Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「哲学塾x人狼知能」刊行記念トークショー講演資料

三宅陽一郎×鳥海不二夫
「哲学塾x人狼知能」
『人工知能のための哲学塾』『人狼知能 だます・見破る・説得する人工知能』刊行記念
http://bookandbeer.com/event/20160919_ai/

の講演資料です。

「哲学塾x人狼知能」刊行記念トークショー講演資料

  1. 1. 刊行記念「哲学塾 x 人狼知能」 鳥海不二夫 三宅 陽一郎 y.m.4160@gmail.com @miyayou 下北沢 本屋B&B 2016.9.19 http://bookandbeer.com/event/20160919_ai/
  2. 2. 人工知能の可能性と未来 人工知能は、どんな未来を作るだろうか?
  3. 3. 本日のお題 • 第一部 本紹介 「人狼知能」 (鳥海先生) 「人工知能のための哲学塾」(三宅) • 第二部 人工知能トーク 「人工知能は、どんな未来を作るだろうか?」 • 参考資料(I)(II) (三宅作成)
  4. 4. 人狼知能(森北出版) https://www.morikita.co.jp/books/book/3042 鳥海先生パートへ
  5. 5. 人狼知能とは
  6. 6. 人工知能vs人間 • 1997 チェス • Deep blue が Garry Kasparovに勝利 • 1997 オセロ • Logistello が Takeshi Murakami に勝利 • 2004 War • Skynet が 人類に勝利 • 2015 ポーカー(Texas Hold‘em) • Two-player-limited が解かれる • 2016 囲碁 • Alpha-Go が Lee Sedol に勝利
  7. 7. ゲームの分類 • 完全情報 / 不完全情報 • 記号的 / 言語的 • デジタル / アナログ • シングルプレイヤー / マルチプレイヤー • 協力 / 非協力 • 決定論的 / 非決定論的 ...and so on
  8. 8. ゲームにおける情報 • 完全情報ゲーム • 全ての情報が全てのプレイヤーに公開される • チェス,囲碁,将棋など • 人工知能は公開されている状況を理解すればよい • 不完全情報ゲーム • 全ての情報が観測可能ではない状態 • ポーカー,ブリッジ,人狼,麻雀など • 複数の状況を想定して処理をする必要がある
  9. 9. 記号的/ 言語的 • チェス・囲碁・将棋などは記号化されたゲーム • コンピュータにも理解しやすい • ボードゲームやカードゲームはコミュニケーション がポイントになることが多い • 会話のみによって進行するゲームもある • コミュニケーションゲーム • 会話は記号化が困難 • コンピュータには理解しにくい
  10. 10. ゲームAIの新しいチャレンジ 完全情報ゲーム 記号化ゲーム 不完全情報ゲーム コミュニケーションゲーム 汝は人狼なりや
  11. 11. 人狼知能プロジェクト • 「人間と自然なコミュニケーションを取りながら人狼を プレイできるエージェントの構築」 • より高度な知能の創出 • より高度なコミュニケーションの実現 新しい人工知能の 標準問題
  12. 12. マイルストーン 人工知能による 作成可能性 人間によるプレイの解析 人狼知能の構築 人狼知能エー ジェントの実装 人間と人狼知能の 対戦 • データ分析 • ゲームフレー ムの解析 • 機械学習 • 強化学習 • ルールベース • 大会開催 • バーチャルエー ジェント • 自然言語処理 • 音声対話・表情 分析 • リアルエージェ ント • 強い人狼知能 • 楽しませる人狼知能 • 魅せる人狼知能
  13. 13. 人狼知能で実現される人工知能 の未来 • より人間らしいコミュニケーションの実現 • 時には嘘をついたり,時には騙されたり • 他人の気持ちの理解 • 共感する人工知能 • 説得される人工知能 • 多様なステークホルダーが混在する社会への参画 • 人を信頼する人工知能 • 「待て,これは孔明の罠だ」
  14. 14. 人狼知能 ~だます・見破る・説得する人工知能~
  15. 15. http://aiwolf.org
  16. 16. 本日のお題 • 第一部 本紹介 「人狼知能」 (鳥海先生) 「人工知能のための哲学塾」(三宅) • 第二部 人工知能トーク 「人工知能は、どんな未来を作るだろうか?」
  17. 17. 人工知能のための哲学塾 http://www.bnn.co.jp/books/8210/ http://sciencei.sbcr.jp/archives/2016/09/si_231.html
  18. 18. Works (2006-2012) AI for Game Titles Books
