebSig冬期講習2020
  20. 20. WebSig冬期講習2020 スケジュール(決定しているものだけ) 12月15日 開校イベント 12月17日 withコロナで変わる Web受託のつながり 同期イベント 非同期イベント 12月○日 参加型感想会 withコロナで変わるWeb受託 のつながり 17時30分 20時 20時 小さなイベントを複数開催予定 コロナ禍のワタシの履歴書 coming soon coming soon
  21. 21. これからの「つながり」をみつけていくうえで、 過去、WebSig1日学校開校でつかった社会変化からの アプローチでつながりの変化をまずはインプット
  22. 22. ( )のつながりの変化 社会・価値観の変化 テクノロジーの変化 ライフスタイルの変化企業の変化 インターネット/Webの変化 つながりの変化 Web制作の変化 表現の変化 学びの変化 ( )の変化 WebSigらしくWebの変化を考えるにあたっても本質的なところからアプローチしてみる。 過去のWebSig1日学校の開校で使ったフレームワークでおさらいとアップデート
  23. 23. ( )のつながりの変化 社会・価値観の変化 テクノロジーの変化 ライフスタイルの変化企業の変化 インターネット/Webの変化 Web制作の変化 表現の変化 学びの変化 ( )の変化 つながりの変化
  24. 24. 大量⽣産・大量消費・大量広告の崩壊 豊かな社会から幸せな社会へ 幸せの定義は様々=多様性 社会・価値観の変化︓2010年の開校資料、10年前…
  25. 25. 2 4 資本主義のポイント ・お⾦がお⾦を⽣むしくみ ・時間をお⾦にする労働という概念 社会・価値観変化︓ポスト資本主義︖ 2008年リーマンショック 資本主義の雄であった⾦融にとって大きな事件 ルールを作った側で限界が⾒えた︖ お⾦は必要。でもどれくらい、なんのためにほしい︖
  26. 26. 社会・価値観変化︓2013年開校資料 これからは心の豊かさか、まだものの豊かさか。昭和55年から心の豊かさが伸⻑ 出所︓内閣府「平成23年度国⺠⽣活に関する世論調査」 1989年 2011年
  27. 27. 社会・価値観変化︓2020年アップデート 出所︓内閣府「令和元年6月 国⺠⽣活に関する世論調査」 変化としては横ばい
  28. 28. 予測が外れにくい将来推計⼈口。リアルな数字 社会・価値観変化︓2013年開校資料
  29. 29. 社会・価値観変化︓2013年開校資料 予測が外れにくい将来推計⼈口。リアルな数字
  30. 30. 社会・価値観変化︓2013年開校資料 予測が外れにくい将来推計⼈口。リアルな数字
  31. 31. たった60年の変化。これだけの違いがあると社会のルールも変わる 社会・価値観変化︓2013年開校資料
  32. 32. 3.11そして原発問題 社会・価値観変化︓象徴的な出来事
  33. 33. 大きく価値観が変わるタイミング︖資本主義の限界︖ 出所:http://blog.livedoor.jp/syunka0727-web/archives/52578501.html 今は次の価値観への 過渡期︖ 資本主義の限界︖ 社会・価値観変化︓2013年開校資料
  34. 34. covid-19 社会・価値観変化︓ 2020年アップデート 密の回避とは︖ 都市≒集中を原則としてきた 資本主義の多くのルールが成⽴しなくなる
  35. 35. 社会・価値観変化︓2020年アップデート 資本主義は私たちを幸せにするシステムなのだろうかという問いに注目も集まる
  36. 36. https://bestcarweb.jp/feature/column/217630?fbclid=IwAR2pENS-SYV40MpvRoqvUPwunU61Phek3Q2tZNMfA8cXbmKa9Q3h6FyQ_L4 社会・価値観変化︓2020年アップデート 日本も2030年代半ばにガソリン⾞販売禁⽌の⽅向へ
  37. 37. 社会・価値観変化︓2020年アップデート 緊急事態宣言化で、オンラインコミュニケーションアプリのMAUが急増。スマホ普及の有名な写 真と同じような構造になる可能性も︖ https://www.cultofmac.com/219813/how-apple-has-changed-the-world-in-just-7-years-picture-1000-words/https://lab.appa.pe/2020-08/2020-08-19-online-meeting-apps-usage-trend.html
  38. 38. 社会・価値観変化︓2020年アップデート 1900年と13年のニューヨーク5番街の街並み。⾺⾞がほとんどだった道が⾃動⾞だらけになった。 https://diamond.jp/articles/-/140484?page=3
  39. 39. 社会・価値観変化︓2020年アップデート EC化率は直近10年間では+10%程度だったものの、コロナウイルスの影響により直近3ヶ月で約 17%から約34%と、2倍の成⻑となりました。10年かかったの変化量が3ヶ月 https://www.mckinsey.com/business-functions/strategy-and-corporate-finance/our-insights/five-fifty-the-quickening?
