Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
What to Upload to SlideShare
Loading in …3
×
1 of 13

アイデア出しの方法

0

Share

Download to read offline

株式会社JapanWorkにおけるアイデア出しの方法論です

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

アイデア出しの方法

  1. 1. 2016年5月25日 1 新規事業立案・商品開発 におけるアイデア出しの方法 Copyright JapanWork All rights reserved 作成者:鈴木悠人
  2. 2. 目次 Copyright JapanWork All rights reserved 1.全体の流れ 3.アイデア発散 4.アイデア収束 5.アイデア選定後にやること 2.ゴールの共有
  3. 3. 全体の流れ Copyright JapanWork All rights reserved ゴールの共有 アイデア発散 アイデア収束
  4. 4. 全体の流れ Copyright JapanWork All rights reserved ゴールの共有 アイデア発散 アイデア収束
  5. 5. アイデア出しの種類 Copyright JapanWork All rights reserved 課題解決型 (ニーズ発進) 課題解決型とアイデア発信の2パターンがある アイデア発信型 (シーズ発進)  消費者の課題に合わせた解 決策を提案  成功率は高いが競合が多く大 きな成功は得られにくい 自分たちがどちらに取り組もうとしているのかまず確認する  世の中に新しい価値を提供し、 市場を開拓  成功率は低いが、成功すれば 市場を独占できる
  6. 6. ゴールの共有(課題解決型の場合) Copyright JapanWork All rights reserved まずはアイデア出しにおける制約を確認する ビジョン  目指す大きな世界 観  例:外国人にとって 暮らしやすい国 誰の  ターゲット  例:日本でバイト探 しに困る東南アジア 人 どんな課題を  ターゲットの抱える課 題  例:漢字が苦手で求 人情報が読めない どう解決する  この部分をアイデア 出しで出す  例:スマホ向け英語 求人サイト 具体化
  7. 7. ゴールの共有(アイデア発進型の場合) Copyright JapanWork All rights reserved まずはアイデア出しにおける制約を確認する ビジョン  目指す大きな世界 観  例:日本文化の発 信 いつ  期日  例:2017 年10月 完成 誰が  開発のリ ソース  企業とボ ランチ 何を  解決策の 制約  例:商品 誰に  ターゲッ ト  例:訪日 観光客 どのように  提供方法  例:未定 未定の部分と制約を明らかにする 具体化
  8. 8. 全体の流れ Copyright JapanWork All rights reserved ゴールの共有 アイデア発散 アイデア収束
  9. 9. アイデア発散 Copyright JapanWork All rights reserved 時間の制約の中でたくさん出すことが重要(100個以上) 時間がない 時間がある 条件なしで ブレスト  とりあえず思 いつくアイデ アを出す  例:20分で 書き出す マインド マップ  キーワードを 上げ、その 周辺アイデ アを考える  例:かわいい から連想さ れるもの オズボーン のチェック リスト  オズボーン の9個の チェックリス トを用いて アイデアを 発散 独自の フレーム ワーク  アイデアが 出やすい切 り口を考えて アイデア出し  例:材質、デ ザインなど これらはほんの1例です
  10. 10. 全体の流れ Copyright JapanWork All rights reserved ゴールの共有 アイデア発散 アイデア収束
  11. 11. アイデア収束 Copyright JapanWork All rights reserved 誰が見ても納得できるように選定基準を明確化 市場環境を網羅できるフレームワーク:3C 自社 どうやって選べば誰が見ても納得できるのかを考える 顧客 競合  自社の強みを生かせ るか  自社の強みを生かせ るか  実現可能性 例説明軸  顧客が求める商品か  価格  日本ぽさがあるか など購買要因を考える  競合は多くないか  競合製品を調べてそ れとの差別化がある か
  12. 12. アイデア収束 Copyright JapanWork All rights reserved 軸を元に評価。評価の制度は時間と相談 時間がない 時間がある 感覚や経験  感覚や経験をもと に評価 ネット調査  ネットでブログや 調査を参考に評 価 正確なデータ  矢野経済研究所 のレポートなど データ元もしっか りして評価
  13. 13. アイデア選定後 Copyright JapanWork All rights reserved アイデアを具体化し、検証に移る 時間軸 メンバー内 ディスカッション  ディスカッションを 重ねることで、商 品の具体化、より 売れる商品を目 指す ターゲットに ヒアリング  ターゲットに意見 を聞き、修正 プロトタイプ  最後は実際に簡 易版を販売し本 当に売れるのか 検証する

×