  19. 19. 経歴 京都大学(数学) 大阪大学(原子核実験物理) 東京大学 (エネルギー工学/人工知能) 高エネルギー加速器研究所(半年ぐらい。修士論文) http://www.facebook.com/youichiro.miyake
  20. 20. 人工知能のための哲学塾 世界
  21. 21. 人工知能のための哲学塾 世界人間 対象化
  22. 22. 人工知能のための哲学塾 世界人間 対象化 科学
  23. 23. http://static.flickr.com/5051/5525304279_65012a492c_s.jpg ? http://flopdesign.com/download/Human_S/pages/B50.html ?
  24. 24. 人工知能のための哲学塾 世界 人間 対象化 人間
  25. 25. 人工知能のための哲学塾 世界 人間 対象化 人間 人間が内側から体験する経験
  26. 26. 人工知能のための哲学塾 世界 人間 対象化 人間 人間が内側から体験する経験 人間が内側から体験する経験を 外側から完全に対象化することはできない。
  27. 27. 自分と世界を切り分けて、 世界を対象化し、 観察と推論によって客観的な真理へ至る。 人工知能のための哲学塾 自分と世界をまず分けない。 世界を対象化しない。経験から出発する。 経験の中から立ち上がる「自分」から「世 界」へ至る志向性を発見し、今、そこで起 こっている 自分を記述する。
  28. 28. 自分と世界を切り分けて、 世界を対象化し、 観察と推論によって客観的な真理へ至る。 人工知能のための哲学塾 自分と世界をまず分けない。 世界を対象化しない。経験から出発する。 経験の中から立ち上がる「自分」から「世 界」へ至る志向性を発見し、今、そこで起 こっている 自分を記述する。 デカルト フッサール
  29. 29. 人工知能のための哲学塾 人間の外人間の内 通常の科学の足場 人間の内面を探求する足場 = 人工知能を作る足場
  30. 30. 人工知能のための哲学塾 人間の外人間の内 通常の科学の足場 人間の内面を探求する足場 = 人工知能を作る足場
  31. 31. http://www.bnn.co.jp/books/8210/
  32. 32. 本日のお題 • 第一部 本紹介 「人狼知能」 (鳥海先生) 「人工知能のための哲学塾」(三宅) • 第二部 人工知能トーク 「人工知能は、どんな未来を作るだろうか?」
  33. 33. ここが違うよ、人工知能
  34. 34. 本当の人工知能 • Deep Learning は万能か? • Deep Learning はドラえもんになるか? • ドラえもんになるために足りないもの。 • 人工知能で職は奪われるか? • 人間はギリシア時代の貴族となる。 • 人工知能は芸術家になるか? • 人工知能は世界を滅ぼすか?
  35. 35. 参考資料(I)
  36. 36. Pythagoreans Celebrate the SunriseFyodor Andreyevich Bronnikov (Russian: Фёдор Андреевич Бронников; 1827-1902) https://en.wikipedia.org/wiki/Fyodor_Bronnikov
  37. 37. http://www.ai-gakkai.or.jp/ http://www.kindaikagaku.co.jp/information/kd0489.htm http://www.ai-gakkai.or.jp/
  38. 38. 人工知能が描いた「レンブラントの新作」 http://wired.jp/2016/04/14/new-rembrandt-painting/
  39. 39. ダートマス会議(1956年) • ジョン・マッカーシーのいたダートマス大学で、人 工知能をテーマとして初めて開催された会議。 • Artificial Intelligence という名称もはじめてここで 用いられた。 http://www-formal.stanford.edu/jmc/history/dartmouth/dartmouth.html
  40. 40. ダートマス会議(1956年) http://www-formal.stanford.edu/jmc/history/dartmouth/dartmouth.html
  41. 41. ダートマス会議(1956年) 我々は、1956年の夏の2ヶ月間、10人の人工知能研究者 がニューハンプシャー州ハノーバーのダートマス大学に集 まることを提案する。そこで、学習のあらゆる観点や知能 の他の機能を正確に説明することで機械がそれらをシミュ レートできるようにするための基本的研究を進める。機械 が言語を使うことができるようにする方法の探究、機械上 での抽象化と概念の形成、今は人間にしか解けない問題 を機械で解くこと、機械が自分自身を改善する方法などの 探究の試みがなされるだろう。我々は、注意深く選ばれた 科学者のグループがひと夏集まれば、それらの問題のうち いくつかで大きな進展が得られると考えている。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83% 9E%E3%82%B9%E4%BC%9A%E8%AD%B0
