Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
XBRLインスタンスを用いた企業分析支援Webサービス
さまり•   自己紹介•   概要•   背景•   使える機能と現状の問題点•   足したい機能
自己紹介• 武井 好太郎• 慶應義塾大学 総合政策学部(4年)• Twitterアカウント @Senzaburou• 冬のおやつはあんまん派
概要• 企業分析の補助ができるようなソフトウェア• なるべく多くの環境で使えるようWebアプリ をつくるつもりでつくってます
背景• 分析するのにpdf、htmlからの手打ちがめんどく  さい。• EDINETで検索するのもめんどくさい• 分析もある程度めんどくさい    ↓• 魔法のようなアプリもなかった  (とりわけ複数企業をいっぺんに見れる奴)    ↓• じゃ...
いまのところ実際に使える機能•   企業検索(名前・EDINETコード)•   単一の企業を見る•   マイリストに登録した複数の企業を見る•   指定科目・指標についてランキングを作る•   指定科目について簡易スクリーニング
デモhttp://xbrl.tom.sfc.keio.ac.jp
Webサービスへのデータの流れ
Webサービスへのデータの流れ     ↑この部分はこの後の発表
Webサービスへのデータの流れ ここについて→
フィルタの存在• 企業間の比較ができない場合がある• 単一企業でも全部処理すると面倒 ↓• じゃあ主要っぽい科目だけ見れるようにすればいいか  という発想• というわけでAPIからのデータ取得も兼ねて  フィルタ部分作成
フィルタ問題点• そもそも取りたい科目を取りこぼしてる(米国で提出してる企業とか業種による構造の違いとか企業による拡張とかで)• 科目が本当に主要と言えるかどうか(実務経験者じゃないのでよくわからんのです)
Webサービスへのデータの流れここについて→
データベース• 2テーブルしかない
データベース問題点• 企業データが不足 – 銘柄コード – 上場市場 – 業種(証券コード協議会)• 銘柄コードはTdnetの決算短信インスタンスに  あるけど、ほかはどこから取ってくればいい  のか
Webサービスへのデータの流れ       ここについて↓
Webページについて• フレームワークはRails• グラフはCanvas• タブはjQuery – デザインセンスください• 名前決まってません – ネーミングセンスください
問題点• いっぱい – 検索は名前かEDINETコードのみ – スクリーニング機能の条件は科目1種類もしくは   指標1種類のどちらかのみ – 基本的に業種による絞り込みがまだできない
実装したい機能• グラフの強化• 銘柄コード等への対応• USGAAPとかIFRSにも出来れば対応できたら  いいな・・・• 業種平均等、企業の集合を単位とした数値  の取得・表示
いままでの展開• XBRL Japanアカデミックコンペティション応募 – EDINET Web APIと合わせて提出 – 最終選考候補の一つに – 2月7日に筑波にいかなくてはならなくなりました• あとは大学の合同発表会みたいなイベントで  ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

17th XBRL 勉強会発表 20110127

1,301 views

Published on

武井さんの発表スライド、代理投稿

Published in: Technology
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

17th XBRL 勉強会発表 20110127

  1. 1. XBRLインスタンスを用いた企業分析支援Webサービス
  2. 2. さまり• 自己紹介• 概要• 背景• 使える機能と現状の問題点• 足したい機能
  3. 3. 自己紹介• 武井 好太郎• 慶應義塾大学 総合政策学部(4年)• Twitterアカウント @Senzaburou• 冬のおやつはあんまん派
  4. 4. 概要• 企業分析の補助ができるようなソフトウェア• なるべく多くの環境で使えるようWebアプリ をつくるつもりでつくってます
  5. 5. 背景• 分析するのにpdf、htmlからの手打ちがめんどく さい。• EDINETで検索するのもめんどくさい• 分析もある程度めんどくさい ↓• 魔法のようなアプリもなかった (とりわけ複数企業をいっぺんに見れる奴) ↓• じゃあ自分でつくろう
  6. 6. いまのところ実際に使える機能• 企業検索(名前・EDINETコード)• 単一の企業を見る• マイリストに登録した複数の企業を見る• 指定科目・指標についてランキングを作る• 指定科目について簡易スクリーニング
  7. 7. デモhttp://xbrl.tom.sfc.keio.ac.jp
  8. 8. Webサービスへのデータの流れ
  9. 9. Webサービスへのデータの流れ ↑この部分はこの後の発表
  10. 10. Webサービスへのデータの流れ ここについて→
  11. 11. フィルタの存在• 企業間の比較ができない場合がある• 単一企業でも全部処理すると面倒 ↓• じゃあ主要っぽい科目だけ見れるようにすればいいか という発想• というわけでAPIからのデータ取得も兼ねて フィルタ部分作成
  12. 12. フィルタ問題点• そもそも取りたい科目を取りこぼしてる(米国で提出してる企業とか業種による構造の違いとか企業による拡張とかで)• 科目が本当に主要と言えるかどうか(実務経験者じゃないのでよくわからんのです)
  13. 13. Webサービスへのデータの流れここについて→
  14. 14. データベース• 2テーブルしかない
  15. 15. データベース問題点• 企業データが不足 – 銘柄コード – 上場市場 – 業種(証券コード協議会)• 銘柄コードはTdnetの決算短信インスタンスに あるけど、ほかはどこから取ってくればいい のか
  16. 16. Webサービスへのデータの流れ ここについて↓
  17. 17. Webページについて• フレームワークはRails• グラフはCanvas• タブはjQuery – デザインセンスください• 名前決まってません – ネーミングセンスください
  18. 18. 問題点• いっぱい – 検索は名前かEDINETコードのみ – スクリーニング機能の条件は科目1種類もしくは 指標1種類のどちらかのみ – 基本的に業種による絞り込みがまだできない
  19. 19. 実装したい機能• グラフの強化• 銘柄コード等への対応• USGAAPとかIFRSにも出来れば対応できたら いいな・・・• 業種平均等、企業の集合を単位とした数値 の取得・表示
  20. 20. いままでの展開• XBRL Japanアカデミックコンペティション応募 – EDINET Web APIと合わせて提出 – 最終選考候補の一つに – 2月7日に筑波にいかなくてはならなくなりました• あとは大学の合同発表会みたいなイベントで 出展した程度

×