Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

JavaOne 2016総括 #jjug

21,174 views

Published on

2016年10月15日(土)に開催されたJavaOne 2016 報告会 @ 東京での講演「JavaOne 2016総括」の資料です。
https://jjug.doorkeeper.jp/events/52639

Published in: Technology
  • Login to see the comments

JavaOne 2016総括 #jjug

  1. 1. JavaOne 2016総括 2016/10/15 鈴木雄介 グロースエクスパートナーズ株式会社 執行役員 日本Javaユーザーグループ 会長 JavaOne 2016 報告会 #JJUG
  2. 2. 1 鈴木雄介 • グロースエクスパートナーズ(株) » 執行役員/アーキテクチャ事業本部長 » http://www.gxp.co.jp/ • 日本Javaユーザーグループ » 会長 » http://www.java-users.jp/ • SNS » http://arclamp.hatenablog.com/ » @yusuke_arclamp
  3. 3. アジェンダ • 標準Javaについて • コミュニティについて • トレンド 2
  4. 4. 標準Javaについて 3
  5. 5. 標準Javaについて 「特に進展なし」 • Java SE 9、Java EE 8については新しい情報なし »むしろ、EE 8については一部の仕様がドロップ »Java SE 10は未定 • Java ME、JavaFXについてはキーノート発表なし »Java MEはJava SE Embededへ移行 »JavaFXは標準として開発がされていくのか? ▸ファンは多いためOSSでの継続が期待されるところ? 4
  6. 6. 標準Javaについて 今後への懸念は払拭されず • Java EE Guardians »https://javaee-guardians.io/ »ORACLEのJavaEEへのコミット低下を懸念する団体 »Java EEの推進を実現力があるベンダーへ移行することを提案 • ロードマップは出たけども… »本当にリリースできるのか?は不安 • 問題はEEだけではない 5
  7. 7. MAKE JAVA GREAT AGAIN 6 MAKE JAVA GREAT AGAIN
  8. 8. MAKE JAVA GREAT AGAIN IBM SDK for Java Going Open Source • IBMのJVM実装であるIBM J9をOpenJ9としてOSS化 »Coming Soon http://openj9.mybluemix.net/ »OpenJ9はEclipse OMRがベース • “OpenJ9ベースのOpenJDK”が登場する »おそらくHotSpotベースよりも起動が速く、footprintが小さい »HotSpotベースのものがなくなるわけではない 7
  9. 9. 8http://www.slideshare.net/DanHeidinga/j9-under-the-hood-of-the-next-open-source-jvm ※今まで
  10. 10. 9http://www.slideshare.net/DanHeidinga/j9-under-the-hood-of-the-next-open-source-jvm ※これから
  11. 11. MAKE JAVA GREAT AGAIN Eclipse OMR • 2016年3月に公開。コンパイラを9月に追加 »Dual License : Eclipse Public License V1.0/Apache 2.0 »https://github.com/eclipse/omr • 任意の言語の実行環境を開発するためのツールキット »JITコンパイラ、GC、スレッドライブラリなど言語に非依存でVM に必要な機能を集めたもの »CRubyをOSS提供済み ▸ http://www.slideshare.net/craiglehmann/the-omr-gc-talk-ruby-kaigi-2015 ▸CPythonは公開予定ありと思われる 10
  12. 12. 11https://www.eclipsecon.org/na2016/sites/default/files/slides/OMR%20Modern%20Toolkit%20for%20Building%20Language%20Runtimes.pdf
  13. 13. MAKE JAVA GREAT AGAIN 今後の展開は注目 • Apache Harmony論争再び? »JDK 5, 6のオープンソース実装(Apache 2.0)を目指して公開 »Sunが対抗してOpenJDK(GPL)を提供 »なんやかんやでAndroidに組み込まれてAndroid訴訟に発展した ▸http://www.publickey1.jp/blog/16/googleoraclejava_apiitjjug.html ▸Android NougatではOpenJDK実装に切替え • IBMによる言語ランタイムのOSS化 »Javaに限らず多くの言語で主流となるのか? 12
  14. 14. MAKE JAVA GREAT AGAIN 誰がJavaを偉大にするのか? • 標準Javaの歩みが遅くなっても誰かが追い越していくだけ »MicroProfileでも「標準外をいれよう」という議論がある • OSSとコミュニティが進化を加速していく »その中でビジネスができるようにしていくのはどうするのか? 13
  15. 15. コミュニティについて 14
  16. 16. 15
  17. 17. 16 エピソード21:コーダーの覚醒 ダースコーダーとデュークトルーパーは銀河中の開発者からモジュールを盗み、彼らのコードがコンパイルできなくなうようにしてしまいました。
  18. 18. 17 OSGiがあるよ!それじゃダメなの!
  19. 19. 18 絶大な力を持つダースコーダー
  20. 20. 19 新たな仲間達との出会い
  21. 21. 20 新たな師との出会い