  40. 40. ( )のつながりの変化 社会・価値観の変化 テクノロジーの変化 ライフスタイルの変化企業の変化 インターネット/Webの変化 つながりの変化 Web制作の変化 表現の変化 学びの変化 ( )の変化
  41. 41. 読み⽅テクノロジーの変化︓AI ✕ データ • 多⾯的に不連続な局⾯ • すべての世界がデジタル×AI化する • 変化は想定以上に速い • スケールよりも刷新、創造が重要 • 未来=課題×技術×デザインである 日本は大敗中。Ai-readyが必要 AI×データの第二の波(データ×AI化の二次的応用)と第三の波 (あらゆるものや産業が繋がるエコシステム)で勝負をかける必 要がある
  42. 42. 読み⽅テクノロジーの変化︓AI、ノーコード、ローコード Web制作の身近なところにもこの波が来ている
  43. 43. ( )のつながりの変化 社会・価値観の変化 テクノロジーの変化 ライフスタイルの変化企業の変化 インターネット/Webの変化 つながりの変化 Web制作の変化 表現の変化 学びの変化 ( )の変化
  44. 44. 安いも強いがただ安いのではなくライフスタイルへのこだわり傾向が強まる 出所︓NRI「⽣活者1万⼈アンケート調査」(2000年、2003年、2006年、2009年)対象者︓全国の満15〜69歳の男⼥個⼈を対象に実施 ライフスタイル、基本的な消費価値観の変化:2013年開校資料
  45. 45. ライフスタイル、基本的な消費価値観の変化:2020アップデート とにかくやすいものを買いたいとする傾向は下げ⽌まっているが、「品質」や「安全」、「できる だけ⻑く使う」などのこだわりは、近年減少傾向に 出所︓NRI「⽣活者1万⼈アンケート調査」(2000年、2003年、2006年、2009年、2012年、2015年、 2018年)対象者︓全国の満15〜69歳の男⼥個⼈を対象に実施
  46. 46. ライフスタイル、基本的な消費価値観の変化:2020アップデート 利便性消費=こだわりが薄く多少⾼くても手に⼊りやすいものを買うスタイルは2015年に大きく 上昇した後、2018年も44%で最大。他の消費スタイルも同じウェイトを維持
  47. 47. ライフスタイル、消費価値観の変化 出所︓NRI「⽣活者1万⼈アンケート調査」(2000年、2003年、2006年、2009年、2012年、2015年、 2018年)対象者︓全国の満15〜69歳の男⼥個⼈を対象に実施
  48. 48. ( )のつながりの変化 社会・価値観の変化 テクノロジーの変化 ライフスタイルの変化企業の変化 インターネット/Webの変化 つながりの変化 Web制作の変化 表現の変化 学びの変化 ( )の変化
  49. 49. 48 資源、資本を持っているところが強い 企業の変化 中央集権⇔分散/水平、ヒエラルキー組織ー⇔ティール組織、ホラクラシー組織 といった動きも 情報、データをもっているところが強い IT革命から20年余り。情報が本当に価値に。資本主義の原則だった、「資源」「資本」が価値の厳 選という前提を崩れつつある 世界最大のネットモール 世界最大の決済アプリ
  50. 50. ( )のつながりの変化 社会・価値観の変化 テクノロジーの変化 ライフスタイルの変化企業の変化 インターネット/Webの変化 つながりの変化 Web制作の変化 表現の変化 学びの変化 ( )の変化
  51. 51. 50 所属というつながり︓1つのつながりから複数へ 会社とのつながり︓副業、複業、やりがい重視(ブルシットジョブ) コミュニティのつながり︓やりがい、⽣きがい︖ 地域とのつながり︓コロナで多拠点のつながりが増える︖ つながりの変化︓( )つながりの変化
  52. 52. 51 ⼈と⼈とのつながり ⼈と⼈とのつながり 人間関係がコロナ前の貯⾦で過ごしているんじゃないか︖ オンラインでどうやって新しいつながりを産むことができる︖
  53. 53. ( )のつながりの変化 社会・価値観の変化 テクノロジーの変化 ライフスタイルの変化企業の変化 インターネット/Webの変化 つながりの変化 Web制作の変化 表現の変化 学びの変化 ( )の変化
  54. 54. Web制作の変化 WebSig冬期講習2020 withコロナで変わるWeb受託のつながり ■⽇時︓2020年12月17⽇(木)20時 2017年に登壇いただいた3名の⽅に再登壇いただきます。いままで触れたような変化を踏まえて、Web受託の変化に どう向き合ってアップデートしているのかを話してもらいます。 阿部 淳也 (株式会社ワンパク) 中川 直樹 (株式会社アンティー・ファクトリー) 山道 正明 (合同会社2049) ■登壇者 https://www.youtube.com/user/websig ■配信︓WebSig YouTube公式チャンネル
  55. 55. これからのつながりを⼀緒に考えてみつけていきましょう WebSig冬期講習2020の情報はFacebookコミュニティでお知らせします https://www.facebook.com/websig247
  • SatoshiSuzuki22

    Dec. 22, 2020

WebSig冬期講習2020 開校資料です。

Views

Total views

2,656

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

2,105

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

1

×