  42. 42. http://psycho-pass.com/ https://www.youtube.com/watch?v=b_A_wsT5WQE
  43. 43. 参考資料(II) 準備して来たけど使わなかった スライド
  44. 44. 希望編 第一部
  45. 45. 人工知能が見せる希望 • 人工知能が家事をやってくれる。 • 人工知能が知識をすべて管理してくれる。 • 人工知能が安全な街を作ってくれる。 • 人工知能が運転してくれる。 • 人工知能が人生設計をしてくれる。 • 人工知能が何でも教えてくれる。 • 人工知能が製品を作ってくれる。 • 人工知能が芸術を作ってくれる。 • 人工知能が食べ物をくれる。 • 人工知能が仕事をしてくれる。
  46. 46. http://cookpad.com/pr/tieup/index/694
  47. 47. http://engineer.fabcross.jp/archeive/151022_bosch.htmlhttps://www.irobot-jp.com/special/700series/
  48. 48. 絶望編 第二部
  49. 49. 人工知能が見せる絶望編 • 人工知能が中途半端に家事をやってくれる。 • 人工知能が知識をすべて管理してくれるが、そもそも知識を呼び 出すにはある程度知識が必要。 • 人工知能が安全な街を作ってくれるが、あらゆる個人が際限なく 監視される。 • 人工知能が運転してくれるが、完全ではない。 • 人工知能が人生設計をしてくれるが、その設計が社会的に影響を 持つ。 • 人工知能が何でも教えてくれるが理解できない。 • 人工知能が製品を作ってくれるが新しいものは作れない。 • 人工知能が芸術を作ってくれるが、何の意味があるかわからない。 • 人工知能が食べ物をくれるが、太るので運動する。 • 人工知能が仕事をしてくれるが、仕事を奪われるかも。 • 人工知能が兵器になるかも。
  50. 50. じゃあ、どうすればいいんだ。。。 どちらが真実なんだ。。。
  51. 51. 真実はいつも 物事の中間にある © 2016 CBS Studios Inc. STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc. All Rights Reserved.
  52. 52. 機械と人間が調和する
  53. 53. 第三部 人工知能と共に生きる 第三部
  54. 54. 職業は人工知能でなくなるか? • 自分の職業の内容を細かくリストアップしてみま しょう。 • その中の何割かが人工知能で置き換わるか、考 えるか、専門家に聞いてみよう。 • 全くなくなるのではなく、部分的に置き換わる。 • つまり発想を逆にして、人工知能といかに共存す るか、その共存の仕方を模索する時代に来た。
  55. 55. • 朝起きる。 • 電車に乗る。 • メイルをチェック。 • 必要な事項など返信。 • 会社に着く。 • メイルをチェック。予定をチェック。 • 要件を検討し内容を返す。 • 朝ミーティング。 • それぞれの要件を確認。 • 技術的な設計文書を書く。 • 相談する。プログラムして貰う。/ プログラムを書く。 • 出来ると社内に持っていく。 • 説得する。論争になる。 • つかれる。 • 食堂でたそがれながら、コーヒーを飲む。 • 机に返る。相談が来る。 • 技術的な解決策を示す。 • でも心配になってもう一度危機に来る。 • 人間関係の相談を受ける。 職業は人工知能でなくなるか?
  56. 56. 人狼知能ツイッター討論会 • #aiwolf 人狼は議論を通したある種の社会の 縮図だと思っています.AIがこれをクリアする ことで,できることが山のようにあり,その時 人工知能と人間との関係性が,現在とは全く 変わっていることと思います.それを目指して 頑張りたいと思います.(片上先生) 「人狼知能」 ツイッタ―討論会 第二回 「人狼知能が鍛える人工知能技術とは?」 http://togetter.com/li/1025655
  57. 57. 個人的には,短期的,長期的に人が信用する ような行動が出来る人工知能というのが目指し たいところです.(鳥海先生) • #aiwolf 人狼知能ツイッター討論会 「人狼知能」 ツイッタ―討論会 第二回 「人狼知能が鍛える人工知能技術とは?」 http://togetter.com/li/1025655

×