  22. 22. 21 敵の居場所を捜す
  23. 23. 22 果たしてDarth Coderの正体とは!?
  24. 24. コミュニティの状況 Community Keynote • 相変わらずの学芸会ノリ »コミュニティの人やORACLEの人によるJavaネタ大会 ▸ オンデマンド:https://www.oracle.com/javaone/on-demand/index.html »特に情報はないけど「コミュニティが中心だ」というメッセージ にはなっている!? »Java祭りの出し物と思えば楽しい • JavaOneは「ベンダー主導の情報発信の場」から「コミュ ニティが交流する場」へ 23
  25. 25. JavaOneの総括 Javaに閉じず(閉じてる意味がない) • “Java”というよりは、Javaで作られたアプリケーションを 中心としたエンジニア同士の情報交換の場 »あくまでも正装はTシャツとジーパン • 雰囲気はオープン! »開かれていることがJavaの価値 • エンタープライズ色が強めなのが特色 »金融系、政府系の人も多い 24
  26. 26. トレンド 25
  27. 27. キーワード DevOps、Cloud、Microservices、Reacitve • 標準Javaに関連しない講演だと、もはやJavaの話は少ない »サーバサイド系は特に • エンタープライズ開発の定点観測としては重要 »去年は”Microservices” 26
  28. 28. キーワード Agile • もはや議論すらない。常識の範疇 »“Agile”を含むセッションは6個(タイトルに含むのは1つだけ) »ウォーターフォールがダメということではなく、アジャイルにな るべきものはアジャイルになっている、ということだと理解 • どういうリリースサイクルか?という問いはある »2週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月… • あとは具体的なツールの話 »プロセス論が話されることは少ない 27
  29. 29. キーワード DevOps 1/2 • “DevOps”を含むセッションは51個 • 定義はそんなに重要ではない »≒ Continuous Integration / Continuous Deploy (Delivery) »ツールとしてもJenkinsやBambooが一般化 • 一周回って次の課題へ »マイクロサービス環境におけるデプロイをどうしていくか 28
  30. 30. キーワード DevOps 2/2 • コンテナを前提としたデプロイ »“Docker”は26個、Kubernetes+Mesos • 複雑なパイプライン設計をどうしていくのか? »Big one buildから、Network buildへ • 長くなったテスト時間を短くするには? »リリースサイクルに間に合わない • メトリクスが重要 »監視の先へ 29
  31. 31. キーワード Cloud • 使ってて当たり前 »“Cloud”を含むセッションは137個 »AWS勢が圧倒的に感じる • サーバレスへの関心は高くなっている »AWS Lambda 30
  32. 32. キーワード Microservices 1/3 • 一般的な概念として定着しつつある »“Microservices”を含むセッションは52個 • なぜ分けるか?いかに分けるか?という議論より、分けた サービスをいかに管理するか?という議論 »メリットの話ではなく、デメリットを減らしていく議論へ »Netflixのトップページでは500個のサービスが動く ▸Amazonは700-800個? 31
  33. 33. キーワード Microservices 2/3 • データ共有 »Event-Sourcing、ビュー、トリガー、ストアド、ETL連携 • Resilientなサービス設計 »タイムアウト、リトライ、サーキットブレーカー、遅延対応… • テスト戦略 »Consumer-Driven Contract testing • 疎結合を優先し、非同期処理での不整合を許容する »「Amazonは処理に失敗したらクーポンを出しているよ」 32
  34. 34. キーワード Microservices 3/3 • Microservicesのプラットフォームは何がいいか? »Spring Cloud→ »基本的にはJava EEも同じ方向性 33Bundling Microservices to Optimize Consumption for Devices with Spring Cloud and Netflix OSS [CON6461]
  35. 35. キーワード Reactive • 用語定義やメリットの議論が継続中 »“Reactive”を含むセッションは26個 »Lightbend(元Typesafe)の存在感 • マイクロサービス間通信としてのReactive »“通信する”という概念そのものがボトルネックに ▸RESTful over HTTP 1は限界 ▸サービスチェーン問題への解決が必要 ▸通信を抽象化した非同期/非対称なイベント駆動モデルが必要 34
  36. 36. 未来予測 数千、数万のサービスで構成されたシステム • イベント駆動によるサービス間連携 »非同期/非対称でのやり取りで、システムの境界線が曖昧に »サーバレスの延長? • サービスの制御は全てプラットフォームに任せる »ランタイムは数万~数十万 »デプロイしたコードに最適化されたランタイム上で動く ▸サービスに定義されたProfileにあわせてインフラとミドルを組み上げる 35
  37. 37. まとめ 36
  38. 38. Javaの未来について 誰がJavaを偉大にするのか? • コミュニティやOSSと協業できる企業 »Javaはオープン化されている »健全なエコシステムがあることは重要 • JavaOneはコミュニティの交流の場として機能している »もちろん、行く価値があります »DevOps、Cloud、Microservices、Reacitve、その先へ 37
  39. 39. お知らせ 38
  40. 40. JJUG CCC Fall 2016 12/3(土)開催です!! • (冬じゃないか、という指摘は受付けてません) • 過去最大:47セッション+ブース »鋭意コンテンツ策定中! 39

×